パフューム

本日は東京シネフェスにて、『パフュームーある人殺しの物語(Perfume-The story of a murderer)』を鑑賞。監督はトム・ティクヴァ。来年の3月から一般公開なので、ネタバレはできるだけナシで、原作と比較しつつサラリと箇条書き。

・小説と映画は別物!と思ってましたが、原作を完璧に映像化しているのに驚いた。スピルバーグだったら無理だったような気がする。

・心配してた「香り」と「悪臭」を映像で見せる工夫というか演出はお見事。スクリーンから「香り」「匂い」が伝わってきました。

・18世紀パリの悪臭漂う市場の情景は、まさにそう、こんな感じだと思う。

・原作読者のみなさん、ラスト近くの「えー!」なシーンも映像化でしたよ。ははは。

・小説版よりも主人公の孤独感や切なさが描かれており、主人公がとても人間的だった。(小説では非常に悪魔的だったんだよね...)

・余談ですが、香りの都グラース(フランス)の街がいい感じで、とても行きたくなった...。香水工場の見学もできるみたいですよ。グラース観光局のサイトはコチラ

私はなかなか楽しみましたが、数人で観てみんな感想が違ったので、賛否両論かもしれないですねー。とりあえず、「自分の香水をつくったらどーよ」という話に花が咲くのは必須です。
[PR]
トラックバックURL : http://springroll.exblog.jp/tb/6097692
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 本読め 東雲(しののめ).. at 2006-11-26 17:35
タイトル : 天才的嗅覚をもった男の純粋な企み 映画「パフューム」
ああ・・・・。 うーん・・・。 観終わったあと、しばらくシートにとどまって余韻を楽しみたい映画、たったいま終わった物語を頭の中でじっくり考え直したくなる映画。 この映画は、とにかくそんな、何ともずしんと深く... more
Tracked from playtcafe*ci.. at 2007-02-05 15:34
タイトル : パフューム (COCOのコレミタイ!playt17 42..
パフューム 公式サイト ブログ3月3日より大阪千日前国際劇場他にてロードショーstory18世紀パリに突如として現れ、天才調香師となった青年がいた…pointランローラランを撮った監督の新作です。ランは色がとってもきれいだと思ったけど、今作も予告を観るとかなりキレイ...... more
Tracked from le temps riche at 2007-03-12 05:48
タイトル : 濃密に香り立つ映像
rivarisa姉貴さまのこの記事以来、「観たい観たい!」と思っていた『パフュー... more
Commented by タウム at 2006-11-26 17:32 x
TBさせていただきました。
俺もシネフェスで観ました。すばらしかったですね。
Commented by rivarisaia at 2006-11-26 23:04
タウムさん、こんにちは。まあ、ありがとうございます!
余韻の残る不思議な映画になっていましたね。
Commented by sei at 2006-11-27 07:51 x
うわー。やっぱり観たいですー。3月まで待たねばなのですねー。
Commented by rivarisaia at 2006-11-27 22:51
3月らしいです。
引く人は引くであろうと思われるクライマックスなので、どうでしょうねー。
ふふふ。
by rivarisaia | 2006-11-25 23:57 | 映画/洋画 | Trackback(3) | Comments(4)

見たもの読んだものについての電子雑記帳


by 春巻まやや
プロフィールを見る