「ほっ」と。キャンペーン

上海ドラゴン 英雄拳

上海の実在の英雄・馬永貞を陳觀泰アニキが熱演している映画ですが、私は姜大衛に注目したいと思います。出番少ないけどね!
b0087556_17412046.jpg

上海ドラゴン 英雄拳(馬永貞)』監督:張徹、鮑學禮(パオ・シュエリー)

ヒロイン役で井莉も出てるけど、ちょこっと出てたね…という程度の扱いなのは、監督のひとりが張徹だからですよ!かくいう姜大衛も特別出演なのであんまり出番はありませんが、印象に残る度合いが違う。張徹だからですか?

姜大衛は山東から出てきた馬永貞があこがれる大物親分の役。童顔の姜大衛が親分というところが似合ってない気もいたしますが、紙巻きタバコをさしたキセルをくわえて小粋なスーツ姿で馬車に乗る姜大衛、美女をはべらせてキセルくわえて不敵な笑みを浮かべる姜大衛など、イカした姜大衛が見られます。
b0087556_17414258.jpg

白い棒がキセルです。キセルをくわえて、フフフハハハ!と笑う姿が基本形です。

なにせ戦うときもキセルをくわえており、死んでもキセルを離さない男。ふつうの人は口から血がタラリと流れて死んでたりしますけど、彼の場合は、口から出た血がキセルを流れてささってる紙巻きタバコに…くーっ泣ける!という具合です。何言ってるのか意味がわからないかもしれませんが、ホントなんですってば。 それにしても、何でしょうね、このスかした雰囲気をぷんぷん発してる姜大衛は(笑)。これも…張徹の趣味でしょうか?

この映画自体はめちゃくちゃ好きというわけではないので、感想を今までほったらかしてたんですが、先日改めて見て、最後の斧頭党vs陳觀泰の戦いは凄いな、と思いました。あまりに壮絶なので必見かもしれませんね。(ア、アニキ、お腹に何かついてますけど!?大丈夫?)

血まみれになりながら、ワハハハハハハ!と高笑いしながらくるくる回る陳觀泰アニキ。これに関しては、絶対に張徹の意向に違いないと思いました。
[PR]
Commented by 黑珍珠 at 2008-11-25 23:21 x
春さん、どうもお久しぶりです。
手首グルグルから無事復活しましてコチラも細々と更新していますわ!!

さて、張徹映画唯一肌を見せない男の姜大衛ですが、
この映画では彼の貧弱な体がぢつに生かされておりますわね~。

個人的には谷峯率いる斧部隊にグッ来ました(来ないよっ!!!)
Commented by rivarisaia at 2008-11-27 19:14
どうもおひさしゅうございます!手首グルグルは治ったようで何よりです〜。

姜大衛は張徹に大事にされていたがゆえに肌を見せないのか、
それとも単に張徹のシュミじゃなかったのかナゾですが
見せなくて大正解。こういうスカした感じが似合ってます!

谷峯が出てくるとなんか安心しちゃう〜。
まさに安心要員(ウソ)

by rivarisaia | 2008-09-05 18:06 | 映画/香港・アジア | Comments(2)