2017年 11月 07日 ( 1 )

大仏⁺

東京国際映画祭の3本目。本作は2014年の『偉大なる仏様(大佛)』という短編がもとになっていて、私はそちらは未見なので機会があったら短編も観てみたい。

b0087556_00582518.png
大仏⁺(大佛普拉斯/The Great Buddha+)』監督:ホアン・シンヤオ/黄信堯

仏像工房で夜間警備員をしている男は、夜間勤務の時間帯を廃品回収をしている友人とエロ本を見たり、まずい弁当を食べたりしつつ、まったりと過ごしていたのだが、ある日、友人の提案で社長の車のドライブレコーダーを覗き見することになる。

はじめは社長と愛人がいちゃつく姿をこっそり楽しんでいたふたりなのだが、ドライブレコーダーには衝撃の映像が録画されていて……

ほとんどがモノクロなんだけれども、ドライブレコーダーの映像だけカラーになる。白黒=底辺の人たちの生活、そしてカラーはきらきらとした金持ちの生活を表している。夜間警備員も、廃品回収者も、商店の兄ちゃんも、灯台にくらす謎のホームレス(余談ですが、めっちゃわたしの友人に似ていて親近感がMAX)も、甥っ子を騙してまでしたたかに金を取るメガネ屋のおっちゃんも、なんだかもうとにかく生きるのにせいいっぱいで、どこにも行き場のない人たちだらけで本当に切ない。

あまりに切なくて、私は廃品回収の彼が、少なくとも美味しい食事ができたことはよかった、心底よかったと思ってしまったのだが、しかしあまりにも人生はつらかった。

それにしても、仏像工房の社長演じるレオン・ダイ/戴立忍のアレには驚愕した(笑) ずいぶんとシリアスなことをコミカルに描いているんだけれども、実際に人生はそういうものかもしれないね。




[PR]
by rivarisaia | 2017-11-07 01:10 | 映画/アジア | Trackback | Comments(0)

見たもの読んだものについての電子雑記帳


by 春巻まやや
プロフィールを見る