ミッシング

12月10日にチリのピノチェト元大統領がとうとう亡くなりましたね。91歳か、ずいぶん長生きしたわね。ふと「憎まれっ子世にはばかる」という諺が頭をよぎったのは、私だけではあるまい。ピノチェトといえば、コンスタンタン・コスタ=ガヴラス監督の映画『ミッシング(Missing)』 (1982)を思い出した人も多いかも。


南米チリで起きたクーデター。戒厳令が敷かれた町で、米国人の青年チャールズ・ホーマンが行方不明となる。チャールズの妻ベス(シシー・スペイセク)と、米国からやってきたチャールズの父親エドワード(ジャック・レモン)は、衝突しながらも2人でチャールズの行方を追うが、その背後にはチリの軍部と米国政府が絡んでいた。


実話です。実話なだけに何ともむなしい気分になるかもしれませんが、いい映画であり、考えさせられる映画です。国益の前には個人なんてゴミみたいなものですね。こうした映画を観ると、「遠い国の出来事だし」とか、「昔の話だし」などと考えて安心しがちですが、いつどうなるかわからない世の中ですから、日本で起きないとは限りません。そうなったら、私は「行方不明者」リストに載る可能性が高い。どうしたらいいのでしょう。

チリのクーデターが起きたのは1973年(ちなみに9月11日)で、ピノチェトは1974年から1990年まで大統領でした。軍部による恐るべき「左翼狩り」が行なわれていたわけですが、「行方不明」者は3000人以上(おそらく本当はもっとたくさんいる)。アルゼンチンの軍政権では、飛行機で海だか川に生きたまま人を落としたりしたという話もありましたが、チリでも似たようなことを聞いたことがあります。

はじめのうちは「リベラルな活動なんてしてるから面倒な事態に巻き込まれるのだ!」と嫁に対して怒っていたのに、大使館のあんまりな態度にだんだん考えを変えていくお父さんをジャック・レモンが熱演。シシー・スペイセクもハマリ役ですが、ジャック・レモンがとてもいいです。
[PR]
トラックバックURL : http://springroll.exblog.jp/tb/6184228
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 1010 Radio at 2006-12-15 13:20
タイトル : チリのピノチェト元大統領死去に対する世界の反応
チリの元独裁者として知られるアウグスト・ピノチェト元大統領が亡く なったというニュースは、チリ国内でもまた国際社会においても相互 に矛盾するものを含む、様々な反応を呼び起こしている。 これに関連してロシアの声の評論委員は、次のようにコメントしてい る。アウグスト・ピノチェト氏は1973年、軍事クーデターの結果として 大統領の座に就いた。それから17年間1999年に至るまでピノチェト 元大統領は、チリで独裁的な権力を行使している。 国際的な司法当局の統計によると、この時期チリでは3万人から4万 人が監獄...... more
Tracked from 1-kakaku.com at 2007-01-07 07:06
タイトル : ミッシング
19世紀末のアメリカ、ニューメキシコ州。ふたりの娘や恋人と平穏な日々を過ごしていたシングルマザーの女医マギー(ケイト・ブランシェット)のもとに、かつて家族を捨てた父親ジョーンズ(トミー・リー・ジョーンズ)が帰ってきた。父を決して許すことの出来ないマギーだったが、そんな折、長女のリリーがネイティヴ・アメリカンに誘拐されてしまう…。 『ビューティフル・マインド』でアカデミー賞を受賞したロン・ハワード監督によるヒューマン・サスペンス・タッチの西部劇。過去のわだかまりを越えて、父と娘のきずながよみがえ...... more
Commented by マル季 at 2008-05-18 15:19 x
お久しぶり。モダーンズ好きのマル季です。この事件のことを調べてたら、ここにたどり着きました。この映画、面白かったですよね。でも、事件のことを知らないと入り込めない面もあるかな
Commented by rivarisaia at 2008-05-19 14:42
マル季さん、お久しぶりです。
またもやたどり着かれましたか! この映画、確かに当時のチリのことを頭に入れておかないと、今ひとつ面白さがわからないかもしれないですね。
けっこう怖い話なんだけども。
by rivarisaia | 2006-12-12 23:58 | 映画/洋画 | Trackback(2) | Comments(2)

見たもの読んだものについての電子雑記帳


by 春巻まやや
プロフィールを見る