「ほっ」と。キャンペーン

クジラの絵とタイトル文字のレイアウトが気になり、内容をまったく見ずに表紙買い。読み終わるのに異常に時間かかった…。永遠にこの本を読んでるんじゃないかと途中で不安になった私である。

b0087556_23123515.jpg

Galore』Michael Crummey著、Doubleday

カナダのニューファンドランド島北部の海岸にある寒村 Paradise Deep を舞台にした、19世紀初頭から20世紀初頭にかけてふたつの家族を中心に物語が展開するファミリー・サーガ。

海岸に打ち上げられた一頭のクジラ。その体内から全身真っ白な男が引きずり出された。死んでいると思われたその男は生きていたが話すことができず、Judah と名付けられ村で暮らすことになる。


すみません。ニューファンドランドといえば、ニューファンドランド犬しか知らない私でした。後になって調べてみると、かなり独特の文化と歴史のある地域なんですね、納得。

というのも、本書はマジックリアリズムといいますか、伝説めいたエピソード満載で、ファンタジーとリアルな日常があいまいに解け合っているからです。さらに、厳しい気候と孤立した貧しい寒村という舞台が背景にあるので、独特の雰囲気に満ちている。おかげさまで、ニューファンドランドにたいそう興味がわいた。いつか行ってみたいぞ!

クジラの体内から出てきたアルビノの男。男を引き取ったのは魔女のような老婆「Devine's Widow」。この老婆の一族は、King-Me Sellers という村の有力者の Sellers 家と因縁があり、物語はこのふたつの一族を中心に展開します。なんとも報われない恋の物語あり、好色な聖職者の話あり、さらには幽霊や人魚が登場したりするんですが、その裏では中世のような暮らしだった村に学校や病院ができ、徐々に近代化していく様が描かれます。そして時代は戦争に向かっていくのであった。

ときが経つにつれ、過去の出来事は本当にあったことなのかどうかだれにもわからなくなり、伝説と化す。そして新たな伝説の誕生とも思えるラストは、そうきたかー!と恐れ入りました。

読み応えたっぷりなので(また文章がやや難解というか読みにくい)、終わった瞬間に放心状態ですよ。

それにしても、Sellers 家の孫息子 Absalom の奥さん怖いよ。気持ちはわかるけど、最後にあんな復讐の罠があるとは。あと、ニューファンドランドの宗教の歴史を知っていたら、カトリックとプロテスタントのパワーバランスの話がもっとよく理解できたかもしれません。
[PR]
by rivarisaia | 2012-03-29 23:15 | | Comments(0)

最近、むかしのイギリスTVドラマ(英語版)をみる機会がなぜか増えてる私です(18世紀~19世紀のコスチュームものやお屋敷ものが多い)。これだけ見ているというのに、労働者階級の英語が聞き取れなくて、ハァ?となるのも相変わらずである。

それはともかく。「ああ日本で放映したらいいのにな、吹替アリで!」と思っていた最近の傑作お屋敷ドラマ『ダウントン・アビー』は まさかのスター・チャンネルだったので、加入の予定のナイ私は英語で見ちゃったんですけど、レンタルのDVDは出るかなあ。ぜひ出してほしい。無理なら Hulu に入れてほしいなー。

世の中、チャンネル数が増えたのはいいんですけど、どのチャンネルで何が放映されるのか情報集めるのが面倒なうえに、契約してないから見られなかったり、うちのシステムでは契約できないチャンネルだったりということがある。しかも放映されたら必ずDVDになるというわけではないのが困りもの。さらにDVDもセルしか出ないと、先立つものの関係上手放しで喜べない…。

コスト的に難しいんでしょうね、と想像するので、せめてガンガン Hulu に入れてくれたらいいのになと思うわけです。見たいドラマごとに課金される形式も面倒なので、Hulu のコンテンツが私の望む方向に充実するようがんばってほしいわ!

そんな私は、BBCの現代版シャーロックのシーズン2の放映を待ってるんだ~(たぶんNHKがやってくれる)。『ボルジア』はWOWOWが放映するので、WOWOWに再び加入せねばなるまい。他に待ってるのは、『七王国の玉座』のドラマ版『Game of Thrones』なんですが、どこか決定してるのでしょうか。

ちなみに今年の冬放映予定のBBC UK/USの『Ripper Street』もおもしろそうなんだよね。→コレです!
太めのマシュー・マクファディンが出るよ!
[PR]
by rivarisaia | 2012-03-27 00:06 | 海外ドラマ | Comments(2)

バイキング

以前デンマークに行った際に、まわりの人がデカすぎて、さすがバイキングの子孫は体格が違う!と感心したのですが。バイキングいいよね、豪快だし、体力あるし(→偏ったイメージ)。

そんなわけで、この映画です。タイトルがそのまんまですね。

b0087556_14303413.jpg

バイキング(The Vikings)』監督:リチャード・フライシャー

冒頭からいきなり『ヘイスティングズの戦い』のタペストリーみたいな絵柄がババーンと登場し、その絵柄が動きながら軍神オーディンやバルハラの説明をしてくれるというのがもうたまりません。
b0087556_1426039.jpg

いきなりこの映像ではじまるからな。しかも動いてるからな!

b0087556_14322244.jpg

もうこのオープニングだけでお腹いっぱい。ちなみにエンドタイトルも、タペストリー風。ステキすぎる!!

バイキングの長ラグナーは、英国王(ノーサンブリア王?)を殺し、王妃を犯す。月満ちて王妃は息子を産み、イタリアに送る。月日は流れ、成長したその息子エリックは、どうしたわけかバイキングの長ラグナーの奴隷となっていた…


エリック役はトニー・カーティス、バイキングの長の息子エイナーがカーク・ダグラスです。この異母兄弟は、自分たちが実は兄弟であることを知らないうえに、はじめはたいそう仲が悪い。

樽ごと酒をぐびぐび飲んじゃうカーク・ダグラスは、派手な兄弟喧嘩のおかげで片目をなくしちゃうんですけど、黒い眼帯が似合ってワイルドでかっこいい。いっぽうのトニー・カーティスは衣装が微妙な短パン姿で見劣りする上に、カニに食われそうになったりもしますが、運命の女神…じゃなかった、オーディーンは彼に味方し、その後の難関は頭脳でカバー。

しかし、バイキングを蛮族呼ばわりしていた英国も、残虐非道っぷりでは似たりよったり。さんざんな目にあったエリックは、片目のエイナーと手を組んで英国を攻める決意をするのであった。

本作の見どころは大きく3つです。

前半の見どころはバイキング村の豪快な宴会シーン。日本でいう食べ放題の「バイキング」はこの映画の食事シーンから名付けられたという説をどこかで目にしたんですが、それって本当なんですかね。真偽はともかく、食え、飲め、歌え、ガハハハ!という宴会、ちょっと参加したいんですけど。

b0087556_14325166.jpg

得体の知れない泡ぶくぶくの飲み物。ビールなのか、エールなのか。マズそうなんだか、美味しそうなんだか、もはやよくわかりません。

後半の見せ場は城攻めです。弓矢だの岩だの斧だのが飛び交い、カーク・ダグラス大活躍ですよ。

そしてメインの見どころはもちろんバイキング船。
b0087556_14332846.jpg

本当に水の上を走ってるから! 動いてるから、船。水平にしたオールの上をみんなでぴょんぴょん渡ったりするゲームが楽しそうだ。船葬シーンもあるよ。

兄弟仲良くがんばれよ~と言いたいところだったのに、女をめぐって最後の最後で盛大な兄弟喧嘩が勃発…。エリックのほうはさ、カーク・ダグラスが兄さんだって聞かされてない気がするんだけど、誰か言ってあげたほうがよかったんじゃないですかね。特に姫、お前だよ、お前。なんで教えてやらないんだよ…。
[PR]
by rivarisaia | 2012-03-25 14:36 | 映画/洋画 | Comments(3)

イエーガーマイスター

ちょっと前に、中世の修道院の話をあちこちでちょこちょこと読んでいた際に、薬草酒の記述が目に入りまして、そうか…薬酒か…薬酒っていいな、健康によさそう!と俄然気分がもりあがり、本当は、シャルトルーズ修道院に伝えられた薬草リキュールで、現在でもその製造法は3人の修道士だけが知っている秘伝という「シャルトリューズ」という薬酒が飲んでみたかったんですよ。

「シャルトリューズ」にはスパイシーなヴェール(緑)と蜂蜜の甘味のジョーヌ(黄)の二種類があるらしいんですよ。どっちでもいい、それが飲みたい。

しかし酒屋に探しにいく時間的よゆうがなく、もはや薬草酒ならなんでもいいかーという気になってきて、家族に買ってきてもらったのがシカのラベルが有名な「狩人の守護聖人」こと「イエーガーマイスター(Jägermeister)」。

b0087556_22354574.jpg

ちなみにこのお酒は修道院とはなんの関係もない。修道院の薬酒を求めていたはずが、なんだか本末顛倒ではある。でも薬酒である。製法も詳しいことは秘密らしい。

これはドイツのお酒ですが、アメリカで人気があるらしく、理由のひとつとしてはヘヴィメタのバンドのツアーのスポンサーをやるなど、音楽系のイベントを通じたプロモーションが成功したらしい(by Wikipedia)。

で、肝心の味は、ストレートで飲むと甘いんですけどね、これは…これは…ドクターペッパーやルートビアが好きな人はイケる味なんじゃないですかね! アメリカで人気なのわかる気がしたよ!

カクテルにして飲む場合のレシピも書いてあったけど、ちょっとの量をそのまま飲むほうがいいんじゃないかなー。風邪引いたときに効きそう。そんな味。

そして私はシャルトリューズの味見ができる日はくるのだろうか。
[PR]
by rivarisaia | 2012-03-24 22:38 | 食べ物 | Comments(2)

Madeleine Is Sleeping

ようやくキーワードが「少女、めざめ、妄想」の本を読み終わりました。放置してから再読までになぜか間があいてしまった本なんですけど、2004年度全米図書賞の最終校補作品のひとつです。

b0087556_206156.jpg

Madeleine Is Sleeping』Sarah Shun-lien Bynum著、Mariner Books刊行

これは好き嫌いがキッパリ分かれるだろうと予想される本で、最初に読みはじめたときには私はいったん挫折したのですが、心のモードを切り替えて再挑戦したら最後まで楽しみながらさくさく読めちゃった、というちょっと不思議な本。

というのも、構成が変わっているうえに文章が詩的なので、読むリズムをつかむのに私自身の方向転換が必要だったのよ。

フランスの田舎の村。マドレーヌは深い深い眠りにおちて、一向に目を覚まさない。ママンは庭のくだものでジャムをつくり、マドレーヌの兄弟姉妹はかわるがわる眠る彼女を覗き込む。シーッ! マドレーヌは眠ってるよ。


マドレーヌの夢の中には、背中に羽のはえたものすごく太った女性、身体が楽器になった女性、カストラートが登場する。頭のおかしな男と性的な体験をして罰せられたマドレーヌは修道院に入り、ジプシーの女に救出されてサーカスに入り、恋におち、写真家と三角関係になったりします。

いっぽうでマドレーヌの家族には少しずつ不幸がやってきて…。

でもマドレーヌはまだ目を覚まさない。


というようなあらすじ。現実と夢の境界がだんだん曖昧になってきて、マドレーヌの夢がやがて現実を浸食し、最後は夢なのか現実なのかよくわからなくなってくる変な話です。変といえば本書の構成も変わっていて、ひとつの章が1ページか最長2ページしかない。場合によってはひとつの章が1行しかないんだよね。したがって慣れると読みやすいです。エピソードによっては幻想的で楽しいものもある。

人によっては「はあ?」となりそうなエロティックでグロテスクでシュールな話ですが、文章が独特できれいです。フランスの絵本「マドレーヌ」そのままの展開も出てきたりしておもしろい。夢の中ではマドレーヌが恋人を助けるべく写真家と精神病院に潜入するかと思えば、現実社会では村人にそっぽ向かれたママンが眠るマドレーヌを精神病院に入院中の男と結婚させようと画策したりする(怖い…)。

なんとも不思議でミステリアスな思春期少女物語で、表紙がルイス・キャロル撮影の写真というのがすべてを物語ってますね。
[PR]
by rivarisaia | 2012-03-23 20:06 | | Comments(0)

いま読んでる英語の本が、キーワードでいうと「少女、めざめ、妄想」みたいなシュールな話で意味がわからないんですけど、ついこの映画を思い出した。雰囲気は全然違いますが、根底に共通するナニかがある…。

b0087556_18114933.jpg

闇のバイブル/聖少女の詩(Valerie a Tyden Divu)』監督:ヤロミール・イレシュ

タイトルは「ヴァレリエの不思議な一週間」という意味ですが、あらすじ…あらすじは……なんだかあらすじらしきものがあったような気がするけど、観てからだいぶ時を経た今となってはもはやまったくわからない!(笑)これっぽっちもあらすじ書けない!

ええと、美少女ヴァレリエの摩訶不思議でシュールな1週間、ときどきエロティックでときどきホラー、という話でいいでしょうか。闇のバイブルというタイトルがあんまりですが、本作はゴスロリのバイブルといわれている映画でもあり、見ると確かに頷けるものがあります。ゴス、というと黒っぽいイメージがありますけど、ヴァレリエちゃんは黒い服も着てた気もするけど、全体的には白いドレス姿のほうが印象的だった気もします。無垢の象徴でしょうか。

ノスフェラトゥのような吸血鬼が登場したり、宗教じみた絵柄(神父さんや尼さんや火あぶりの刑)や豪華なお屋敷がが出てきたりするんですよ。鑑賞中、あまりのシュールさにボーーッとした記憶が残ってます。いちど機会があったらぜひみてもらいたい!

こういうシュールな映画ができちゃうのは、もちろんチェコです。さすがシュールの話の名産地チェコ。いろいろな歴史的背景や社会批判などがあるからだろうけど、それらをこうした方向に昇華させるエネルギーをもつチェコが大好きだ。

一応トレイラーらしきものを見つけたのでどうぞ。


[PR]
by rivarisaia | 2012-03-21 18:12 | 映画/洋画 | Comments(0)

Slacker

先日の『ファーストフード・ネイション』のほかに、『恋人までの距離』や『スクール・オブ・ロック』の監督であるリチャード・リンクレイターといえば、ジェネレーションXのインディペンデント作品としてサンダンスでけっこう評判になった映画がありまして、いつかみたいな~と思ってたらですね、ネットで無料公開されてたんですよ。

b0087556_053562.jpg

Slacker』監督:リチャード・リンクレイター

私の住んでいた田舎町が主役の映画! まさにテキサスのその町の24時間という感じなんですが、タイトル通りの「Slacker」な映画なのだった。

Slacker とは、怠け者、ダラダラしてる人、口ばっか達者で実際なにもしない人、というような意味です。ハッ! それはもしかして、私のこと……。

気をとりなおして、本作ですが、特定の主人公というのは存在せずに、たとえば、道を歩くひとりの若者を追っていて、若者がある男性と話をすると、次のシーンはその男性を追っていき、その男性が別の女性とバッタリ出会うと、今度はその女性を追い…という具合に話が進みます。

そして、どいつもこいつも Slacker なので、どうでもいいことをぐだぐだぐだぐだとひたすらしゃべっている(たま~に笑えることを言ったりする)という、ある意味ではたいそうつまらない映画。しかし私は別の意味で楽しんだ。なぜなら、昔の家の近所や今はもうない場所が延々映し出されるから。

撮影場所の大部分が「ああ、あそこか…」とわかるというね。もうね、こういう書き方すると今となっては地元民以外がみて楽しいのか、という気もしますけども、ジェネレーションX自体がもう古いものになっちゃってますからね。今では微妙になってしまったのも仕方あるまい。
[PR]
by rivarisaia | 2012-03-19 00:54 | 映画/洋画 | Comments(0)

アメリカの田舎に住んでた頃に友だちの実家に遊びにいったらね、近くに肉牛集出荷所がありまして、毎日夕方のある時間になると、牛の香りが風にのってあたりに漂ってくるのでした。近くっていっても距離にするとけっこう離れてるんだけど、ものすごい数の牛が集められるからねー。

肉牛集出荷所といえば、この映画にも出てきますね。コロラドだけど。

b0087556_20563341.jpg

ファーストフード・ネイション(Fast Food Nation)
監督:リチャード・リンクレイター

ノンフィクション『ファストフードが世界を食いつくす』をもとにした、群像ドラマ。大きな話の流れは以下の3つです。

メキシコからの不法入国者の話:国境をこえてアメリカにやってきた密入国者たち。あるものは低賃金の精肉工場で働かされ、またあるものはホテルでメイドをし…

ハンバーガー・チェーン「ミッキーズ」のマーケティング部長ドンの話:バーガーの肉から糞便性大腸菌が発見されたという報告を受け、ドンは精肉工場の実態を探りに行くが…

ミッキーズでバイト中のアンバーの話:いつか町を出たいと思いながら真面目に勉強しているアンバーは、バイトにも精を出していたのだが、あるときミッキーズの実態に疑問を持ち…

どの登場人物も、巨大システムを動かしている小さな歯車でしかないので、これらの3つの話が微妙に重なりつつ、巨大なファストフード界の裏側をチラッとだけ見せてくれます。ほんのチラッと。巨大システムの陰謀が明らかになるというわけでもなく、黒い部分は闇に葬り去られちゃう、というか、巨大すぎてどうにもならないともいえる。

たとえば精肉工場の問題にしても、低価格にするには安い労働者が必要だし、大体さここで働いてくれる人なんて移民くらいだよ、衛生面だってコストを下げると徹底管理が難しいんだよ…といわれますと、まあその通りなんだけども…と遠い目になっちゃうわけです。

そこで登場するブルース・ウィリスが、「大体どこまで神経質なんだよ、肉なんて生で食わないだろ、大腸菌? 焼けばいいんだよ焼けば」と言い出すと、まあその通りなんですけども…と目線が宇宙にまで飛んでいっちゃいますよ。

そうしたなか、真っ直ぐな(ナイーブともいう)アンバーら若者がですね、不正を正すべく行動を起こそうとしてもですよ、「いや、柵開けたからって牛が逃げるわけないだろ、カウボーイの仕事なめんな」という気分になっちゃう汚れた大人が私です。

魔の作業「腎臓抜き」が登場する終盤が印象的。実際に、こうした過程を経て食卓に肉が並ぶわけですので、あまりグロテスクとは思わないのですが、むしろグロテスクだったのは、マーケティング部長ドンが「結局お前は長いものに巻かれたか!」というラストでございました。
[PR]
by rivarisaia | 2012-03-15 20:58 | 映画/洋画 | Comments(0)

マージン・コール

今年のオスカーの脚本賞にノミネートされてた作品。私的にはキャストが豪華なんですけど、インディペンデント・フィルムなのね。日本では劇場公開されなかったけど、DVDが出ました。

b0087556_20344536.jpg

マージン・コール(Margin Call)』監督:J.C. チャンダー

金融危機前夜の大手投資銀行の36時間(くらい)を描いた作品です。

1日目:大規模なリストラが行なわれる。リスク管理部門の責任者エリック(スタンリー・トゥッチ)も解雇されるのだが、彼はオフィスを去り際に、部下のピーターにUSBメモリを渡す。

1日目夜:飲み会にも参加せず、エリックからもらったデータを分析するピーター。とんでもない分析結果に、飲み会中の同僚と上司のウィル(ポール・ベタニー)を速攻で会社に呼び戻す。

1日目深夜:データを見て仰天した上司ウィルは、さらに上司のサム(ケヴィン・スペイシー)を呼び戻し…


青ざめた上の人がさらに上の人を召集し、深夜から早朝にかけて徹夜の取締役会が開かれ、ついにある決断が下される。上の人たちは、サイモン・ベイカーにデミ・ムーアにジェレミー・アイアンズなど。

そしてすべてが終わった、というか始まった、2日目の夜で話は終わります。

本作ですが台詞がものすごくよくて、けっこうキツイことをポンポン言ってるけど、確かに世の経済社会においてはそれが真理だったりする。すごく嫌な考え方なんですけどね。ドラマ自体は会社内部からほとんど動かないので、この小さい閉じた輪の中で行なわれることが、外の広い世界に影響を与えていくんだよな…と想像するとうすら寒い。閉じた輪の中の人たちがお金持ってて幸せかというとそうでもないんだけど。

唐突にも思える終わり方もよくて、エンドロールで響く「ざくっざくっ」という "掘る音" に何ともいいようのない余韻を感じました。

また、万年中間管理職であるケヴィン・スペイシーがいい味だしてます。なぜ彼が出世できないのかは、見ればわかる。余談ですが、本作のケヴィン・スペイシーはちょうどいい太め具合でグッときました。白いワイシャツにサスペンダーいいな~。
[PR]
by rivarisaia | 2012-03-13 20:37 | 映画/洋画 | Comments(0)

庭の紅梅が満開です。去年は暖かかったせいか2月上旬に咲いていて、去年の今頃には白い梅が咲いてたんだけど、今年はまだです。

b0087556_205592.jpg

きょうで1年経ちました。まだまだ復興の道のりの途中で課題も山積みですから何も終わっていなくて、その道は石ころだらけで険しいけれども、少しずつ前に進んでいけますように。いろいろなかたちで日本を支えてくれた世界中の人たちありがとう。

ところで。

ベランダにデイジーの鉢植えがあってね、たくさん花を咲かしていたんですよ。今日はそれも見せびらかしたかったんですよ。が、しかし!

最近、庭のエサ台にムクドリが仲良く2羽飛んでくるんですけど、昨日「おや、いつものムクドリがベランダにいる。かわいい」などと思ってたら、やつらの目当てはデイジーだったらしく…

b0087556_2052447.jpg

ぜんぶ食べられてるし!!

いや、いいよ、いいよ。また新しく咲くだろうから。たんとお食べなさいよ。それにしても、おいしいのか、デイジー。パンジーやマーガレットには見向きもしないんですけど。
[PR]
by rivarisaia | 2012-03-11 20:06 | 生きもの | Comments(0)