「ほっ」と。キャンペーン

けっこう前にみたんですけどね、いやあ私はショメの描く街並がとにかく好きなんだなあと深く実感。それは前回の『ベルヴィル・ランデブー』のときもそう感じて、いまだにときどきベルヴィルの街並をMacの壁紙にするくらいだ。線と色使いが好み。

b0087556_2392084.jpg

イリュージョニスト(L'Illusionniste)』監督:シルヴァン・ショメ

無口な老手品師のタチシェフおじさんは、自分を魔法使いだと思って慕ってくる少女アリスの中に別れた娘の面影を見いだしてあれやこれやと世話をやくも、やがて娘は巣立っていく日がやってくるという話であると同時に、これから花盛りの時代を迎えるであろう若者世代と違って、新しい時代の波にうまく乗れずに取り残されていく手品師とその仲間の大道芸人の悲哀がなんともメランコリーな物語でありました。

この枯れ具合はどうなのよ、と心の中にひゅうううと乾いた風が吹く感じがね、とてつもなくメランコリック。すいません、わたくし語彙が少なくてですね、観終わった後に「メランコリー」って言葉しか浮かばなかったんですよね。だって、古道具屋の店先に並んだ腹話術人形や手品の道具が哀愁を誘う…(涙)。

いやあ切ない話ですよねえ。

しかし、しばらく時間をおいて振り返ってみると、タチシェフおじさんではなく、アリスに着目したときに、ふつふつと疑念も湧いてきました。大体あの少女は何を考えているのだろうか。純粋で無邪気な少女だけど、いくらスコットランドの片田舎の出とはいえ、あまりに世間知らずすぎやしないか。かつて私は『イヴの総て』で「悪気がないのが一番たちが悪い」と書きましたが、アリスもそうかもしれませんよ。

あれ欲しい、これ欲しいって買ってもらってさ、魔法で出してもらったと思うのはいいけど、タチシェフおじさんはそのために馴れないバイトをしてたんだぞ! もうちょっと感謝の気持ちはないのか。掃除をしたり、シチューをつくったりもしたけどね、シチューは人に勧められてつくった感じだったよ。タチシェフおじさんは娘の面影をみていたのだろうが、アリスはお父さんみたい、と思っていたのだろうか。そしてあんな世間知らずで、スコットランド・ゲール語しか話せないらしいアリスはあの若者とうまくいくのだろうか。騙されないだろうか、春巻お姉さんは心配です!

メランコリックで、アリスの純粋っぷりにハテ?と思いますが、もう本当にすばらしい絵なので、じっくりご覧くださいませ。最後のクレジットで、ペンとインクって書いてあったんですよね。水彩じゃなくてインクなのか。すごいなあ、あの色の使い方。
[PR]
by rivarisaia | 2011-04-28 02:40 | 映画/洋画 | Comments(2)

イースターの菓子についてつらつらと考えていたら、いつのまにかアメリカのジャンクな菓子に思いを馳せていて、この映画を思い出した。

b0087556_21481544.jpg

ゾンビランド(Zombieland)』監督:ルーベン・フライシャー

本作につきましては、このご時世にゾンビ物などはちょっと…という人でも、おそらく大丈夫。確かにゾンビで終末感たっぷりだけど、明るいところは明るいし、なにせ元気が出る。ゾンビワールドで生き残るための秘訣も学べます。

ふだんからゾンビ物はちょっと…という人も、おそらく大丈夫。グチャグチャしてるシーンは少ないし、スカッとします。途中なんて、しんみり泣けるシーンもあるよ。
本 当 で す。

そして本作で重要な役割を果たしているのが、アメリカの有名ジャンク菓子。メインキャラクターのひとり、どうみてもテキサス人のタラハシー(ウディ・ハレルソン)が、ゾンビだらけの廃墟の町で必死に探し求める菓子。それが「トゥインキー」。

この映画でやばいのは、タラハシーがあまりに「トゥインキー、トゥインキー、ここにもナイ……トゥインキーはどこだ!」と連発するので、トゥインキーが食べたくなっちゃうことですよ。おそろしや。

b0087556_21462618.jpg

写真はWikipediaから拝借しました。

トゥィンキーはこのように、人工的なクリームの入ったスティック状スポンジケーキですが、味は…そうねえ…油っこくて甘いね。それなのに映画ではこれをさらに油で揚げた菓子が出てきて、ううっ(胸焼け)。

私はこれまで数えるほどしか食べたことないですが、そんな私がみずからトゥィンキーを買ったのは、たとえばこういうシチュエーション。

連日宿題と予習とレポートに追われてヘロヘロに疲れ果てた状態でランチもそこそこに休憩しようと学校のラウンジにおもむき、自動販売機の小さい紙コップに入ったくそまずいコーヒーを購入した後に、ふらふらとスナック菓子の自販機に向かって、目が泳いでウッカリ「トゥィンキー」のボタンを押してしまった。


お菓子の自販機では大抵1パック2本入りを売ってるので、同じように朦朧としてうっかり買っちゃった友人が「1本あげるから!」と無理矢理こちらに分けてくれる、ということも多かったです。

トゥインキーはホステス社のお菓子で、映画の中でホステス社のトラックに遭遇し、ようやくトゥインキーにめぐりあえたかと思いきや「なんだよ、スノーボールかよ、ちくしょう!」とガッカリする場面があります。スノーボールは、人工的なクリーム入りのスポンジチョコをマシュマロでくるんでショッキングピンクのココナツフレークをまぶしてあるという、さらに恐ろしい菓子です。

b0087556_21464297.jpg

写真はまたもやWikipediaから拝借しました。

しかし本当に恐ろしいのは、「劇甘い」「ゲロマズい」などと言いつつも、しばらくアメリカにいるうちに、味に馴れてしまうということです。そうすると、そんなマズい菓子ですら、ふとした折に「懐かしいな〜食べたいな〜」などとウッカリ考えてしまったりするわけですよ。大体ここで本当に買って食べると「なんで買ったんだ…」と激しく後悔するハメになるのがオチ。少なくとも私は、ゾンビな世界になったときに、トゥインキーやスノーボールのことは思い出さないようにしたいものです。

<追記>
こちらの映画もトゥインキー映画でした...。
ダイ・ハードとトゥインキー
ダイ・ハード2とトゥインキー:やっぱりパウエル巡査は…
[PR]
by rivarisaia | 2011-04-26 21:49 | 映画/洋画 | Comments(2)

復活祭おめでとう

復活祭おめでとうございまーす!

思えば、年末年始は風邪引きで、旧正月にも出遅れたので、今年はイースターが私の新年ということにしてたのをすっかり忘れてましたが、ちゃんと思い出したぞ。

b0087556_0111366.jpg


2年前に食べたイースターチョコの容器がかわいかったので取ってあって、箱に飾ってみました。いまさら何言ってるの?という感じでしょうが、今日から私の2011年だ。

このチョコを食べた2年前のイースターはラクイラ地震でアブルッツォが大変だったんだよね。今年は東日本が大変です。神様の考えてることは原則として人間には永遠に理解不可能だし、神様というのは具体的に何かの願いを叶えてくれたりはめったにしない。ただ一緒に泣いたり笑ったりしてるんだと思いますよ。

せっかくイースターなので聖書から引用して、今日はおしまい。
本年もどうぞよろしくお願いします。

「喜ぶ人と共に喜び、泣く人と共に泣きなさい(ローマ人12:15)」
[PR]
by rivarisaia | 2011-04-24 23:58 | モノ | Comments(2)

今日は、まったくもってイースターとは関係のないイタリアのお菓子。「Amaretti(アマレッティ)」です。

b0087556_22434055.jpg

この箱を見た瞬間に、「あ、それ前に食べたとき、あんまり美味しくないって言ったやつじゃん」などと言ってたのですが、あれれ…味覚が変わったのか、それとも前に食べたのはシケってたのか、なぜか結構いけるじゃないか。再挑戦してみるものである。

包み紙の色がピンク、緑、水色とありますが、色ごとに味が違うのかどうかよくわからない(同じ気がする...)。中味はこのような、メレンゲクッキーのようなお菓子です。

b0087556_22435356.jpg


中世に誕生したお菓子で、イタリアでは特にロンバルディア州の名物(とWikipediaのイタリア語版に書いてある)。カトリーヌ・ド・メディチがこれをフランスに伝えて、マカロンの原型になった、とかいう言い伝えもあるらしい(とWikipediaの日本語版に書いてある)。

アーモンドや杏仁が入っていて、この杏仁の香りがキツイというか独特ではあるので、好き嫌いがあるかもしれません。カリカリしてて甘いけど、なかなか美味しいです。フランスのカラフルなマカロンは、どこが美味しいのかよくわからず、正直に言うと好きじゃないのですが、アマレッティならいける! 以前おいしくなかったのは一体なんだったんだ...。
[PR]
by rivarisaia | 2011-04-21 22:44 | 食べ物 | Comments(0)

家人が仕事でイタリアに行ってたので、「イタリアか…もうじきパスクア(復活祭)じゃないか。イースターのお菓子でも買ってきておくれよ〜」と頼んだところ、おそらく町中の菓子屋はイースター菓子山積みの季節だと推測されるのですが、さすがに菓子屋に立ち寄る時間などはなかったとみえて、それらしきお菓子のお土産は残念ながらなかった。唯一、イースターらしいものがこれ。

b0087556_21474295.jpg


「Sfoglia con crema alla nocciola(へーゼルナッツ・クリーム入りのパイ)」。大きさは5〜6センチくらいで、中にはヘーゼルナッツ味のチョコクリームがつまってます。1パック6羽入り。要はヌテッラが入ってるようなものです。イタリア人は何故にあんなにヌテッラが好きなのだろうか。季節限定のバケツのような容器に入ったヌテッラをみたときには、胸焼けがしたね…。

けっこう甘かった(中のクリームが)ですが、なんだかんだ言いながらぺろりと食べてしまったのがおそろしや。

イースターらしいという理由は、形がハト(コロンバ)だからです。本当はその名もズバリ「コロンバ」というお菓子を所望したのですが、さすがに見つけてもデカすぎて持って帰ってこれないか…。コロンバとは、クリスマスに食べるパネトーネがハトの形をしている、と考えればいいようなお菓子。要はハトの形をしたドライフルーツ入りのパンです。この時期にイタリアに行く人はぜひ食べてみてねー。
[PR]
by rivarisaia | 2011-04-19 21:57 | 食べ物 | Comments(0)

ちょっと前に読んだロシアの作家の短編集。表紙とタイトルが気になって読んでみたところ、なかなかおもしろくて、つい最近も再読したらじわじわきた。英訳で読みましたが、難しい英語ではないし、短編なのでおすすめ。

b0087556_18314819.jpg

There Once Lived a Woman Who Tried to Kill Her Neighbor's Baby: Scary Fairy Tales』Ludmilla Petrushevskaya著 Penguin刊

作者は劇作家としても有名なリュドミラ・ペトルシェフスカヤ。大辞林によれば「表現力豊かな強靭な文体によって、陰惨な現実を徹底的に描き出す才能で知られる」とあるのですが、その通りだな。邦訳で出版されている小説に『時は夜』がありますが、『時は夜』の紹介もすごいです。

「作品を読んだあとは首を吊って死にたくなる。でも何日かたつと、私は彼女の本をふたたび開いている」と評された女性作家の衝撃作。


どんな本なんだ…。『時は夜』は未読ですが、元気のある時にでも読んでみます。しかし本書のタイトルも陰惨ですよね。「あるところに近所の赤ん坊を殺そうとした女が住んでいた」ですからねえ。

とはいえ、本書は暗いといえば暗いし、陰惨な現実を描いてる話も多いけど、そこまで暗くないというか、どの話も、少なくとも闇夜ではなくて、一筋の月の光は射しているという印象。ええ、光が射して救いがありますので、安心して読んでください。

「Songs of the Eastern Slavs(東スラヴの歌)」「Allegories(寓話)」「Requiems(レクイエム)」「Fairy Tales(おとぎ話)」という4つのセクションに分かれていて、全部で19話が収録されてます。

タイトルに近い内容は、本書の中の『Revenge(復讐)』という話。あるアパートに仲のよい2人の女性が住んでいた。ところがある日、ひとりが妊娠してしまう。もうひとりはその状況に耐えられなくなり、彼女を憎むようになり、やがて赤ん坊がはいはいするようになると、廊下に漂白剤やら針のつまった箱やら、熱湯の入った容器を置きっぱなしにしたりするのだった。ついにある日、"ドア越しに赤ん坊を殺す" ことを実行に移すが…という話なんだけど、この後の展開がまさにあっと驚くリベンジ。でもここでも魂の救済がある終わり方。

突然、疫病が流行ってアパートから出られなくなる家族の話『Hygiene』、休暇で海辺に出かけた私が旧友の住む豪邸に招かれる話『The God Poseidon』、事故で亡くなった娘を家に連れて帰るべく、父親が病院のモルグに忍び込む話(ちなみに娘は生き返る)『The Fountain House』など、どれも情景が鮮やかに脳裏に浮かぶし、お芝居をみているかのような描写。作者が劇作家だからかなあ。

最後の『The Black Coat』もよいですよ。これは、マッチの光を灯して悪夢のような世界から帰ってくる話。すべてが寓話なので、短い話を読み終わった後、それぞれが象徴していることをあれこれと考えるという楽しみもありますよ。
[PR]
by rivarisaia | 2011-04-17 18:32 | | Comments(0)

バードエコー:鳥よせ笛

先日ですね、散歩がてらあちこちぶらぶらした際に、「BIRD ECHO」なるものを入手しました。

b0087556_23543766.jpg

「Pure Wood Bird Call」とあるように、木製の鳥寄せ道具ですよ。もともとは狩猟の時に鳥をおびきよせるための道具だけど、いまは鳥とたわむれるための道具。

でね、中箱にあった説明書きのイラストをみると、

b0087556_23545414.jpg


ちょっと、兄さんの頭に鳥が乗ってるよ! おびき寄せられすぎだ!
う、うらやましい…。

b0087556_2355379.jpg


組み立てるとこんなの。左右の木をねじると「ぴい、ぴい」と鳥の鳴き声のような音が鳴る。箱の中にはヤスリが入っているので、ヤスリで好きな形に整えたり、色を塗ってみたりして、自分だけのバードコールをつくってくれたまえ、というもの。そのうち、形や色を変えてみようと思う。

で、うちの庭にはスズメやらメジロやらヒヨドリなどが来るのだが、「ぴい、ぴい」と鳴らしてみたけど、エサを撒いたあとだったせいか、反応薄かった…。それとも鳴らし方が悪いのだろうか。そしてソプラノリコーダーや口笛に対しては興味津々のうちの猫に向かって「ぴい、ぴい」と鳴らしてみるも、「眠いんだけどね!」と迷惑そうな顔でスルーされてしょんぼりだ。

鳥をおびき寄せられる人になるべく、がんばる。

バードエコーについてはこちらのサイトをどうぞ:http://www.birdecho.com/
[PR]
by rivarisaia | 2011-04-15 23:55 | モノ | Comments(0)

昨日のパワー炸裂絵本の紹介で予告をしてしまったので、忘れないうちにおすすめしましょう。私がこよなく愛するスズキコージさんの絵本。もうね、スズキコージさんの絵が好きなんですよ、絵が。ご本人を何度かお見かけしたこともありますが、あの絵の中にお住まいのような風貌の方であった。

昨日の『どんどん どんどん』に続き、猪突猛進系絵本です。

b0087556_2392965.jpg

ウシバス』スズキコージ著、あかね書房

ネコバスはまあまあかわいいよね。うん、ちょっと乗ってみたい。しかしウシバスは乗ってみたくとも、目的地まで乗りこなす自信はまったくない! 暴走特急ウシバス。そもそもバスと言っても、ハシゴをしょったデカイ黒牛だ。砂埃を巻き上げ、爆走するウシバスに君はついてこられるか! 疾走するウシバスよ、どこへいくのー。

グル、ルク、クル、シウ、ウシバス、ウシバス、バシウス、バシウス、バシ、バシ!

本書にはウシバス・ワールドの言葉しか出てきません。

そしてもう1冊、独特な言葉しか出てこない絵本で、その世界観に圧倒されるのがこちらです。

b0087556_2394449.jpg

サルビルサ』スズキコージ著、架空社

名作中の名作。エジプト〜ギリシアのような国と、アラブのような国。ふたつの国は風俗も言葉もまるで違うようでいて、じつは鏡像であり、要するに似たもの同士なのですが、1匹の獲物をめぐって壮大な戦いがはじまってしまうのでありました。あら、まるで現実世界そのままではありませんか。

両軍ともに破れて荒漠とした大地に残されたのは、戦の火種となった1匹の獲物。それをめがけて舞い降りる一羽の鳥。

なんとも象徴的な話であり、ううむ、と深く考えさせられるのですが、

「ズナカ サルビ ビレ モジ」
「ジモ レビ ビルサ カナズ」

といった呪文のような言葉(しか本書には出てきません)が、まさに声に出してどころか、大声で読みたい絵本でございますよ。子どもにも大人にも超がつくほどおすすめ。
[PR]
by rivarisaia | 2011-04-13 23:14 | | Comments(0)

今日は元気の出る絵本の紹介でも。しかし、絵があまりに力強く激しいので(ホメてます)、好き嫌いがあるかもしれませんが、私の心はわしづかみされました。

b0087556_051467.jpg

どんどん どんどん』片山健さく・え 文研出版

文章はほとんど「どんどん どんどん」しかありません。白いパンツ一丁の子どもが、まっすぐとおくをにらみながらひたすら、ひたすらどんどん、どんどん歩いていく話。

土ぼこりをまきあげ、蛇やカエルやかいじゅうをけちらし、草原を、森のなかを、ジャングルを、都会の町を、どんどん、どんどん歩いていくわけですよ。なんだ、このみなぎるエネルギーは!

やがて子どもの歩みとともにせかいのエネルギーがどかーんと炸裂しカオスが到来。どーん、と派手にすっころぶ子どもなのだが、そこで「ちょっと つかれた ひとやすみ」。カオスはうしろのほうへと遠のき、子どもはふたたび立ち上がり、どんどん歩いていくのであった。

うちにあるのは初版なので、おそらく書店に並んだときに衝撃を受けて光の速さで購入した気がしますね(遠い昔....)。片山健さんには『タンゲくん』という名作猫絵本もありますので、そちらもまた今度紹介します。本書は『タンゲくん』路線とはまた違います。どーんと突き進む感じは、スズキコージさんの『ウシバス』に近い。ええと、では明日の予告は『ウシバス』ということで。
[PR]
by rivarisaia | 2011-04-12 23:57 | | Comments(0)

1ヵ月後

東日本大震災から1ヵ月。黙祷した後にいろいろ考えたけど、うまくまとまらないので振り返った感想みたいなものは何も書かない。相変わらず大きい余震は続くし、まだ何も解決してないけど、それぞれが少しずつ前に進んでいきましょうね。

ひとつ書いておきたいのは昨日の都知事選のことで、正直結果は予想していた通りだったので、あーあやっぱりか…なのであるが、相変わらずの投票率の低さにはがっくりだ。昨日は折しも高円寺などで反原発デモも行われていたのだが、いくらそこに若者がたくさん集まろうが、投票率がこう低くてはまったくお話にならない。

b0087556_1723468.jpg


東京が都市としてあまりにしょっぱいのがすっかり嫌になりまして、ガチな江戸の守護神であるところの平将門さまに、何とかしてくださいませ、と伴天連のわたくしからもお願いしに行きました。写真は神田明神の随身門と桜です。

昨日は被災地の子どもたちにマンガを寄贈しました。楽しくて元気が出るものを選んだので、少しでも喜んでもらえるとうれしいです。

余談。

Twitter で何人かの方々と「地震が来る前に耳鳴りがする」という話をして以来、自分を観察してみたところ、耳鳴りした後にゆれる的中率100% 。驚愕してますが、場所や大きさまではわからないので、キーンと耳が鳴ると「どこかに来るのか…」とウツウツとするだけという微妙な能力なのだった。これ書いてる最中もキーンと鳴って、やだなあと思ってたら大きくゆれてもうげんなり。ほんとに酔うー。大鯰、静かにしてくださーい!
[PR]
by rivarisaia | 2011-04-11 17:44 | 日々のよもやま | Comments(0)