「ほっ」と。キャンペーン

カクテルでビバ、映画館

その昔、私が住んでいた異国の町では月に1度「1ドル映画デー」というような趣旨のイベントをやる映画館がありました。上映する作品も、数ヶ月前の人気映画だったり、カルトなB級ホラーだったりと統一感がまったくないのですが、映画館はお金のない学生で激混み。

そんな映画館で観た印象深い映画がトム・クルーズ主演の『カクテル(Cocktail)』です。ラジー賞受賞、トムちんのプロモ的映画、allcinema で「トム・クルーズファン以外、見ると絶対に損をする」とまで書かれた評価最低映画です。

確かに映画の内容は薄いが、映画館での体験は濃いものであった。

上映中ヤジが飛び、立ち上がってかけ声をかける輩がいるのは、かの国の常としても、館内が学生で満載のため(そんな私も当時は学生)、通常のレベルよりも格段に反応が熱い。劇中トム・クルーズが小切手を破り捨てる場面があるのだが、その瞬間たるや「イエ〜〜イ!」「ひゃっほう!」「トム、それでこそ男だ!」「グッジョブ!」と大喝采で大いに盛り上がり、しまいには主題歌の「ココモ」に合わせて、館内ゆれるほどの大合唱であった。えええー歌うの!?ここはインドか、と隣を見たら友人も熱唱中...。ええ、もちろん私も歌いましたとも。

b0087556_19104275.jpg

トムちんが本作のためにマスターしたであろう、シェイカーさばきは未だ健在なのでしょうか。ケイティの前でたまに披露したりするのかな。


映画自体はアメリカン・ドリームを追いかけるバーテンダーの恋愛青春モノというトレンディ映画なので、マジメに観ようとすれば「損する」かもしれませんが、単純な映画は単純に楽しんだらいいのでした。トム・クルーズのファンじゃなくても観て損とは思わなかったのは、破格の入場料ではなく熱い観客の皆さんのおかげです。VIVA、映画館!

そんなワケで、映画はやっぱり映画館で他の観客と一緒に観るのが楽しい。反応が薄いといわれる日本の劇場でも楽しい。忘れられないのは『ロスト・ハイウェイ』で、場内に明かりがついた瞬間、後ろに座っていた茶髪のお兄ちゃんが「俺、あったま悪ィいのかな〜、ぜんぜんっ意味わかんねーよ!」と叫び、場内から拍手が...。そんな意味不明な、でも嫌いじゃないリンチの最新作『Inland Empire』はいつ公開?
[PR]
Commented by micchii at 2007-01-26 14:38 x
映画館で印象的だったのは、文字通り超満員の新宿ミラノ座で観た『少林サッカー』ですね。
1000人が皆さんお腹を抱えて大爆笑、あんな経験は後にも先にもあれ一度です。
Commented by rivarisaia at 2007-01-26 23:37
1000人で『少林サッカー』いいなあ。それは楽しそう!
スターウォーズの先々行オールナイトin新宿も凄かったです。
会場暗くなる→拍手→FOXのロゴ出る→拍手→テーマ曲かかる→大喝采で収集つかず....。
ここはアメリカか!?と思いました。
by rivarisaia | 2007-01-23 19:17 | 映画/洋画 | Comments(2)