「ほっ」と。キャンペーン

自分のなかに「Wild Thing」がいる子ども(と大人)はセンダックの絵本に反応する気がしますが、それと同じく、ティーンの頃にある種のダークなもやもやを抱えてた人はこの映画に深く共感するんじゃないかと思う。言葉では説明できないこの感覚はよくわかる。
b0087556_22251268.jpg

ドニー・ダーコ(Donnie Darko)』監督:リチャード・ケリー

これは「切ない映画ベスト10」に入るかも。80年代終わり頃の10代ってこーだよなあ、そうそうそう!私のところには銀色のウサギは出なかったけど、気持ちはわかるわー、などと深くうなずくと同時に、猛烈に切ない気分に襲われるダウナー系映画なので、繰り返し観るにはエネルギーが要るけど、超おすすめ。

ネタバレなキーワードを挙げるとパラレル・ワールドの話ですが、似たような別の映画の数々とくらべると、思春期の"ダークなもやもや"を絶妙に描写している点で本作は一線を画していると思う。切なさ最高潮の「Mad World」なエンディングは、見方によってはハッピーエンドですよね。

よく考えてみると、ココで紹介したタオ・リンの本も、ちょっと違った切ないもやもやを描いているところが共通してるかも。

ここまで書いて気づいたけど、激しくこの手のものに共感する私自身が心にダークなもやもやを抱えてるってことなんでしょうか? …ってことは私のところにも銀色のウサギや斧もったイルカやしゃべるクマが出現してるかもしれないってこと? ただ見えてないと思ってるだけ?

いや、たんに最近やる気がナイだけだろ!ということは脇に置いておきまして、今度から気をつけてまわりを見回すようにします。まずは「地下室の扉」から探さないとダメでしょうか。

さて、なぜいまさら『ドニー・ダーコ』の話などを書いてるかというと、5月に続編の『S. Darko』がリリースされるからです。アメリカでも劇場公開は予定ナシ、監督・脚本も別の人。ドニーの妹が主人公という設定です。うっかりトレイラーを見てしまったんですが、ありがちなTVドラマみたいな印象で、また別の意味で非常にもやもやした気分になりました。
[PR]
by rivarisaia | 2009-03-31 22:29 | 映画/洋画 | Comments(2)

昨夜は、六本木アートナイト…というよりも、ヤノベケンジさんのジャイアント・トらやんに会いに行ってました。とにかくジャイアント・トらやんが見たかった。
b0087556_20251296.jpg

写真右上は偶然とらえた未確認飛行物体(ウソ)。
写真左下はたまたまそこにいた未確認生物(ウソ)。

トらやん、歌をうたったり、ウインクしたり、手をふったりしてました。
それにしてもでかいね!
ちょっと寒いので、トらやーん、火をふいてもらえますかーー?
b0087556_20293070.jpg

ゴーーーーーーーーーー!

[PR]
by rivarisaia | 2009-03-29 20:36 | 展覧会ほか | Comments(0)

よく見ている国内外のブログのあちらこちらで「わーい!」と紹介されてますが、私も遅れ気味ながら「わーーい!」と叫んでみたい。待ってたよー。このままお蔵入りするんじゃないかと心配してたさ。

本好きへの100の質問で好きな絵本にリストアップしたセンダックの『Where the Wild Things Are(かいじゅうたちのいるところ)』の映画が公開決定して予告編が出たー!監督はスパイク・ジョーンズ。アメリカでは10月16日公開です。日本はいつかしらー。
b0087556_2213640.jpg


あの絵本を映画化ってハテ?と不安もありましたが、予告編からはわくわくする雰囲気が伝わってくるのでかなり期待したい。脚本がスパイク・ジョーンズとDave Eggersなのですが、Dave Eggersといえば、覚えているでしょうか、私がコチラで紹介した変な装丁の文芸誌McSweeneyをつくってる人ですよ!それならたぶん映画版も大丈夫な気がしますよ。何がどう大丈夫なのかわかんないけど。

写真はうちにある絵本と"Wild Things" の1匹。本は幼稚園のときから持っているので黄ばんでボロボロ、背表紙が破壊しかかってる。かいじゅうは本当は妹の所有物。

あ、そうそう肝心の予告編はAppleのMovie Trailersで見られます。さっそくiPodとiPhoneに入れちゃったよ...。
[PR]
by rivarisaia | 2009-03-26 22:46 | 映画や本の雑記 | Comments(2)

10ドルだって大金だ

ここのところ、夜に小難しい本ばっかり読んでたら、どうにも夢見がよくない。寝る前にあんまり頭を使うとよくないんだわと思いまして、軽く楽しく読めて、できれば短編やエッセイのように短いものを探しておりました。長編で楽しい話だと逆に目がさえてしまったり、続きが気になって眠れなくなったりするので、あまりよろしくありません。

おお、寝る前の1冊にぴったりだ!と思ったのはこれ。
b0087556_2274129.jpg

10ドルだって大金だ』ジャック・リッチー著、藤村 裕美、ほか訳、河出書房新社

ジャック・リッチーは周囲で評判がよかったので、そんなにおもしろいのー?と半信半疑でいましたが、ほんとにおもしろいね!疑ってごめん。本書の解説にある
「読んでいるあいだはひたすら愉しく面白く、
 読み終えた後には見事に何も残らない」
「エンターテインメントとしての短編ミステリのお手本」
とはまさにその通り。

連続殺人が起きてるのに、この爽やかな読後感は何だ。腹黒い人が出てきてるのに最後はちょっとイイ話になってたり、鮮やかな推理が披露されるかと思いきや「あれれ、聞いてないよ!」という展開になったり、予想通りに話が進むと見せかけてひねりの効いたオチが待ってたりと、これは軽快でたのしい。就寝前に最適の1冊。あ、通勤にもよいかも。ただし、読後にシェリーが飲みたくなるかもしれません。

ジャック・リッチーはほかに『クライム・マシン』(晶文社)と『ダイアルAを回せ』(河出書房新社)が出ているので、こちらも楽しみ。文庫で出てるといいんんですけどねえ。まあ、読み終えた後に残らないので、時間をおいて再読する本になる可能性も大ですよ。
[PR]
by rivarisaia | 2009-03-24 22:15 | | Comments(2)

ここのところ、いくつか展覧会に行ったものの、どれもいまひとつ私には響いてこず、けっこう期待した原美のジム・ランビーとも相性が合わなかった…。あの床を見てたら酔っちゃったんですけど、そういうこともあるのか。できるだけ床を見ないようにしていた私でしたが、ジム・ランビーといえばあの床なのにね。

いや、そんなことより何より、ここ最近でもっとも納得のいかない展覧会は、リンク貼ることすらやめておきますが、21_21で開催中の『U-Tsu-Wa/うつわ』展ですよ。日が経つにつれてふつふつと怒りすら湧いてきた。
b0087556_22142015.jpg

ルーシー・リーの作品はとてもよかったですよ。ただし、私が観たかったのは彼女の作品であって、安藤忠雄の会場構成ではありません。

ガラスの瓶の並んだ大きな水盤に浮かぶように並んでいるうつわの数々。「会場構成」をひとつの作品としてとらえるのであれば、その光景は綺麗かもしれませんが、その場合、浮かんでいるうつわはおまけでしかありません。なにせ、作品がどうにも遠い。あまりに遠すぎて、ひとつひとつがちゃんと観られない。うつわの中だって見たいのに見えない。ちゃんと観られるのはボタンの展示(とビデオ)くらい。

展覧会の主役って作品じゃないのだろうか。会場構成って、作品が美しく見えるように支える立場、つまり脇役、いや黒子であるべきで、そんなお前が主役になってどうするよ!バカ!と突っ込みを入れたい気分でいっぱいだ。いま展示を思い返してみても、作品よりもガラス瓶が頭に浮かんじゃう.....。個々の作品じゃなくて、全体の雰囲気だけ感じろという趣旨なの?

今回は、ルーシー・リー、ジェニファー・リー、エルンスト・ガンペールの3人展なのですが、それぞれの作品を星座のように配置することで、コンセプトとしてはリンクさせてるつもりなんだろうけど、私には3者バラバラにしか見えませんでした。

ギャラリーの性質上、ふつうに展示するのではなくて、何かひねりを入れたいというのは理解できるんです。でもね、ひねりが効きすぎて肝心の主役のよさが伝わらないというのは間違っていると思いますよ。

文句ばっかり並べたので、うちにあるルーシー・リーの作品集を紹介しておきます。
b0087556_2147765.jpg

『Lucie Rie ルーシー・リーの陶磁器たち』
エマニュエル・クーパー著、刈茅 由美訳、ブルースインターアクションズ

この人のつくるうつわは、繊細なのに力強さを感じさせる。実際に使ってみたいものが多い。来年大きな展覧会があるようなので、そちらに期待します。
[PR]
by rivarisaia | 2009-03-20 22:15 | 展覧会ほか | Comments(6)

はなればなれに

そういえば、シネマヴェーラでは明日と明後日はこれ上映するんですよね。もう1回映画館で観たいけど行けない。

b0087556_22433759.jpg

はなればなれに(Bande à part)』監督:ジャン=リュック・ゴダール

最初に観たのはずいぶん前ですが、これは高校生のときに観たかったよ、きいいっ!と映画館でくやしい気分になったのは覚えています。とにかく若いってこんな感じだわよねーと思ったのだった。若さゆえに無鉄砲で行き当たりばったりで楽しくてバカっぽいけど、若さゆえに失敗して取り返しのつかない事態を招いて苦い味を味わい、でも若いから未来に向かって進む、みたいな印象。

小舟で川をわたったり、ごくふつうに虎に遭ったり、マジソンダンス踊ったり、楽しそうでいいなー。あ、でもルーブル疾走は別にやりたくないです。強盗もイヤだけど。

かわいそうなことも起きるのに、どうにも全体的に楽しい印象しか残ってないのはオシャレな上にノリが軽いからですかね。 ゴダールの映画の中で最も観やすい作品と言われているらしいのも、それ故でしょうか。

そりゃそうと、本作のアンナ・カリーナがすばらしくかわいいのですが(アンナ・カリーナはほかの映画でもかわいいけど)、前髪が異様に短いのにナゼ似合う!というのも印象的でした。その答えは、アンナ・カリーナだからです、としか言いようがないんですが、帽子かぶってるとわかんないけど、本当に短いんだよねあの前髪...。「前髪短いよなー」と上映中ひんぱんに考えたことも思い出しました。
[PR]
by rivarisaia | 2009-03-18 22:48 | 映画/洋画 | Comments(0)

もう何度か観てるんだけど、やる気を出すために先週末、久々にまた観ました。やっぱりおもしろいわー。

b0087556_18542026.jpg

サイン・シャネル カール・ラガーフェルドのアトリエ(Signé Chanel)
監督:Loïc Prigent

シャネルのオートクチュールの舞台裏ドキュメンタリー。むかしWOWOWでも放映されました。カール・ラガーフェルドが描いたデッサンが、お針子さんや靴職人など、さまざまな職人の手によって「実物」になり、華やかなファッションショーに登場するまでを追っています。全部で5話。

別にシャネルやブランドものの洋服に興味なくても、これは本当におもしろい。

それもそのはず、全編にわたって、ものづくりの現場におけるプロフェッショナル魂が貫かれているからです。最初観たときには、カールはわがままそうで大変だと思ったけど、そんなことはまったくナイですね。真のクリエイターたる者、そういうこだわりこそ重要!(まあ、その...最近の私が「君にはこだわりはないのか!」と言いたくなることが多いからかもしれないけど)

すでに工事を開始しているファッションショーの会場を視察して、「こんな場所ではだめだ」とダメ出しするカール。似たような「直前変更」の経験のある私は、関係者気の毒…と思いましたが、同時に、カールの「これは私の理解を超えている」という発言にグッときました。その言い回し、私もいつか使いたいと思います。

ところで、本ドキュメンタリーの主役は、カールではなく、むしろお針子さんたち。ファッション画を読み解いて、デザイナーの想像以上のモノに落とし込む技ときたらすばらしい。文句も言うんだけど、何より自分の仕事に誇りをもっているのが伝わってきます。出てくる職人はみなかっこいいけど、途中で登場するガロン職人のおばあさんはすごいですよ。「人間の限界なんて人間が勝手につくるのよ」とはなかなか言えないよね。

オートクチュールのことをよくわかってなかった私でしたが、そりゃ高いはずだよ、というか高くて当たり前だよねえと深く納得もしました。しかもさ、よく考えたらミシンで縫うシーンがひとつもないのよね。ぜんぶ手縫いか....。
[PR]
by rivarisaia | 2009-03-16 19:03 | 海外ドラマ | Comments(5)

肉屋

先だって、友人たちと談話した折に、もう2ヵ月も映画館に行ってないと告白したら、久しぶりに観る1本って何にするか迷うよねという話になりました。そんな私の久しぶりの1本はコレでしたよ!
b0087556_2057616.jpg

肉屋(Le Boucher)』監督:クロード・シャブロル

久しぶりがヴェーラで肉屋ってなんだかアレですが、スケジュールの都合でこうなっただけで他意はありません。さらには、昨年の「フランス映画の秘宝」で見逃したので、とにかく映画の内容うんぬんよりも、犯人が肉屋か否かをこの目で確かめたくていても立ってもいられなかったという事情もあります。とはいえ、映画自体はサスペンスだけど、推理重視の話ではないです。

フランスの小さな田舎町。小学校の校長であるエレーヌは、同僚の結婚式で、肉屋のポポールと親しくなる。ある日、ピクニックに出かけた先で惨殺死体を発見したエレーヌは、死体のかたわらに自分がポポールにプレゼントしたライターを見つけてしまい…。


のどかな田舎町、幸せな結婚式、しかし最初からどうにも不穏な空気が流れていて、田舎のどろりとした気配にしょっぱなから落ち着かない気分にさせられますね…。失恋で心に傷を負って他人に頼らず生きていこうとしている責任感のあるエレーヌと、戦争で心に傷を負って誰かに頼りたいポポールという、対照的なふたりの悲恋物語とも受け取れるなと思いました。そして家中のカギをかけまくるシーンはなかなかよいです。

それはそうと。

とてもフランスっぽいと感じた描写が気になってしかたありません。

たとえば、お買い物風景。パン屋にバゲットを買いに行ったエレーヌ。「バゲットください」「はいよ」と1本むき出しで手渡されてました。エレーヌは買い物カゴを持っていないので、棒みたいに握っていた。また、肉屋でも、紙にぺろんと包んだ肉を「はいよ」と手渡されて、やはり買い物カゴを持っていないエレーヌはそのまま手で持ってましたが、もしやポケットに入れるんじゃないかとハラハラしました。

あと、心理描写がうまいなーと思ったブランデー漬チェリーを食べる場面ですが、ふたりともパクパク食べてましたよね。そういうものなのか。ブランデー漬チェリーってボンボンショコラやタルトに使うのがメインなのかと思ってたけど、あんなふうにそのまま食べることもあるのね。

フランスっぽいというより、どれも食べ物の描写じゃないか。私はお腹が空いていたのでしょうか。でも授業中に「プレゼントだよー!」と子羊の肉をプチ・ブーケのように持参するポポールには、私だったらドン引きする、とも思った次第です。
[PR]
by rivarisaia | 2009-03-13 21:01 | 映画/洋画 | Comments(2)

『ビッグバン宇宙論』がタイトルを変えて文庫になりましたね。『フェルマーの最終定理』といい、『暗号解読』といい、サイモン・シンは本当におもしろい。私には本来わけがわからない世界であるはずの数学や科学の世界を、これだけおもしろく説明してくれるサイモン・シンは非常に頭のいい人だ。

b0087556_20551887.jpg

宇宙創成』サイモン・シン著、青木薫訳、新潮文庫

数学がチンプンカンプンでも興味深く読めて、最後には心底感動できるサイモン・シンの『フェルマーの最終定理』(未読の人は必読の書)と同様、本書も物理がわからなくても大丈夫。もちろん理論がどのように変化していったかということもわかりやすく解説されるんですが、その辺把握できなくてもおもしろさが損なわれることはありません。

なぜなら「宇宙の始まりという広大な謎に挑んだ人類の歴史ドラマ」でもあるからです。

古代ギリシャの天文学から、1992年に「ビッグバン理論」が証明されるまで、こんなにいろいろあったのか、宇宙もすごいけど、人間もすごいよね。過去のいろいろな発見や研究の積み重ねが相互に作用して(ときには相反する理論が反発しあったりして)最終的にひとつの大きな理論に束ねられていくという過程がすばらしい。

アインシュタインの「時間は伸びたり縮んだりして、人それぞれにとって流れ方が異なり、あなたの時間と私の時間は違う」という話もおもしろかった。

印象的なエピソードは、ほかにもいろいろあるんですが、もっとも好きなひとつが、ハーバードの天文台のピッカリング氏が、部下の男性チームの仕事っぷりに頭に来て「うちのスコットランド人のメイドのほうがまだマシな仕事をする!」とチームを全員女性に総入れ替え、本当に自分のメイドを主任にしたら、歴史的発見が!というもの。いや、そういうことってあるのね…。

"ビッグバンのこだま"である宇宙マイクロ波背景(CMB)放射が発見されるくだりも感動的です。

私も宇宙の始まりのこだまが聴きたい!と探してみたら、ワシントン大学の物理学部のJohn G. Cramer教授が音のファイルをアップしてました。コチラで聴けます。6段落めに「20 seconds」とか「100 seconds」などと記してある箇所をクリックすると聞こえます。先生のおすすめは100秒だそうです。
[PR]
by rivarisaia | 2009-03-11 21:03 | | Comments(0)

本日もYouTubeで再会話。先日『トランスフォーマー/リベンジ』のトレイラーを見ていて、けっこうおもしろそうじゃんと思ったんですが、どうにもトランスフォーマーの世界観が理解できていない私。変身するシーンはすごいんだけど、いまひとつ、あのロボットはだから何なの…と腑に落ちない。

そもそも、私は最初に『トランスフォーマー』と聞いたときに、「もしかして人間が車に変身する話!?」と大きな勘違いをしていたのでした。

そんなバカっぽい話があるわけないじゃん、と多くの人に突っ込まれたんですけど、それが、あるんですよ! 私は見た!

またもや異国の思い出話で恐縮ですが、確かに私は「人間が車に変身するアニメ」をTVで目にしたことがあり、いまだに年に1度は「あれはいったい何だったんだ…」と想起する、私にとっての不朽の珍作と化してましたが、先日ついにタイトルが判明したので紹介いたします。

番組名は『Turbo Teen(ターボ・ティーン)

YouTubeにお伺いを立ててみたら、ありましたよ、オープニングが。変身シーンが衝撃です。家人も「これはひどすぎる。あり得ない」と言ってましたが、ぜひみなさまもぜひご覧ください。




オープニング映像から察するに、ティーンの少年が嵐の夜に車ごと政府の研究所に突っ込んでナゾの電波を浴びたがゆえに車に変身する身体になった、という設定と思われます。そりゃいいとしても、この変身っぷりは…。

思わずキャプチャも取ってみましたよ。
b0087556_2301779.jpg

まあ、ここまではいいとしましょう。よくないけど。

b0087556_230271.jpg

主役がカッコイイ少年という設定だったとしても、この顔のゆがみに百年の恋も冷めるというもの。なのに「インクレディブル・ターボ・ティーン!」とか言われてもなあ。

どんだけ人気があったのか気になってWikipediaを見たところ、ナイトライダー人気にあやかって制作されたものの12話で終了しているところから、やっぱり微妙だったような空気が察せられます。

しかしWikipediaの、ティーンがヨットに変身する『Teen Boat』というウェブコミックが存在した、という記述が気になるところです。
[PR]
by rivarisaia | 2009-03-09 23:05 | 海外ドラマ | Comments(2)