「ほっ」と。キャンペーン

ジョーズ:夏はサメの季節

またもや、スキンを変えました。レオナルドのしかめ面が心に刺さるので(笑)
-------------

さて、ふだんアクセス数とかあんまり見ないんですけど、久々に見てみると、先日アクセス数がドン!と上がっていた(っていっても春巻は常に低空飛行ですから、大したことないんだけど)。なんで?と思いまして、検索ワード・ランキングをみるとですね、ダントツで「バーニング トニー・メイラム」が1位に。

ひいいい。もしかして、あれは隠れた人気カルト・ホラーだったんですか? だとしたら、ごめんなさい、こんな記事で。

さて、ホラーは好きじゃない!と言いつつも、今日のテーマはサメです。理由は夏だから。

b0087556_20113496.jpg

JAWS/ジョーズ(JAWS)』監督スティーヴン・スピルバーグ
JAWS/ジョーズ2(JAWS 2)』監督ジュノー・シュウォーク
ジョーズ3(JAWS 3-D)』監督ジョー・アルヴス
ジョーズ'87復讐篇(JAWS: THE REVENGE)』監督ジョセフ・サージェント

私は夏にめったに海に行きません。なぜなら、サメが怖いから。日本の海だろうが、何だろうかサメが出るかもしれないじゃないですか。「出るはずのないバハマの海にジョーズが!」といった雰囲気のキャッチコピーもあったような気がする。

そう、出るはずのない海に出るのがジョーズです。

私のサメ・トラウマは、幼少のころ、親と観に行った『ジョーズ』のせいではないかと思います。スピルバーグの第1作は、本当に怖かった。最初に食われてしまう女性の彼氏が、浜辺で「ふ、服が脱げない!」とモタモタしているシーンで大笑いした記憶はありますが、その直後、
b0087556_19354514.jpg

こーんなシーンになって凍り付いたわたくし。「海で泳ぐのはやめよう! 特に足がつかないところでは」と決めました。そんなわけで、人生において数えるほどしか海で泳いだことがない。足がつかない場所で泳ぐハメになったら、必ず浮き輪を使います(それは、立ち泳ぎができないからで、あんまりサメとは関係ないが)。ダイビングのライセンスを取ろうと誘われたときも、

「NO!」

と即答いたしました。シュノーケリングでじゅうぶんです。

そんなトラウマを植え付けた『ジョーズ』ですが、上記に挙げた第4作まで劇場で観てるのはナゼでしょうか。ブログを書き出して気づいたんですけどね、歩く自己矛盾と呼ばれてもおかしくないですよ、私。「サメ、怖い。嫌い。海、行かない」と言い張り続けて、なんで観てるのさーー! 

えーっと。まあ第1作以外は、とりたてて書くこともないんですけど、第3作は3D映像だったんですよね。立体眼鏡をかけて観た、腕がプカーンと浮いていた、ということしか記憶に残っていないほどですから、きっとおもしろくなかったんだと思います。いいかげんにもう打ち止めにしたらどうか、と誰もが思うなか制作された第4作にいたっては、これっぽっちも思い出せないありさま。観るなら第2作まで、と記しておきたい。

ちなみに、もちろんレニー・ハーリン監督の、殺戮マシーンと化したサメ大暴れ!『ディープ・ブルー(Deep Blue Sea)』も鑑賞済み。どこまでサメ好きなんだよ!と自分にあきれ果てていますが、この映画は予想外のガブリ・シーンと、生き残りルール無視という2点でなかなか楽しませてもらいました。あっけに取られて爆笑、と書いたほうが正直かも。

これから夏本番ですけど、海にお出かけの際はくれぐれもサメにご用心くださいね。
ヤツラは出るはずのない海に出ますからね!
[PR]
Commented by 熊猫 at 2007-07-08 21:50 x
やっとコメントを書きにくる余裕ができた熊猫です。
って、自分で首をしめてただけですが(笑)
サメもの映画は熊猫姉が大好きでサメがでるのはほぼすべて観ているようです。(ヘンな人・・・)
熊猫はそんなに観てませんがやっぱりジョーズは1作目が面白かったとこの間テレビを観ながら思いました。
Commented by rivarisaia at 2007-07-09 16:32
>熊猫さん
お久しぶりです。学友のコンサートで燃え尽きたのだと思ってました(笑)
来週、WOWOWでは「幻の巨大ザメ、メガロドン」が出てくるドイツ映画をやるそうで、さっそくチェックしてる私もどうかと思います。

ジョーズはやっぱり1作目がダントツですよね。ただのモンスター・パニックじゃないところが。
by rivarisaia | 2007-07-07 20:15 | 映画/洋画 | Comments(2)