「ほっ」と。キャンペーン

ローラ・インガルス・ワイルダーの「大草原の小さな家」シリーズとリンドグレーンの「やかまし村」シリーズは、子どもの頃の私のバイブルでした。何度読んでも飽きないし、嫌になった時や退屈した時の逃避先であり、ごっこ遊びの際のネタ元でもありました。

その「大草原の小さな家」が、どうやって世に生まれて、どこまでが実話なのか、それを詳しく詳しく研究したすっごい本がこちらです。

b0087556_18112104.png
Pioneer Girl: The Annotated Autobiography
Laura Ingalls Wilder著、Pamela Smith Hill編集、
South Dakota Historical Society Press

シリーズの元になったのは、ローラが書いた「パイオニア・ガール」という原稿でした。

本書はその「パイオニア・ガール」を丸ごと掲載し、ひとつひとつの出来事が実際にあったことなのか、脚色されたフィクションなのかを検証し、はたまた登場人物が実在の人物なのか、架空の人物なのかも調査し、さらには歴史的事実なども細かく教えてくれるし、写真も豊富という、まさに「大草原の小さな家」研究の集大成、といった1冊です。

よくぞここまで調べた、すごい!の一言。なにせ、本もデカいし厚いし、重い! こんなに大きな本だとは思わなかったよね……。

b0087556_18114133.png
寝っ転がって読んだりできない大きさ。そして注釈の情報量たるや、なかなか全部読み込めない。

とりあえずですね、「大草原の小さな家」の誕生秘話を語るイントロダクションだけでもぜひ読んでください。これまでもローズの伝記等でざっくり触れられてはいますが、本書のイントロダクションはかなり詳細に踏み込んでいます。

はじめはノートに手書きだったローラの原稿を、ローラの娘で作家だったローズが、文章を校正してタイプ原稿を作成し、エージェントに持ち込んだわけです。1930年の春のことでした。

ところが、これが全然売れなかった。

もともと「パイオニア・ガール」は大人向けに書かれたもので、雑誌の連載として売り込もうともしたんだけれども、それもうまくいかず、そこでローズは少年少女向けバージョンを作成し、それを Knopf社の担当者に見せます。すると、Knopf から、8~10才の子ども向けに書き直せば出版できるとの返事が!

ところが出版契約を結ぶ直前、折しもの不況で Knopf の児童書部門の廃止されることになってしまいます。しかし Knopf の担当者が、Harper社の児童書の担当者に原稿を渡してくれたことで、無事 Harper & Brothersから出版が決まったのでした。初版は1932年4月6日に出版されました。

整理すると「パイオニア・ガール」の原稿には5つのバージョンがあります。

(1) 手書きの生原稿
(2) Brandt & Brandt ver.(ローズがタイプしてエージェントに渡したもの)
(3) Brandt & Brandt 校正バージョン
(4) Juvenile バージョン(ローズが作成した青少年版。これを元に現「大草原」シリーズが書かれた)
(5) George T. Byeバージョン(Brandt & Brandt の修正版)

驚いたのはローズの仕事っぷりです。ローズは小説も書いていたけれど、マーケットに合わせて事実を大胆に脚色した「ノンフィクション」も書いてた。ただそのノンフィクションでは、実在の人物の名前や職業だけでなく、性格まで変えちゃったり、ということを平気でやってた。

いいのか、それは……よくないだろ、という感じですが、当然ながらヘンリー・フォードやチャップリンは事実と違うことを書かれて激怒。本が出版できなくなったりもしたみたい。

でも逆に「大草原〜」は、そんなローズの大胆な編集手腕があったから日の目を見たのかもしれません。ローズの腕前はノンフィクションには向いてなかったけど、事実をもとにした読ませるフィクションには向いていた。

出版が決まってから、ローラ自身も、自分の家族の話を元にしたあくまでも「子ども向けのフィクション」という姿勢で書いているので、適切じゃない事柄はさっくり消したりしてますし、複数の人物を合体して一人のキャラクターを生み出したりもしてます(例:ネリー)。

オリジナルの「パイオニア・ガール」自体は、確かに出版がなかなか決まらなかったのもう頷ける内容で、はっきりいうと面白くないのです。でも、このオリジナル原稿が、内容も文章も推敲されて今も世の中に存在する「大草原〜」シリーズになったことが感慨深いし、何より本書が大変に興味深いのは、繰り返しになりますが、オリジナル原稿に対するおびただしい注釈です。

ローラの一家だけでなく、彼らを取り巻くさまざまな人々の人生も追っかけており、庶民の視点でアメリカ西部開拓史を知るのに最適な1冊にもなっている。というか、アメリカの西部開拓史がこんなに身近に感じられる本もなかなかないので、興味のある人はぜひどうぞ。

<おまけ>
日曜日に読むことが許されていた、父さんの本「動物の世界の神秘」は、今ではデジタルで中ページが見られます! デジタルの世界すごいね!

『THE POLAR AND TROPICAL WORLDS』という本で、コチラどうぞ。

[PR]
by rivarisaia | 2015-12-26 18:28 | | Comments(2)

Merry Christmas!

b0087556_17181530.png
Merry Christmas! Buon Natale!

今年はフィンランドに行ったので、フィンランドのクリスマス切手。
上が1988年、下の2枚は1986年。

ほんとは上の切手は、同じ模様で背景が赤い切手とセットで、
下は赤い帽子の子どもたちの切手と3枚セットです。


[PR]
by rivarisaia | 2015-12-24 17:21 | 切手・郵趣 | Comments(2)

これから観る人もたくさんいるとおもうので、今回は内容には触れません。細かい感想とかはまた落ち着いた頃にでも書くとして、お礼言いたい、J・Jに。

b0087556_17441753.png
スター・ウォーズ/フォースの覚醒(STAR WARS: THE FORCE AWAKENS)
監督:J・J・エイブラムス

エピソード7がつくられると聞いた時に、私、正直「えー」って思いました。過去のヒット作の続編やリメイクが多いなか、スター・ウォーズまで追従しなくていいよ、という気持ちが大きかった。

そして監督が決まったときにも、「えー」って思いました。よりによってスタートレックの監督かあ……っていう微妙な気持ちがあった。でもそれは後に、J・J・エイブラムスがスター・ウォーズの大ファンだと知って、じゃあぜひ撮らせてあげたらいいよ!がんばって!という応援に変わったんだけども。

映画館で予告が流れるようになって、胸が高鳴るとともに、不安も増してきて、エピソード1の時みたいなモヤモヤ感が残ったらやだなー、あんまり期待しないようにしようーと言い聞かせてきたわけですが。

が!

ありがとう、J・J! よくやった!!

見事な新三部作の幕開け。旧作ファンはもちろん、これまでスター・ウォーズを観たことない観客も問題なく楽しめて、さらに続きが楽しみになるような、新しいスタートにふさわしい作品になってた。私、感動しました。

ふりかえると、「はて、あれは?」という箇所もあるんだけど、それをあれこれ考えるのがまた醍醐味だよねー。新しいキャラクターはみんな魅力的だし、新ドロイドもかわいいよ。こういうスター・ウォーズ、待ってた。



[PR]
by rivarisaia | 2015-12-21 17:45 | 映画/洋画 | Comments(0)

本日は、世界に誇る偉大なる帳面派の日本代表に間違いなく選ばれるであろう人物の本です。

b0087556_22513251.png
東京大学の学術遺産 君拾帖』モリナガ・ヨウ著、メディアファクトリー
※クンは、本来は手へんに君

幕末から明治に活躍した偉人・田中芳男。1838年、信州飯田に生まれ、幕末には博物学者・伊藤圭介に師事してパリ万博に参加したり、日本で初めての博覧会を企画したり、上野に博物館や動物園を作ったり、雑誌や本を発行したり、学校作ったり、挙句男爵の称号ももらって、議員なども歴任したという、なんだかすごくえらい人。

そんな田中は100冊近いスクラップブックを遺しており、それが東京大学に保存されている史料「君拾帖(くんしゅうじょう)」です。

日本の博物学の父と呼ばれる田中芳男ですが、帳面に様々な紙モノを貼り付けるという素晴らしい、素晴らしい嗜好の持ち主でした。私は帳面派の師匠と呼びたい。

幕末から大正5年のじつにおよそ60年間にわたって作成された「貼り交ぜ帖」には、引札、領収書、チラシ、カード、名刺、お菓子や食品の包み紙、ラベル、絵葉書、献立表など、さまざまな紙をびっしり貼り付けられています。日本国内だけでなく、パリ万博に参加した時に蒐集した外国の紙モノもたくさん残されており、貴重な史料となっているわけです。

全ページみたいので、デジタル化されてたらいいのになーと思うのですが(その辺まだ調べてない。されているようなら教えてください)、一部をよりすぐってモリナガ・ヨウ氏が紹介しているのが本書です。

どれもこれも興味深いのですが、いくつか印象的だったものは、

  • 絵花火:火薬が紙に塗られた仕掛けつきの刷り物で、たとえば、大砲の絵の先に線香で火をつけると、砲弾が発射されたかのごとく火が動くというもの。
  • 幕末の領収書(印鑑が黒い):朱肉が一般的になるのは明治になってから。長谷川時雨も「印鑑が赤いのは今風で嫌だ」と嘆いているらしいよ!
  • 缶詰ラベル:エゾジカとかクジラはまだしも、亀肉や鶴肉もある。めでたい缶詰扱いだったのでしょうか。キノコの缶詰のラベルもいい感じです。
  • 日本初の液体目薬「精錡水(せいきすい)」:販売者の岸田吟香は、岸田劉生のお父さん。

それから、田中芳男は「モノに紙をあてて炭などでこすって形を写し取る」ということもたくさんやっていて、月餅や煎餅もこすって「拓」を取ってたらしいんですが、パリの石鹸の「拓」もありましたね……。スルメ拓を集めた『鯣(するめ)帖』も残ってるらしいよ……芳男……。

田中芳男の略歴についてはコチラをどうぞ。

東京大学の田中文庫博覧会関連資料目録のページでは、ページの下のほうに画像があります。

じつは今年伊勢に行った際、田中芳男コレクションがあるという神宮農業館に寄りたかったんですけど、改装中で閉まってたんですよね。残念! 今はもう開いてます。





[PR]
by rivarisaia | 2015-12-15 22:52 | | Comments(0)

華麗上班族

だいぶ遅ればせながら、フィルメックス。みたい作品がいっぱいあったのに、諸般の事情により1本だけです。

b0087556_00251622.png
華麗上班族』監督:ジョニー・トー

とある大企業を舞台に、欲望に駆り立てられる社員たちの人間模様と、リーマンショックが引き起こす悲劇を描いたミュージカルです。

前評判からさほど期待せずに観たのですが、私としては可もなく不可もなく、というか、あまり印象に残らない作品ではありました。踊りがないせいなのか、音楽が頭に残らなかったせいなのか、テーマが暗いせいなのか、メインの若者男女2人の印象が薄いせいなのか、どうもパッとしなくて、本作に比べたら同じトーさんの『文雀』のほうが、歌も踊りもないけどよっぽどミュージカルっぽい。

(と、思って過去記事をみたら『文雀』は「ミュージカルみたい」って書いてました)

ただ、本作でよかった点もいくつかあって、その一つは、摩訶不思議な雰囲気を醸し出す舞台セットと、経理の女性を演じるタン・ウェイちゃんです。

もうね、タン・ウェイちゃんを愛でる1本だったといっても過言ではないくらい、かわいい。不幸な役なので、なんともかわいそうなんだけども。

b0087556_01033522.png
この眼鏡よく似合ってない? 彼女は首から肩のラインが、高野文子の絵のようにするんとしてて、いいなー。

[PR]
by rivarisaia | 2015-12-08 01:15 | 映画/香港・アジア | Comments(0)