「ほっ」と。キャンペーン

油断大敵で恐怖の報酬

今日あたり仕事納めなんだと思うんですが、仕事が納まんなくて新年持ち越しな私です。
そこで、私にとっての正月は、誰が何と言っても旧正月である、と思うことにしました。基本的に私はこれまでもギリギリガールな出遅れ人生だったので、新年が1月1日じゃなくてもいいもんね、けっ!という気分です。

どうしたことか、仕事というものは、大小程度の差こそあれ波乱が起きること必須なので、納まるまでは気が抜けません。ごくたまに順調に進んだりすると、「これは最後に落とし穴があるのでは...」と不安になってしまうほどです。

まさに「油断大敵」気分が身についているわけですが、そんな「油断大敵」という言葉がつくづく身にしみる映画が、アンリ=ジョルジュ・クルーゾー監督の『恐怖の報酬(Le Salaire de la Peur)』(1953)ですよね!
b0087556_19343892.jpg


メキシコに近い小さな町ラス・ピエドラス。そこは職にあぶれた者や流れ者が集まる吹きだまりのような町だった。ある日、町から500キロ離れた油田で大火災が発生。消火のためにニトログリセリンを運ぶため、4人の男たちが雇われる。衝撃を与えると爆発してしまうニトロの運搬という死と隣り合わせの任務。さて、2台のトラックは無事に油田にたどり着くのか!?

うだるように暑くて、仕事もないし、こんな町さっさと出て行きたいよ!でもお金なーい!という、ラス・ピエドラスの人間模様がまったりと描かれる前半。長いと感じるかもしれません。私もそう感じました。しかし、この前半あってこその後半です。1滴のニトロの威力を見せつけられて、スタートする心臓に悪い後半では、のんびりしていたあの頃が嘘のよう。しかも後半の人間関係の変わりようと言ったら、アナタ...。

仕事はすんなり行かないのが世の常としても、乗り越えても乗り越えても次々に襲いくる困難の数々。イヴ・モンタンの侠気野郎っぷりがすばらしく、また煙草の葉がふわっと飛ぶという絶妙の演出もたまらないのですが、そんなことは今だから言える感想であり、鑑賞中はそれどころではなかったのでした。

パリのメトロの切符が、しみじみと「油断大敵」という言葉を心に刻みつけてくれること必須。安心して浮かれるな!という教訓なんでしょうか。

ウィリアム・フリードキンのリメイク版は未見ですが、どうなのかしら。今度観てみよう。
[PR]
by rivarisaia | 2006-12-28 19:48 | 映画/洋画 | Comments(2)

R2-D2

昨日は、我が家にやってきたコイツのおかげで、人間と猫は大騒ぎでした。インタラクティブR2-D2。
b0087556_19252964.jpg

話しかけると、しゃべる、動く、踊る〜、歌う〜。急に機嫌が悪くなったり、意味不明の行動に走ったりもする。仕事のグチをこぼしてみると「#$%%&&!!!」と応えてくれるので、師走の忙殺時に気分がなごむわ〜。AIBOについては「どこがかわいいんだ、あんなの」と言ってたくせに、R2はかわいいね!(←バカ)

猫が怯えるかと思いましたが、突然現れた変な物体に英語で話しかける飼い主を見て興奮気味。さらにR2が発するピポパポピロロロ...という高い音にも興味津々であった。

b0087556_1956736.jpg

ためしにコイツを覚えているかとR2に聞いてみると、ブルブルブルッとふるえてウキャーーー!と悲鳴をあげていた。おもしろい。


b0087556_19254162.jpg

                    じゃあ、またねえ。
[PR]
by rivarisaia | 2006-12-26 20:09 | モノ | Comments(4)

クリスマスだからなのか、サンタクロースがドロイドがやってきた!!

b0087556_22232884.jpg


えええー!? これから急遽メンテナンスをしないといけないので、詳しくは明日!!
[PR]
by rivarisaia | 2006-12-25 22:29 | モノ | Comments(0)

Merry Christmas!

b0087556_21444286.jpg

            ☆☆☆☆Merry Christmas!!☆☆☆☆
[PR]
by rivarisaia | 2006-12-24 21:48 | モノ | Comments(2)

ファーブル昆虫記

今日はフツーに仕事をしており、よその会社に電話をしてもフツーに応答されるので、土曜で祝日ということを失念しておりました。日も暮れてから「お休みの日にすみません」と言われてようやく気づいた次第です。

祝日って何の日だっけ、誕生日じゃない、ああそうだ、ほかに誰の誕生日かなー、という会話がなされたので、Wikipediaに聞いてみると、日本語版では今日はファーブルの誕生日だとある。しかし英語やイタリア語版ではファーブル誕生日は22日、フランス語とドイツ語版では21日...。まあいいか。22日前後に生まれたのね。

ファーブルといえば昆虫記。私はマーヤとハッチ世代であるせいか、基本的に虫が好きです(トラウマを負わされたチャドクガの幼虫とゴキブリとノミはのぞく)。虫がダメな人は意外に多いですが、じっくり見ると造形がおもしろいです。蛾なんて、毛皮を着ているみたいでキレイだし。

見るだけでなく食べるほうも割とヘーキ。イナゴの佃煮をお弁当にもっていき、友人に嫌がらせおすそわけをしたことも思い出しました。カタツムリもおいしいですが、かつてバルセロナの某レストランでエスカルゴを頼んだところ、庭先にいるような大きさのものが、ツノ出せ、ヤリ出せ状態で調理されて出てきたのには驚きました。美味しいのだが、ツノやらヤリの部分の舌触りが不気味でさすがに微妙...。

b0087556_2124286.jpg


話がそれましたが、ファーブルです。

書店で見た完訳ファーブル昆虫記が欲しくてしょうがないのです。虫好きなら誰もが知ってる奥本大三郎先生が翻訳!という点といい、豊富なビジュアルや解説といい、華やかな表紙といい、気合いの入れようがビシビシ伝わってきます。すばらしい!

全10巻、各巻上・下で全20冊、ドド〜ン!という点で、先月から手をつけた本棚整理が遅々として進まない私は腰がひけてるのですが、集英社のサイトの3巻上の解説を見ると....

(前略)...そのメカニカルな様子はまるでガンダムみたいですよ。この3巻上に登場するムシたちも興味深いものばかり。『完訳ファーブル昆虫記』を読んでムシ嫌いな人にもやさしく解説してあげれば感動の嵐です。

やっぱり、買うべきでしょうか。まずはガンダム好きで虫嫌いの家人に読ませなくてはなるまい。
[PR]
by rivarisaia | 2006-12-23 21:03 | | Comments(0)

黒馬物語

昨日に続き、「馬とわたくし」です。
そもそも馬っていいなあと思ったのは、小学生のころに読んだこの本の影響が大きい。

黒馬物語』アンナ シューエル著

1877年に書かれた児童文学の古典。いろんな出版社から出ていますが(もしくは出ていたが)、要約版や抄訳版が多いので、図書館などで完訳版を探すことをおすすめします。私は未見だけど、映画化もされてるのね。監督は、キャロライン・トンプソン。今度観てみよう。

あらすじは、「額に白い星がある黒い馬、ブラック・ビューティーがみずから語る、自分の波瀾万丈な人生」です。馬が語るので、かなり馬側に感情移入してしまい、読後は「人間ってヒドイ!」とすっかり自分も馬になった気分に。

小学校のときに、この本の感想文を書きました。

「人間がはみ(馬の口にくわえさせる部分)をらんぼうにひっぱるせいで、口のはしが切れて血が出てしまうのです。いたくてかわいそうです。人間はじぶんかってで、馬の気もちを思いやることがないのがひどいです」

といった内容に、担任の女教師が

「おやおや、あなたも馬になっちゃったみたい! 人間には人間のつごうがあるんじゃないかしら?」

とトンチンカンなことを書きやがったことは、今でも忘れませんよ! 先生はたぶん読んでなかったんだな。それにしても、もっとほかのコメントを書きようがなかったのか。その時の私は、「自分も馬」という気もちで感想文を書いたわけですから、「やっぱり人間はヒドイわ!」と先生を深く、深く憎んだものです。

動物虐待、過酷な労働といった社会批判的な要素が含まれているのですが、馬が交通・運搬手段でなくなった現代でも、馬をメタファーとして考えればじゅうぶん通用します。いつの世も労働者はツライのよね。

さて、それはさておき、蹄鉄、くつわ、はみといった、馬具に詳しくなったのもこの本のおかげ。旅先で馬に乗る機会があったら、今でも嬉々としてゼッタイ乗るのもこの本のおかげです。とはいえ、私は乗馬を習ったことがナイため、乗るたびに馬からバカにされるんですけどね...。とある海岸で突然疾走された日には、振り落とされて死ぬかと思いましたよ。
[PR]
by rivarisaia | 2006-12-22 23:58 | | Comments(0)

シービスケット

年末、といえば競馬好きの方にとっては有馬記念の時期ですね。

今は競馬の「ケ」の字もやらない私ですが、その昔は競馬がけっこう好きでした。しかし私はギャンブルには向いてない性格。好きだった理由は、そのギャンブル性ではなく「馬」にあります。馬がかっこいい。群れをなしてドドドドド...と走るところがイイ。思い出したくないほど馬券も買ったが、あれは馬へのご祝儀です。そういうことにしといてください。

当時は、抜群の個性を有した馬が何頭もいてねぇ(遠い目)。でも好きだった馬が1頭、また1頭と引退し、最後にマヤノトップガンが引退した年に私も競馬をやめたのでした。


そもそも競走馬に注目したきっかけは、ミーハーですがオグリキャップでした。みんながオグリ、オグリと言ってた頃、私自身は馬券を買える身分でもなく、初めはオグリキャップなぞどうでもよかった。ところがですよ、オグリキャップ引退の有馬記念を覚えてますでしょうか。

てのひらを返したように「オグリはもうダメだ」「終わった」などと散々言われる中での有馬記念。レース前にも、オグリは元気がないから今日は無理だと口々に言われ、パドックでうなだれて歩く姿が映し出された。

調子が悪かったのは事実です。でもね、無理をさせないほうがいいと言うならまだしも、「終わった」「ダメだ」という言い方が気に入らない。モノじゃなくて、生き物なのにさ。何が「終わった」だ、あんまりではないか、と俄然オグリキャップを応援する気になったものです。

そしてあのラストラン。アナウンサーの「オグリだ!オグリだ!」という絶叫で、その場にいた全員が号泣。「ああよかった、本当によかったねえ」と心の底から思ったのです。他人事というより他馬事で、ここまで嬉しくなるのもめずらしいですね。

数年間しか競馬はやらなかったのですが、キラ星のような馬は必ず現れるもので、そうした馬が人間に勇気・やる気・希望などといった「陽の力」を与えるというのも、あながち嘘ではないと、馬券場や競馬場でつくづく実感しました。

b0087556_0364941.jpg


というわけで、『シービスケット(Seabiscuit)』を観ると、ああこういう馬がいるといいだろうなと、まずうらやましい。そして熱狂する人々の、馬に何かを託すような気もちも理解できるし(まして世界恐慌の時代だ)、馬主や調教師、騎手の馬にかける想いもよくわかります。それは役者がうまいのはもちろんなんですが、馬がとてもよく撮れてるから、余計に臨場感があるのかもしれないですね。

いずれにせよ、私のような過去をもつ人間が『シービスケット(Seabiscuit)』を観ると、自分の思い出の馬エピソードを回想しちゃったり、レースシーンでウッカリ「差せ〜〜!」と口走ったりするので(おい、映画だよ!)、落ち着いて観るどころじゃないことがよくわかりました。

トウカイテイオーの有馬記念もいい思い出なのだが、この「競馬とわたくし」をいつまでも続けるとバアちゃんの昔話のようになってしまうので、ここで終わり。今年は久々に有馬記念をTVで見ようかしら。ディープインパクト以外知らないんですけど...。
[PR]
by rivarisaia | 2006-12-21 23:55 | 映画/洋画 | Comments(4)

元禄御畳奉行の日記

昨日はマンガの大奥のことを書きましたが、ドラマの大奥となじみの深かった岸田今日子さんがお亡くなりになってちょっとショックです。

そんな本日は江戸時代つながり。

でも江戸城大奥じゃなくて、元禄尾張藩の「御畳奉行」です。

元禄御畳奉行の日記』神坂次郎(中公文庫)

元禄時代の尾張藩に実在したお侍、朝日文左衛門重章が、26年8カ月の長きにわたって書き続けた日記(冊数合計37冊)が「鸚鵡籠中記(おうむろうちゅうき)」。当時の武士や庶民の生活を知る貴重な資料ですが、長らく公開を禁じられた幻の書として名古屋城の奥深くに眠っていました(公開されたのは昭和40年代)。

その日記の解説書が上に挙げた本で、これがやたらとおかしい。それは文左衛門のキャラクターがなんとも言えず愉快だからです。

小心者で、熱しやすく冷めやすい性格の文左衛門は、好奇心が旺盛であり、なぜか筆まめ。

やたらと武芸を習ってはスグやめてしまうのだが、熱心に道場通いをしていると思いきや、そこの娘がお目当てだったりする。酒を飲んで大いに吐くたびに「今夜より禁酒」を誓う。心中マニアで、どこぞで心中ありと見るや野次馬根性で駆けつけ、検死のまねごとまでしてしまう。町内のウワサだけでなく、上司(藩主)の失敗談や藩主の母上のスキャンダルを書き連ねたりしている。いくら日記といえど、そんなこと書いたら切腹ものでは...。

なんだ、この憎めないキャラは!

憎めないのは、どこかおトボケな文左衛門に、うう...自分にもそういう部分があるかも...と思わせられるせいなのかも。

まずは膨大な資料を読みやすくまとめてくれた神坂次郎さんに感謝しつつ、できれば全巻現代語訳つきで読んでみたいですねー。
[PR]
by rivarisaia | 2006-12-20 23:51 | | Comments(0)

大奥

二巻が出ているのは知っていた。「一巻は序章ですよ、二巻を早く読んでよ」とも言われた。しかし、おそらく三巻が出るのは1年後。今は忙しいんだし、冬休みまでガマンしようと思っていたのに、書店に行ったのが運のつき。つい買ってしまったマンガが

大奥』 (第二巻)よしなが ふみ 白泉社

....しまった...やっぱり続きが早く読みたい。よしながふみさんお見事です!としか言いようがない。
b0087556_212518100.jpg

男女逆転時代劇。将軍は女、大奥には美男三千人の『大奥』を読んでない人のために、さらりとあらすじを。

三代将軍・家光の時代、謎の疫病によって男子の人口が女子の1/4まで減少してしまう。婚姻制度は崩壊し、男子は子種をもつ宝として育てられ、社会での男女の役割は逆転した。そしてまた、将軍職も女子が継ぐ所となったのである。

史実の取り入れ方もうまいのですが、単なる歴史パロディではないただならぬ雰囲気を感じます。1巻は男女逆転が当たり前の世である吉宗の時代の話でしたが、2巻はさかのぼって家光の時代。家光が身代わりの女子である事実は伏せられている状況ですが、いつから将軍職が女子公認になるのか。没日録を読んで事実を知った吉宗はどうするのか、そして吉宗以降の時代はどうなっていくのか。ああ、気になる。2巻の続きは12月28日発売のメロディ2月号で読めるそうです。単行本はまだまだ先。
[PR]
by rivarisaia | 2006-12-19 23:19 | | Comments(0)

フレイルティー/妄執

ぼくのうちは、パパとおとうとのアダムと3にんぐらしです。パパはとってもいいひとで、かみさまにえらばれてけいじがおりたので、ときどきオノでひとをころします...。


そんな映画が、『フレイルティー/妄執(FRAILTY)』。パパを演じるビル・パクストンの初監督作品。低予算でしかも短期間で製作された映画ですが、とてもおもしろい。
b0087556_23274114.jpg


「神の手(ゴッド・ハンド)」とよばれるテキサスの連続殺人事件。ある夜、FBIの担当捜査官の元へ、フェントンと名乗る男(マシュー・マコノヒー)が現れ、犯人は弟のアダムだと告げる。フェントンとアダムの少年時代には恐ろしい物語が隠されていた....。


ある日、神のお告げにより「悪魔」を破滅させるという使命を受けた父親。悪魔っていうけど、パパ、それ人間じゃん!人殺しじゃん!と恐れおののく12才のフェントン。しかし、天使を見たお父さんは完全にイッちゃってるので、聞く耳もたず。9才の弟アダムのほうは、幼いせいか完全に「パパを信じてついていきます!」状態であった...。さて、フェントンにとって、あまりにもキツイ生活がスタートする。

いや〜、きっついよ、パパが突然キチGUYになっちゃったら、子どもにはキツイよ、と冷や汗かきながら観ていたのですが、米国の片田舎であれば、人殺しまではいかなくとも、同じくらい狂信的なコンディションにある大人がいそうなのが怖い。カルトな大人に翻弄される子どもは、本当に不憫です。パパから早く逃げて〜!でも一体どこに?

が、そのあとの展開におどろいた。そう来ましたか、そうですか。ネタバレは野暮なので、機会があったら観てください。ボー然としていろいろ考えてしまいましたよ。ビル・パクストンもやるじゃないですか。
[PR]
by rivarisaia | 2006-12-17 23:51 | 映画/洋画 | Comments(0)