「ほっ」と。キャンペーン

冷血十三鷹

超久々のショウブラは、香港レジェンド・シネマ・フェスティバルにて。ショウブラをスクリーンで観られる日が来るなんて♪ でも、都合により全部は観にいけないんですけど。

ところで、狄龍、陳観泰、傅聲の映画は上映されるのに、なぜに姜大衛の映画は1本もナイのかしら? 五毒の皆さんの映画もあるというのにー。12月にはキングレコードから3本、姜大衛の映画のDVDが出るらしいので(もちろん他のも出る)、それまで待てということでしょうかね。ううう。

とはいえ、狄龍の三節棍すてきでしたよ!

冷血十三鷹』監督は孫仲(スン・チュン)。

極悪非道な殺人集団・鷹の頭領(ときたら、クー・フェン/谷峰)は、孤児を集めて訓練し、冷血・残酷な13人の殺し屋=冷血十三鷹を育てあげた。十三鷹のひとりであるティ・ロン/狄龍は、ある事件をきっかけに組織に疑問を持ち逃走する。残りの十二鷹に命を狙われる狄龍だが、正体不明の謎の男(アレクサンダー・フー・シェン/傅聲)に助けられ、ふたりで協力して組織を潰すことに......。


物語は狄龍と傅聲の出会いから始まり、徐々に狄龍の過去と傅聲の正体が判明していくという展開。狄龍はずーっと三節棍で戦っていてスゴイと思いましたが、傅聲の脱着可能な武器にも目を奪われました。便利かもね、あれ。

さて、新・片腕必殺剣では谷峰が三節棍でしたが、今回の谷峰の武器は何かしらと思っていたら、おもむろに玉手箱のようなものを開け、シャキーンと装着してましたよ、鷹の爪を......。そりゃ、そうだ!鷹の首領ときたら、当然鷹の爪に決まってるじゃないか。

そんなクライマックスの谷峰との戦いシーンで、ある意味ショーゲキ的な展開がありまして。「オイィィィィィ!狄龍、それはナイよ!」と心の中でツッコミを入れた私です。そう見せかけて実は....という展開かと思ったら狄龍がマジだったので、ちょっと動揺した。

ややネタバレですが、「俺は悪を倒すゼ!」「うう、やっぱ財産ほしいかも〜」「どーせ俺は根っからの悪人さ」「あ、でもやっぱり悪いのは谷峰!」「俺も償うぜ」というカメレオンのような狄龍の心境七変化。傅聲もびっくり、私もびっくりである。

しかし江湖に生きるものとして、きっちり落とし前をつけた狄龍は漢でございましたよ。
[PR]
by rivarisaia | 2008-06-29 16:32 | 映画/香港・アジア | Comments(2)

ふふふ。昨日は後楽園のJCBホールのライブに行きました。
おかげさまで、ポルトガル敗退(←私は根にもつタイプ)そしてトルコ4度目の奇蹟ならずという湿っぽい気分が吹き飛ばされたよ!
ひゃっほー!
b0087556_1461232.jpg

初来日! エミール・クストリッツァ&ノー・スモーキング・オーケストラ

クストリッツァ監督が映画の宣伝でじゃなくて、自分のバンドのライブで日本に来るというのが笑える。カンヌのパルム・ドール受賞の監督が楽しそうにギターを弾いているというシチュエーションって、よく考えるとおもしろいね。

クストリッツァの映画は、『アンダーグラウンド』の感想はココに書きましたが、『黒猫・白猫』の感想書いてなかった。そのうち書くかもしれませんが、『黒猫・白猫』は映画もすばらしいし、サントラも必聴です。聴いてるうちに気分が高揚してくるので、私にとってアリナミンみたいなものです。

そうは言っても、ここ最近テンション下がり気味だった私は、あまりにハイテンションなバルカン・ミュージックについていけるのか不安でした。しかし始まってみればアリーナ中央の前の方の席でずっと踊りっぱなし。......そして今日は筋肉痛だ。

ライブ後、バンドメンバーは皆オヤジなのに、なぜあんなに元気なんだ!(特にボーカルのネレはステージから降りて駆け回っていた)という話になりまして、「やっぱ肉食べてるからじゃないの(←そうか?)、肉! 肉! 私もこれからもっと肉食べる!」と宣言した私です。

バイオリンの超絶技巧も楽しかったけど、大笑いしたのは、チャンピオン・ベルトみたいなぶっといベルトの上でグルグルと回転するギターでした。
何だあれは(笑)しかも電飾付き。

ああ、楽しかった!

音楽はバンド公式サイトの「VIDEO」でいくつか視聴できます。
「Bubamara」は何度聴いても名曲だなー。『黒猫・白猫』がまた観たくなってきた。
[PR]
by rivarisaia | 2008-06-27 14:15 | 音楽の話 | Comments(2)

gatao:緑のワイン

かれこれ10日ほど前のことでしょうか。ひょっとして今回もポルトガルはイイ線行くかもねー!もう、決勝はポルトガルvsオランダに決まり!と確信した私は、密かに決勝戦観戦用としてポルトガルワインを購入していたのでした。

「ガタオ・ヴィーニョ・ヴェルデ」微発泡・白・辛口
b0087556_20425792.jpg


ポルトガルもオランダもいない準決勝か......。まだ本格的な夏も来てないというのに、もう秋風が吹いてるかのような一抹の淋しさを覚える今日この頃。スペインは勝ったけど、どうも気分が落ち気味だ......。祝杯用だったはずのガタオも、すっかりヤケ酒と化してますから! あ、でもこれマスカットのような味がして美味しいです。ところで、これガタン表記もあるんだけど、どっちが正しいの?

さて、スペインvsイタリアは、PK戦になった時点でイタリアの負けを確信しました(2年前のW杯のPK勝ちは奇蹟みたいなものですから...)。まあ、スペインもPKダメな感じですが、生き聖人のようなカシージャスがGKならジンクスも破られるであろう、と思っていたらその通りになってました。よかったね!

余談ですが、イタリアのラジオを聞いていたら、「トニ、トニ、トーニ、ふははは...」「トニ....アハハハ....」という苦笑いが。確かにあんなに不発だと、もう笑うしかないかと思う。まあ、次がんばればいいよ、トニ。
[PR]
by rivarisaia | 2008-06-24 21:31 | 食べ物 | Comments(2)

いやはや。こんなことってあるのね...。おそらく、試合を見ていた全世界の人々が「最後まであきらめないって大切!」と思ったであろう。何事もさっさとあきらめてしまう私ですら思いました。あきらめないって大切だよね! とは言っても、これは一体ナニ?

EURO2008準々決勝トルコvsクロアチアです。

クロアチアが勝ちそうな気もしましたが、相手は対チェコ戦で終了間際の土壇場大逆転をやってのけ、私をポカーンとさせたトルコです。どっちが勝つか予想もできないまま、まったり見てまして、試合自体もまったりと今ひとつパッとせず、0-0のまま延長戦に突入。

延長後半14分、クロアチアがついにゴールを決めた瞬間、「うわあ!入った〜〜!!」と私も家人もソファの上に立ち上がりましたよ。長い長い膠着状態だった試合終了ギリギリのゴール。クロアチア、勝ったな、と思いましたよ。見てた人は全員そう確信したと思うんですよ。選手だってそう思ってたと思いますよ。ロスタイムも1分しかないし。

その直後ですよ。トルコがまさかの同点ゴール。「ひええええ!は、入った〜〜!!」と仰天したところで終了の笛が。いやあ、あきらめないって、世界をびっくりさせますね。

b0087556_22465049.jpg
延長戦終了時の私のイメージ画像。もうムンクの叫び状態である。


クロアチア選手も心中ムンクの叫び状態だっただろう。そんな気分で、PK戦に挑むのは酷だったのかもしれません。PK外しちゃったのは動揺のせいか。3-1でトルコの勝ち。恐るべし、トルコ。

クロアチアの先制点が2度の腎臓移植から復活したクラスニッチだったっていうのも泣かせるけど、トルコの3度目の逆転勝ちにひたすら驚愕中。トルコは次の試合、因縁のドイツが相手ですが、累積やケガで出られない選手がいるから厳しいかなあ。あ、でもあきらめないのが大切だもんね。またもや私をムンクの叫び状態にするのか、ちょっと楽しみだ。

追記:オレンジが....敗退していた。っつーか、ロシアかよー。なんでだよー。ヒディンクの喜ぶ顔をみるとムカムカしてくるよ(泣)ハッ!いっそ、こうなったら日本もヒディンクに監督してもらったらいいのでは.....。
[PR]
by rivarisaia | 2008-06-22 00:19 | 日々のよもやま | Comments(8)

いい試合でしたね。しかし、ああ、さようならポルトガル。ドイツのセットプレーには気をつけるって言ってたじゃないか〜(泣)!

ドイツは準決勝進出おめでとうございます。

そこでドイツのお酒MEAD(ミード)です。ドイツ特有のお酒というわけじゃないけど、たまたま私が購入したのはドイツ産。

b0087556_184406.jpg

蜂蜜酒といえば中世の話やファンタジー小説などによく登場しますが、飲んだことがなかったので、飲みたい、飲みたい、飲みたい、と呪文のように唱えていたら外出先で発見した。辛口ミードも存在するらしいですが、これは甘口。蜂蜜の香りと酵母のような香りがして、最初飲んだときは「思った味と違う」と感じたのに、もう3分の1くらいしか残ってないのはナゼ。

そういやここ数日は、ザワークラウトをツマミにサッカー観戦してた私。気づかないうちにドイツづいていたのか。


ところで、先週は「誰か死んだの?」という雰囲気だったイタリア語のクラスが、今週は一転してうかれムードになっていた。イタリアの方々はまるで優勝したかのような態度である。

「スペインは強いチームだけど、イタリアが勝つよ! 準決勝も楽勝で、決勝ではオランダと戦い、初戦の屈辱を晴らすのだ。わはは」と会う人みなが自信満々で言うのがおもしろい。この前までこの世の終わりのようだったのは誰だ。

スペインを応援しようかと.....と言いかけたところ、

「は?何だって!?」

とまるで裏切り者を見るような目つきになり、「理由は?なんで?どーして?」と問いつめられた挙げ句、「じゃあ、スペインを応援してもいいけど、それ以上にイタリアも応援するように。絶対だからね!」と念押しされたのだった。それではスペインを応援しているとは言えないんじゃ....。

もうどっちが勝ってもいいよ。ああ、どうせポルトガルは敗退したさ!ちくしょう!とヤケになっていますので、ザワークラウト片手に客観的に観戦しようと思いきや、もう大瓶が空っぽ。買いにいかねば。ちなみにミードとザワークラウトの組み合わせは微妙です。やっぱりビールがいいですね。

追記:よく考えたら、イタリアは決勝ではオランダとは当たらないじゃん!当たるとしても準決勝じゃない...と書きつつ、イタリアもオランダも敗退しました。
[PR]
by rivarisaia | 2008-06-20 19:37 | 食べ物 | Comments(2)

予選もといグループリーグもグループDの2位(スウェーデンかロシア。個人的にはスウェーデン希望)を残して、7強まで出そろいました。さすがに今日は観ないで寝ます。スウェーデンがんばってね。

ところで。私が特に気にもしていなかったトルコvsチェコですが、一体あれは何だったのでしょうか......。まあ、チェコだろうな、と思っていたら、とんでもない事態が発生していた。チェコが2-0で勝っていたのに、後半トルコが3点を追加して逆転。さらにロスタイム直前、トルコのGKが1発退場というオマケまで付いていた.....。ポカーンという気分。ポカーン。

そして今朝は何だかんだ言って、イタリアvsフランスを3時半起きで観戦した私。早起きができない私が3時半に起床していること自体びっくりだが、試合結果が今週の私のイタリア語の授業のムードを左右するので一大事である。

結論から言うとイタリア勝ったんですけど、どうも釈然としません。リベリのいないフランス、そして1人少ないフランスに勝ってもうれしくナイ。私はリベリがけっこう好きなのに。開始早々でリベリが負傷して去ってから、いきなりのレッドカード→PKと踏んだり蹴ったりのフランスがさすがに気の毒になってしまい、つら〜い気分になりました。せっかく早起きしたのに、清々しい私の朝はどこへ〜!?

その裏では生き生きオレンジがはじけているようす。あ〜オレンジ見ればよかったな。

決勝Tですが、イタリアは次はスペインと対戦ですね。そうですか...。先生すみません、私はスペインを応援することになっています。

●追記:スウェーデンが負けていた....。ううう。
[PR]
by rivarisaia | 2008-06-18 23:47 | 日々のよもやま | Comments(0)

4年前のEUROポルトガル大会で、まさかの優勝を果たしたギリシャ。おかげで私はしばらく廃人状態から立ち直れなかったのですが(そりゃもう、ポルトガルの優勝に全エネルギーを注ぎ込んで観戦していたからですが)、そんなギリシャが今回は予選敗退か...わからないものですね。

ところでギリシャといえば、先日おもしろい本というかマンガを読みました。
これはすばらしいのでおすすめ。

b0087556_0305337.jpg古代ギリシアがんちく図鑑』芝崎みゆき著 バジリコ刊

なんともゆるいイラストと手書きの文字がビッシリの堂々364ページなんですが、これ1冊で古代ギリシャの神話や歴史、有名哲学者たちの紹介、シュリーマンなどの発掘エピソード、遺跡旅行記と盛りだくさん。

あらゆる情報がギッシリの非常に濃い内容なのに、すごくわかりやすく、しかもかなり笑える。もうすでに知っているはずのギリシャ神話で大笑いするとは思いもしませんでした...。でもこの笑える、というのがポイントです。小難しく書いてある本よりもよっぽどためになる。古代ギリシャにさして興味なかった私が、ハマリつつあるくらいですよ!

「そういえば、ラテン語の例文に出てきたなあ、宿題で訳したときは別段おもしろくなかったけどねえ」という古代の有名ギリシャ人エピソードにもバカ受けした私。そんなに愉快な奴だったのか!とがぜん興味がわいてきました。いま、ヘロドトスの『歴史』を読む気満々なのも本書のせいです。

同じ著者で『古代エジプトうんちく図鑑』も出ています。こちらも1冊で132人の全ファラオの解説、遺跡発掘偉人伝、神話、旅行記とかなりの情報量。著者の芝崎さん、すごいよ。私はギリシャの本のほうが好きだけど、そこは個人の興味の度合いによりますかね。
[PR]
by rivarisaia | 2008-06-16 23:58 | | Comments(2)

イタリアの13と17

疲労困憊しました。何だ、あの試合(笑)。後半、かなりおもしろかった。ルーマニアもすごいと思ったし、何とかイタリアも次につながった....のでしょうか。ブッフォンが手足を使ってPK止めたときはキーパーのそこぢから、止めてみせます気合いで!!という鼻息を感じました。それはそうと、夜中にあ〜〜〜!だの、ギャーー!だの、ノーーーー!だの、イエスイエスイエス!だの、近所迷惑な私である。

世間一般では不吉な印象の13日の金曜日ですが、イタリア人にとって13はそんなに不吉ではなく、逆にラッキーナンバーだったりします。だから、なんか勝ちそうな気もしたんですけど、結局1-1で引き分けました。ルーマニアvsイタリア。

イタリアで不吉な数字は「17」です。なぜなら、

17をローマ数字で示すと「XVII」
 ↓
XVIIを並び替えると「VIXI」になる
 ↓
「VIXI」はラテン語「VIVO(生きる)」の1人称完了
つまり「私は生きた=今は死んでいる」
 ↓
死....超不吉....。

なんで並び替える必要があるのかよくわかりませんが、そういうことです。
なので17日の金曜日がとてつもなく不吉な感じがするらしい。

ええっと次のフランス戦が17日だが、大丈夫か。でも金曜じゃないしね、そんな迷信を気にしてもしょうがないわよ!(誰に対して言ってるのか不明)

連日仕事とEUROの両立がツライので(誰も両立しろとは言ってないけど)さすがにもう寝たいのですが、こうなってはオランダとフランスも生で見ないといけない気分になってきますね...。明日は休みだし。あっ、試合が始まってしまったので、ではまた〜。

追記:オレンジ熟してますYO! もう何、あの怒濤の後半。おめでとう!
[PR]
by rivarisaia | 2008-06-14 03:47 | ラテン語・イタリア語など | Comments(2)

ワールドカップよりも欧州選手権のほうが断然好きな私です。書きかけの映画の感想なんてEUROが終わるまでいいよね! そのままお蔵入りする可能性の方が高いけど。まあ、いいよね! だってポルトガルが決勝T進出一番乗りひゃっほー!!

クリスティアーノがまたしょっぱいことやらかしたらどうしよう、と昨日はおちおち座って見てられませんでしたが、ちゃんとゴールも決めてよくやったワ!この調子でがんばってほしい。

話変わって、連日イタリアの新聞では大反省会が催されていますが、大体イタリアは...と説教モードになっている自分にデジャブ。

そういえば4年前も、最初の2試合とも引き分けて、最後の試合は死にものぐるいで勝利したにもかかわらず、イタリアは予選敗退したのだった(デンマークvsスウェーデンが引き分けたからだ)。必死に攻めるアッズーリ、逆転ゴールで大喜びのアッズーリ、北欧2チームの結果を知り号泣するアッズーリ。思い出したぞ〜〜〜!!

「北欧やっぱりグルだったんだ...」と嘆くイタリア人の知人に「そういうのを日本語で "負け惜しみ" と言うのだ。そもそも1点取ってすぐ守りに入る消極的な姿勢がだめ。デンマークとスウェーデンが決勝Tに進むのは当然でショ!」と怒った記憶が。なんで私がそんなに怒る必要があるのかナゾ。しかも、守ってばかりはダメと言っておきながら、優勝はガチガチ守備のギリシャだったという悪夢のようなオチがつく。

まあ、前回のことはいいや。明日のイタリアvsルーマニアが楽しみ!

それにしても、スウェーデンにラーションが出ててびっくりしましたよ。
[PR]
by rivarisaia | 2008-06-12 23:51 | 日々のよもやま | Comments(6)

ポルト・ワイン

ポルトガルのお菓子の話の際は、意外にもシュー皮好きがいることが発覚して嬉しい限りでした。ただ華やかさの演出には今ひとつだったので、酒ならどうよ、酒なら!と懲りずに1年前のポルトガル土産発掘写真より。

私がポルトガルに行ったわけではないというところが、華やかさに欠ける原因の気もしますが。まあいいや。

b0087556_17375988.jpg
ロゼスのポルト・ワインの赤です。「うわ、甘いねー」「そりゃそうだよ、ポルト・ワインだから」という会話があり、まあどうせゴクゴク飲むものでもないし、食後酒としてちびちびいただきつつ今年の6~7月までとっておく予定だったのに、もはや1滴も残ってません! なんでだよー!?(答:それは私が1人でぜんぶ飲んだからだ)

なぜ最近映画の感想書いてないのか、なぜポルトガルに思いをはせているのか、そしてなぜ、ポルト・ワインを今年まで取っておきたかったのか、察しのよい方はお気づきでしょうが、EURO2008開幕中です。ええ....ポルトガル応援中ですともさ。優勝は無理だろうとは思ってるけどさ。もしポルトガルが予選敗退したら、私がポルトワインを飲んじゃったせいかもしれません。

それにしても、時の経つのは早いもので、この前ジロ・デ・イタリアでセッラすごい〜と言ってたのに、もうEUROですよ。今年のEUROはスイスの友人宅で見るつもりだったのに、なぜ私は日本にいるんでしょうね?


●余談:昨日のイタリア-オランダ戦はどっちを応援するか悩ましく、天に任せたとばかり就寝しちゃったんですが、朝UEFAのサイトにアクセスし度肝を抜かれました。理由は、ものすごい迫力でこちらに突進してくるルートの写真と、お宅の鍵は壊れちゃったの?というアッズーリ。これは、録画放送を見ねばなりませんね。それにしてもルート...競走馬のようだわ...。
[PR]
by rivarisaia | 2008-06-10 18:24 | 食べ物 | Comments(4)