「ほっ」と。キャンペーン

クレイジー・ストーン 〜翡翠狂想曲〜(映画祭時タイトル:Crazy Stone)

東京国際映画祭にて昨日観た映画が、私の「今年観た映画ベスト」にランクイン決定。DVDも欲しいが、スクリーンでもう1回観てもいい。そんなわけで、ぜひこれは劇場公開をお願いしたい〜!! そうなったらゼッタイ観てね!

と、今日も仕事の打ち合わせ後のランチタイムで周囲に熱く語ってきた映画が、これです。

Crazy Stone(瘋狂的石頭)』 監督・脚本:ニン・ハオ(寧浩)
出演:グオ・タオ/バオ・シホン/リユ・フア/テディ・リン

前回チケットが取れずに泣いた『モンゴリアン・ピンポン』のニン・ハオ監督による最新作。中国では今年の夏に公開され歴史的大ヒットを記録したコメディーです(by TiFF 公式サイト)。音楽はファンキー末吉が担当。


立ち退きが迫られている工場の土地から、高価な翡翠が見つかった。工場側は経営難から脱するべく翡翠の展覧会をすることに決定。社員の包世宏(グオ・タオ)らが警備にあたることになる。ところが、地上げ屋に雇われた香港の怪盗や、うだつのあがらない3人組の強盗、工場長のドラ息子が、それぞれ翡翠を盗み出そうとひそかに画策していた。水面下で争奪戦が繰り広げられるなか、包世宏は翡翠を守りきることができるのか!?


大好きなのに、最近なかなかお目にかかれない、良質の犯罪喜劇。『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』とか、エルモア・レナードの小説や映画(『ゲット・ショーティ』など)が好きな人は、絶対に気に入るはず。

巧妙に編まれたプロットが最後には一本の糸になっていくさまが、なんとも壮快で、笑いに必須の「間」の取り方がこれまた絶妙のタイミング。そして、それぞれのキャラクター設定がよい。どこか抜けてる男たちばかりだけど、みんな一生懸命なのだ。中国映画ってベタなんでしょとか、笑いがあっても暗いんでしょと敬遠する人でもイケるはず。そんな先入観など、この映画で吹き飛ばされてしまえ!

座席がかなり前だったので、首が痛くなるかも...と心配したのに、グイグイ引き込まれて、そんなことはまったく気になりませんでした。大爆笑の連続で、ここしばらくはコカ・コーラの缶を見るたびに思い出し笑いしそうです。たまらないですよ、小道具の使い方も。
[PR]
Commented by ゆずきり at 2006-10-26 22:00 x
こんにちは、はじめまして。私もきのうこの映画みました!香港映画は好きでも、中国映画は香港スターが出てないかぎり見る気がしなかったのですが、たしかにそんな偏見をふきとばす勢いがありましたね。ほんとにテンポよくって間もいいから、「怪盗」さんの最後のシーンも、予想はできたけどすごく笑っちゃいました。
話はかわりますが、中国者関係のエントリーをたのしみにしております。では。
Commented by ゆずきり at 2006-10-26 22:01 x
まちがえました・・・「中国『茶』」です。あーでも、中国モノもOKです!
Commented by rivarisaia at 2006-10-27 23:10
ゆずきりさん、こんにちは。
けっこう予想がつく展開があるけど笑えるところが、やっぱり「間」の取り方なんでしょうねー。
怪盗マイクは一生懸命なだけに、なお、おかしい。
中国「モノ」と中国「茶」のエントリーもそのうち書きますー。

中国茶は同じ茶ばっかり飲んでいるので、そろそろ新しいお茶を購入しようかと....。
by rivarisaia | 2006-10-26 21:32 | 映画/香港・アジア | Comments(3)