「ほっ」と。キャンペーン

甘い罠

地道に追いつけシャブロル第3弾。もう年内にシャブロルに追いつくのは無理なので、まだ見てないのは来年かなー。

b0087556_1305761.jpg

甘い罠(Merci Pour le Chocolat)』監督:クロード・シャブロル

ピアニストのアンドレが、チョコレート会社の会長のミカと再婚する。アンドレとミカは昔結婚していたが離婚していて、アンドレはリズベットという女性と結婚、息子ギヨームをもうけていたのが、リズベットが事故で死に、ミカとよりを戻したのだった。


出だしから空気が不穏。一度結婚して、離婚して、再婚…いったい何があった?と謎が謎を呼ぶのですが、その後で、

じつはギヨームが生まれたときに、赤ん坊を見にいったアンドレは病院の手違いで同じ日に生まれた女の子を見せられたことがあった。


ということが発覚。ますます何かがおかしい。これは病院側の間違いらしいのだが、どうも怪しいのである。なぜなら、ギヨームには父アンドレの才能がなく、手違いで見せられたという女児は、現在ピアニスト志望の女性だからだ。

このピアニスト志望のジャンヌは、母親から病院の間違いエピソードを聞き、アンドレに会いに行く。そしてアンドレの妻ミカがうっかりショコラの入ったポットを倒したことに不審を抱き…というのが話の発端です。

何かがおかしいのに、何がどうおかしいのか不明な空気充満。そんな雰囲気の中で、アンドレとジャンヌはピアノの練習をしたりするけど、弾いてる曲はリストの「葬送」なのだった。嫌な変なのは明らかにミカ(イザベル・ユペール)ですが、ミカが何を考えているのかさっぱりわからない。それだけにミカの笑顔が怖いんだけど!

誰を "葬送" するのか…というのは最後に判明するのですが、ソファの上の黒い蜘蛛の巣のような編み物にからめとられたような構図のラストは「うわー」と思いました。

今回の食べ物は、食後のケーキもよかったけど、やっぱりショコラ。ココアというよりもなんだか濃厚でどろりとしてスパイスも効いてそうなショコラ。少なくとも見た目は美味しそうよ。

それにしても、そもそもなぜジャンヌの前でポットを倒したのかなあ。うっすらわかるようでいてわからない。もともと本作はシャーロット・アームストロングのミステリ『見えない蜘蛛の巣』をもとにしています。原作も読んでみたい。
[PR]
by rivarisaia | 2011-12-29 01:32 | 映画/洋画 | Comments(0)

「年内に終わらせることリスト」の項目を着々とクリアしていたはずが、ハテ?という状態の現在です。That's 年末マジック!

25日にはクリスマス向け菓子を売っていたスーパーが、26日には紅白かまぼこやら数の子などの正月食材で満載になっていて、毎年のことながら撤収の早さに驚いたのも年末マジック。

途中で正月を盛り込みつつ、1月6日までクリスマス気分を引きずりたいところなので、こんな本を紹介。こちらポップアップ絵本の中でも定番中の定番本(と勝手に思ってる)。

b0087556_2382540.jpg

The Twelve Days of Christmas : A Pop-Up Celebration』Robert Sabuda著

「クリスマスの12日=The Twelve Days of Christmas」という有名な古い歌があるのですが、それを飛び出す絵本にしたのが本書です。

キリスト教業界では 1月6日が公現節(Epiphany/エピファニー)といって東方の三人の博士がイエス様のところにやってきた日となっておりまして、この日でクリスマス期間終了。12月25日から1月6日までの12日間が、クリスマスの12日です。

歌詞は、ざっくり訳すとこんなの。

クリスマスの1日目に
愛しい人がくれたのは
梨の木にとまるヤマウズラ1羽

クリスマスの2日目に
愛しい人がくれたのは
2羽のキジバト
梨の木にとまる1羽のヤマウズラ

クリスマスの3日目に
愛しい人がくれたのは
3羽のフランスのめんどり
2羽のキジバト
梨の木にとまる1羽のヤマウズラ

(以下略)


とまあ、12番まで日付が増えるにしたがい贈り物を追加していくという歌で、プレゼントの中身が妙じゃないか?という印象もありますが、実はこれ暗号みたいなもんです(何を象徴しているのかは英語のWikipediaなどにも説明があります)。

意味はともかく、歌うとなかなか楽しい歌なのですが、この飛び出す絵本もかなり楽しいぞ。

b0087556_2383712.jpg

こんなふうに、全ページかなり豪快にいろいろ飛び出します。

サブダさんの本の中ではこの本がいちばん好きです。気が早いけど、来年のクリスマスプレゼントにどーぞ。
[PR]
by rivarisaia | 2011-12-28 02:41 | | Comments(0)

Merry Christmas!

b0087556_1791229.jpg


ドイツのクリスマスの飾り。写真に写ってないけど、上にプロペラがついていて、ロウソクを燃やすと、人形がくるくる回るのだ。でも、ロウソクががんがん燃えて、超高速回転するようになっちゃった。写真撮るためにプロペラ押さえて人形を止めてみた。

それでは、Buon Natale!
[PR]
by rivarisaia | 2011-12-24 17:12 | モノ | Comments(2)

悪の華

またもや地道にシャブロル。そしてまたもやブノワ・マジメルがドロドロとしたブルジョワ家庭の一員であるという設定です。

b0087556_2027522.jpg

悪の華(La Fleur du Mal)』監督:クロード・シャブロル

『悪の華』といえばボードレールの詩集ですが、本作はそれとは関係ないんですけども、あとから詩集を読みかえしてみたら、根底になにか通じるもの(退廃、美、殺人など)があるように感じてしまったのは気のせいかしら。映画は、ある名家の人間模様と過去の秘密が現在に絡まっていくという怖い話です。

まったりしているフランス映画をみると睡魔に襲われる家人ですら、かなり引きつけられてみていたので、さすがシャブロル。そんな家人はひとこと、「爽やかに怖かった」と言っていました。

そう、ある家族の負の話なのに何故か陽光に満ちて爽やか、といいますか、負の部分は覆われて優雅な表面しか見えないかのようでいて、常にまとわりつく不穏な空気。温室でコーヒー飲んだり、こんもりと満開の紫陽花のそばで庭いじりしたり、海辺の別荘で過ごしたりと、ハイライフを送っていますが、たまに表面がひび割れて、アレやコレやと愛と悪が渦巻いているのが見えるんですよね、このお屋敷。

本作は、お屋敷映画でもあります。オープニングにうつるお屋敷、玄関から続く階段、屋敷に(一族の血に)囚われてしまったかのように、鳥カゴ越しにうつるふたりの女性のショットが印象的で、とてもおすすめです。

笑う場面じゃないのに、つい笑ってしまうラスト近くの階段のシーンもさることながら、エンドクレジットとともに映し出されるパーティシーンで一族の皆さんを目で追ってしまったときにうすら寒いものを感じました。

そして私としては忘れちゃいけない、シャブロル映画食事シーンも充実。ウナギの煮込みに高価な白ワイン、じゅるりじゅるりと吸い込むように食べていた生ガキ、焼きたてのクロワッサンなど、格別おいしそうに撮ってるわけでもないのにお腹がすいてしまい、パテと赤ワインを深夜に飲み食いしてしまったのはいうまでもありません。
[PR]
by rivarisaia | 2011-12-21 20:29 | 映画/洋画 | Comments(2)

ウォーキング・デッド

最近はほんっとに日本のTVドラマというものを見てない我が家ですが、アメリカのドラマは細々と見ています。で、いま猛烈に続きが気になるドラマはこれ。

ああ、早く続きを!

b0087556_11494095.jpg

ウォーキング・デッド(The Walking Dead)

これから見る人のためにあらすじにはほとんどふれずにおきますが、ゾンビ世界で生き残る人々を描いた話というのがざっくりした内容。製作総指揮が『ショーシャンク~』や『ミスト』のフランク・ダラボンです。

「またゾンビかよ! アメリカ人はゾンビが好きだな!」と思う人もいるかもしれませんが、このドラマは今のところ非常によくできていて、かなりおもしろい。なにせ、ゾンビの話が大嫌いな家人ですら、続きを楽しみに毎回みているくらいなのよ。

ジョージア州で保安官をしていたリックは、犯人に撃たれて病院に搬送される。昏睡状態にあったリックが目覚めると、世界はゾンビに満ちていた…


第1話はこのようにスタートします。ダラボンは「希望」の人なので、この絶望の世にあっても主人公は希望を捨てない、あきらめない。たまに、そこがちょっとうざかったりしますが…。

他にも何人かのメインキャラクターが存在して、私が気に入ってるのは唯一のアジア人メンバーで機転がきくグレンと、クロスボウを背負ったワイルド青年ダリルです。ダリルは実はすごくイイ奴で、弱みもあるけど、なにせサバイバル術に長けており、ゾンビワールドになったら、グレンとダリルについていけば生存率が上がりそうである。

第1シーズンは全6話、第2シーズンは全13話(予定)で、現在はシーズン2の第7話まで話が進んでます。シーズン2第8話はアメリカで来年の2月放送予定(日本はまだ先だな…)。

もうね、あなた、シーズン2第7話の最後なんて、うわあああ…と鬼畜展開でしたよ。幸せの青い鳥はこんなところにいたんだね…じゃねえよ!(意味不明)

かなりおすすめなので、見てない人は冬休みにでもDVD(出てるのかな?出てなければHuluでも見られるよ)でゼヒどうぞ!

最近、どこかでダラボンが製作からおりたという話も見た気がするけど、これからの展開、ダラボンいなくても大丈夫かしら。シーズン3も決定してますが、アメリカのドラマはたまにだらだら続いて、見ているこっちが途中で脱落することも多いので(例:Xファイル、LOSTなどなど)そうならないといいなー。
[PR]
by rivarisaia | 2011-12-19 11:50 | 海外ドラマ | Comments(2)

デビル

シャマラン監督は『シックス・センス』で皆をビックリシャックリさせてからというもの、ビックリするオチだったかどうかで評価されちゃっている気がなきにしもあらずで、まことにお気の毒です。じわじわくる作品も多いし、私はシャマランの映画、嫌いじゃないですけどねー。『レディ・イン・ザ・ウォーター』なんて、「ま、まさか、これってシャマラン、逆ギレ…!?」とおののいたよ。

そんなシャマラン監督が、自分のアイデアを若手に映画化させるというプロジェクト「ザ・ナイト・クロニクル」を開始し、その第1弾がこれ。なかなかおもしろいので第2弾が気になるところです。

b0087556_22265519.jpg

デビル(Devil)』監督:ジョン・エリック・ドゥードル

高層オフィスビルのエレベーターが突然停止し、中に5人の男女が閉じ込められてしまう。救助を待つ間、エレベーター内では不思議な事件が起こり、監視カメラを見ていた警備員は何かを目撃し…


本作は逆さまに空中を浮遊するかのようなオープニングが不穏で、たまらなくいいです。いやあ、人間がどんなに高い高いバベルの塔のようなビルを建ててもですね、所詮人のつくった構造物なんて俯瞰してみりゃ地球にへばりついているゼニゴケみたいなモンですよ。人間なんて小さい、小さい!

そんな小さい存在である人間のもとに悪魔がやってきます。いや、悪魔じゃないかもしれないよ、そんなものは存在しないよ、人間こそが悪なんじゃないの、いや、やっぱり悪魔はいるのでは?と揺れ動く展開です。テーマはズバリ「贖罪と許し」です。

やっぱりね、罪を悔い改めたり、人を許したりすることって大切ですよ。悪魔に立ち向かうには、これ大事!

とまあ、やけに宗教っぽい話になりましたが、ちょうどクリスマスシーズンですしねえ、DVD出たから皆もかりて、これ見ながら1年の罪を悔い改めるといいとおもいますよ。そんな私も早く告解をせねばならないのでは…。
[PR]
by rivarisaia | 2011-12-15 22:32 | 映画/洋画 | Comments(0)

パンドーロも食べました

みなさま、こんにちは。年末に向けてあわただしいきょうこのごろですが、いかがおすごしでしょうか。わたくし、雑務と仕事の合間に絶賛大読書中でして、更新がおろそかになっております。すみません。

ところで、先日パネットーネの記事を書きました際に、「パンドーロが食べたい」と言ったわけですが、その望みはいとも簡単に、しかもわりとお安く叶ったのでした。YAMAYAのおかげで。

ということで報告。
b0087556_20302050.jpg

こちらがパンドーロです。「Pan d'oro=黄金のパン」という意味のごとく、中身が黄色=金色のパンで、味はドライフルーツの入っていないパネットーネ、という感じです。ヴェローナのお菓子です。

b0087556_2035362.jpg

箱をあけますと、このようにですね、粉砂糖の袋がついています。これを振りかけて食べるわけですが、この振りかけるという行為がパンドーロの醍醐味です。私、先週たまたま無印のお店でミニサイズのパンドーロを見かけましたが、粉砂糖の袋が付いてませんでした。それではダメです!

その「醍醐味」の味わい方は以下の通り。

b0087556_20373537.jpg

まず砂糖一袋をざざーっとビニール袋に入ったパンドーロの上にかけます。甘いかしら…などと躊躇せずに、全部かけます。(写真左)

そしたら袋の口をとじて、ひたすらシャカシャカと振るべし、振るべし! クリスマスソングでも歌いながら、狂ったように振ります。がんがん振り回してもいいです。ここが楽しいの!(写真中央)

で、振り終わると、粉砂糖がまんべんなくまぶされている状態に。(写真右)

はい、できあがり。あとは切って食べるだけ〜。

b0087556_20393482.jpg

日持ちするパンなので、残ったらまた袋に戻してちびちび食べてもいいかもしれません。ちなみに私、すでに4日くらい朝ご飯はパンドーロですよ…。
[PR]
by rivarisaia | 2011-12-13 20:44 | 食べ物 | Comments(2)

去年も開催しましたが、今年もやります! 洋書ファンクラブの渡辺由佳里さんが主催している「これを読まずして年は越せないで賞」略して「これよま賞」。

今年度の候補作はコチラでどうぞ!! 表紙画像だけならべてみるとこんな感じ。

b0087556_13444490.jpg


前回同様、ノンフィクション、文芸小説、児童書の3部門あります。英語の洋書読みの皆様は、ぜひ応援する作品(あるいは予想)を渡辺さんのブログで投票してください。

私自身は候補作の感想をぜんぜんアップしてませんが(すみません…)、候補作になっている作品はどれもおもしろいので読んでみてね〜。タイトルが上がったものの予選落ちした作品も、つまらないから落ちたというわけではありませんので、あわせておすすめしておきます。

「これよま賞」発表は12月末の予定です。
[PR]
by rivarisaia | 2011-12-08 13:47 | | Comments(0)

カラスの飼育

先日、TVで『ミツバチのささやき』を放映してましたが、アナ・トレントといえばこの映画も好き。

b0087556_23252428.jpg

カラスの飼育(Cría Cuervos…)』監督:カルロス・サウラ

タイトルは「Cría cuervos y te sacarán los ojos. (カラスを育てると目をくりぬかれる=飼い犬に手をかまれる)」というスペインのことわざから来ています。主演はアナ・トレントですが、アナの母親と成長したアナの二役をジェラルディン・チャップリンが演じてます。関係ないけど、ジェラルディン・チャップリンは老けないよね...。

3姉妹の真ん中の少女、9歳のアナは、軍人の父とピアニストの母親、車いすの祖母、お手伝いのおばさんと暮らしていたが、両親は不仲で、母親は病気で死んでしまう。

愛人とベッドにいた父が突然死に見舞われた際、アナたち姉妹は叔母に育てられることになった。じつはアナは母親が「毒」だと言っていた白い粉末を隠し持っている。その粉をミルクに混ぜて、父に飲ませたのはアナだった…。


多感な年頃のアナは妄想と現実の区別がつかなくなっており、殺人に自殺幇助を行おうとするわけですけど、やがて明らかになる過去の出来事は、小さい女の子の心にかなりの負担をかけるものでした。可哀想なアナ。

しかしですよ、9歳の少女が「毒」を入れたミルクのコップをちゃんと回収して、洗って、さらに洗ったコップの位置を入れ替えるという、この周到さにはゾクッといたしますよ。

最終的には、アナの長い妄想の入り交じった日々に終わりを告げるかのような朝が来て、子どもたちの学校が始まる。こうして少女は現実を受け入れて大人になっていくんだろうなあ。子どもはなにかと想像力がゆたかだけど、アナの空想には死んだお母さんがしょっちゅう登場して、とても哀しいのだった。

DVDに付属していた解説には、父はフランコ政権、母はフランコ政権に滅ぼされた芸術家、叔母はその後に登場した支配層、祖母は、アナは…といった具合に、それぞれの登場人物はこうしたものを象徴しているのではないかという考察が書かれてあって、なるほどと思った次第です。

また、劇中では Jeanette の『Porque te vas』という歌が使われています。この歌大好きなんですけど、何度も流れるのでいつぞやの映画のように、耳から離れなくなるかもしれません。映画が終わったら、メロディーをうっかり口ずさんじゃうことは間違いなし。


そんなわけでオマケはもちろん『Porque te vas』


[PR]
by rivarisaia | 2011-12-05 23:37 | 映画/洋画 | Comments(5)

引き裂かれた女

映画館でシャブロル祭りが行われてたとき、私1本もみられなかったんですよね。DVDがざくざくリリースされはじめたので、ゆっくり地道にみていくことに。

b0087556_21543255.jpg

引き裂かれた女(La fille coupée en deux)』監督:クロード・シャブロル

中年の作家と金持ちのドラ息子の間でゆれうごく、美人お天気キャスターの若い女性のラブロマンス……という話のハズがなく、シャブロルだからやっぱりドス黒くて、そのドス黒さがたまらない作品です。遺作です。1906年にアメリカで起きた、スタンフォード・ホワイト殺害事件からヒントを得た話です。

登場人物がどいつもこいつも変で、邪悪な心をかいま見せてくれます。が、画面では美しい映像が流れており、ドロドロとした部分は表面的には一切映りません。すてきなレストランで食事を楽しんだり、雰囲気のよい町の中をそぞろ歩いたり、清々しく爽やかなのに、その裏側はドロドロ。怪しいクラブですら、クラシカルで重厚な雰囲気の部分しか見せない。

金持ちのドラ息子をブノワ・マジメルが演じていますが、そのジャケットとその柄のシャツをコーディネートして何故似合ってしまうのか? よく見ると髪型もかなり変なのに、どうして似合ってしまうのか? とまか不思議。そんなブノワ・マジメルは、歯の浮くような台詞も吐きますが、彼が言うとハハハ!と笑って許せるのも不思議です。

中心人物の3人がいちばんドロドロしているはずが、意外と彼らの周りのほうが背筋がうすら寒くなる人たちばかりだったことにも気づきました。特に、ブノワ・マジメルのお母さまは恐ろしいですよ。

さて、シャブロルといえば、私はいつも食事場面に注目してしまうのですが、今回はワインです。フランス人は昼間っからよく飲むなあ!という印象ですが、シャンパンから白ワイン、赤ワインにいたるまで、みなさん美味しそうに味わっておりましたよ。
[PR]
by rivarisaia | 2011-12-02 21:58 | 映画/洋画 | Comments(0)