「ほっ」と。キャンペーン

『アメリカン・スナイパー』に関しては、映画原作あわせて、もやもやしたものをずーっと抱えっぱなしなんですが、映画(フィクション)と原作(現実)は関係ない、と割り切れないものがあるからなんですよねえ。うむー。

私には、イラクに行ってた友人・知人が数名いる。

私と彼らの間では、イラクの(あるいは戦争の)話はタブーのようになっていて、唯一、D君とは「今度イラクに行くことになったんだー」「ええ!?」「まあ、たぶん大丈夫だよ」「そう、気をつけてね」というやりとりがあった。ずいぶん前に。

しょっちゅう顔をあわせてるような付き合いであれば、また違うのかもしれないけど、とてもじゃないけど気軽にイラクの話なんて出せないし、向こうだって何か聞かれても当たり障りのないことしか言えないだろう。

幸いなことに、みんな無事に帰ってきたけど、手放しでよかったねと言えるのかどうかすらもよくわからない。見えないところで苦しんでいるかもしれないからだ。『アメリカン・スナイパー』では原作でも映画でも、戦争は主人公の精神面に大きく影響を及ぼしたわけだけれども、そうした戦争の影響、特にPTSDに関して扱った本がこちらです。

b0087556_22421703.png
Thank You for Your Service』David Finkel著、Sarah Crichton Books

アフガニスタンとイラクに派遣された兵士約200万人のうち、50万人が精神的なストレス障害に悩まされており、また、自殺者の数は年々増加している。どうしてそうなってしまうのか。戦争に行く前はとてもいい人だったはずの夫が、帰還後は妻に暴力をふるうようになり、自殺を試み、家族は疲弊していく。戦場から平穏な世界に戻ってきたはずなのに、どうしても日常に適応できない。軍もこうした状況を放置しているわけではなく、何とか対策を立てようとしているんだけれども、うまくいかず、出口が見えない。

戦争に対する自分の意見は極力排除するよう努力した、と著者がインタビューで述べているように(アメリカのアマゾンのページにQ&Aがあります)、思想的なことは一切書かれていなくて、帰還兵とその家族、医療関係者などへの綿密な取材から得た事実だけがそこにあり、戦争の代償であるそれらはとても重い。読み終わった後に、しみじみと表紙を見て、このタイトルが胸に突き刺さってくるような気持ちになりました。

こちらの本ですが、『帰還兵はなぜ自殺するのか』(デイヴィッド・フィンケル著、古屋美登里訳)というタイトルで亜紀書房から邦訳が出ましたので、ぜひどうぞ。

[PR]
by rivarisaia | 2015-03-27 23:27 | | Comments(9)

アメリカン・スナイパー』の原作である、クリス・カイルの自伝の感想。私は原書で読んだのですが、邦訳も出ています。原書房から単行本で出たときのタイトルは『ネイビー・シールズ最強の狙撃手』でしたが、映画にあわせて『アメリカン・スナイパー』と改題されてハヤカワから文庫になりました。

b0087556_23430269.png
American Sniper: The Autobiography of the Most Lethal Sniper in U.S. Military History』Chris Kyle、Scott McEwen、Jim DeFelice著、HarperCollins刊

内容に賛同するかどうかはおいといて、読んでよかった。同じくシールズのマーカス・ラトレルの『Lone Survivor』よりも読みやすかったです(訴えていることは似てるんだけども)。

ここ最近、イラク戦争をテーマにした小説を読む機会も増えていて、そうした小説の場合、たいてい主人公の兵士は人を殺すことに葛藤を抱えていたり、戦争に不条理さや虚しさを感じていたり、戦いたくないと思っていたりするわけですが、クリス・カイルにしてもマーカス・ラトレルにしても、フィクションとは正反対な主張をするのが興味深いところです。

クリス・カイルはハッキリと「I missed the excitement and the thrill. I loved killing bad guys」と言えてしまう。自分はSEALの一員であり、戦争のために訓練された人間なので、戦いたいし、敵を殺すのが大好きだと書いている。自分に子どもが生まれても、軍隊のほうが重要だし、戦争に行きたくて仕方ない。

戦争の目的は「make the other dumb bastard die. But we also want to fight」とずいぶん率直なんだけども、軍人が戦いたいのは、アスリートが大きな試合に出たいと思うのと同じで、さらに愛国心とも密接に関係している、とクリスは言うわけですよ。

彼にとっての優先順位は、神、国、家族。妻のタヤは「神、家族、国じゃないの…?」と不満なんですが、妻の苦労は理解していても、国とSEALを重視してしまうクリスなのでした。でも彼は真面目な人ではあるんですよね、むしろなぜにこんなに生真面目なのか……。

戦争に行きたい、敵を殺したい、という文章は繰り返し出てきます。戦争における自分の役割を明確に認識していた、というクリスが後悔していることは、救えなかった仲間たちのこと。敵を殺すことについてはあれこれ考えをめぐらしたことなどない。なぜなら罪を裁くのは神だから。

しかしそのいっぽうで「Everyone I shot was evil. I had good cause on every shot. They all deserved to die.」という言い訳を(神様に対して)しちゃうところが、彼の弱さの気がします。でも本人は気づいてないと思う。

敵は、常に「bad guys」で、「savage(野蛮人)」で、「evil(悪)」で、人格はない。むしろそう思わなければ精神のバランスが取れなかったのではないか。クリス自身は白黒はっきりさせたい性格なのだそうですが、そうじゃないとシールズでやってけないのかもな……とも思ったりした私でした。


[PR]
by rivarisaia | 2015-03-24 23:50 | | Comments(2)

アメリカン・スナイパー

ひとりテキサス映画週間、テキサス人が主人公なのですが、ただでさえ感想書きづらい話なのに、最近の出来事をいろいろ鑑みるとますます書きづらいな。。。


それから私は、まだ存命の人、亡くなって間もない人、未解決事件の渦中の人などが主人公の映画に対して非常に微妙な心持ちになってしまうのですが、本作もまさにそれである。

b0087556_19483875.png

アメリカン・スナイパー(American Sniper)』監督:クリント・イーストウッド


アメリカ海軍の特殊部隊SEALsの狙撃手としてイラク戦争で活躍したクリス・カイルの話。クリス・カイルの自伝が元になっていて、私、自伝読んでるので、そちらの感想は次回書きます。


映画は、どこまで事実に即していて、どこがフィクションなのか、その混ざり具合がもやもやしていて、「あくまで映画(フィクション)ですから」と割り切れず居心地が悪い(※よだん参照)。本作は裁判やってる最中に公開されているので、それもまたどうなのかなー。


西部劇っぽいし、英雄譚っぽくもあるし、とても悲惨な話でもある。ああやっぱり戦争はよくないというふうに思う人もいるだろうけど、基本的にはやはり「War Hero」の話であって戦争の是非についてはそれぞれ好きに考えてください、と突き放した印象を受けました。


私からすると「War Hero」とは、正義の英雄(hero)ではなく、戦争で何かしらの功績をあげた勇士(hero)という感覚なのですが、戦争ですから、一方にとっての英雄は、他方にとってはヴィランだったりもしますね。ヒーローっていうと、何かとても善人のような印象ですけど、何かを犠牲にして社会に尽す人は典型的なヒーローだし、地味な作業をコツコツやって成果を出した人もヒーローだったりします。


そういう意味で、クリス・カイルは、めっちゃ精度の高い仕事をして戦争で功績をあげ、身を捧げて国につくしたという、大変にヒーロー要素の多い人である。おそらく非常に真面目な人なんだとおもう。


しかしあれだけ強い精神力と肉体を持っている人でも、4度の派兵で、あんなにボロボロになっちゃうのか……おそろしや……しかも本人はそれ認めてないし、こりゃ周りも大変だ……というのが、観終わった直後の感想で、クリスであれなら、いわんや普通の人をや、という気持ちでいっぱいに。帰還兵の自殺が社会問題となるのも、さもありなん。


PTSDに苦しんだ人が、PTSDに苦しむ人を助ける活動をしていて、PTSDの人に殺されるというのはなんとも皮肉な現実で、実際問題として帰還兵のケアの問題もかなり深刻だよな、としんみりいたしました。


(※よだん)映画では「ムスタファ」という敵のスナイパーが登場して、そんな敵にも奥さんも子どももいるんですよ、という表現になってたけど、原作では、ムスタファという元オリンピック選手の狙撃兵がいるって噂があった、という1行のみでおわり。主人公とは因縁のライバルという創作を入れたりしつつも、ラストにリアルニュース映像を入れてくるのがちょっと微妙。


[PR]
by rivarisaia | 2015-03-20 19:49 | 映画/洋画 | Comments(2)

ふと考えてみれば、今テキサス映画がいっぺんに公開されている。ということで、シェフ』の次もテキサス映画。ひとりテキサス映画週間


b0087556_18412418.png

6才のボクが、大人になるまで。(Boyhood』監督:リチャード・リンクレイター


母オリヴィア(パトリシア・アークエット)、姉サマンサとともに暮らすメイソンJr.。オリヴィアと離婚し、離れてくらしている父(イーサン・ホーク)は、たまに会いにくる。
6歳のメイソンJr.18歳になるまでの12年間を追った作品


リンクレイターの過去の作品でテキサス大フィーチャーの『バッド・チューニング(Dazed and Confused)』や『Slacker』にどこか通じるものがありました。日常の会話をずーっと横で聞いてる感じ。ちょっとロメールっぽいかも。


余談ですが、私は全般的に中高生の男子特有のもっさい感じが苦手なんですが、本作も主人公がティーンになったとたんに何ともうざったくて、さっさと大学入って揉まれてきなさい、と思いました。。。


父の再婚相手の両親が、聖書とライフルを愛するいかにもテキサスっぽい人物で、テキサスってこうだよね、と思われそうだが、ちょっとみんな待ってくれ。時代が時代ならヒッピーになりそうな、どこか性格がうじうじしてるメイソンJr.もテキサス育ちだよ!


ヒューストンやサン・マルコスに引っ越したり、母親が再婚したり、父親にも新しい家族ができたり、とメイソン自身の生活にも変化がたくさんあった12年間だけど、たった12年でこんなに変わったのか!と改めて驚いちゃうのが電化製品の変化でした。テクノロジー進化するの早すぎる。


テキサスは荒野のイメージがあるけど、緑や湖もあって、メイソンと父親がキャンプするのは「Pedernales Falls State Park」という自然公園で、場所はテキサス州の真ん中あたり。ラストで出てくる壮大な光景のベッグ・ベンドは、Big Bend Ranch State Parkという州立公園と、Big Bend National Parkという国立公園があって、州の左下のほうのメキシコとの国境近くにあります。絶景でしたねー。ここ行ってみたい。


[PR]
by rivarisaia | 2015-03-16 18:41 | 映画/洋画 | Comments(0)

去年トレイラーをみてからずっと気になってて、一足お先に異国で観ちゃった家人は「面白かったし、美味しそうだったよー」と言うし、日本で公開されるかやきもきしたので、公開されて本当によかった! 懐かしのテキサス州オースティンが出てくるよ!

b0087556_18282470.jpg

シェフ 三ツ星フードトラック始めました(Chef)』監督:ジョン・ファヴロー

LAの一流レストランでシェフを務めるカール(ジョン・ファヴロー)は、マンネリメニューにこだわるオーナー(ダスティン・ホフマン)とそりが合わない。おまけに、人気ブロガーの料理批評家(オリヴァー・プラット)からは、マンネリメニューを酷評される始末。

頭にきたカールは、Twitterの使い方もよくわからないまま、批評家に向けて暴言を吐いてしまう。カールの発言は一晩で炎上案件に。そしてそれがさらなる波紋を呼んで……


結局、カールは世界中に醜態をさらすことになり、フードトラックで一から出直すことになってしまいます。TwitterやFacebook、YouTubeにVineと、SNSが小道具としてうまーく使われていて、カールが大失敗して転落するのもSNSがきっかけだけど、復活するのにもSNSが一役買っている。息子、まことにグッジョブである。

主人公のカールは、自分のプロフェッションである料理に関しては、こだわりがあって失敗を許さない厳しい態度で挑むけど、人間関係については、小さいことや過去のいざこざにこだわらず、許すことができる性格なんだろうな。別れた妻(ソフィア・ベルガラ)や別れた妻の前の夫(ロバート・ダウニー・Jr.)、昔関係があったらしい案内係(スカーレット・ヨハンソン)ともふつうに付き合ってたりするし、仲間からも慕われてる(ジョン・レグイザモ、あんたいいやつだよ…)。

豊かな食生活は心に余裕を生む。そしてこの「豊かな」というのは、高級レストランの食事だけを指すのではないですね。

カールのフードトラックは、マイアミからニューオリンズ、テキサスのオースティンを通ってLAに向かう。フードトラックでメインの料理は、マイアミのキューバサンドイッチなんだけど、ニューオリンズではベニエやポーボーイも作ってるし、オースティンではBBQが出てきます。だよね! オースティンときたら、BBQリブ&ブリスケットだよね!!

映画に登場するのはFranklin Barbecueですね。ここはうわさには聞いてるけど、私が住んでたときにはなかったので行ったことない。ただ、すごく美味しそうな料理本が出るのである。ちなみにテキサスにはバイブル・ベルトならぬ、BBQベルトが存在する。美味しいBBQリブ&ブリスケットの店はいっぱいあるのよね……。よだれ出そうで悶絶しそうになってきたので、今日はこの辺で。
[PR]
by rivarisaia | 2015-03-12 18:34 | 映画/洋画 | Comments(2)

続ルルドのパスティーユ

その昔、ルルドのパスティーユについて書いたのですが、その節は、メダイのようなかたちになっている飴自体の写真をアップしませんでした。

最近、またこの飴を買いまして、どこかで見かけるたびについ買っちゃうんですが、今回は忘れずにちゃんと写真を撮ったので、こちらでも紹介しておこうとおもいます。

じゃじゃーん!
b0087556_1938959.png


ね、マリア様のメダイのような形でしょ!計り忘れたんですけど、そしてすでに全部食べちゃったのでブツがないのだが、大体タテが1.5センチくらいの楕円ですかねえ。そしてとても固いです。前回はボリボリ食べていると書いてるし、サイトによってはこの飴を「ラムネ」と紹介してたりもしますが、いきなりボリボリかむのは難儀なくらい、ふつうに固いです!

飴の裏側に「MALESPINE」とあるのですが、これは一体なんぞや…と調べたところ、メーカーの名前みたいですね。Malespine pastille factoryというところで、作られていまして、材料は「ルルドの洞窟の水、砂糖、ミント、レモンやアニス」だそうです。

東京だと、四谷のキリスト教ショップ(サンパウロやドン・ボスコ)や銀座の教文館などで、たまに入荷していますので見かけたらぜひどうぞ〜。
[PR]
by rivarisaia | 2015-03-10 19:47 | 食べ物 | Comments(2)

映画化の話を聞いた時にはやや不安だったけど、去年トレイラーが出た時点で、キャスティングがはまりすぎてて、うわ早く観たい〜!とテンション上がりました。結論からいうと、これはなかなかよい映画化。

b0087556_20431977.jpg

きっと、星のせいじゃない。(The Fault in Our Stars)』監督:ジョシュ・ブーン

原作は2012年の『これを読まずして年は越せないで賞』大賞を受賞した『The Fault in Our Stars』です(ごめん、私、ろくな感想書いてなかった……)。『さよならを待つふたりのために』というタイトルで邦訳も出ています。

いまさらながらあらすじ。

ヘイゼル(シャイリーン・ウッドリー)は末期がんで闘病中の女の子。今は病状が落ち着いているけれど、酸素ボンベが手放せない。ある日、渋々参加したサポートグループの集いで、骨肉腫で片足を切断したガス(アンセル・エルゴート)と出会い、ふたりは意気投合する……


映画化の際に不安だったのは、題材が題材なだけに、観客を泣かせようとする湿っぽい作品になったらどうしよう、ということだったのですが、まったくもって杞憂。いやまあボロ泣きしましたけど、でもあざといところがないんですよ。死はいつでもそこにあるんだけれども、この物語は生に満ちている。人生はアンフェアだけど、それでも今をせいいっぱい生きることの大切さを描いているのでした。

キャスティングがとてもよくて、ヘイゼルとガスはもちろん、ナット・ウルフ演じるアイザックがまさにアイザックで最高!(アイザックも大好きー) ヴァン・ホーテンのウィレム・デフォーもぴったりでしたが、ローラ・ダーンが演じるフラニーがすばらしかったです。

原作未読の人には、原作もあわせておすすめします。

ジョン・グリーンは『Looking for Alaska(アラスカを追いかけて)』の映画化も実現しそうで、こちらも期待できそうですね。
[PR]
by rivarisaia | 2015-03-05 21:03 | 映画/洋画 | Comments(0)

The Shock of the Fall

先日読んだとある児童書が、とても評判がよかった本なんですけど、個人的には今ひとつで、その理由は (1)私の期待値が高すぎた (2)私の読み方が間違っている (3)高く評価されてるのがおかしい、のどれだろうとふと考えたりしてました。

そんなわけで、この本を読む時も、あまり期待しないほうがいいのかも…と余計な心配したんですけど、確かに私の想像とは違う内容だったけど、後からじわじわくる1冊で、とても良い本だった。2013年のコスタ賞処女小説部門受賞作です。

b0087556_22364187.png

The Shock of the Fall』Nathan Filer著、Harper Collins

裏表紙にある文章を読むと、どうやら「主人公の兄が死ぬ」というのがカギとなる話らしいと分かるので、ミステリーかサスペンスか、いずれにしてもダークな展開の物語なのかしらと想像したのですが、言っておくけど違います! ダークではあるけど、サスペンスではないです!(重要)

本書は、兄の死が原因で統合失調症に苦しむ少年マシューの物語です。

いかんせん語り手が統合失調症であるがゆえに、口調が独特で、話や時間軸もあちこちに飛んだりするので、最初のうちは状況がよくわからない。お兄ちゃんは病気だったらしいけど、どんなお兄ちゃんだったのか。事故があったようだけど、何故死んじゃったのか。そしてマシューは今何をやっているのか。最初に出てくる人形と女の子の話はいったい何なのか。

それは読んでいるうちにわかってくるんだけれども、散りばめられた謎が明かされることが重要なのではなく、あくまでもこの物語が描こうとしているのは、いつまでも消えない罪悪感を抱え、幻覚に悩まされる日々を過ごしている主人公の心情です。

主人公のつらい気持ちが、本当によくわかる。でも、ひたすら暗いばかりでもなくて、ユーモアもあるし、家族もいい人たちであるおかげで(特にお婆ちゃん!)読んでいるこちらも救われるし、ラストにも希望が感じられてよいです。

それにしても統合失調症の患者の気持ちがよくここまで描けるね…と思ってたら、著者は精神科の看護師なのでした。


●本日のオマケ

この小説にインスパイアされたショートフィルム。監督は Udo Prinsen、絵はHenk Chabot 。


[PR]
by rivarisaia | 2015-03-02 23:55 | | Comments(0)