「ほっ」と。キャンペーン

ゴールデンウィークは来週後半からスタートくらいの感覚でいたので、明後日から始まることを確認してひょええ!となった私です。こんにちは。

日曜の夜に行ってきたヴィトンの展覧会が大変すばらしかったので、おすすめ! 6月19日まで開催してます。機会があればぜひどうぞ!

b0087556_23313072.png
「Volez, Voguez, Voyagez – Louis Vuitton
(空へ、海へ、彼方へ──旅するルイ・ヴィトン)」展

2016年4月23日(土)~2016年6月19日(日)
特設会場:東京都千代田区麹町5丁目
入場無料。事前にオンラインで時間予約するとよいです。公式サイト

b0087556_23405657.png
ルイ・ヴィトンというブランドや商品にさほど魅力を感じない人でも、けっこう楽しいだろうなと思える展覧会です。ブランドのバッグ、興味ないし〜と言ってスルーしちゃうのはもったいない。

b0087556_23402110.png
20世紀初頭の船旅や列車の旅、昔の航空機や自動車、ラベルのデザイン、木工具、20世紀初頭の衣装や最近のファッション、文房具、香水瓶、そしてもちろん数々のトランクや鞄、革製品の制作工程などなど、いろんなモノがぎっちり詰まっていて、見どころだらけです。

ルイ・ヴィトンの孫で双子のジャンとピエールが作った飛行機のプロトタイプの模型なんかもあるよ。

b0087556_23395346.png
会場は仮設の建物なのですが、展示空間がとても面白くてわくわくする構成。什器のデザインも凝っていた。展示空間は写真撮影も可能です。

b0087556_23462625.png
最後の部屋では、職人さんの実演も行われておりました。そのほか、制作工程の映像が流れるテーブルがあって、そこに座るとまるで自分が作ってるみたいな気分になってちょっと楽しい。

ガストン・ルイ・ヴィトンのホテルラベル・コレクションもあって、じつは昔のホテルのラベルにはちょっとした秘密があるのだが、どんな秘密なのかは展示室にいるガイドのお姉さんに聞いてみてください!

そう、何か疑問に感じたことは展示室にいる係の人に尋ねると、丁寧にいろいろ教えてくれます。この辺もすごいな...と感心したところ。

気に入った展示品がいっぱいあったんだけれども、これから行く予定の人もいるだろうから、この辺でおしまい。

<おまけ>
b0087556_23485857.png
初代ヴィトンさんはもともと荷造り用木箱製造からスタートした人なので、当然箱派ですが、子孫もふくめ、帳面派でもあった! 紙モノの展示も充実してます。




[PR]
by rivarisaia | 2016-04-27 23:56 | 展覧会ほか | Comments(4)

ツイッターでもお見せしましたが、実物を見てみたいなーとつねづね思っていた「猫切手」が本日わたくしの元に届いたのでご紹介しましょう。

b0087556_23412279.png
フェリー切手4種、デンマーク、2001年。大きさがわかるように日本の一円切手も並べてみました。

フェリーじゃないか。なにゆえ猫切手なのか、と問いたい感じですが、猫がいるんですよ。船に。マイクロ猫切手ですよ。1枚ずつ猫を見てみましょうね。ペン先で示したあたりに、猫がいます。

b0087556_23442452.png
ちょっと私のiPhoneとルーペを駆使してこれが限界なんですけど、走ってる猫(らしき生物)が!
b0087556_23445716.png
フェリーの上の積載船の上で、だらりんと寝ている猫らしき生物......。猫? 猫なの?

b0087556_23450548.png
これはハッキリわかるね! とはいえ、1匹なのか2匹なのか今ひとつよくわからないけど。
b0087556_23451233.png
これが最もわかりやすい1枚でした。はっきりとどうみても猫。

肉眼ではあんまりよく見えなくて、ルーペももっと倍率高いのが欲しいな....という気分になったんですけど、ルーペで覗いてじっくりと観察してごらんなさい!といわんばかりのこの手の切手デザイン、最高。

細密凹版印刷の切手とか、ぱっと見た感じ地味にみえるかもしれないけど、眺め飽きない。大好き。特に集めてはいないんですけど、欲しくなっちゃうね....(遠い目)


[PR]
by rivarisaia | 2016-04-22 23:57 | 切手・郵趣 | Comments(6)

ちょうど『ルーム』公開つながりで、エマ・ドナヒューの短編集を紹介。これ、感想書いたつもりでいたけど、気のせいだったみたい。読んだり観たりしたらすぐ書くようにしたい……(これ言うの何度目)。

b0087556_22295910.png
Astray』Emma Donoghue著、Little, Brown and Company刊

タイトルの「astray」は、「道に迷った」という意味で、本作は「Departures」「In Transit」「Arrivals and Aftermaths」の3つのパートに分かれており、移民、逃亡者、放浪者、弁護士や彫刻家などなど、様々なさまよえる人々が主人公の短編が14話収録されています。

どの短編も、現実に起きた出来事が元になっていて、ひとつひとつの物語の後に、実際の出来事について紹介するページがある。それは新聞に掲載された小さな記事だったり、どこかに保管されていた記録だったり、断片的な情報しか残っていないけれど、彼らは確実に存在していた。そんな人々の、もしかしたらこんなだったかもしれない物語。

短編集の常として、心に残る話とあまりピンとこなかった話が混在してはいるものの、特に印象深かったものを厳選すると、私の場合は以下の6話。

「Last Supper at Brown’s」
元になったのは1864年にテキサス州で起きた事件。主人を殺害して、その妻と逃亡した奴隷の話。

「Counting the days」
1849年、カナダ。ある移民の夫婦の話。夫が先に移住して、後から妻がやってくるんだけれども……。これはとても切ない。

「Snow-blind」
ゴールドラッシュの時代の、二人の男の友情と別れ。

「The Gift」
以前『Orphan Train(孤児列車)』という本を紹介したけれど、これはその孤児列車がらみの話で、養子縁組団体を介して交わされた、産みの母親と養父の手紙が元になっています。

『Vanities』
1839年ルイジアナ州のプランテーション。従姉妹の死の謎を探る少女の話。

『The Hunt』
アメリカ独立戦争さなかの少年兵の話。1776年末、ニュージャージーやスタテンアイランドにおいて、英国とドイツ軍によって組織的なレイプが行われていたというのを知らなかったので、本書でいちばん衝撃的だった。参考文献としてあげられていた『Rape and Sexual Power in Early America』(Sharon Block著)を読んでみたい。

そのほか、亡くなった時に女性だったことが判明したMurray Hallの話(「Daddy's Girl」*実際にはHallの娘が主人公)や、男装の女性 Mollie Sanger の話(「The Long Way Home」)も良かった。

著者は、実在の人々のその後を調査していたりもするので、事実紹介ページは後日談のようでもあった。フィクションとリアルが交差して、不思議な読後感を味わえる短編集でした。


[PR]
by rivarisaia | 2016-04-18 22:39 | Comments(0)

ルーム

2010年のブッカー賞候補作の映画版。去年、トレイラーが出た時に、キャストも雰囲気も原作のイメージすべてがそのまんまそこにあることに驚愕し、ジャックのあれやこれやのがんばりが思い出されて、ボロ泣きしたんですけど(って、トレイラーなのに!)、期待通りの出来栄え。

これは、すばらしい映画化。原作を先に読んでいても、映画を先に観ても、どちらでも大丈夫じゃないかなー。脚本は著者のエマ・ドナヒューが手がけてます。

b0087556_23580344.png
ルーム(ROOM)』監督:レニー・アブラハムソン

原作を読んだときの感想はこちら。あらすじを極力書いてませんが、今回もあらすじは書かないことにする。あちこちでごく普通にしれっと設定が紹介されてしまっているけれども、内容についてよく知らないまま、この物語に触れることができた人はラッキー!(とはいえ、邦訳は出版された当時も帯で盛大にネタバレをしていて、あれはかなり酷かったですね)。

ママ役のブリー・ラーソンもよかったのですが、ジャック役のジェイコブ・トレンブレイが演技なのか素なのかよくわからないくらい、ごく自然にジャックそのもので、カメラの動きもジャックの目線に寄り添っていたため、薄暗い小さな世界から、まぶしくて大きな世界に出たときの、ジャックの息を呑むほどびっくりした気持ちを、観客である私も一緒に体験した。ああ、そうだよ、世界はこんなに広いんだよ、ジャック、って心の底から思ったのだった。

ところで、映画のエンドクレジットをつらつらと眺めていたら、「リトル・ドリット」がクレジットされていて、感慨深い。たぶんテレビで放映していた "昔の人の格好をしたドラマ" がそうだったのではないかと思うけど、リトル・ドリットは監獄で生まれ育ったヒロインが外の世界へ出ていく物語でもあるのでした。




[PR]
by rivarisaia | 2016-04-13 23:58 | 映画/洋画 | Comments(0)

今までやるやる詐欺だったけど、この春からはもっと真面目にイタリア語やるんだよ、という決意のもと、結構前に買って放置していたイタリア語のテキストを引っ張り出しました。

じゃじゃーん!
b0087556_10171672.png
『Boccaccio Cinque Novelle』(Bonacci editore)

「Classici Italiani per stranieri(外国人のためのイタリアの古典)」のシリーズより、ボッカッチョの『デカメロン』から5つの話が収録されてます。友だちに「デカメロンか....エロいの?」って聞かれたんですけど、ざっと見た感じでは特にエロくない以下の5話ですよ。

4日目第9話(心臓を料理して妻に出す話)
5日目第8話(ナスタージョ・デリ・オネスティの話)
7日目第4話(トファーノの井戸の話)
6日目第10話(修道士チポッラの話)
8日目第3話(カランドリーノの魔法の石の話)
最初に収録されている、「妻の愛人の心臓を料理して妻に食べさせる」というグロい話が記憶に残っていて、あ、それ原文で読んでみたいと思ったのでした。そりゃいいとして、このテキストの中ページどうなっているかというと、こんな感じ。
b0087556_10293573.png
上の灰色の枠の中におおまかなあらすじが書いてあって、原文と現代イタリア語訳が見開き対訳になって掲載されていて、左右の灰色の枠に訳注があるという親切設計です。

果たしてこれ、私に読み解けるのかしら....。よくわからないけど、最初の話くらいがんばってみるね。



[PR]
by rivarisaia | 2016-04-08 10:38 | ラテン語・イタリア語など | Comments(0)