「ほっ」と。キャンペーン

香港映画とわたくし(後編)

昨日の続きです。

弱火になっていた心の灯火が轟々と燃えさかる炎になったのは『無間道(インファナル・アフェア)』が原因と書きました。多分、この映画がなかったら、ジョニー・トー(杜[王其]峰)の映画を観まくる日々はなかったでしょうし、ひいてはエリック・ツァン(曾志偉)、ラウチン・ワン(劉青雲)、チャップマン・トー(杜[シ文]澤)、ラム・シュー(林雪)、という太めの侠萌え〜な状態に陥ることもなかったでしょう。ラム・シューは微妙かもしれませんが、常に注目してしまうキャラなのでお仲間入りです。太めとジョニー・トーさんと何の関係が?などと、あまり突っ込まないでください。

b0087556_1333927.jpg

             エリック、ラウチン、チャッピー、ラムシュー!
          こうして並べるだけで鼻血出そうなんですけど、どうよ。


レスリー・チャン(張國榮)、トニー・レオン(梁朝偉)、レオン・ライ(黎明)も大好きなんですけど、やはり、知名度アップのために太めの方々のほうをひとつ宣伝しておかないと。しかし、あまり太いと言うな〜と怒られそうなので、この辺で自粛しておきます...。


もうひとつ、功夫映画に端を発する「燃え」な気分というのも私の中に常に存在しておりましたが、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ』(以下『ワンチャイ』)や『スウォーズマン』の時に、私の周囲はざっくり二分されました。つまり、ド派手なワイヤーアクションに「燃え〜!」となった人々と、「引く〜」となった人々です。当然、私は「燃え」派です。

なぜ、壁をやすやすと駆け上がれるのだ、なぜ布や針が凶器になるのだ、人間離れしすぎている、と散々言われたものですが、今なら内功がどーしたこーしたと気の効いたことのひとつも言えるのに、当時は「だって、達人だもん」としか答えられない私でありました。


b0087556_1438552.jpg

         『ワンチャイ』の名バトル「ドニー先生vsリンチェイ」。
 ドニー先生の手にかかれば一反の布も凶器と化す。タオルで真似した人は私だけではないはずだ。


あまりにワイヤー多用なのもどうなのよ、と最近ではちょっと思っているのですが、良くも悪くも飛ぶアクションの市民権向上に一役買ってくれたのが『グリーン・デスティニー』と『HERO』です。『グリーン・デスティニー』はチャン・ツィイー(章子怡)がムカツク!という話はさておき、これまでの動的なワイヤーとは対照的な静的なワイヤーに感心しつつ、ユンファが、ぶ、武芸を!というハラハラ感がありました。『HERO』は、映像がキレイなのはもちろん、長年待ってた「ドニー先生vsリンチェイ!」に涙。

b0087556_14593281.jpg

    この夢の対決を何度観たことか。チャリーンという刀の音が涼やかなのよねー。


金庸やら古龍の武侠小説を読むようになり、大陸の武侠ドラマまで見るようになったのは、この2本のおかげ。武侠ネタをつかめば、チャウ・シンチーの映画で笑いも倍増するというものです。

しかし、やっぱり「人が飛ぶのがおかしい」という人もいるので、詳しくは岡崎由美さんと浦河留さんが書いた『武侠映画の快楽』(三修社)を読むとナットクしてもらえると思うんですが、簡単に書くと功夫映画では人は飛びませんけど、武侠映画で人が飛ぶのは普通の仕様です。

スーパーマンだってスパイダーマンだって飛ぶじゃないか。飛ばなかったら話にならないだろう。それと同じです。技です、技。そもそもワイヤーアクション自体が、その技=軽功を映像化するべく発明されたものです。確かに最近の「お前ら軽功ばっかりじゃん!」というワイヤーばかり重視した映画にもやや疑問があり、武侠とは「武術+任侠」なのに、どっちかが欠けている気がしても「武侠だ」と言われるのも腑に落ちないのですが。

b0087556_16261648.jpg


そんな疑問が出たら初心に返れ、ということで、今度はショウブラザース(邵氏、以下ショウブラ)の映画に回帰するハメになったのも、自然の流れ。昔は気づいていなかったが、今となっては恐ろしいくらいの武打星の宝庫ですね。左から陳観泰、岳華、羅烈、王羽、傅聲。ホレボレしますね。
b0087556_20102653.jpg



劉家良師父の上には劉家輝、狄龍、小侯。『男たちの挽歌』で渋い兄さんだった狄龍は、若い頃は美青年。
b0087556_20103753.jpg



でもいちばん好きなのは姜大衛! 誰ですか、武芸がヘタだと言うのは! それも愛嬌ですから。
b0087556_20104797.jpg


昨日、今日と、女優はどうした、女優は!というくらい無視していますが、好きな女優もたくさんいるんですけど、キリがないから割愛。昔の女優さんにも、キレイでしかも強い!という方がたくさんいらして、本当にすばらしい。タイミングよく、キングレコード様からDVDがわんさか出たりするし...。おまけに、来年からはゴールデンハーベスト社の70年代クンフー作品のリリースですって!?(参照:電影宣伝自由人さま)ひいいい。

b0087556_16443334.jpg

         こんな気分でもあります。嬉しい叫びなのかもしれませんが。


最近の映画もふくめて、ただでさえ海外DVDに散財しているというのに、もうどうしたらいいの〜!!と絶叫する日々はまだまだ続く...。こうして振り返ってみると、興味対象が広く浅くな自分は節操なさすぎ、と思ってたのに、一応流れがあったことがわかりました。そう、リー様を源流に浅いけど、ゆったりと清水の流れる川が...。川幅が細くなることはあっても、水は決して枯れることはないだろうと確信しました。そんなわけで、いつもお世話になっている皆さま、これからもどうぞよろしくお願いします。


...と、うまくまとめたつもりで、ハッと気づいたら、ジェイ・チョウを盛り込む余地がなかったじゃん...。これはまた後日だ。
[PR]
Commented by ゆずきり at 2006-10-31 22:05 x
こんばんは~。二夜にわたるお話おもしろかったです。私はほんとにまだかけだしもので、「インファナル・アフェア」から香港映画に入りました。でも、昔からのファンの人にも、「無間道」の存在は大きかったのだなあとわかって、なにか自分は正しかった、という気になりました。遅いですけどね!
Commented by りりこ at 2006-10-31 22:37 x
ごめん、笑った。しかもそのような川が流れてたとは知りませんでした。
ドニー先生にはわたしも燃え〜。ところで、ライフログとやらのヴィスコンティとドニー先生のポーズがにてるのは気のせいでしょうか。
Commented by micchii at 2006-10-31 23:12 x
こんばんは。
ラム・シューも錚々たる顔ぶれの末席に加えていただき、光栄です(笑)
エントリーにも書きましたが、来年には実現するであろう、ドニー先生VSリンチェイも真っ青の、アラン・ドロンVSラム・シュー、想像するだけで夜も眠れません。
林雪が秒殺されるのは間違いないですが、一発ネタをかましてから散ってほしいものです。
Commented by 熊猫 at 2006-11-01 00:23 x
すばらしい。確かに流れてますね、川が。
熊猫も川の流れに身をまかせて行きたいと思います(笑)

ユンファがハリウッドへ行ってしまい、レスリーがあの世とやらへ行ってしまった今、
エリック兄貴がいないと香港映画は始まらない気がします。
あとアンソニー・ウォン。渋く頑張ってもらいたいです。

>「だって、達人だもん」
ですよね、ですよね。人が飛ぶのがおかしいと思う人を納得させるのは難しいです。
人だと思うからいけないのかもしれません。
もういっそのこと神様とかせいぜい仙人の弟子だと思っていただければ(笑)
もともと中国の神様って人間くさいですし、仙人にいたっては人間が修行してなれるわけですから
その辺で適当に飲み込んじゃってほしいですね。

>ユンファが、ぶ、武芸を!というハラハラ感
確かに~(爆笑)
Commented by rivarisaia at 2006-11-01 01:12
>ゆずきりさま
このような自分探求みたいなエントリを楽しんでいただけてよかった!

そして、何事も「好き」に早いも、遅いも、まったくもって関係ないですよ! 大切なのは、今好きかどうかですからー。
そんな私の川はいつまでたっても底が浅いので、常に新参者の気分ですよ。

それにしても『無間道』がなければ、川の水は枯渇してたかもしれないと思うと、いや...しみじみとすごい映画ですね。
Commented by rivarisaia at 2006-11-01 01:18
>りりこさま
自分でも知りませんでしたよ、そんな川。
ドニー先生に燃えなら、ぜひショウブラも観てね。

ヴィスコンティとドニー先生には指摘されるまで気づきもしませんでした。これは、何かの暗示でしょうか。(んなわけないって!・笑)
Commented by rivarisaia at 2006-11-01 01:25
>micchiiさま
ラム・シューは萌えメンバーなのか?と一瞬、とまどいがあったのは事実です(笑)

しかし、チャップマンだって『イザベラ』でメロメロになりましたので、
『放・逐』でラム・シューにメロメロにならないと言いきれませんよね!
(なんだかカッコよさげな雰囲気ですよねえ。早く観たい)

それにしても、アラン・ドロンとは...。目が離せませんね。
Commented by rivarisaia at 2006-11-01 01:45
>熊猫さま
川、発見!まるで秘境探検のようですね。あはは。

エリックといい、アンソニー・ウォンといい、ものを食べる場面が本当においしそうなんですよね!何ででしょうね。

「達人だもの」の一言ですべてを解決しようとしてきた私。
しかし、ユンファが飛んで、飛んで、剣さばき〜には正直おどろきました。
これがリンチェイであったら...と一瞬、よぎりましたが、
「いや、ユンファはがんばってるから、何も言わないであげて!」と自分を戒めました。
『黄金甲』ではユンファはどうなのであろうか。

で、でもユンファよりも、ジェイが、ジェイはしっかりやってるかしら。
Commented by まるま at 2006-11-01 08:22 x
後編もブラヴォー! でございます。rivarisaiaさん主演、香港映画スター勢ぞろいの大河ドラマに感動しました。美空ひばりの『川の流れのように』が頭の中で鳴り響いています。

『ワンチャイ』の名バトルは、当時我が身も省みず、従兄弟と真似して痛い目に。運動能力の低下を踏まえ、昨晩はおとなしくDVDにて『無間道』三部作ひとりオールナイト上映会を催しました。

そして偶然かもしれませんが、羅烈さまと若き日の狄龍さまが、きら星の如きつわものたちの中央に位置しているのも、侠気あふれるふっくら四人衆に劉青雲が加えられているのも、私の心をわしづかみに。罪つくりなrivarisaiaさん……。

後日のジェイ・チョウ特集も、前のめりになってお待ちしております!
Commented by 黑珍珠 at 2006-11-01 21:32 x
そ、そうだったのか!
すべてはリー様から始まったのか....。

劉家良&劉家輝、狄龍に小侯いいねえ♪
そして1番好きなのは姜大衛だったんですねえ。
確かにアクションはズンドコかもしれませんがあの笑顔が素敵なのです!
Commented by rivarisaia at 2006-11-01 23:27
>まるまさま

『川の流れのように』が鳴り響きますわねー。知らずに歩んだ細く長い香港映画道〜♪

長い布を見ると今でもつい真似したくなるドニー先生の布棒術。
『無間道』も何度観たことかわかりませぬ。

羅烈と狄龍が中央なのは仕様です(笑)。ジミーさんと羅烈との間で
葛藤がありましたが...。劉青雲はふっくらメンバーに入れると失礼かしら、と思いつつ、入会していただきました。

ジェイ・チョウの布教活動をしてもいいですか。じゃあ、します!
Commented by rivarisaia at 2006-11-01 23:44
>黑珍珠さま

検証すると、リー様から始まってたらしいんですよ!

劉家良は一家に1人いて欲しいくらいですよ。弟子入りしたいくらいです。

姜大衛はねえ、アクションには「だ、だいじょうぶ〜?」とハラハラさせらどおしですが、もうあの笑顔で万事OKです。
ズンドコでも、笑顔を見せられると、「まあ、いいか。許す!」という気分になるのねー。
by rivarisaia | 2006-10-31 21:34 | 映画/香港・アジア | Comments(12)