「ほっ」と。キャンペーン

バーニング:夏はホラーの季節

夏はホラーの季節だね、と先日、知人と話していたときに、思っていた以上に私はホラー&スプラッター映画を観ていたという事実が判明し、自分でも驚愕しました。

映画館で観たのは数えるほどで、ほとんどがテレビかビデオですが、別に好きじゃないんですよ。痛いの嫌いだし、びっくりするのはイヤだし、主人公らの行動にイライラするし、観ないにこしたことはない。なのに、なぜだ。なぜですか。

とまあ、ちょっと振り返ってみると、ああ、ありましたね。元凶は80年代のスプラッター&ホラー映画ブームとみた。

青少年の精神に映画が及ぼす影響などが問題視されている今とくらべると、当時はテレビも恐ろしいほど無法地帯。そんな時期に子ども時代を送った私です。好きじゃないくせに、うっかり怖いもの見たさでテレビで見てしまう→見なきゃよかったと後悔する、の繰り返し。

背中に出来物がと言われたら、「マニトゥ?」と即答しちゃうし、ジェイソンもフレディもブギーマンもチャッキーもレザーフェイスもある意味では旧知の間柄だと言える。まあ、やつらとは友だちにはなりたくないですが。

さて、そんなことを思い出していて、ふと心によぎった映画があったので、ハサミを頭上でシャキーンと開いて、隣にいた家人に向かって

「バァァ〜ニング!」

と言ってみたところ、「すっごく怖いからやめてくれよ。何だよそれ」と本気で嫌がられた。わかってもらえなかった......あんなに流行ったのに.......。

前置き長いですが、当時は宣伝だけで心底怖かった。劇場で観たいとも思わず、これまたうっかりテレビで観ちゃったのですが、今にして思えばB級映画。今さら観る人もいないでしょうからネタバレします。全米で失神者続出(大げさ)。実在の指名手配中の殺人鬼バンボロ(ウソ)。
b0087556_23213237.jpg

バーニング(The Burning)』監督トニー・メイラム

ストーリーの基本は『13日の金曜日』で、キャンプ場に巨大な植木バサミをもった殺人鬼が現れるという話。キャラとしてはゲームの「クロックタワー」に似てますね。この殺人鬼は、少年たちに火をつけられて大火傷を負ったキャンプ場の元管理人。火をつけた少年の1人は成長してキャンプ場のお兄さんになっている........それってどうなんですか。しかも、この元放火少年は生き残るのだが、コイツはおとがめなしでいいのだろうか。今にして思えば納得の行かない展開です。

そして何だか知らないけど、殺人鬼の名前がバンボロじゃなかった.....(バンボロは東宝東和さんが宣伝用に勝手に名づけたらしい)。まあ、今日までバンボロのことは思い出しもしなかったので、大した衝撃でもないですけど。

ちなみに、allcinemaのデータを見ていて、この映画にホリー・ハンターが端役で出ていたことを知りました。へええ。『13日の金曜日』の第1作目にはケヴィン・ベーコンが出てましたね。ベッドに寝ていて下から刺される役だった記憶があるんですが、合っているでしょうか。確認のために見返す気にはならないですが。
[PR]
by rivarisaia | 2007-06-30 23:26 | 映画/洋画 | Comments(0)