2007年 06月 15日 ( 1 )

Maya Art Design Coloring Book:マヤ文明ぬり絵

さて、今日は昨日に引き続き、テーマは「マヤ文明」です。

全然ジャンルの違う映画ですからくらべるほうが間違っている、とお断りした上で、ある意味『アポカリプト』は『300』よりも罪つくりな映画。それは、クセルクセス王が実際にあんなにファビュラスな人だったと思う人はいないだろうけど、古代マヤ人が本当にあんな感じだったと錯覚する人は続出しそうだから。何か違うような気がするんだけどさ。

そんな私も、昔マヤ遺跡を見に行ったときに得た程度の知識しかないので、自信をもって書けることは何もないわけですが......。

そんなわけで、こういうときのナショナル・ジオグラフィック頼み。お伺いを立ててみたところ、やはり怒っていた専門家がいたようで、映画と比較している記事を発見しました。興味がある方は英語ですが、コチラをどうぞ。

さて、私が行った遺跡は「チチェン・イツァ」とその近辺で、古代ロマンを満喫しました。そのときに、土産で買った本がこちらです。
b0087556_20492289.jpg

MAYA ART DESIGN COLORING BOOK』 Editorial San Fernando刊

マヤ遺跡の図版のぬり絵です。もっとほかにマヤ文明らしい土産はなかったのか?という気もいたしますが、わざわざブログにアップするというだけの目的で塗ってみましたよ!

b0087556_20584231.jpg

買った直後に2ページほど塗っている形跡があるんですけど、その絵は見映えがしなかったので、もっと書き込まれたページを選んでみました。
左の塗ってないほうは、マヤの戦士。右の力作(笑)は、ヤシュチラン遺跡にあるらしいモチーフです。

しつこいようですが、こーいう人たちのふだんの暮らしを見たかったのでした。
そして、ピラミッドに登るのは楽しいですが、階段を降りるのは腰抜けるほど怖いです。
[PR]
by rivarisaia | 2007-06-15 21:02 | | Trackback | Comments(0)

見たもの読んだものについての電子雑記帳


by 春巻まやや
プロフィールを見る