「ほっ」と。キャンペーン

旗本退屈男シリーズ

東京・京橋のフィルムセンターのスケジュールを見ていて、市川右太衛門が2月25日で生誕100周年だったということを知る。

よッ!旗本退屈男! 私は右太衛門バージョンが一番好きです。

b0087556_1543676.jpg

このシリーズは何本も観ているけど、30作もあるのでどれを観たのか自信がない(笑)。どの作品も旗本退屈男こと早乙女主水之介(さおとめもんどのすけ)が事件の謎に挑み、最後にチャンバラがあって一件落着という流れです。

当たり前なんですが、旗本退屈男の行動原理はすべて「退屈」という点で一貫しているんですよね。「またぞろ退屈の虫が疼き出したわ...ふはははは」とよく言ってますが、本当にすべてがこの調子。なんてお節介な男なんだと毎度思わされるのも、悪者退治に精を出すのも、ぜーんぶ本人がヒマを持て余しているから。

ある時など、「おぬしは何でこんなことをしているのか。武士の正義感からか」というような質問をされ、ハッキリと「退屈だからだ」と答えてました。おい!

正義のヒーローにしては、肩の力が抜けててイイ。

そして、めまいするほどのド派手な衣装。着流しで、そんな所をウロウロしてていいんですか?と逆に心配になります。出かけるたびに着替えたりもしているのですが、旅先にまで何着衣装を持参しているのか。クライマックスではピッカ〜と光り輝いている(ように見える)のがポイント。

こそこそ隠れて探りを入れるのではなく、目立っても構わん!という気概が潔い...のか?


「この眉間に冴える三日月型、天下御免の向こう傷。直参旗本、早乙女主水之介、人呼んで旗本退屈男、たはったはったはははは!!」の額の傷は、31才の時に浅草雷門にて7人の剣客と戦った際にできたものです。諸羽流奥義の正眼崩しで斬り伏せたことで、江戸中に名を轟かせたらしい。フィルムセンターのサイトによると「どこから撮ってもカメラの枠に美しく収まるよう編み出した技」とありました。

チャンバラらしいチャンバラ。市川右太衛門特集は3月4日まで。
旗本退屈男の上映は3月3日です。詳しくはコチラ
[PR]
Commented by cazorla at 2007-02-28 15:20
はじめまして。ずっとひそかに読ませて頂いてます。
リンクさせて頂きましたので ご了承くださいませ。
旗本退屈男 私も好きです。
なつかしい。 退屈じゃー っていうのが なんかかっこいいな と
Commented by rivarisaia at 2007-03-01 00:15
cazorlaさん、こんにちは! リンクどうもありがとうございます。
退屈だから悪を退治っていうのが、なんともカッコイイなあーと
思うので、結構好きです。

何となくスペインにもそんなヒーローがいそう...と勝手に想像しました。
by rivarisaia | 2007-02-28 15:07 | 映画/日本 | Comments(2)