「ほっ」と。キャンペーン

仁義なき戦い:理不尽な上司に不満なら

雷と豪雨の東京です。仕事でも波状攻撃を受けてる真っ最中。ここ3週間くらいメールの処理に追われて、おちおち出かけてられないんですよ!

嫌になってきたし、本日は一段落したので、逃避…いや気分転換にブログを更新します。

先日、知人が仕事のというか上司のグチをこぼしているのを「大変だねえ。まるで女工哀史みたいだね!」(←我ながら全然なぐさめになってない)などと言いながら聞いてたんですが、今日は横暴な上司にお困りの皆さんにおすすめの映画を1本紹介します。

そりゃ、なんてったってあなた、これですよ、これ!

b0087556_23523229.jpg

仁義なき戦い』監督:深作欣二

テーマ曲は有名だけど、意外にも見たことない人がけっこういる。というのも、かつておもちゃやさんの前で殺される松方弘樹の全然似てないモノマネを披露したところ、同僚女子にドン引きされた経験があるからです。もう二度やらないよ!

くだんの知人は可憐な女性なので、たぶん未見と思われますが、本作はそんな可憐な女子にもおススメですよ!

ホントかよ…という気もしないでもありませんが、理不尽な上司に対する鬱憤を溜めてる方は観たほうがよござんす。菅原文太、松方弘樹、田中邦衛、梅宮辰夫、渡瀬恒彦、金子信夫…とオールスターで贈る、熱き血潮の日本版ゴッドファーザーみたいなものです。ま、ちょっと違いますが。

それにしても、どうしてこう、マフィアとかギャングとかヤクザ映画はビジネスにピッタリの名言の宝庫なんですかね。ゴッドファーザーしかり、アメリカン・ギャングスターしかり、やっぱり命がかかってる真剣勝負な日々を描いてるからでしょうか?

もちろん『仁義なき戦い』も同様です。あれこれ拾い上げてもキリがありませんので、今回は有名どころの台詞に注目したいと思いますが、ええと、理不尽な上司への対応策でしたね。

あんたは初めからわしらが担いどる神輿じゃないの。組がここまでになるのに誰が血ィ流しとるの。神輿が勝手に歩けるいうなら、歩いてみいや、のう!


松方弘樹が金子信雄に言う台詞。このあと、こっちの言う通りにしてれば、だまって担いでやるが…ケンカはなんぼ銭があっても勝てんので!と続きます。

でくのぼう上司にこき使われて日々出血大サービスの方は、こちらの台詞を心の中で叫んでみるといいかもしれません。その際は「組」を「会社」に置き換えてください。ただし、本当に上司に向かってこの啖呵を切ってしまいますと、会社を辞めなくてはならなくなるかもしれませんので、あくまで心の中でにとどめておくように。

フン、神輿野郎、一人で歩けるもんなら歩いてみな!アタシがアンタを担いでやってンだよ!と思うだけでも、けっこうスッキリするものです。私も昔はよくやって溜飲下げてました。

万が一、上司に不満を申し立てる場合も、最後の切り札まで全部使い果たしてしまってはいけません。手の内をすべて見せるとポーカーでも大貧民でも必ず負けちゃいますよね。仮にすべて使い果たしてしまったとしても、残ってるフリをして余裕を見せることが大事。

松方弘樹の葬式にやってきた菅原文太が、遺影に向かって「こんなことしてもらっても満足じゃなかろう」と言ったあと、あたりに銃をぶっぱなしたときに組長・金子信夫に言う台詞を思い出しましょう。

山守さん、弾はまだ残っとるがよ


いいや、残ってない。でも残ってると言うところが大人の余裕たるものですよね!しかも、ここで金子信夫を撃ち殺してないところも、大人の余裕。自分で書いててよくわかんなくなってきましたが、そういうことにしておいてください。

つまり、不満を申し立てるにしても、上司自身を傷つけず、しかも自分は切り札をとっておく(ように見せかける)というのが大切ってことですね。

千葉真一のキレっぷりがすごいシリーズ第2弾「広島死闘篇」につきましては、またいずれ。

おまけとしてテーマソングを貼付けておきますね!


[PR]
Commented by 森と海 at 2008-08-30 16:04 x
お久し振りです。
「エレクション」に広島弁吹替版がありましたら、字幕版を差し置いてでも観たいと思います。過去に実験的に台詞を置き換えてみたら、えらく合ってました(笑。
Commented by rivarisaia at 2008-08-31 00:32
お久しぶりです!!
「エレクション」広島弁吹替版、めちゃくちゃいいですね〜。
それは字幕版より観たい。放映しないと思いますが、万が一民放で放映する際は、吹替はぜひ広島弁で!

っていうか、実験的に台詞を置き換えてみたんですね(笑)
私も今度やってみようと密かに思いました。
Commented by ゆずきり at 2008-08-31 14:37 x
関西で広島にだけ行ったことがなく、いつも、ほんとうに広島ではああやってしゃべっているの?って思います。

「仁義なき戦い」、男性は結構見てる人多いようですね。
女性は一般的にはやっぱりそんなに見てないんでしょうかね?
文太さんはモデル出身でスタイルがいい、とか言えばみるかしら?

第1作は、まだまだみんなが若くて、戦後すぐの話で、すごくエネルギーにあふれてますよね。
しかし、『仁義なき戦い』の「代理戦争」「頂上作戦」を見ているあたりでは、サラリーマンである私も、会社っぽい話だなあ~と思いました。
山守は腹立つキャラクターではありますが、結構しぶといし生き残りますよね。
ふたりでいけしゃあしゃあとずうずうしいこと言ってて。
金子信雄適役でした。
Commented by ゆずきり at 2008-08-31 14:38 x
>ふたりでいけしゃあしゃあと

「奥さんとふたりで」です。
Commented by rivarisaia at 2008-09-01 06:45
広島出身の友人たちは、なんかあんな感じてしゃべってます(というか、普通の会話なのに、あんな感じに聞こえる…)。

仁義シリーズは痛そうだからヤダって人もいますよねー。そう言われるとまあ仕方ないけど。。。
やっぱりだんだんと組織化してくるとますます会社っぽくなっちゃうのね。山守は世渡り上手の見本なんでしょうか。ハッ!じゃあ見習うべき〜?
by rivarisaia | 2008-08-29 23:58 | 映画/日本 | Comments(5)