「ほっ」と。キャンペーン

ボーン・アルティメイタム

さて、極限の超人(いや、ホントに)の完結編を観ました。
b0087556_22265835.jpg

ボーン・アルティメイタム(The Bourne Ultimatum)』監督ポール・グリーングラス

冒頭からいきなりクライマックス。そして、途中小休止はあるものの、ほぼそのままのテンションを維持して、最後まで突っ走り抜いた感じ。すごいねー! いくらボーンさんが超人で頭の回転も早く、スーパー臨機応変なサバイバルの達人とはいえ、ずっとハラハラしました。そんな緊張感を盛り上げるのは、すばらしい脇役陣のおかげでもあります。

1〜3全部セットで1本の映画として、スパイ映画ベスト10に入りそう。いつか、三部作オールナイト一挙上映とかやらないかな〜。

本筋からは離れますが、mobyの「extreme ways」が流れるエンドクレジットのグラフィックもなかなかカッコイイです(なぜか歌詞の日本語訳字幕が出るんですけど、こちらはけっこう笑えます)。エンドクレジットのデザイン会社は、PIC Agencyでサイトはコチラ(PROJECTSの下に映像があります)。

あとね、特筆すべきは、エシュロンすごすぎる。劇中サラリと「レンディション(特例拘置引き渡し)」などという単語も出てきて、

「あ〜、実際のレンディションでも、まちがいなく使ってるね.......」

と思いましたよ。現実にはあれって、どうやって活用されてるのか知らないですけど、あそこまではいかなくても、それに近いことはやってそう。

エシュロン(ECHELON)って何?という人は、ググッていただくといろいろ記事がヒットするかと思いますが、世界規模の通信傍受網です。SFのようなディストピア的管理社会が、気づいたらもう現実だったりして。ジョージ・オーウェルの『1984年』は予言書だったか.......。

「ボーン・アルティメイタム」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
[PR]
Commented by minaco. at 2007-11-16 00:29 x
こんばんは。本日観てきたところですよ!映画館で観るのはコレが初めてですが、3作目が一番よかった~。
>すばらしい脇役陣
>エンドクレジットのグラフィックもなかなかカッコイイ
>けっこう笑えます
以上、どれも激しく頷きました!それにしてもダニエル・ブリュールくんが出て来たのにはビックリですわよ。
この後、自分の感想書きまーす。
Commented by makrele at 2007-11-17 06:42 x
こんばんは。
ちなみにこのマットデイモン。世界一セクシーな俳優にアメリカで選ばれたそうですが、私にはさっぱりフェロモンが伝わってきません・・・。
Commented by rivarisaia at 2007-11-17 15:52
>minaco.さん
1作目が起、2作目が承、3作目が転結、という感じでした。
そこからスタートか!とのっけから目がクギづけ。
ダニエル・ブリュールくんはビックリでしたねえ。
ダニエル君も、ビックリしてましたけど。
感想楽しみにしてます。
Commented by rivarisaia at 2007-11-17 15:54
>makreleさん
そうなのよねー! 世界一セクシーな俳優なんですってねー!
まあ、ボーン役ならわからないでもない...かもしれない。
何といっても頼りになるし、ステキ・マジックがあるのかもしれない....ううむ。
Commented by makrele at 2007-11-20 04:53 x
ボーン役なら、わかります!
そもそも彼がアクション俳優(といったら失礼かもしれませんが)というイメージがついた事に、なんだか未だに違和感があります。私は昔の映画のイメージをどうやら未だに引きずっているようです(笑)
なので、そうか、セクシィか、男っぽいか。ううむ。男になったな~。そんな感じです!
Commented by micchii at 2007-11-20 13:00 x
TB&コメントありがとうございました。
自分のところでは触れませんでしたが、おっしゃるように脇役陣も素晴らしいですよね。
デヴィッド・ストラザーンとジョーン・アレンは言うまでもないですが、ここでくるか!のアルバート・フィニーや、スコット・グレンのあの贅沢な使い方!
Commented by rivarisaia at 2007-11-20 22:11
>makreleさん
そうですよねえ、アクション俳優でセクシィか.....と遠い目になっちゃいますよねえ。だってマット・デイモンですものね〜!
それは激しく同意ですよ〜。
Commented by rivarisaia at 2007-11-20 22:13
>micchiiさん
そうそう、スコット・グレンもアルバート・フィニーも贅沢な感じでしたよね〜。スコット・グレンって、FBIとかCIAのエライ人にピッタリ、と思ってしまうのは、いつからだろう...『羊たちの沈黙』かしら。
Commented at 2007-12-28 01:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by rivarisaia at 2007-12-29 00:29
はい、ではそのうち参加しますー。
by rivarisaia | 2007-11-15 22:36 | 映画/洋画 | Comments(10)