<   2007年 06月 ( 21 )   > この月の画像一覧

アポカリプト

300人のスパルタ人が残虐っていうけどそうでもないわよ、と思ってしまったのは、じつはちょっと前に試写会でこの映画を観てしまっていたからであった。

b0087556_22403715.jpg

アポカリプト(Apocalypto)』監督メル・ギブソン

メル・ギブソンが『パッション』で培った痛い演出が大活躍。ええ、もう私すっかり忘れてました。彼が痛い演出が得意だったことを。しかも心なしかパワーアップしている。「もう、いちいち見せてくれなくていいから!」と思いました。どうも彼は調子に乗っている気がします。

ストーリーは「ジャングルから連れ去られた主人公が逃亡する話」。

後半は、主人公があまりに「ダイハード」すぎるとはいえ、なかなかおもしろいです。痛いけど。しかし、ラスト付近で、メル・ギブソンはこのためにわざと残虐アピールしたのではないか、と勘ぐりたくもなる展開が。まあそうするしかないだろうけど、うーん。

いっそのこと「バイオレンス・アクション映画だ!」と言い切ってくれたほうがよかったのに、「もっと深いテーマがあるんですよ.....ふふ」と真顔で返されると、なんか無性にイラッとする、という感じでしょうか。

ただ本当はねー、ジャングルではなく、古代マヤの都市の暮らしが観たかったの! 王族の暮らしが観たかったの! 時代考証が間違ってようが、デフォルメされてようが構わないから。都市があれだけではちっとも満足できないのよー。まあ、そもそもマヤ文明とは何かが違う気もするぞ。アステカ風味も加えているのだろうか。どっちにしても、考古学者だったら怒りそう。

ところで、どう見てもマヤ人の顔立ちではない主役の男の子(ルディ・ヤングブラッド)は、ネイティブ・アメリカンでした。パウワウの踊りが似合いそうだ。

追記: 先日、友人が、グアテマラ近代史におけるマヤ族など先住民族の虐殺などを考えると、この映画のオチにはかなり憤りを感じると話していた。イラッとするのは、そのせいかな。

「アポカリプト」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
[PR]
by rivarisaia | 2007-06-14 22:42 | 映画/洋画 | Trackback(1) | Comments(0)

300余談:地獄はまだありませんでした

エキサイトは表示不具合が起きているので、明日の夜中からメンテナンスだそうです。

あ、そう。

では、どーでもいいことなのに、今、気になってることを書きます。
またかよ!と言われそうですが、『300』ネタだ。ああ、すいません......。

さて、イタリアでは、映画は字幕ではなく、イタリア語に吹き替えで上映が一般的です。でね、『300』の吹き替えの件で、複数のイタリアのサイトで議論になっていたのが、例の

「晩飯は地獄で食うからな!(Tonight we dine in hell.)」
      
のイタリア語訳の件。
イタリア版トレイラーを見るかぎりでは

「Spartani! Stasera ceneremo all'Inferno.」

と聞こえるのですが、複数のイタリア人が

「Inferno(インフェルノ)」は「地獄」だろ、
当時のギリシアに「地獄」はまだ存在しない!
それを言うなら「Ade」(ハデス:黄泉の国)だよな!


と突っ込んでいた。

「インフェルノなんておかしいよ、笑える」と書いてる人も何人かいたりして、さすがローマの子孫(なのか?)。それは気づきませんでしたが、言われてみればそうですね。結局本編はどうなったのだろうか。

「Stasera ceneremo nell'Ade」

になっているのかどうか、気になって気になって仕方ないんだよね.....。

※追記:どうも本編も「Inferno」らしく、映画自体はおおむね好評だけど、ある掲示板では「Inferno-Ade」問題が恐ろしい大議論に発展していた.....。ひょええ。
日本でも字幕の議論が起きたりしますものね。どこも一緒なのね。
[PR]
by rivarisaia | 2007-06-13 02:48 | 映画/洋画 | Trackback | Comments(2)

蜘蛛巣城

重装歩兵ってかっこいいよね〜。騎兵もいいけどね〜。......という気分になったので、弓矢つながりで観ました。

蜘蛛巣城』(1957)監督 黒澤明

シェイクスピアの『マクベス』をベースにした三船敏郎主演の時代劇。私はけっこう好きなんですが、数名から「意外と能みたいにまったりしていた」と言われます。確かにお能みたいなんですけど、クライマックスのマクベス夫人、もとい浅茅(山田五十鈴)の恐ろしさときたらトラウマ級。彼女が、きゅっきゅっきゅっと衣擦れの音をさせて歩く場面だけでじゅうぶん怖いのですが、圧巻はやはり「ああ、いくら洗っても取れないね....」の五十鈴の表情。あれは怖い、怖すぎる。森の物の怪より断然、怖いです。

そして、最後の矢の嵐。ひょう、ひょう、と次から次へと飛んでくる矢も怖い。CGで雨のように降り注ぐ矢よりも、なぜかこちらの方が迫力を感じるのは、リアリティが増しているからでしょうか。実際に矢を放って撮影したらしいとどこかで読んだ記憶があるのですが、それまた恐ろしや。

さて、それにしても本作品ですが、何度観ても、セリフを聞き取れない箇所がいくつもあります。そして、物の怪ですが、今までずっと爺さんだと思っていました。浪花千栄子だったのか......。
[PR]
by rivarisaia | 2007-06-11 22:34 | 映画/日本 | Trackback | Comments(2)

300のおまけ:じゃあペルシア帝国の話でも....

昨日はコーフンのあまり浮かれたエントリを書きましたから、本日はおまけとしてペルシア帝国の話でもしてみようかしら。たまには役に立つと見せかけて、実体は高校の世界史レベル。

300』はあれはあれで大いに結構で文句ナシ!なんですが、いっそのことペルシアにフォーカスした映画もつくってほしい〜(誰に言ってるんだか)。

だって、アケメネス朝ペルシアは世界初の大帝国でございますよ! インダス川からエジプトにいたるまでの超大帝国。

b0087556_21295612.jpg

絶頂期は「王の耳」「王の目」「王の道」のダレイオス1世の時代。ペルセポリスを建設した人でもあります。これを破壊しちまったのはアレクサンドロス大王だ。ああ、もったいないことを.....。

アケメネス朝は周囲を征服して大帝国になったとはいえ、けっこう寛容な他民族支配なんですよね。当時のペルシアはゾロアスター教ですが、他宗教にも大らかだった。文化も豪勢だし、正当派の映画にしたら美しいと思うんですけど。でもテーマが難しいかしらね......。

さて、そんなペルシア帝国は全部で3回、ギリシア遠征をしています。

 第1回は「欲に(B.C.492年)かられて大失敗」で、ペルシア海軍は難破
 第2回が「欲を(B.C. 490年)出したら負けちゃった」のマラトンの戦い
 そして第3回がダレイオスの息子・クセルクセス王の
  「余は大負け(B.C 480年)」のサラミスの海戦(アテネ海軍vsペルシア)
   ※テルモピレー(テルモピュライ)の戦いはサラミスの海戦の前。

ちなみに第3回は、翌年に最終決戦がありますので『300』のラストでチラッと出てきたのは、これかしら? 


b0087556_2145297.jpg

  スサの宮殿のモザイクによると、ペルシアの不死の戦士たちはこんな感じです。


ペルシア戦争後、ギリシアは「アテネ派vsスパルタ派」の内戦へと続いていくわけですが、アテネの民主制はちょいと勘弁!と思っていたのが貴族政治のスパルタなので、『300』でスパルタ兵が「民主主義がどーのこーの」と演説してた場面は、

     アテナイの兵士ならともかく、お前らが民主主義とか言うな!

という突っ込みどころではないかと思われます(笑)。

ギリシャ遠征は負けちゃったけど、ペルシアにとって別にギリシャは征服できなくても大したことなかったという気がする。ヨーロッパにしてみれば、歴史的に大きなターニングポイントですが。クセルクセス王は政権争いで殺害されてしまい、ごたごたした後、王位についたダレイオス3世がアレクサンダー大王に負けてアケメネス朝は滅んでしまうのでありました。
[PR]
by rivarisaia | 2007-06-10 22:12 | 映画/洋画 | Trackback | Comments(2)

300(スリー・ハンドレッド)

観ましたよ! ドゴーン映画『300(スリーハンドレッド)』監督ザック・スナイダー。

まあイラン政府がムッとするのはわからないでもないですが、でもこれ、フランク・ミラーのグラフィック・ノベルだから! え? あらすじがナイ? 時代考証がヘン? だってこれ、フランク・ミラーのグラフィック・ノベルだから!! ガタイのいい半裸の男性陣がガチンコで戦ってくれれば、それでいいのよ! ほかに何を期待しろと言うの。

b0087556_22464040.jpg


もう、すんばらしかったですね。映画というより動くグラフィック・ノベルでございました。ドラマ的部分はいいから、戦いシーンをどんどん出してちょうだい!というオーダーに、はいよ!と応じてくれる気前の良さ。バイオレンスすぎるですって? 戦いでは血が流れて首が飛ぶものですよ! 男性陣だけでなく、王妃もバッチリ侠前。屍の山の前で爽やかに微笑む男前軍団。ステキー!(落ち着け、自分) おかげさまで、日頃の鬱憤はすべて晴れた。

この映画ですが、筋骨たくましい男性が好きなゲイの方々にもアピールするのではないかしら。You Tubeの「300 YMCAバージョン」とか「It's raining 300 men」などのマッシュアップビデオ(音楽とマッチしていて秀逸)を眺めていると、とくにそんな気がいたします。

さて、おそらく問題視される原因のひとつと思われるクセルクセス王(ロドリゴ・サントロ)はこんな風貌。
b0087556_2371375.jpg

お前は誰だ、という気はしますが、しかし、彼がパレードのフロートのような乗り物に乗って登場した時に、スクリーンに向かって思わず「んまあ、ファビュラス!!」と叫びそうになったわたくしです。なんてゴージャスなんでしょ。ドラァグ・クイーンのようだわ。ステキー。

個人的には『ロード・オブ・ザ・リング』のファラミアことデイビッド・ウェナムが観れたのも嬉しゅうございました。ほかにも男前はいっぱいいました。何せ300人だから。ちなみに本日の心に残るひとことは、

      「朝飯はたっぷり食っとけ、晩飯は地獄で食うからな!」

です。これは多忙な時にでも日常生活で使わせていただこうと思います。

そして、エンドロールのアニメーションがなかなかおもしろかったので、一体誰がつくったのか調べてみました。制作会社は米国の yU+co.。香港にも支社があるのね。会社のサイトがとてもキレイです。

あのエンドロールのアニメーションがもう1回観たい人はコチラでどうぞ。

「300(スリーハンドレッド)」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
[PR]
by rivarisaia | 2007-06-09 23:42 | 映画/洋画 | Trackback(4) | Comments(12)

The Golden Age、早く観たい!

IMDbをさまよっていて、ケイト・ブランシェットのエリザベス女王パート2こと『The Golden Age』の予告編などを見てしまった。うわあああ、これ早く観たい〜〜!

アメリカは今年の10月公開。日本の公開はいつかしら。来年まで待たないとダメ?

b0087556_20514930.jpg

こちらが海を駆ける男、サー・ウォルター・ローリーさん。クライヴ・オーウェンっていうのが合ってるのか合ってないのか見当もつかないけど、予告では生き生きやってました。クライヴ・オーウェン、着々とあちこちに出てますね。濃いニコラス・ケイジという感がある。

b0087556_20514182.jpg

こちらは男運が悪いというか、陰謀企てても脇が甘かったスコットランドのメアリ女王。配役はサマンサ・モートンですが、ピッタリだ!と思いました。

予告編はコチラ(ちょっと大きいので時間かかるかも)、小さめの画面はコチラ

帆船が、帆船がいっぱい〜〜!! 心躍るわ〜(帆船好きなので.....)。
[PR]
by rivarisaia | 2007-06-08 20:53 | 映画や本の雑記 | Trackback | Comments(0)

イヴの総て

週末にドゴーン!とした映画を観にいくため、仕事に全力投球中。大体、察しがついている方もいらっしゃるでしょうが、今の私にはドゴーン!な映画が必要だ。仕事の合間に、その映画の予告編をリピートして見ているほどで(50回以上は見てるんじゃなかろうか)、おまけに今デスクトップの壁紙は、主役の方の雄叫びフェイスである。

その映画が男の戦いなら、女の戦い映画がこれ。とはいっても心理戦。
b0087556_2312239.jpg

イヴの総て(All About Eve)』。監督ジョセフ・L・マンキウィッツ、主演ベティ・デイヴィス、アン・バクスター。

アメリカ演劇界の栄えある賞を受賞した新進女優イヴ・ハリントン(アン・バクスター)。8ヶ月前、田舎から出て来たイヴは、ふとしたきっかけから大女優マーゴ・チャニング(ベティ・デイヴィス)の付き人となる。マーゴの自宅に住み込んで秘書として働き始めたイヴだったが...。


ショウビジネス+野望+女の戦い...ときたら、もうダントツでこれです。ワガママ大女優のベティ・デイヴィスが迫力満点なのは言うまでもないですが、「したたか」女のアン・バクスターもすばらしい。端役なのにキラキラしているマリリン・モンローにも注目。

さて、この映画で私がいちばん問題視するのは、マーゴでもイヴでもなく、「悪気がないのが一番たちが悪かった」という言葉を捧げたい女性、マーゴの親友カレン(セレステ・ホルム)です。

b0087556_2312135.jpg

  好感度が高いのにじつは食わせ者という役にピッタリはまったセレステ・ホルム。


よく考えるとこの人が、すべての元凶だったりするのですが、本人には悪気がなく、むしろ何事も良かれと思って行動しているために、どうしようもないです。善意の人なだけに始末に終えないの。しかも彼女が「ほんのイタズラ」をしでかすわけですが、そのイタズラはいくら何でも冗談じゃすまないでしょ! さすがに彼女にはバチが当たりますが、可哀想だけど身から出た錆と言うことで、ちょっとは反省してください、という気分になるのでした。


b0087556_23122155.jpg

おまけとして意外に頼りになりそうなのはミス・バーディ(セルマ・リッター)。こちらは毒舌な人がもっとも毒がなかったという見本でしょうか。
[PR]
by rivarisaia | 2007-06-07 23:14 | 映画/洋画 | Trackback | Comments(2)

自転車泥棒

そういえばイタリアで自転車ときたら、この名画があったのを思い出しました。

b0087556_23353368.jpg

自転車泥棒(Ladri di Biciclette)』(1948) ヴィットリオ・デ・シーカ監督

初めて観たときの「どんより感」が半分トラウマのようになってしまい、ああ、このどんより感がネオレアリズモなのね(えっ、そうなの?)、とボー然としたものです。

何ともやるせない気分になるため、もう二度と観ない!と誓うのに、テレビで放映するたびに観てる気がするのはなぜだろう。そこが名画のチカラなのだろうか。とても理不尽な話なのだが、「あー、そういうことありますよね......」となんだか共感できるし、よく観ると主人公に協力してくれるやさしい人たちがいたり、ちょっぴりコミカルなシーンがあったりと、ただ暗いだけではないのでした。

ローマのお父さんが自転車を盗まれて、途方に暮れて自転車泥棒をする、というだけのストーリーなのに、ここまで身悶えさせる映画になるとは、いや、すばらしいです。

お決まりの私のリアクションは、ラストシーンで「きっと明日はいいことがあるからさ、元気だしなよね!」と親子に向かってつぶやくこと。そうでもしないと、気持ちの行き場がない。

さて、この映画で私はとても気になるシーンがございます。それはトラットリアで親子が食事する場面。父親とレストランに入ったブルーノ少年が、後ろを振り返ると金持ちの子どもが家族とご飯を食べているわけですが、この子どものスカした嫌味な表情ときたら、夢に出そうだ。

b0087556_23311818.jpg

  ヘーンだ。びんぼうにんが! とでも言いたげなこの憎らしい表情。きいいっ!


これホントに絶妙ですね。この表情のせいで、場違いで肩身がせまく何とも居心地の悪い空気をなぜだか私も疑似体験。

ちなみに、このときに親子が頼んだ食べ物は、日本語字幕ではどうなってたか覚えてませんが、「モッツァレッラ・イン・カロッツァ(Mozzarella in carrozza)」でした。直訳すると「馬車の中のモツァレラ」→「馬車に乗ったモツァレラ」。パンの間にモツァレラをはさんで、卵をつけて揚げるか焼くかしたやつです。レシピでも載せると親切なんでしょうが、つくり方も人によってさまざまなので、甘くないフレンチトーストの間にチーズが入っている感じと思っていただければよいかと思います(すいません、めんどくさがりなもので)。

ブルーノ少年も、金持ちの子どものマネして、うにーんとチーズ伸ばしてましたね。どうでしょう、朝ごはんにでもつくってみて、朝から『自転車泥棒』ごっこ。どんよりしちゃうでしょうか。
[PR]
by rivarisaia | 2007-06-05 23:40 | 映画/洋画 | Trackback | Comments(5)

ジロ・デ・イタリア

ジロ・デ・イタリアが終わってしまった。自転車ロードレースに詳しくないのに、なぜだか見入ってしまった。毎日仕事で消耗していた気分が、イタリアの風景と選手たちのおかげで夜には一新。グラツィエ・ミッレ〜と言いたい。あわわ...と青ざめる落車あり、驚きの若者の出現あり......と目が離せない数週間でした。

ペタッキ、おめでとう〜。そしてマリアローザは"ダンディ"ディ・ルーカに。こちらもおめでとう! 解説の栗村さんが、あまりにダンディ、ダンディ、と連呼するので、「ディルーカ」ときたら「ダンディ!」と即答するようになってしまった(笑) それにしても栗村さん、毎回、毎回、とてもおもしろかったです。ベルギーの婦人会のローテーションの話が忘れられません。

b0087556_20453396.jpg

ジロ・デ・イタリアの次は7月のツール・ド・フランス。その間にツール・ド・スイス。切手で表現してみようと試みるも、ミラノ・ドゥオモの切手はなぜか持っていたが、パリの切手はなかった。自転車の切手も持ってない。今度、探してみよう。

ところで最後のミラノ周回コース。コルソ・ヴェネツィアがゴールでしたが、あれはミラノのどこをどう走っているのか気になってしょうがない。でも、わかりやすい地図を見つけられなかった。検索の仕方が悪いのだろうか。コルソ・センピオーネ付近も走っていたような気もするけど、どうでしょう。どなたかミラノのコースを知っている方がいらしたら教えてください。
[PR]
by rivarisaia | 2007-06-04 20:44 | 日々のよもやま | Trackback | Comments(2)

アオイガラスペン

b0087556_19211263.jpg

大江戸骨董市を覗いたら、ガラスペンを売っていたので1本購入。

    アオイガラスペン 簿記細字用 葵文具製作所

持ち手が木製で素朴なところがいい感じ。ガラス部分は色ガラスもありましたが、まずはいちばんふつうの透明ガラスのペン先にしてみました。ガラスペンは、普通のつけペンよりもたくさん文字がかけるので、ちょうど1本欲しかったのだったー。
[PR]
by rivarisaia | 2007-06-03 19:26 | モノ | Trackback | Comments(0)

見たもの読んだものについての電子雑記帳


by 春巻まやや
プロフィールを見る