「ほっ」と。キャンペーン

大魔神シリーズ

映画観てないとボヤいておきながら、じつは先週『大魔神』シリーズを観た。

久々の邦画! でもナゼ大魔神? それは、ケーブルTVで一挙放映することを知った家人が、「大魔神ナイト」と称して、ずーっと観ていたからです。私がバッチリ観たのは『大魔神』『大魔神怒る』まで。3本目の『大魔神逆襲』は横目でながら見をしてしまった。ごめんなさい、大魔神。

ストーリーのパターンをいちおう書くと、


  悪者が非道なことして善人を苦しめ、さらに神様にバチ当たりなことをする
     ↓
  大魔神怒ってあちこち破壊して悪者死亡


......別に書くまでもなかったですね。さて、大野球選手のあだ名になるほどですが、私は初めて観ました。怒ってない大魔神が巨大な埴輪だと知らなかったくらいです。そんなわけで、かなり新鮮な驚きがあった。すなわち。

   善人のやることなすこと、すべてダメ。

いや、ダメってことはないんですが、頑張っているのにまったく報われない。偵察に行ってもスグ捕まるし、ワナにかかるし、退散せざるを得なくなるし。映画の構造をわかっていなかった私は、

   ちょっと! 何で捕まっちゃうのさ。あ〜ばかだなあ、もう!

とぶつぶつ言ってましたが、「なす術もない状況じゃなかったら、大魔神が登場できないではないか」とたしなめられました。あ、そうか。人間で解決できるようなら、魔人の助けはいらないものね。

2作目は、あれっモーセの十戒?と思えるシーンもあって、一大スペクタクル。個人的には、2作目で藤村志保のお付きの若者(丸井太郎)の名前が「どどへい」というのが気に入りました。「どどへい」ってすごい名前だな、と調べると「度々平」と書くらしい。

監督は1作目から順に、安田公義、三隅研次、森一生。

このシリーズはこの3作のままで、リメイクしなくていいような気もするけどなあ。
[PR]
Commented by Dog_G at 2007-05-31 13:00 x
大魔神。特撮の質感・空気感は現代物より上だと思います。
Commented by ブラボー at 2007-06-01 10:37 x
触発されまして
またまた大魔神記事を書きましたのでTBさせていただきました。(笑)
Commented by rivarisaia at 2007-06-01 17:32
>DOG_Gさん、
三池崇でリメイクのウワサはどうなったのかしら。
CGではあの質感は出せなそうというか、逆に嘘っぽくなりそう。
Commented by rivarisaia at 2007-06-01 17:35
>ブラボーさん
わあ! 山下清の声色で(笑)。
よく考えてみると、1作目って大魔神が助けてくれるまで、10年も待たされてるんですよね。10年、耐え忍ぶって....長い!
by rivarisaia | 2007-05-30 22:32 | 映画/日本 | Comments(4)