「ほっ」と。キャンペーン

スピードと羊羹爆弾

えー、今日はTVをつけたら『スピード(Speed)』をやってました。この映画は、いかにもなハリウッド的安心娯楽大作なわけですが、私は大好きです。
b0087556_032767.jpg

見どころとしては、当然のごとく「ノンストップ爆弾バス疾走!」がおもしろいわけですが(個人的には最後の地下鉄の場面は不要なので、キアヌとサンドラ嬢がバスから出たところで、私の中で映画はほぼ終了です)、とにかく常々バカっぽいと思っていたキアヌ・リーヴス(ホメてます)が、初めてカッコいいマッチョな役柄として登場した映画であるところが画期的でした。それ以前にも、ややカッコよさげな映画もありますが、スピードにはかないませんし、マトリックスよりこっちの方がカッコよさは上!と思います。

そして、個人的にはもうひとつの偉大な見どころ、いや聴きどころが、最後に流れるビリー・アイドルが歌う主題歌の

スピィィィィィ〜〜(ド)♪  ※最後のドはハッキリした発音ではないためカッコ付き

という絶叫部分です。ココが聞きたいために、やや冗漫な地下鉄シーンを我慢するといっても過言ではない。しかし、民放で放送されると大概カットされます。重要なポイントなのに、とても残念です。本日も当然、ビリーはカットされました。

さて、『スピード』といえば爆弾ですが、たまたま偶然にも、今朝私は爆弾の夢をみました。

長さ1メートル直径30センチの円筒に、なぜか必死で羊羹をつめる私。これは「羊羹爆弾」で、空中で爆発すると1口サイズになって羊羹が空から降るしくみである。
そこへ、車に乗ったフィーゴ(サッカー選手の)が登場し、
b0087556_033636.jpg

「空から降ってきた羊羹がとても美味しかったので、ぜひ僕のために羊羹をつくってくれ」

と懇願する。

「忙しくってそれはムリ!」と、私が断ったところで目が覚めました。

これは一体どういう夢なのでしょうか。羊羹やフィーゴは何を意味しているのでしょう。
おかげで、本日は1日中頭痛がします。
[PR]
Commented by nancix at 2006-09-26 22:04 x
よ、よ、よ、よーーかん! あまりのことに、涙がにじむほど爆笑してしまいました。
なんてシュールな夢なんだ!よ、よ、よ、よーーかん!
私も繰り返し見るシュールな夢があり、ありえねー巨大駅やありえねー複雑構造の百貨店が登場します。なかでもひどいのが、四方の壁と床が真っ赤に塗られ、まったく個室になってない、和式便器が思い思いの方向に向いて床じゅうに設けられているだけの広大な女子トイレです。
……えーと、どの便器で用を足そうかと悩んでいるうちに、同級生らがどやどやと入ってくる気配! あああ、恥ずかしい、早く小用を済ませねば!と焦るうちに、目が覚めます。これはいったい何を意味しているのでしょう…?
Commented by rivarisaia at 2006-09-27 02:15
nancixさま、こんにちはー。
よーかんですよ。なんでよーかん。別に好きじゃないのに、巨大なよーかんをつくってました。ううう。

でも、よーかんより、思い思いの方向に便器が向いた広大な真っ赤なトイレの方が強烈すぎます!! それはどの便器をつかったらいいのか悩むこと必須。それは、あれですよ。やることがいっぱいあって、忙しいのでは。でもなんで赤いんでしょう...。うーん。
by rivarisaia | 2006-09-22 23:58 | 映画/洋画 | Comments(2)