墨攻

諸子百家が活躍した中国古代の春秋戦国時代。当時の思想集団に「墨家(ぼっか)」があった。歴史上から姿を消した「墨家」についてはまだ不明の点が多い。

...とまあ、さも知ったようなことを書いてますが、酒見賢一さんの小説を読むまで「墨子は兼愛」しか知らなかった私。酒見さんの小説を森秀樹さんがマンガにして、マンガをさらに映画化したのが『墨攻』です。監督はジェイコブ・チャン(張之亮)。

紀元前370年の中国。大国・趙の大軍の前に、落城の危機に直面する小国・梁。梁王は墨家に援軍を求めるが、やってきたのは革離(アンディ・ラウ/劉徳華)ただ1人であった。

b0087556_21164810.jpg

戦乱の世にあって、特筆すべき墨家の教えは「非攻」と「兼愛」。大国が小国を侵略する行為を認めない、他国を攻めてはならない、自分を愛するよに他人も愛せ、と書くと博愛主義的ですが、ここで興味深いのは、墨家は徹底的に守り抜くという「防御戦」に長けた集団だったのではないか、という視点です。

それにしても「非攻」の精神はどこぞの政治家に聞かせてやりたいですね。小説も映画もフィクションですが、墨家に興味をもつにはいい機会なので、ぜひ映画館で観ることをおススメしたい。

欲を言えば、だんだんストーリーが散漫になっていく気がしたのは残念。あと革離はなぜ1人で来たのか、という所をもう少し突っ込んでほしかった。小説では、時代とともに変化していく墨家に反発し、あくまでも尊ぶべきは「任」(任侠)であるとして梁にやってきたのだ、という背景がありましたが、映画はその辺がやや曖昧。

やはり初めのうちはガチンコ墨者っぷりをもっと発揮してもらって、人心を掌握していく過程を見せてほしかったと思う反面、人間的に弱い映画版・革離にも共感できる。兼愛を説く墨家も、結局は国家のために人命を犠牲にしているというジレンマ。そこから一歩進んだ方向性を革離に示したということでは、逸悦(ファン・ビンビン/范冰冰)の存在は必要でした。でも観ている最中「そこの女ひっこめ!」と思ってしまったのは私だけでしょうか。

ところで、時代物を観る時に、服装やら調度品などに目がいくのは毎度のこととしても、今回はさらに武器に目を奪われた。そんな私の脳内をいまだにぐるぐる回っているモノが最後に出たアレでございます。アレが頭から離れないのです。アレは一体...。ややネタバレになるので、その件についてはまた別途書こうと思います。

b0087556_2110818.jpg

マンガは未読ですが小説はおススメなので映画の後にぜひどうぞ。


余談ですが、「五馬分屍」*ってセリフが出た瞬間、過剰に反応した私。字幕では別の言い方だったけど、確かに中国語で言ってたよね「五馬分屍(ウーマーフェンシー)」って!

このエントリで騒いでたヤツですよ...。
[PR]
トラックバックURL : http://springroll.exblog.jp/tb/6443099
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 愛すべき映画たち at 2007-02-08 13:50
タイトル : 『墨攻』観て来ました
漫画も小説も読んでないので、予備知識は予告編だけです。 ... more
Tracked from 最新ニュース情報(女性の.. at 2007-02-08 16:13
タイトル : 映画・墨攻は面白そう!! でも墨攻ってどういう意味?
墨攻(ぼっこう/ぼくこう)は、日中韓合作の映画作品ですが戦国時代の中国を舞台とした酒見賢一氏の歴史小説を原作で、森秀樹氏の歴史漫画、にもあります「墨攻」という単語は、酒見賢一氏が「墨守」という言葉から作り出した造語なんです墨攻のあらすじ... more
Tracked from 古谷千秋の食い倒れ日記 at 2007-02-23 09:56
タイトル : 墨攻
「豊洲漁港 寿し常」での食事の後、同じフロアーにあるユナイテッド・シネマ豊洲で映画を観ることに。ちょうど『墨攻』が始まるところだった。歴史スペクタクル物が大好きなので是非観たかった映画。... more
Tracked from 猫姫じゃ at 2007-02-24 23:04
タイトル : 墨攻 07050
墨攻 2006年   ジェイコブ・C・L・チャン 監督  川井憲次 音楽  酒見賢一 原作アンディー・ラウ 劉徳華 アン・ソンギ ワン・チーウェン ファン・ピンピン チェ・シウォン 日・中・韓 合作なのね。 原作知らないし、人気コミックというのも読んでないし....... more
Tracked from ダディャーナザン!ナズェ.. at 2007-02-25 21:12
タイトル : 【2007-17】墨攻(A BATTLE OF WITS)
戦乱の中国 知恵と戦術を屈指して戦う 「墨家(ぼっか)」という集団が存在した この男(革離)、10万人の敵に たった1人で挑む。 それは、かつてない知略に富んだ戦い ... more
Tracked from 私のお気に入り。大好きな.. at 2008-01-23 00:19
タイトル : 墨攻 レビュー 人は何のために戦うのか?
  人は、果たして、何のために戦うのだろうか? 「墨攻」の舞台は、紀元前370年ごろの古代中国。 墨攻 DVD ★★★★ 製作年: 2006年 製作国: 中国/日本/香港/韓国 収録時間: 173分 出演者: アンディ・ラウ アン・ソンギ ワン・チーウェン ファン・ビンビン ウ・チーロン チェ・シウォン 監督: ジェイコブ・C・L・チャン 脚本: ジェイコブ・C・L・チャン 詳細: 原作:森秀樹/酒見賢一/久保田千太郎 メー ... more
Commented by 熊猫 at 2007-02-06 21:56 x
あ、『墨攻』始まりましたね。
なんだかんだでなかなか映画を観に行けてません。
この田舎のシネコンではすぐに終わってしまう気配を感じるので
早めに観に行かなくては・・・。
小説もおもしろそうですね。
でも未読の本もたまってしまった・・・(-"-;
Commented by rivarisaia at 2007-02-07 23:43
始まりましたー。
マンガもおもしろそうですよ。小説は映画とはちょっと違うストーリーなので
映画の後に読むほうがいいのかなあという気がします。
短いのであっという間に読めてしまうと思いますよー。
Commented by micchii at 2007-02-08 13:55 x
TBありがとうございました。
確かに後から考えれば逸悦の存在は意味がありましたが、「そこの女ひっこめ!」とずっと思ってましたよ。特に服を脱ぎ始めたくだり。
Commented by rivarisaia at 2007-02-08 23:30
micchiiさん、
そうなんですよ。後から考えると意味があるのはわかるんですけど、
観てる時、特に服を脱ごうとするあたりで
「国の危機に、ちょっとアンタ....」と思っておりましたー。
Commented by 熊猫 at 2007-03-04 20:33 x
すべり込みセーフで観てきました!
確かに言ってました、五馬分屍(ウーマーフェンシー)って!(笑)
墨家の思想に興味がわきましたが、難解そうですね。
とりあえず小説を読むぞー!
オススメにしたがって小説は映画の後に読もうと思ったので
小説は枕元にスタンバイしてるのです。こちらも楽しみ♪
Commented by rivarisaia at 2007-03-05 03:43
五馬分屍って言ってたよね(笑)!

墨家の思想には、私も興味津々になりました。
簡単にわかる墨家の本ってないのでしょうか。難解だと私は睡魔に襲われるから...。小説はサクッと読めます。
正直に言うと、小説の方が好き。
by rivarisaia | 2007-02-06 21:25 | 映画/アジア | Trackback(6) | Comments(6)

見たもの読んだものについての電子雑記帳


by 春巻まやや
プロフィールを見る