「ほっ」と。キャンペーン

ミステリー、アラスカ

なーんか、メタボ・ラッセル・クロウが気になる今日この頃。
「メタボ、メタボっていうな!」と本人からドヤされそうですが、思えば『マスター・アンド・コマンダー』でも太り気味だったし(原作がそういうキャラ設定だし、仕方ない)、この映画でもそうだったよねー。どちらの映画でもラッシーがイイです。

ミステリー、アラスカ』ジェイ・ローチ監督

b0087556_21292238.jpgミステリーの話ではなくて、アラスカ州の「ミステリー」というひなびた町を舞台にした、アイスホッケーの話。さあ、アイスホッケー映画ファンの皆さん!これはなかなかの佳作でございますよ! アイスホッケーが好きなのは私だけですか....そんなことないよねえ、氷上の格闘技ですもの!血沸き、肉踊りますよねえ!

さて、アラスカ州ミステリーでの唯一の娯楽はアイスホッケー。毎週末町内試合が行なわれ、町の保安官兼チームのキャプテンであるラッセル・クロウは、年のせいで引退の危機にあり、どうにも冴えない日々を送っています。が!ある日、町内ホッケーチームが雑誌で紹介され、町にNHLのNYレンジャーズが親善試合をしにやってくることに!

雑誌記者が奥さんの元彼氏なので、なんだかおもしろくないラッシー、俺、引退かよ!といじけるラッシー、でもやっぱりチームの中心でホッケーの上手なラッシー、と本作も、ダメそうで出来るラッシー満載。ホッケーシーンもなかなかよいです。ホッケー映画の古典『スラップショット』より、私はこちらの方が好き。
[PR]
by rivarisaia | 2008-02-29 21:34 | 映画/洋画 | Comments(0)