「ほっ」と。キャンペーン

茄 アンダルシアの夏:ニャンニャン落車

すっかりツール・ド・フランスの存在を忘れていた私です。
今年は混戦らしいですが、まったく見てないのでよくわかりません。
昨年のツールでは、道路をのんびり横切る犬をよけきれず落車、自転車のホイールがぐんにゃり曲がるも犬はポカーン、という事態が非常に印象的でした。

歴史に残る「ワンワン落車(by 解説の栗村さん)」です。

そういえば、この映画では「ニャンニャン落車」が発生してました。

茄子 アンダルシアの夏』高坂希太郎監督

スペインの自転車ロードレース「ブエルタ・ア・エスパーニャ」を舞台にした短い話。当たり前ですが、現実のレースの方が断然ドラマチックでおもしろいので、フィクションのレースをアニメーションで見ても今ひとつ気分が盛り上がらないわねえ、という気持ちになったのも事実です。

しかし、ディテールにやたら凝っていたり、ゴール直前のシーンに大笑いできたり(実際もあんな感じがする)、さらにはエンディングの『自転車ショー歌』は必聴!という、夏らしくアツくさわやかな映画。

中盤の集団落車を契機に主人公が奮闘することになるんですけど、落車の原因が猫でしたよ、猫。

この間のジロでも、「いやあ本当にね、動物は危険なんですよ。犬や猫のみなさん、くれぐれも気をつけてください」と犬猫に呼びかけていた記憶が...(いや、犬も猫も聞いちゃいないと思うけど)。

田舎のほうでは「メエメエ落車(羊)」「ヒヒ〜ン落車(馬)」なんていうのも起こりそう。ロードレースの選手のみなさん、動物には気をつけてね!
[PR]
Commented by minaco. at 2008-07-25 00:30 x
ワンワン落車もすっかりメジャーになりましたねえ。こんなものまで!→(http://www.cyclingtime.com/modules/myalbum/photo.php?lid=68182)
あれは何度観ても…何事もなかったように飼い主の元へ帰ってく犬が可愛すぎるww犬強しwww そういや先日栗村さんは「名前が先行してるイサシですけど」とおっしゃってましたが、「お前のせいだろ」と誰もが突っ込んだに違いありません。

茄子シリーズ観ましたよー。所々にモデルの選手とか「あるある」というディティールが散りばめられててニヤニヤしますね。
今年前半はサコッシュ落車が流行しましたが、ヒヒ~ン落車はちょっと心臓に悪いので気をつけてもらいたいです。
Commented by rivarisaia at 2008-07-26 18:06
ひー!ちょっと欲しいです、そのTシャツ。
犬がまったく動じてないところがすごい。さすが大型犬。
今年はおかげで、栗村さんの大好きな「ISASI道」も見てないありさまですよ!今年もあったのでしょうか、ISASI道.....。

茄子シリーズはさして詳しくない私ですら、あ、これは....と思ってしまうので、好きな人にはたまらないでしょうねー。>ディテール。

今年はサコッシュ落車が流行っていたのかー。確かにヒヒ〜ン落車は想像するだけでも恐ろしいですね。(と、書きつつ、オランダ産の「馬」が路上に踊りでるところをウッカリ想像してしまいました....笑)
by rivarisaia | 2008-07-24 22:46 | 映画/日本 | Comments(2)