「ほっ」と。キャンペーン

Rabbit

本日、仕事の打ち合わせ先で雑談をしていた時に、「んも〜、アレ大好きですよ!最高!」と大いに盛り上がった短編アニメーションを紹介しようと思います。

今年の広島国際アニメーションフェスティバルで、国際審査委員特別賞を受賞したラン・レイクの『Rabbit』。カワイイのに邪悪。邪悪すぎて気持ち悪くて、ホントに最高です。

motiongrapherのサイトで見られます。(※すでにリンク切れ) レイク氏のサイトはコチラ。レイクさんはもともとイラストレーターなのですが、彼のサイトの「Biography」のイラストがすばらしい。私も履歴書をイラストで作成しようかしらー。ははは。

『Rabbit』は、RESFESTでも上映されるらしいので、劇場で見たい人はぜひ〜。「SHORTS ONE: OUT OF THE BOX」というプログラムに入ってます。ちなみに「SHORTS TWO」では、2006年7月2日のエントリで紹介した「Tyger」が上映されるみたい!

RESFESTの公式サイトはコチラです。日本国内を以下の日程で巡回します:東京(11/23〜11/26)、京都(12/1〜12/3)、神戸(12/8〜12/10)、福岡(2/3〜2/4/'07)、仙台(2/23〜2/24/'07)。

ショートアニメーションはなかなか見る機会も少ないけど、おもしろい作品が多いのでこの機会にぜひ!
[PR]
by rivarisaia | 2006-11-09 22:02 | 映画/洋画 | Comments(0)