「ほっ」と。キャンペーン

殺し屋ケラーの帰郷

冬休みに読みました! で、その後、この本に出てくる数々の切手がどんなデザインなのか調べてみよう…と思いつつも、私にはその時間が全然ない。どなたか副読本として「ケラーと切手」という切手本を出してくれないですかねー。

b0087556_1364838.png

殺し屋ケラーの帰郷』ローレンス・ブロック著、田口俊樹訳、二見書房

殺し屋を引退したケラー。結婚して子どもも生まれて、リフォームの仕事も順調だったのに、不況のあおりを食らって仕事が激減したところに、ドットから電話が……


「殺し屋ケラー」のシリーズは終了したとおもっていたら、まさかのカムバック。しかもケラーが殺し屋に復活する理由が

欲しい切手があるから


ってどうなんですか!!?? 切手蒐集のために請け負う殺し屋稼業。恐ろしいですね、切手蒐集の世界って…(違。

で、本作ですけども、殺し屋稼業の話よりも、切手蒐集の話のウェイトが高くて、個人的にはすんごく楽しかったです。殺しそっちのけで、切手の話がメインだった気もしないでもない……。

ケラーさんは1940年までの切手をコレクションしつつ、なんだかんだで縛りをゆるくしちゃったりしてるんですけど(縛りをゆるくするって、わかるわー)、私のように安い最近の切手をトピカルで集めてる人間と違って、本格的なコレクターなので、そりゃあもうお金かかって大変ですよ。殺しを請け負わないと払えないですよねえ(えっ!?)

一番最初に出てくるオボックの不足料切手ってこんなのかなあ。登場する切手をググるだけでもかなり楽しい、切手好きにたまらない1冊となってます。ですからどなたか副読本を……。

一番最後のエピソード「ケラーの義務」はとてもよかったです。切手蒐集家に幸多からんことを。
[PR]
by rivarisaia | 2015-01-21 01:40 | | Comments(3)

ショート・ターム

複雑な問題を抱え、親と暮らすことができない十代の子どもたちを一時的に保護する施設(グループホーム)ショート・タームを舞台にした物語。

b0087556_23435413.png

ショート・ターム(Short Term 12)』監督:デスティン・ダニエル・クレットン

この施設でくらす子どもたちは、それぞれ親からの虐待やネグレクトといった問題を抱えていて、硬い殻で心を覆ってしまっているけれど、ふとした瞬間に本当の気持ちを打ちあけたりします。ある子どもはラップにのせて。また別の子どもは、自分で創作した物語を通じて。

本作は帳面派でもあって、少女のノートに描かれた「タコのニーナとサメ」が切ない。どこかレオポルド・ショヴォーの『年をとったワニの話』を思わせる語なんだけど、虐待する親の気持ちと子どもの気持ちが伝わってきてやるせない。

問題を抱えているのは、子どもだけではなく、大人も同じ。新しく入所した少女ジェイデンの担当になったケアマネージャーのグレイスは、なかなか心を開かないジェイデンと交流していくうちに、自分自身の辛い過去とも向き合っていくことになります。彼女には、同僚で恋人のメイソンにも言えない悩みがあったのでした。

施設を出た後、前途多難な人生が待ち受けてるかもしれないけれど、すばらしいフォスターペアレントと巡り会えるかもしれないし、自分を理解して見守ってくれる人と出会えるかもしれない。

はじまりとエンディングがちょっと似ているんだけれども、与える印象が全然違うものになっている。駆けていくサミーは、大変に月並みな言い方だけれども、希望に向かっているようにも思えました。主人公の名前がグレイスなのは、慈しみをもたらす人だからだね、きっと。
[PR]
by rivarisaia | 2015-01-15 23:44 | 映画/洋画 | Comments(2)

エンド・オブ・ウォッチ

全編手持ちカメラの映像と聞いて、映像酔いする私は腰が引けてしまい映画館で観られなかった作品。結論からいうと、それほど画面は揺れません。

b0087556_20391393.png

エンド・オブ・ウォッチ(End of Watch)』監督:デヴィッド・エアー

ロサンゼルス市警察のブライアン・テイラー(ジェイク・ジレンホール)とマイク・ザバラ(マイケル・ペーニャ)は、犯罪が多発するサウス・セントラル地区を担当するパトロール警官である。

テイラーはビデオカメラを携え、自分たちの日常の業務を撮影していた。

日々大活躍のふたりは、ある日偶然にもメキシコの巨大麻薬カルテルのアジトを発見し、摘発に成功するが、その結果、命を狙われることに……


アメリカで仲良かった友人がやたら好きだった『COPS(全米警察24時)』みたい。ロスのサウス・セントラル怖い! メキシコの麻薬カルテル怖いよ!!

全編複数のカメラの映像(テイラーのカメラの他、誰かの車載カメラや防犯カメラなどなど)で構成されています。そのおかげで臨場感が出ているのかもしれないけど、どうしても無理があるし、最初のほうはかなりうざったく感じましたが、途中から馴れてきたというか、事態が切迫してそれどころじゃなくなってきました。

銃を持っている犯罪者に遭遇する確率が高い地域で、警官をやるのはよほど精神的に強くないと大変だ。小心者はびびってすぐに引き金を引いてしまって、銃を持っていない、何の罪もない人を誤って殺してしまうかもしれない。ファーガソンの事件の時に、なぜかふとこの映画のことを思い出したりもしました。
[PR]
by rivarisaia | 2015-01-13 20:39 | 映画/洋画 | Comments(2)

ベイマックス

去年の暮れに、用事の合間を縫ってこれを観たの忘れてました。

b0087556_1391388.png

ベイマックス(Big Hero 6)』監督:ドン・ホール、クリス・ウィリアムズ

日米での宣伝の違いについていろいろな意見が出ていますが、私自身は日本の癒し系の宣伝にも、本国のアメコミ戦隊系の宣伝にもまったく興味をそそられなかったので、とやかく言える立場にありません。

興味なかったのに何故観たかといえば、やたら評価高いよなーと海外の映画のサイトを見てたら、説明文に「action-packed comedy-adventure」と「solve the mystery」という言葉があったから。

アクション・パックト・コメディ・アドベンチャーって声に出して言うとなんか楽しい(え、そんな理由!?)

しかも謎解きがあるっていうのが、気になるではないか。どんな謎なんだ。

いやほんと、アクションと笑いと冒険とミステリーが入り交じった、とてもよくできた話でした。ヒーロー物でありながら、勧善懲悪ではないところが上手い作り。

でもしかし。つくづく自分は戦隊ヒーロー物が好きではないということを自覚しました。後半の戦隊パートよりも、前半の大学の工学部研究室の話のほうがわくわくした……。あと、肝心のベイマックスの造形が好きになれなかったことも激白します(ごめんなさい、ごめんなさい)。

ディズニー的にはベイマックス推しなんだろうし、ポワンポワンしててかわいいのかもしれないんですけど、簡単に穴開いて空気抜けちゃうじゃないかというのが気になって気になって仕方なかった。

個人的にはウォーリーやR2D2のようにゴツゴツしたロボットが好きなんですよ。

とまあ、いい映画なのに、個人的にノレてないのが残念な状態になってますが、もちろんとても好きな部分もあります!

前述した大学の研究室のパートも楽しいし、物語の舞台になってるサンフランソウキョウの町並みも大好き。主人公が葛藤する場面では涙腺がゆるみましたし、ハニー・レモンちゃんのバッグもちょっといいなと思います。

造形が気に入らなかったベイマックスも、ケアロボットとして家に1台あったら便利かもしれないしねー。
[PR]
by rivarisaia | 2015-01-08 13:48 | 映画/洋画 | Comments(0)

ベファーナ婆さん

本日、1月6日はエピファニア(公現祭)といって、イエスさまのところに東方から博士が贈り物をもってやってきた日です。

イタリアでは、昨日の夜中にベファーナこと、魔法使いの婆さんがほうきに乗ってやってきて、よい子にお菓子やらプレゼントをくれる日でもある(悪い子には石炭をくれる)。

何故かむかーしからうちにベファーナ婆さんらしき人がいるので紹介(でも、これイタリアじゃなくてドイツから来たっぽい)。

b0087556_2128217.png


ほうきにまたがってるんですけど、先日ついに麦わらで出来たほうきの房の部分が経年劣化により崩壊した。そこで新たに紙で補修中(麦わらが手元になくて)。
[PR]
by rivarisaia | 2015-01-06 21:30 | モノ | Comments(2)

明けましておめでとうございます。

昨年は義母の入院をきっかけに、それはそれは恐ろしい親戚事情が白日の下にさらされ、巻き添え食ってどつぼにはまりかけてやばかった私です。簡単に説明すると、まるで犬神家の一族と寅さんが合体したような状態な上に、八つ墓村なんですよ。意味不明ですよね。よくわかんないけど頭おかしくなりそうな案件だな……とうっすら察していただければ十分です。

おかげさまで去年1年間の記憶があんまりなーい。わたし何したっけ、去年……。

今年はさらに大変かもしれないけど、去年よりはたぶんよゆう。なので短くてもいいから、ちゃんとブログ更新しますねー。

さて。

今年は以前から食べたかった金沢の正月縁起菓子を入手しました!

b0087556_2341876.png

辻占です。砂糖のついた米粉の皮が巾着状態になっていて、
b0087556_23464339.png

割ると中には、小さなおみくじが畳まれて入ってます。いや、おみくじというか、内容が点取り占いっぽい。遊び方はいろいろあるようなんだけど、とりあえず二つ引いて、文章にする方式にしてみました。

b0087556_2350152.png

上(私):ろんにかち ゆくすへがよい
(議論に勝って、幸先よくてお金もらえるってこと?)

下(家人):こだつのなかで たよりをまつ
(こたつにあたってのんびり果報は寝て待てってこと??)

いったいどんな年になるのか謎ですが、今年もどうぞよろしくね!
[PR]
by rivarisaia | 2015-01-05 23:54 | 食べ物 | Comments(4)