「ほっ」と。キャンペーン

昨年の年明けに、最も欲しいけど手に入らないと書いた本がありまして(ココ)、その後わりとすぐにUK版を入手できたのに、自慢するのを忘れてたことを思い出しました。ドイツの写真家カンディダ・ヘーファーの写真集。
b0087556_23245364.jpg

Libraries』Candida Höfer著、Umberto Eco(序文)、Thames & Hudson刊

まず、序文をウンベルト・エーコが書いている点がすばらしい。これ以上の最適任者はいないですよねえ。そしてこの序文が非常におもしろいので必読です(英語ですがそんなに難しくはないです)。最初、長々と(当然ながら)ボルヘスの『バベルの図書館』の引用が出てくるところがエーコらしい。エーコが想定する最悪の図書館モデル19項目とか(笑える)、お気に入りの図書館の話(うらやましい)、コピーと著作権などの問題定義、そして図書館のあるべき姿について語ってます。

私がグッときたのは、「書物を隠匿する場所としての役割を果たしてきた図書館は、書物が再び発見される役割も果たしている(おおざっぱ訳)」というくだり。そうなの、そうなの!図書館って本来はそういう場所なんだよね!

ヘーファーの図書館の写真は、静かで整然としていて、圧倒的な力でこちらに迫ってくる感じ。「図書館=小宇宙/ユートピア」。どの写真も何度眺めても飽きないどころか、ここに行きたい、ここにも行きたい、あー、いいな〜〜〜!と想像がふくらんで楽しい。

うちの近所の図書館もこんなだったらいいのになあ。学生時代にアメリカで利用していた大学図書館があまりに立派すぎて、比較すると「未知の書物と出合える宝の宝庫」と「無料のしょぼい貸本屋」くらいの差がある。ま、しょうがないんだけど、もうちょっとなんとかならないかなー。

アメリカの大学図書館といえば、図書館を使いこなすための授業がとても楽しかったことを思い出しました。あの授業に出ていなければ、図書館内で迷子になって、探したい資料を見つけることなど不可能だったであろう。

さて、本書ですが、アメリカ版(Schirmer/Mosel)の表紙はこれ。
b0087556_2329287.jpg

やっぱりUK版のほうがいいね。UK版は表4もおもしろいので紹介しておきましょう。
b0087556_23365286.jpg

そうか、こういう本の並べ方もアリなのか…。

写真集のため中ページはお見せしませんが、カンディダ・ヘーファーかCandida Höferで画像検索すれば何点か写真が見られるかと思います。
[PR]
by rivarisaia | 2009-01-31 23:59 | | Comments(0)

先日、森美術館に行った際にひさしぶりにガチャポンやりました。
狩猟剥製標本こと、ハンティング・トロフィー・シリーズ。

出てきたのはエゾシカ。まさにドールシープかエゾシカが出たらうれしいと思っていたので満足だ。

どうせすぐにゴミになって捨てるんだからさーと言われるのもくやしいので、ちゃんと活用することにいたしました。私がいつも無駄なものばかり買っていると思ったら大間違いだ。裏に磁石が付いているので、ペン立てとして利用中の紅茶の缶にくっつけてみる。

b0087556_23423175.jpg


どうよ! なんかこうデスクまわりが一瞬にして英国貴族の館のような雰囲気ではないですこと? エゾシカは英国にはいませんけどね。あと、デスクまわりって言ったって、ペン立てしか映ってないじゃん…と言われそうですが、じつは手前に書類や資料やノートやファイルのアルプス山脈が築かれているのでとてもじゃないけど全体像をお見せすることはできません。明日はこの山に分け入って、重要書類をハンティング予定でございますよ。あれはどこにいっちゃったのかしらね…。
[PR]
by rivarisaia | 2009-01-29 23:54 | モノ | Comments(0)

ジンガロ

恭喜發財!

今年、早いですね、旧正月が来るのが…。本年の干支はウシでございますが、わたくし先日ウマを観に行きました。馬。馬っていいよねー。馬大好きなんですよ、馬。

騎馬スペクタクル ジンガロ バトゥータ
2009年1月24日(土)〜3月26日(木) 木場公園内ジンガロ特設シアター
作・演出:バルタバス 出演馬:38頭 出演者:35人 
演奏:ファンファーレ・シュカール、タラフ・ドゥ・トランシルヴァニア
公式サイト


A席でもちゃんと馬が堪能できるシートを手配してくれたお友だち、ありがとう!
ちょう馬を堪能しました。乗りこなす人もすごかったですが、むしろ馬のほうにクギづけだった私。いやあ、毛並みも頭もいい馬がたくさん。「クマ」や「ガチョウ(アヒル?)」や「ロバ」も登場して、クストリッツァの世界が展開されているかのようで、楽しかった。

「ジプシー音楽の調べにのって走り回る馬」なら、3時間でも5時間でも、もしかしたら1日じゅう見続けることができることを確信いたしました。

長いベールをたなびかせて登場する白馬に乗った花嫁さんは、クストリッツァの『アンダーグラウンド』の結婚式シーンのように幻想的でちょっとお気に入りです。

ああ、馬に乗りにいきたいなー。しかし、私はかつてカウボーイの土地に住んでましたが、まったく馬を乗りこなせません。いつも、お馬様に乗せていただいており、馬のみなさまからは「乗せてやるから、お前はだまって背中に座ってな!ブヒヒ〜ン」という態度を取られることが常で、華麗に馬を乗りこなす本物のカウボーイの知人を横目で眺めては、ガックリしていたのでした。

それを思うとジンガロの人たち、すごいよなあ。乗りこなす以上に乗りこなしてたもんなあ。
[PR]
by rivarisaia | 2009-01-27 03:28 | 展覧会ほか | Comments(7)

ちょっと前に、イタリア語のレッスンで日本のアニメの話題になりまして、『キャンディ・キャンディ』『ひみつのアッコちゃん』『みつばちマーヤ』『みなしごハッチ』『アルプスの少女ハイジ』など、「まあなつかしい!」というアニメはイタリアでも放映されていて、イタリア人もみんな見てたよ、見てた!と先生と盛り上がったわけです。

そのとき、先生が「イタリアで絶大な人気を誇る日本のロボットアニメがある」と言い出した。「マジンガーZ?」と聞いたところ、

「マジンガーZも人気だったけど、もっともっと人気だったのはね……
 ゴールドレイクだよ!」

え、なんですか、それは?

ゴールドレイク(Goldrake)なんて聞いたこともない、という私の反応に、さっきまでの盛り上がりが急速に冷え込む教室。

「あんなに人気があったのに、イタリア人ならみんな知ってるのに、去年イタリアでは放映30周年記念でブームが再熱したのに、なんで、なんで日本人が知らないの!?」と激しく落胆する先生。

「うむー、じゃあ映像をみたら何か思い出すかもしれない」と答えると、「YouTubeにあるよ!ある、ある!」と学校のコンピュータで一緒にオープニング映像をみることに。

それがこれです。




こ、これは、『UFOロボ グレンダイザー』!

でも、ごめん、私は名前しか知らない。しかし、先生は「そうかタイトルが違うのかー。日本ではマジンガーZのほうが人気だったのかー」といろいろ納得しておりました。それよりも私は、コンピュータの前を通りすがるほかの先生方が「お、ゴールドレイクだ」「あら、ゴールドレイク!」といちいち反応してたのがおかしかったです。
確かにみんな知ってる(笑)。

ちなみに、歌手のアレッシオ・カラトゥーロさんという人が「ゴールドレイク」のテーマ曲のアレンジ版を歌ってこちらも評判よかったそうです。

MVの2分過ぎあたりからちょっとおもしろい。
なんだかいい曲になってるし。


[PR]
by rivarisaia | 2009-01-24 21:14 | 海外ドラマ | Comments(4)

今週、わたくし3回ほど書店にフラリと立ち寄ったのですが、3回とも「オバマの演説の本ってどこにありますか?」と書店員に訊ねる人々を見かけてちょっとびっくり。

そんな私にはじつはアメリカ人の弟がひとりおりまして、現在うちに滞在中なので、昨晩はみんなで就任式生中継を見ることに。彼いわく「オバマはいいんだけど、演説会場がまるでロックコンサートみたいでさあ…」と、あの熱狂ぶりにちょっと引き気味で、その気持ちはわからなくもないです。

アメリカはあらゆることが多様すぎて基本的に一致団結は無理なので(と私は実感したことが多々ある)、みなを同じ方向に向かせたいときには物事を3倍も4倍も大げさに熱く語る必要があり(と私は本気で考えている)、何かの拍子に全員を同じベクトルに持っていくことに成功すると非常に熱いエネルギーが放出される(ときに熱苦しくてウザイこともある)。9.11の後なんかもそうでした。

その熱いエネルギーが、これまた何かの拍子に反対方向にひっくり返ることもあるので油断ならないわけですが、そのあたり、オバマは重々意識している感じがします。

さて、カーターが老けた、ミシェルのあの黄色のドレスはイケてるのか、気温マイナスなのに屋外で演奏しても弦楽器は大丈夫なのか、などとあーだこーだ言いながらにぎやかに見てた大統領就任式。アレサ・フランクリンの歌のとき、くだんの弟が

「だからさー、なんで『これがアメリカだ!』みたいな典型的なイメージ画像を挿入したりするわけ? アレサだけ映せばいいじゃん!こういう演出がわざとらしいんだよ。どうせ最後に星条旗が出るんだろー」


と言ったまさにその瞬間に、はためく星条旗がドド〜ン!と大写し(苦笑)。
しかし、あまりに前フリが長すぎて、肝心の就任演説は誰ひとり後半ちゃんと聞いてなかった我が家です。過熱しがちな聴衆を押さえるような、現実を見据えた演説でよかった。途中までしか聞いてないけどさ!

そりゃそうと、オバマのスピーチライターチームの3名は26〜30歳くらいと、お若いのにいい仕事してますね。そのうちのひとりはケネディのスピーチライターだったソーレンセン氏と仕事したことがあるらしい。なんか納得だ(New York Timesの記事参照)。

レポート執筆を得意とする人間がひとりもいない我が家では、スピーチライター陣の年齢と才能に我が身を振りかえり、みなが遠い目になりましたが、演説の本は要りません。
[PR]
by rivarisaia | 2009-01-21 23:59 | 日々のよもやま | Comments(0)

縁起菓子:ふくとこ宝船

正月なんてとっくに過ぎてるのに、いまごろになって休みボケ人間のようになってきた私です。まー、私はもともと反応が鈍い人間ですからね…。
ああ、働きたくない!(←結局、これが言いたいだけの本日は月曜日)

先日、都内某所の高級食材店にて「季節品にてセール品」となっていた縁起菓子を購入し、そのせいで正月気分がぶり返したのかもしれません。
ずいぶん前に紹介したオトギクズユをつくっている加賀の諸江屋さんのお菓子でございます。

その名も、七福神様入 ふくとこ宝船
b0087556_23182642.jpg

数年前の年末に、銀座のデパートで買おうとしたら売り切れだったという記憶が。
宝船の形をした紅白のせんべい(もなかの皮みたいな感じだけど、おいしかった)のなかに、"加賀百万石の郷土玩具土人形でできた七福神"と和三盆のお菓子が1個ずつ入っているというたいそうおめでたいお菓子ですよ!

ということで割ってみたら、勢いよく割りすぎた…。

b0087556_23183532.jpg


中央の紙はおみくじではありません。「この人形は食べられません」というただの注意書きです。人形が福々しくてよいねー!

ちなみに、諸江屋さんの「福徳せんべい」という縁起菓子もかなりグッとくるものが。
同じようにもなかの皮のなかに金平糖や土人形が入ってるんだけど、決めた!来年の正月こそ、これだ、これを買おう!…って、ずいぶん先の話なんですが。

・諸江屋さんのサイト
・諸江屋さんのネットショップのサイト
(季節商品の福徳せんべいを見よ! 「辻占 福寿草」もちょっと気になる。)
[PR]
by rivarisaia | 2009-01-19 23:40 | 食べ物 | Comments(0)

今回でたぶん完結編、私のなかではすっかりトラウトマン大佐シリーズということになってます。

ランボー3/怒りのアフガン(Rambo III)』監督:ピーター・マクドナルド

前回、いずこへと消えたランボーはどこに行っちゃったのか気になってましたが、バンコクのお寺で心静かに幸せに暮らしていました。

ようやく落ち着ける場所が見つかってよかったじゃん!と思ったのもつかの間、そんなささやかな幸せライフをぶっ壊す男が登場する。それがトラウトマン大佐。

前回ですっかり懲りたのかと思ってたら、全然懲りてないみたいよ、この人。またもや極秘任務の依頼ですよ。わざわざバンコクくんだりまで探しにくるエネルギーもすごいですけど、よくもまあ、しゃあしゃあと頼めますよねえ。他に頼めそうな<元>部下はいないんですかね。それともランボー以外の<元>部下は大佐にNOと言える人たちなのか?

まあ、こういう図々しい押しの精神が大佐の持ち味なのかもしれませんね。小心者の私としては、ここは見習いたいところです。

しかし今回ばかりは、NOと言えない男・ランボーも「自分の戦争は終わったのでイヤです」とキッパリ断った。そうだよね、そろそろ自分の人生を生きたほうがいいと思うよ。頼まれるとNOと言えない小心者の私としては、ここも見習いたいところです。

が!

トラウトマン大佐はアフガニスタンでソ連軍にとらえられてしまい、結局ランボーが救出に向かうことに…(泣)なにやってんの、大佐!

それにしても、私はますます大佐がわからなくなりました。
表面上はそうは見えないのに、やってることは、懲りない、押しが強い、図々しい、みずから積極的に動くわけでもなく、けっこう他力本願でノンシャランとした性格…。

なんか、すっごくうらやましい!!

その後のアフガニスタンでの展開はご存知の通りです。ランボーがあれこれ活躍してるなか、大佐は拷問されたり、口ごたえしたりしてました。

拷問されても、とっても元気な大佐。後半のランボーのはっちゃけぶりが凄すぎて、大佐の活躍がまったく目立ちませんが、拷問の直後にランボーと一緒に砂漠を走りまわるってスゴイことですよ。 精神的にも肉体的にも超タフ。そこが大佐が大佐たるゆえんですね。だてに大佐じゃないんだね!

ランボーが助けにきたときも、絶対絶命の瞬間でさえも、大佐の顔は常にいつもの表情。驚きがあんまり顔に出ない!

クールで大物っぽい感じがする!!

ランボーが大佐のためならエンヤコラなのもようやくわかる気がしてきました。
そんな大佐にもう会えないなんて…。ランボーも淋しいでしょうが、私も淋しいですよ…。
[PR]
by rivarisaia | 2009-01-16 23:59 | 映画/洋画 | Comments(2)

ほとんどの人にとってはどーでもいい内容なのはわかってますが、今回も引き続き『トラウトマン大佐2』!…じゃなかった、『ランボー2』です。

ランボー/怒りの脱出(Rambo:First Blood Part II
監督:ジョルジ・パン・コスマトス

監督名を調べるべく、allcinemaを見たところ、解説が辛辣で椅子からずり落ちそうになりました。以下抜粋。

前作の“病めるヒーロー像”は既に無く、ずさんなMIA(戦闘時行方不明者)救出を描いた退屈なアクション。派手な爆発シーンが、それだけでは何のカタルシスも与えてくれない事が良く判る。

バッサリ斬ってますね。そんな本作はラジー賞もたくさん受賞。しかしけっこうヤキモキして観た私はいったい…。

さて、意外と幸せそうな服役生活を送っているランボーの元にトラウトマン大佐がやってくるところから話は始まります。

特赦を与えるから極秘任務をやってくれとお願いする大佐。NOと言えない男・ランボー。それはベトナム戦争で行方不明になった兵士の生存調査(でも救出はナシ)という特殊任務。トラウトマン大佐ったら、なかなかランボー思いじゃないか、と思ってました。途中までは。

ちゃくちゃくと任務をこなせる男・ランボーは、兵士の生存を確認し、命令違反だけど捕虜を1名助け出して救出地点にやってくる。しかし迎えのヘリコプターは、無情にもふたりを置き去りにして飛び去ってしまうのであった。捕虜が本当に生存してることがわかると政治的に困るという大人事情があったからです。

この大人事情をトラウトマン大佐は知らなかったのでしょうかね。ちょっと脇が甘いですよ。『ダメージ』のグレン・クローズを見習ってほしいところです。

迎えのヘリにはトラウトマン大佐も乗っていた。このままランボーを見捨ててしまうのか!という瀬戸際、いちおう文句を言うトラウトマン大佐。でも銃口を向けられ、なす術もなくあっさり言いなりに。えー。

その後、ランボーは、恋に落ちたり、恋人を失ったり、拷問にかけられたりと、さんざんな目にあいながら大活躍ですが、いっぽうのトラウトマン大佐は何をしてたかというと、基地でじーっとしてました

いや、観客の知らないところで、裏から手をまわしてペンタゴンや大統領にかけあうなど、密かに奔走してたのかもしれません。きっとそうですよ。まさかボンヤリ「ランボー、君ならなんとか自力でできる!俺は八方ふさがりだ!すまん!」なんて思ってるわけないですよ。ねえ!

……しかし、いかんせんそうしたトラウトマン大佐の陰の活躍は、あまりに陰すぎて私にはわかりませんでしたので、お前ほんとにそれでも大佐かよ、ちゃんとしてくれよ、役立たず!と思ってしまったことも事実です。

戻ってきたランボーは、タイトル通りめちゃくちゃ怒ってましたが、さもありなん。トラウトマン大佐も1発殴られるじゃないかとひやひやものでしたよ。大佐自身も無事でうれしい気持ちとはり倒されるかもというハラハラ感で複雑な心境だったかもしれません。

おまけに「彼らが国を愛したように、国も彼らを愛してください」と、しごくまっとうなことまでランボーに言われるしまつ。大佐、ぼんやり突っ立ってる場合じゃないですよー! いずこへと去っていくランボー。追いかけなくていいんですか、大佐、大佐〜!
[PR]
by rivarisaia | 2009-01-14 23:15 | 映画/洋画 | Comments(4)

みんなが見てるのに、機を逸すると、そのまま一生見ないで終わるんじゃないかという映画があります。「見てないの!?」と人々に驚かれる映画。私にとって『ロッキー』がそうだし『トップガン』もそうなんですが、ついこの前までこれもそうでした。

ランボー(First Blood)』監督:テッド・コッチェフ

「初めて観たとき、俺は泣いたよ」という家人より「観てないことが信じらんないので、HDに録画しておきましたから」と強制的に鑑賞することに。想像してた話と違って、私の嫌いな「壮大なカン違い物語」であった。ランボーが不憫で私も泣いたよ!

壮大なカン違い物語:主人公は悪くないのに、周囲の人々に誤解され、あらぬ疑いをかけられた結果、逃げまどうはめになったり、刑務所に入れられたり、ときに殺されたりと、あ、カン違いでした!では済まない展開となる。(例:『逃亡者』)


俺の町は俺が守る!と意気込む、よそ者排除型のガンコ一徹な保安官に、「ああ、こういうムカツク保安官いるいる」とイライラしましたが、ランボーさんも、第一印象が悪すぎたのでしょうか。でもいくら彼が口ベタでむさ苦しいからって、あの虐待はヒドイですよねえ。CSIマイアミのホレイショ・ケインまで見て見ぬフリですよ。

人は外見じゃなくて中身だ、というのはあくまで建前で、一見あやしい身なりで何考えてるのかわからない人は、やっぱりあやしくて何考えてるのかわからない人だと思われてしまうのが世の常であり、ときには無理してでも愛想をふりまくことも重要だとしみじみしました。(いや、なんか間違ってる気がする)

それはそうと。

本シリーズでとても気になる存在がトラウトマン大佐。軍隊でのランボーの育ての親であり、よき理解者であり、心の友として、ランボーに対する周囲の誤解と偏見を解くべく、田舎警察やFBIを説得し、もっと積極的に奔走するのかと思ってましたが、あれれ?

あれれれれ?

予想より活躍が控えめ…。そうか、任務じゃないんだし、元上官なんてそんなもんだよね…。駆けつけてくれるだけでありがたいよ。いや、大佐も心のなかで「ランボー、君の苦しみはよくわかる。だが、いまは耐えてくれ」と言ってるのかもしれない。それとも「自慢の元部下が町をぶっ壊しましたよ!はっはっは。でもヤツは<元>部下だから、私には関係のないことでござんす。困ったもんですのう」というのが本音なのか?

ランボーよりも何考えてるのかわからない人、それがトラウトマン大佐、と私の心のリストにその名は深く刻まれた。パート2での大佐の活躍っぷりはいかに!次号に続く。
[PR]
by rivarisaia | 2009-01-12 18:18 | 映画/洋画 | Comments(4)

相変わらず映画や読書はもちろん、『ダメージ』以降はTVを見ることすらしてない今週1週間。なーぜーなーら、先日ついに導入しました。iPhone。
b0087556_2359938.jpg

昨年、周囲のマカーな人々がさっさか導入し、皆から「まっさきに買うと思ってたのにー」と言われるたびに「年明け導入宣言」をしてたわけですが、これで今年の目標のひとつは早々と達成したよ!

物を使い倒す私は、携帯の機種変更もめったにしません。この前まで使っていた携帯も電池がすぐになくなる状態になってました。なので、いろいろな人が「iPhoneは充電がもたないのが欠点」と教えてくれましたが、いまのところ前の携帯よりは全然長持ちだと思います(苦笑)

さて。

使いこなせるならば、これは私にとって、とても便利なマシンのような気がしてきた。

外出中に急ぎの仕事メールの件でやきもきしなくてすむし、ただでさえ重いバッグにMacBookを入れて持ち歩く必要性も少なくなるかもしれない。Googleマップで自分の現在地が見られるので、プリントした地図がバッグ内の四次元空間に吸い込まれて消えたために路頭に迷うということもなくなるかもしれない。「ああそれは、いま、あのサイトを見ればわかるのにー」というシチュエーションにもらくらく対応可能とみた。

ということで、私はバリバリ物事をこなせる人に変身するかもしれませんが、それはあくまで使いこなせるようになったらの話であって、かなり先のお話だと思います。今日も「電話に出るのになんでそんなに動揺してるんですか。もしかして携帯変えたんですか?」と見破られたばかりだ。そんな私になにも期待しないでください。
[PR]
by rivarisaia | 2009-01-09 23:58 | モノ | Comments(2)