「ほっ」と。キャンペーン

さっそくですが、日本とポルトガルおつかれさま!

日本×パラグアイについては、内容的には重苦しく凡戦っちゃ凡戦でしたが、どちらもよくやったと思う。ゴールが決まらなかったことが悔しい。PK戦って、どちらかが勝つためには誰かが外さなくてはならない運命にあるので、あんまり好きじゃないんだよなー。ゴールが決まるまで、ウィンブルドンのように果てしない延長戦を希望(無理か)。

ポルトガルは、ロナウドにナイキの呪い(NIKE FOOTBALLのCMに出ている選手がことごとく低迷している)がかかっていることもあり、また、グループリーグで北朝鮮との試合以外ゴールを決めることができなかった体たらくなので、スペインには負けると確信してました。ははは。そんなポルトガルを今後も私は生暖かく見守っていくよ!

そして呪いといえば、先日も書いたようにフランス・チームの崩壊はアイルランドの呪いではないかと思っている私(予選プレーオフ、フランス戦での誤審で出場を逃したアイルランドは国を挙げてフランスを恨んでいたのだった)。

ケルトの呪いは侮りがたし!と戦慄した(大ゲサ)のはこんな本を読んだから。
b0087556_2244761.jpg

アイルランド幻想
ピーター・トレメイン著、甲斐萬里江訳、光文社文庫

以前コチラでもおすすめしたフィデルマ・シリーズの著者が書いた、ケルト・ホラー。全11話収録です。

豊かな自然と文化を育んできたアイルランドは、イングランドによる植民地支配と搾取、悪夢のようなジャガイモ飢饉といった悲しく辛い歴史を持っている。長い長い時を経て、つもりにつもったケルトの苦悩と悲哀が伝わってくるようなホラー。

いやあ本書で語られるケルトの呪いときたら最強ですよ。どんな物事にも原因と結果があり、自分のやったことは後で必ず自分に跳ね返ってくるという運命からは逃れられない、というのが基本姿勢。そのうえ、大自然の精霊たちがバックについている。
大地や森、小川や泉などの数えきれないほどの精霊たち。みんな、あたらしらの味方なんだ。あたしらを滅ぼそうっていうんなら、神さまや精霊たちも全部、滅ぼさなきゃなんないんだよ。あんたら、こうした永遠なるものたちを、一体どうやって滅ぼす気なんだい?
—「髪白きもの」

こんなこと言われた日には、「すいません。無理です。堪忍してください」と言うほかありません。しかし、どんなに謝ってもそう簡単には許してもらえないのであった。

ねちねちとまとわりつくような展開ばかりなんですが、その背景には、涙も血も枯れ果てるほど流してきました、というケルトの歴史が垣間見え、ホラーなのに哀愁がただよっていて、しんみり。

そんなわけで、フランスは4年後(いや2年後のEUROか?)に向けて贖ってください。そしてアイルランド次は出られるといいね!
[PR]
by rivarisaia | 2010-06-30 22:45 | | Comments(2)

ずいぶん前(4年も前か!)に観たくて悶絶してたくせに(ココ参照)、その後すっかりほったらかしてたわけですが、W杯の最中、忘れた頃にやってきた。シネフィル・イマジカさんありがとう!

b0087556_20503838.jpg

ジョン・カーペンターの要塞警察(Assault on Precinct 13)
監督:ジョン・カーペンター

引越中でほとんど人のいない警察署。訳あってそんな警察署に凶悪犯が護送され、命からがら一人のおっさんが逃げ込んでくる。さーて、なぜかおっさんを追いかけてきた得体の知れないギャング団が警察署を包囲したからさあ大変!


という現代版西部劇です。

リメイク版よりもやはりオリジナルの多くを語らずという姿勢がいいですねー。男は寡黙。沈黙は金。大体からして、敵であるストリートギャングの実態もよくわかんないし、全部で何人いるのかもナゾ。撃っても撃っても攻めてくる。まるでゾンビ。

凶悪犯のひとり"ナポレオン"も、有名な極悪人らしいということしか背景は語られない。なんでナポレオンと呼ばれているのかも、本人が「いつか教えてやる」と言うものの、全然教えてくれないまま映画は終了。さらに「男には命をかけることがふたつある」とおっしゃるナポレオン、ひとつは教えてくれるけど、もうひとつは教えてくれない…っていうか目で語っていた。渋いよ、渋すぎるよ!

他の人たちから「お前はキザな野郎だな」と言われているだけあって、ナポレオンさんはいちいちイカした人でした。凶悪犯じゃなかったら女性もアンタにメロメロ(死語)だね!

そんな多くを語らないオリジナルにくらべると、リメイク版はペラペラとしゃべりすぎだった気もします。で、リメイク版と同様に、本作にも「ズドン!一発退場!」の場面があるんですが、情け容赦ない度合いも本作のほうが上。あれはけっこう衝撃。

おかげさまで、ここ数日間カーペンター作曲のテーマ曲が頭から離れず困りました。
♪レーレレファレー ファーファファラファー ドードドミドー♪とおもちゃピアノで何度も弾いちゃったよ。本作観るとしばらくはテーマ曲を口ずさんでしまうこと請け合い。
[PR]
by rivarisaia | 2010-06-28 20:58 | 映画/洋画 | Comments(2)

いやはや、すんばらしい試合でしたね。昨日の日本×デンマーク。本田△のFK1点目ご覧になりました? 遠藤のFK2点目ご覧になりました? 本田△のアシストで岡崎のダメ押し3点目、ご覧になりました?

よくやったーーーーーー!!!!

こんな試合が日本代表で見られる日がくるなんて、あたしゃ嬉しくて涙が出てきますよ。引き分け狙いじゃなくてちゃんと勝ちに行っていた。ゴールの神様も微笑んでいた。PKを止めたのにこぼれ球を入れられてしまったGK川島のくやしがりっぷりに、燃え上がる闘志をみた。海外のニュースも軒並みホメてるぞ! ということで、次のパラグアイ戦も気を引き締めて、アジアのために、お願い、勝ってくれ!

うちのアジサイもブルーに染まって応援してるから!
b0087556_18182055.jpg


さて。本日のよだん。

・今日はもう疲労困憊でさっさと寝たいが、ポルトガル×ブラジルという私にとって重要な試合が終了するまでは覚醒していなくてはならない。だ、だいじょうぶかなポルトガル…。日本よりも不安にさせられるとは思いもよらなんだ。

・そんなポルトガルは2戦目、北朝鮮相手に7−0という大差勝ち。ひとりゴールを決められないクリスチアーノ・ロナウドはいつもの通りむくれっつらになってたが、ようやく決められてよかった、よかった。変なゴールだったけど、お茶目でいいと思うよ!

・フランスはアイルランドの呪いにより崩壊。ケルトの呪詛は筋金入りだと判明。

・イタリアが、今年のユベントスを彷彿とさせるダメっぷりでグループリーグ最下位で去っていった。あまりのダメっぷりにもはや笑うしかなく、本日イタリア語の先生の顔を見た瞬間に、「ぶわっはっはっは」と吹いてしまったのは本当に申し訳なかった。これは2年後のEUROあるいは4年後のW杯での華麗な復活劇に向けての前フリ、と考えればいいよと慰めてみた。
[PR]
by rivarisaia | 2010-06-25 18:48 | 日々のよもやま | Comments(4)

アイアンマン2

前回「工作派映画」として楽しんだ『アイアンマン』ですが、続編はさらに中年親父度が増してたよ! それはそれでいいけど、工作度が低い点はちょっと淋しい。

b0087556_2121127.jpg

アイアンマン2(Iron Man 2)』監督:ジョン・ファヴロー

鑑賞した日の夜のサッカーのせいで、映画の印象がうすぼけちゃったんですが、それでも私の心に刻まれているのは、

・とにかく中年親父の社長(ダウニーJr.)は疲れている。

 →わかります。仕事以外にもやることいっぱいあって、仕事なんてやってられっかって感じですよね。身体の調子も悪いしねえ、あーだこーだめんどくさいなー、もう秘書に全部任せるよ!もう任せた、好きにやって!という気持ち、わかります。

・頭はいいのに社会的にどうにもめぐまれないロシア人(ミッキー・ローク)も疲れている。

 →わかります。こんなに才能があるのに、周囲のバカどもときたらちっともわかっちゃくれないし、父さんと自分をこんな境遇に陥れたトニー・スタークときたらヒーロー気取りでチャラチャラしてるし、大事なオウムを連れてきてって頼んだあんぽんたんは、別のオウムを買ってきやがった。そのオウムは俺のオウムじゃねえ!とやさぐれる気持ち、よーくわかります。

・社長に振り回される敏腕秘書(グウィネス・パルトロウ)だって疲れている。

 →わかります。上司は尊敬してるけど、いくらなんでも自分勝手すぎない?しかも若い女性社員に腰くだけになってるし、あたしの立場も少しは考えてよね、挙げ句の果てに会社任せるって言われても、TVではあの女じゃ無理だろーとか報道されちゃうし、もうイヤだ!キーーー!と発狂する気持ち、しみじみわかります。

とまあ、疲れた働き世代にふんふんとうなづいていて、ヒーロー物じゃなくてサラリーマン映画でも観たのか、お前は、と言われそうですが、それもちょっと違う。それは多分ナタリーことスカーレット・ヨハンソンのおかげ。

なにせ屈強の男どもを次々投げ飛ばすほど滅法強いしねえ、美人でパキパキしてるし、ヒステリックな女性の上司ともうまくやれるし、コンピュータもちゃかちゃか使えるし、語学も得意で、しかもラテン語までペラペラ話せるときたもんだ! 私もこんなお姉ちゃんに頼りたい!

…ええと、アイアンマンの中の人たちだけでなく、私もちょっと疲れてるようなので、今日はこの辺で。そうそう、工作度は減ってるとはいえ、3Dスキャンマシン(とでもいえばいいの?あれ)に目がクギづけ。あれは便利そうで、うちにも欲しいです。


「アイアンマン2」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
[PR]
by rivarisaia | 2010-06-23 21:56 | 映画/洋画 | Comments(2)

梨山茶と鳳梨酥

そういやこのブログに中国茶カテゴリがあったことなど忘却の彼方…。いやしょっちゅう飲んでるんだけどね。ってことで、先日台湾の知人からいただいた梨山茶&鳳梨酥(パイナップルケーキ)。

b0087556_19465661.jpg

梨山茶は沸騰したての熱湯でいれるとよいです。爽やかでさっぱりしてるけど、果物のような味わい。いい香りがして美味しいなー。冷やして飲んでもいいのかもしれない(やったことないけど)。お茶請けのパイナップルケーキは大量にもらったのに、あっという間に消えてなくなった。


さて、W杯は欧州勢のあまりの混乱ぶりにめまいがして、まだ第2戦だからわからないとはいえもう笑うしかない感じですが、お茶でも飲んで気分を落ち着けようかと思う。いっぽうで南米は調子がいい。日本もなかなかがんばっている。オランダには負けたけど、よい試合だったし、イタリアの新聞も日本をホメてたよ!

そして欧州勢低迷のなか、ポルトガルがダメな感じなのはいつものことなので無問題です。強豪と言われてるけど、ポルトガルはもともとしょっぱいチームで、そのしょっぱさが味わいです。今夜はそんなポルトガル戦。もしかすると、こんな時こそ結構イケるかもしれないわ!

追記:本日さきほど、北朝鮮相手に7−0とポルトガルは圧勝しました。。。あのロナウドすら1ゴール。なんかの冗談かと思うようなお茶目ゴールを決めていました。まあ途中、自分でシュートにいかず相手にパスを出すロナウドに、「大人になったのう」と思いましたが、自分だけゴールしてなくて超不機嫌になっている様を見て前言撤回。相変わらず変わってないね!次もこの調子でいってください!
[PR]
by rivarisaia | 2010-06-21 20:03 | 中国茶 | Comments(0)

情婦

昨日のスペイン×スイス戦はあっと驚きでした。驚いたけど、思い返してみればスイスは過去にもスイス傭兵並のカッチリした働きっぷりを見せていたので、堅牢な守り勝ちってことでしょうかねえ。何はともあれスイスはいま盆暮れ一緒に到来したかのようなお祭り騒ぎっぷりなのではないかと思う。ツール・ド・スイスも開催中だし。おめでとう!

さて。

あっと驚きといえば、先日ようやく観たこの映画にもあっと驚いた。
b0087556_16381773.jpg

情婦(Witness for the Prosecution)』監督:ビリー・ワイルダー

原作はアガサ・クリスティーの『検察側の証人』。クリスティーの長編はほとんど読んでるんだけど、逆に短編と戯曲はほとんど未読。本作を観るまで原作も読まない!と決めてたことも、しばらく忘れてました。いつも観る機会を逸してしまうので、ようやくDVDで鑑賞。

ストーリーのダブルどんでん返しも驚きですが、「未見の人に結末を話さないでください」とテロップが流れる点やタイロン・パワーの遺作であるなどといった点も驚き。へえーそうなんだ!

金持ちの未亡人殺害容疑をかけられたレナード(タイロン・パワー)。アリバイの証明をしてくれるのは妻のクリスチーネ(マレーネ・ディートリッヒ)しかいない、という不利な状況のもと、裁判が始まるが…

という話で、これ以上は書けません。

いやーほんとにいい映画でしたが、それはクリスティーの原作がよいからだけでなく、キャスティングが絶妙だからだと思う。

ディートリッヒが迫力倍増していてかなり恐いいっぽうで、病み上がりの弁護士ウィルフリッド卿(チャールズ・ロートン)が非常にいい味を出している。ついでにウィルフリッド卿の口やかましい付き添い看護婦(エルザ・ランチェスター)とのコンビも抜群だ。チャールズ・ロートンとエルザ・ランチェスターって実生活で夫婦だったんですね。へええー。

チャールズ・ロートンじゃなかったら、この映画もここまでおもしろくなかったかもしれないなー。どうだろう。

さらにWikipediaによれば、チャールズ・ロートンは1928年の舞台にて「史上初めてアガサ・クリスティの探偵エルキュール・ポワロを演じる」とあり、これもまたへえええー。いや、本作を観てて、チャールズ・ロートンはポワロも合ってるかもしれないとちょっと思ったんですよね。体型からいくとネロ・ウルフのほうがさらに適役ですが。

ラストのびっくり展開も推測ついちゃった箇所もあったけど、それでも楽しめたし、私がいちばん驚いたのは「エキストラだと思ってたのに、ええー!?(以下略)」という人物でした。
[PR]
by rivarisaia | 2010-06-17 16:44 | 映画/洋画 | Comments(7)

日本の出場など思いもしなかった時代は、本気で観戦しててもどこか心にゆとりのあったワールドカップでしたが、自国が出場するとこんなに重苦しい気分を味わうことになるとは…と毎度しみじみと感じるわけですよ。しかも弱いじゃない、だから余計に辛いわけ。

日本以外の国を応援する場合も、私は全力で応援するのでかなり体力を消耗するけど、日本の場合はさらに「常に心臓に悪い」というオマケがつく。心身ともに疲労する拷問のような90分間に耐えなくてはならない。

昨日も、本当につかれました。本当にハラハラしました。でも
勝ったーーー! よかった!!!

たとえ1点リードしていても、後半残り5分で逆転されたアレとか、ロスタイムで追いつかれたアレとか、過去のことは忘れてほしいと懇願されてもどうしても忘れられない数々の不幸が蘇って不安になってしまうのが親心というものではないですか。しかも、昨日も何度かあったよねえ、ひやひやする場面が。ゴールポストのおかげでセーフな場面もあったじゃない。だから、本当によかったよー(涙)

残り2試合も勝つように。今後のアジア枠のこともあるし、日本と韓国は決勝トーナメント進出をめざしてGO!!

b0087556_1350231.jpg

●よだん

・「このブログではW杯についてあんまり書いてない」などと先日書いたけど、過去の記事を読み返してみたら2006年の6〜7月は映画の感想と見せかけてワールドカップの話ばっかしてた。

・高地のせいもあると思うけど、ボールが高く大きく飛んでいくのはあれは仕様??

・ブブゼラうるせえ!と思ってたが、4日目にして慣れてきた上に、日本の試合ではほとんど耳に入ってなかった。ブブゼラの音も聞こえなくするほど緊張させるとは、恐るべし。

・イタリアは初戦パラグアイに引き分けていた。しかし毎回イタリアはグループリーグでの本気度がよくわからないので(4年前もアメリカと引き分けたっけね…)、今後注目(しないとイタリア語の先生に怒られる)。

・でも、いつも通りポルトガル応援してます!
[PR]
by rivarisaia | 2010-06-15 13:51 | 日々のよもやま | Comments(4)

さて、みなさん、ワールドカップですよ。今年も波瀾万丈だったジロが終わってすっかり心にすきま風が吹いており、ツールまでどうしようかと思ってた私ですけど、ワールドカップが間にはさまってましたよ。
b0087556_23301550.jpg

よく考えてみたら、このブログではW杯についてあんまり書いてないですね。EUROについてはあんなにあーだこーだと書いてるくせに、W杯はまるで見てないかのごとくですが、当然ながら毎回見ており、ここ最近では日韓のときと前回ドイツのときに、ものすごく大変なことに巻きこまれてました。ええと特にイタリア語の先生方がね、2002年はあの韓国戦のせいで荒れ狂ってたし、2006年はイタリアが優勝したので浮かれぽんちになってねえ(遠い目)。

ま、私は例のごとくポルトガルを応援していたので、関係ない。日本の試合の後のレッスンでは、私が荒れ狂っていた、というイタリア語の先生方の証言もあるようだが、それはまあ過ぎたことですよ。ほほほ。

で、今回はさほど気合入れて見ないつもり(2年前のEUROで疲れきって廃人のようになったから)…のはずが、いまTVではメキシコvs南アフリカ戦を放映中。そして何故か高揚する気分! いまからTVに集中します!

写真は、家のシャクナゲが今年も咲かなかったので、敗北感を味わいながら花屋で購入したシャクナゲ。見事に満開。日本チームもこれくらい花開いてくれるといいんですけどねえ。
[PR]
by rivarisaia | 2010-06-11 23:32 | 日々のよもやま | Comments(2)

スーパーの野菜を育てる第3弾にて、豆苗の花の話を書きましたが、その後…
b0087556_23464247.jpg

豆できてるし! いや、そもそも豆苗の豆って何の豆なんでしたっけ。えーっと。

どうしていいのかよくわからないので、いつものごとくそのまま放置して、頃合いを見計らって中の豆を見てみますよ…。いまのところ3つくらい莢がある。

そしてこれまた放置していた小松菜ですが、
b0087556_23462628.jpg

花咲いてるし! ちょっとびっくりした。そして部屋の中にあるのに、扉を開けておいたりすると、たまに外から虫がやってくるのですが、どうしてここに美味しい葉っぱがあることがわかるのだろうか。
b0087556_23463468.jpg

小松菜の花はキャベツの花にそっくりですね。さすがアブラナ科。
あと2本くらい花が咲きそうな気配ですよ。



スーパーの野菜を育てる1
スーパーの野菜を育てる2:キャベツの花が咲きました
スーパーの野菜を育てる第3弾:豆苗の花が咲いた
[PR]
by rivarisaia | 2010-06-09 23:46 | 生きもの | Comments(2)

今年もまたどうやらアゲハ育てるみたいです、私…。昨年のまとめはコチラに書きましたが、結果として47匹飼育して、羽化したのは合計26匹(夏15匹、今年の春11匹)でした。

そしてまた今年、庭先のミカンの木にこんな小さいやつを発見してしまい、
b0087556_13361511.jpg

気づいたらケースに9匹も捕獲していた。いやちょっとケースの大きさにしては数多いだろ…と思ったけど時すでに遅し。同時に成長してガシガシと葉っぱを食べるもんだから、毎日ミカンの葉の運び屋みたいな気分ですよ。やっぱり一度にたくさん育てるのはやめよう…。

で、いまはみなさん蛹になってます。
b0087556_13362327.jpg

アオムシコバチ対策で紙をかぶせてあるせいか、みなさん天井が好きだね。
しかしこのままでは羽化の際に支障をきたすので、寄生率が下がる頃にカップに移動させようと思います。コバチ寄生率についてはコチラをごらんください。

下は一足お先にカップに移動した方。
b0087556_13363161.jpg

移動させといて、ある程度の期間をネットで覆うという方法もあるかもしれません。

何はともあれ、今年はゆるく飼育しようと思う…。
[PR]
by rivarisaia | 2010-06-07 13:54 | 生きもの | Comments(0)