「ほっ」と。キャンペーン

ハッピー フィート

去年、全米興行成績を見ていて、「なんでいつまでもペンギンアニメが上位に...」と思っていました。どーせ『皇帝ペンギン』の二番煎じだろ、とも言い放ちました。

が、劇場で予告を観た私は、CGスゲー!と圧倒されてしまいまして、「ごめん、私が悪かった」といそいそとペンギンのCGを見にいくことに。

ハッピー フィート(Happy Feet)』監督ジョージ・ミラー(字幕版)

b0087556_20233784.jpg


やはりCGが圧巻。大量のペンギンが動いて踊って歌うだけでワクワクします。隣の見知らぬカップルもノリノリだったし、スピード感ある映像には目を見張るものが。ペンギン以外の動物がやや微妙とはいえ、水の泡や氷など芸が細かい。仕事でたまにCG(静止画)を描くことがある家人は、画面の隅っこにまで目を凝らし「制作状況を考えるとめまいがするね!」と申しておりました。

ペンギンなんてデフォルメされたアニメより実写のほうがかわいいに決まってるじゃん!と思ってましたが、子ペンギンはフワフワしててめちゃくちゃかわいい。あれ1匹、うちにも欲しい。

...さて、ストーリーに触れてないですね。

途中までは、成長した主人公があんまりかわいくないけどノリよく進みます。

えーっと、他人と違っててもいいのだ、個性が大事だというテーマだったはずが、終盤で予想外のところから説教食らった感じと言いますか、意図はわかるんですけど中途半端。シンプルなストーリーのほうがよかったのでは...。

そう考えると、単純なストーリー展開なのにラストまで一気に引っ張るピクサーはやっぱり凄いな。

ところで、CGしか見てない家人に「終盤にユアン・マクレガーがちょろっと出てたね」と言われたのですが、まさしくその終盤に引き気味だった私は気づかなかったよ....。目が泳いでたのかしら。

それでも立ち直ったのはやっぱりCGのおかげだった。南極の景色は実写も入っているんでしょうか。ソフトウェアは何だろう。

b0087556_20245457.jpg

キャラとして好きなのは、ラテン系のこいつら。歌もいいけど動きも絶妙だった。

「ハッピー フィート(字幕版)」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
[PR]
Commented by 熊猫 at 2007-03-22 22:47 x
ちょっと前、予告編でペンギンが絶唱しているのをみて衝撃を受けました。
「皇帝ペンギン」もある意味衝撃的でしたが・・・。
Commented by rivarisaia at 2007-03-24 23:21
絶唱してましたよー。そしてタップダンスも踊っていました。
でも足が短いのでタップなんだかよくわからなかったけど...。
ほんとにね、終盤の展開には目が点になりました。
Commented by ginpei_chan at 2007-04-08 04:32
こんばんは!
先日はコメント&TBありがとうございました。
いやあ、あの終盤以外はいい映画だったんですけどね...
僕は今でも、あの説教臭い終盤のせいで、この映画を素直に認めることが
できないでいますけれども...
これだけの音楽のセンスと作画力があれば、
シンプルなストーリーで押し切ってくれたほうがありがたかったです。
実は、口直しに、家に帰って『皇帝ペンギン』観ましたもん。(笑)
Commented by rivarisaia at 2007-04-08 23:45
こんにちは!
「異星人がいるらしい」という展開まではいいんですけど、その"異星人"が実写で出てくるのに違和感を感じてしまいました。しかもあの発信器に私は硬直しておりました。
説教はわからなくもないんですけど、娯楽でつっ走ってもらって、説教はスパイス程度でよかったのに...と思います。
『皇帝ペンギン』を観てしまう気もちはわかります!!
Commented by ginpei_chan at 2007-04-10 22:44
そうです!「違和感」という言葉が一番合いますね...
発信機はねえ...水族館のシーンよりも辛かったです...
Commented by rivarisaia at 2007-04-10 23:09
水族館のシーンで、これどうやってオチをつけるんだろうと不安になってたら発信機が出てくるとは〜! 座席で硬直することしばし...という感じでしたよ....。
by rivarisaia | 2007-03-18 20:32 | 映画/洋画 | Comments(6)