「ほっ」と。キャンペーン

鏡:コラージュ好きにぴったり

先日の『父、帰る』のエントリは今日のエントリの予告編でもあった! と、相変わらず、大ゲサですが、本日はなんとタルコフスキーです。

ソラリスはまたの機会にするとして、大胆不敵にも今日は『鏡(ZERKALO/Mirror)』の話だ。ええっと、何か書けるのか、私.......。まあ、期待しないように。
b0087556_21265030.jpg

たまに、「タルコフスキー・オールナイト」などを催す映画館がありますが、そのたびに私は「睡魔との戦いイベントってこと? 皆、起きていられるワケ?」と余計な心配をしてしまいます。もちろん、「タルコフスキー、大興奮だよ!」という方もいらっしゃるでしょうが、私の場合、彼の映画はだんだん意識に霞がかかってきて、ぼんやり画面を眺めるうちに「ジ・エンド」という流れがデフォルトです。そんな調子ですから、内容を説明しろ、とか、鋭く批評しろ、とか言われると、うすら笑いを浮かべて後ずさりするしかない。だって、意味わからないんですもの!

で、本作『鏡』も、自伝的な映画なのねということ以外は私には意味不明。サッパリ理解できないのは相変わらずですが、これは嫌いじゃないです。むしろDVDが欲しいくらい。なぜなら、さまざまなイメージのコラージュのようで、まさにコラージュ好きにはたまらない作品になっているからです。意味わかんなくても問題なし! とにかく、コラージュ魂が刺激される1本でございます。ええ、私はコラージュが大好きですとも!

しかもたま〜に、ちょっとゾゾゾ....とするようなホラーな場面も挿入されているので、飽きません(ハッと目が覚める場面、と書くべきでしょうか)。私のゾゾゾ・ポイントは次の3点。

・お母さんが髪を洗うシーン
・さっきまでいたはずの老婦人が消え、テーブルの上にカップの跡が残ってるシーン
・鶏をつぶすように言われたお母さんが不気味に微笑むシーン

b0087556_21195266.jpg

元祖貞子な雰囲気のお母さん。怖いよ〜。この後、天井が剥がれ落ちて、さらに不気味さが倍増。夢に出そうです。


上記のゾゾゾ・ポイントはかなり好きなシーンでもあるのですが、ほかにも好きなシークエンスがいくつかありまして、3つ選ぶならこんな感じです。

・雨の中の納屋が燃えるシーン(これは外せないよね。きれい)
・印刷所のシークエンス(なぜか一番ロシア的なものを感じる)
・飛行船のニュース映像からルネサンス絵画の本をパラパラめくる場面になるところ(音楽も絶妙)

b0087556_21195998.jpg

飛行船から絵画の本へ。この後にゾゾゾな老婦人の場面へと続くので、このシークエンスは最も好きかもしれません。この本も1冊欲しいです。製本が、絵のページの前にハトロン紙が綴じられているタイプ。ページの合間に落ち葉が挟まってるあたりが、グッとくる小ワザですね。

タルコフスキーは通好みなんでショ、という雰囲気が漂う監督ですが、『鏡』に関しては、深く考えずに(理解するのは諦めて)映像に身を任せてだらだら観るのもアリではないかと思うわけです。そんな私は、白状いたしますと、字幕をほとんど読んでなかったりします......。いや、目で追ったりはするんですけどね.......。
[PR]
by rivarisaia | 2007-08-31 21:54 | 映画/洋画 | Comments(0)