「ほっ」と。キャンペーン

ブラザーズ・グリム

おとぎ話とか昔話とか童謡などといった、昔から伝わる類いのモノにはよく「本当は怖い!」という枕詞をつけたがりますが、そんなの怖くてあったり前じゃん!と思うわけです。怖くなかったらおとぎ話じゃないよねー、だからおとぎ話のぬるま湯化反対!であることは、前にも書きました。

ところがグロテスクを前面に出そうと頑張りすぎるとまた微妙な結果になってしまうもの。前に、白雪姫実写版『スノー・ホワイト』を観た時に、まあ何と言いますか、余計な飾りをつけずに普通にやればいいのに...とつくづく思ったものです。

で、今さらですが、昨日たまたまTVでやってた『ブラザーズ・グリム(The Brothers Grimm)』をなんの期待もせずに観た。
b0087556_18591775.jpg

ああ、だからね、余計な飾りをつけずに...ってこれはそれ以前に、グリム兄弟である必要すらなかった。グリム童話のエッセンスをいただいたダーク・ファンタジーと考えても、ちょっと中途半端かもしれません。何をどうしたかったのだろうか。これはテリー・ギリアムですよね?と途中で首をかしげること数回。『スリーピー・ホロウ』みたいでした、森のシーンが...。

全体的に微妙な映画だったのですが、よいところもあります。中世の村がとても中世っぽかったところと、モニカ・ベルッチがおキレイなところの2点です。モニカ・ベルッチのために観たようなものだったな、と観終わってから思いました。

ぜひ、私の好きなメディチ家のドロドロしたお家騒動あたり(コジモ1世の頃)を誰かに映画化してもらって、モニカ・ベルッチに出演していただきたい。誰の役がいいか考えてみよう。監督は...テリー・ギリアムはちょっと勘弁してもらってもいいでしょうか。
[PR]
Commented by 森と海 at 2006-11-13 21:40 x
>中世の村がとても中世っぽかった
この映画、なんの感動もなかったけど、何気に写る(セットなんだろうけど)村の風景が抜群に美しかった。画質もかなり良くて、そんなとこばっかり見てました。鏡のひび割れたベルッチは流して見ちゃったなあ。
Commented by rivarisaia at 2006-11-14 20:29
村の風景はよかったです。
そうそう、中世のドイツはきっとこんな感じだろうね!と思いました。
そこがギリアム・クオリティだったのでしょうか...。うーむ。

鏡のひび割れたのは、お美しいお顔が〜!と思ったけど、うーむ。
by rivarisaia | 2006-11-13 20:28 | 映画/洋画 | Comments(2)