「ほっ」と。キャンペーン

放・逐 exiled

未開封のDVD、新年開けまして観るのでございます!と、意気揚々と観た第一弾が、ジョニー・トー(杜[王其]峰)監督の『放・逐(exiled)』だったのですが、愛すべき映画たちのmicchiiさんも、日刊【考える葦】Returnsの森と海さんも、早速ご覧になっているご様子。偶然とはいえ、何でしょう、トーさんの魔力?
b0087556_4441664.jpg

日本ではまだ公開してないので、ネタバレなしで感想を申しますと、

すばらしい! カッコいい!! 劇場で観たいから早く公開してください!!

この三言につきます。

侠気が最高に炸裂。ビシビシとしびれるほど伝わってくる何かがあり、途中から中国語字幕の細かい意味を理解していないことをスッカリ忘れてました。それほどまでに心に通じる何かを感じて、目がクギづけだったの。そして深〜い余韻にひたるのであった。ラム・シューもすごくカッコいい! 皆さんおっしゃる通りこれは西部劇でした。

リッチー・レン(任賢齊)は、ちょろっとしか出てこないけど、これまた男前な役柄。一方で、サイモン・ヤム(任達華)はイッちゃってる演技がすっかり板について...としみじみするのは、『黒社会(エレクション)』のトラウマでしょうか。いつブチ切れて暴れだすかヒヤヒヤしましたよ。

そしてもうひとつ、すごいなあとタメ息ついたのは、いつにもまして画面の構図。出だしもそうですが、医者が出てくるアノ場面の構図とか、ラストのRed Bullとか。おもしろい。もう、これ以上は書けないので、ぜひ観て確かめてください。

あーもう、去年の『イザベラ』といい、マカオだ、マカオが私を呼んでいる(映画の舞台がマカオなのですよ)。マカオに行きたいなあ。

実は、うちのTVが年末に大画面になったにも関わらず、リージョンフリーのDVDデッキがついに壊れたため、Macで観るハメになった私。もったいないことをしました。しかし、たとえ大画面で観ていたとしても、これは劇場にも行くだろう。早速リージョンフリーの新しいデッキも買ってしまったが、繰り返し観たとしても劇場でも観ますよ。ということで、日本のどこかが買ったらしいですが、公開日はいつですか(泣)?
[PR]
Commented by ゆずきり at 2007-01-04 01:09 x
開けちゃっておめでとうございます!今年もバラエティに富んだエントリー、楽しみにしています。

「ザ・ミッション」がすばらしすぎたので、その続編は期待と不安と両方ふくらんでましたが、とりあえずかっこいいのですね、よかった~。
そして日本でも公開?!そいつあ春からめでたいニュースです。
私は映画館主義なので、DVDを手にいれつつも、劇場公開するまでガマンするつもりです。なのでできるだけ早く公開してほしいです。
(そーいや「黒社会2」はどうなったんだろう?)
マカオは私も行ってみたいです。香港はどんどん変わっているらしいから、マカオの方が昔の風情が残っているのかな。いや、昔のマカオを知っているわけじゃありませんが。
Commented by rivarisaia at 2007-01-04 14:38
>ゆずきりさま
開けちゃっておめでとうございまする。こちらこそゆずきりさんのエントリを楽しみにしております。

続編といっても出ているメンツが続編チックなだけで、ストーリーは続編ではありませんでした。が、前作を上回るかっこよさです。保証付き。

そして日本で公開されるらしいのです。「らしい」がくせものですが、するなら早くしてほしい。私も基本は劇場主義のはずが、こらえきれずに
開封してしまいました...。去年は一昨年にくらべて映画館にあまり行けなかったので、今年は映画館でたくさん見られますように。

そしてマカオに行けますように〜〜!!
Commented by micchii at 2007-01-26 14:35 x
再チャレンジ第2弾。どこかの首相みたいですが(笑)
映画自体ももちろん大傑作ですが、久々のかっこいいラム・シューに痺れました。このメンバーに入ると、ラム・シューすらもかっこよくなるんですよね。
This is トーさんマジック。
Commented by rivarisaia at 2007-01-26 23:33
第2弾だ!(笑)
ラム・シューがかっこいい時点で本当にマジックです。
しかも、西部劇はしばらく観なくてもいいかなーという気分だった私が
「久々にペキンパーあたりが観たい!」という気分になったのもトーさんマジックだと思います。
by rivarisaia | 2007-01-03 23:26 | 映画/香港・アジア | Comments(4)