「ほっ」と。キャンペーン

最近のわたくしは、あれやこれや何だかやること多くて、こんな感じです!

b0087556_14162637.png
(イメージ図)


久々のメラニーさん。バービーコレクターからドヤされるの覚悟で白状すると、臨場感あふれる背景を演出していた箱(過去記事参照)は数年前にぶっ壊れまして廃棄処分となりました。背景がないと襲われてる感がだいぶ減少して、むしろカラスから愛されてる感じがしない……?(しません)

余談ですが、昨日終了したジロ・デ・イタリア、ゆったりとTV鑑賞できずに横目で追ってただけですけど、今年のレースは面白かったね! 最後までマリア・ローザが誰になるかわからなくて、とてもエキサイティングだったし、ニバリときたらイタリアの期待に応える男っぷり。おめでとう!

ああ、ツール・ド・フランスはゆったりTV鑑賞できるようになってるといいな……。

それ以前に、来月からはもっとちゃんと更新するようにがんばる(これ書くの何度目……)

[PR]
by rivarisaia | 2016-05-30 14:30 | モノ | Comments(4)

先月はゴールデンウィークに入る前に、メディチ家の至宝の数々も堪能したのだった。

b0087556_16224095.png
「メディチ家の至宝-ルネサンスのジュエリーと名画」
会場:東京都庭園美術館
会期:2016年4月22日(金)–7月5日(火)


今回初めて「うわー綺麗だなー」とカメオを見て思った。これまではさほどカメオには興味なかったけど、精巧で美しいカメオは確かに存在していた。なかにはあまりに小さく、精巧で、要ルーペ、誰かルーペ持ってきて!みたいな宝飾品もございました。細かい部分をじっくり鑑賞するなら、単眼鏡があったほうがよいかと思います(実際、持参されている方々もけっこういらっしゃいました)。

「わーきれい、自分がメディチの人なら、どれ欲しい?」という、ざっくりした鑑賞方法で眺めてきた私ですが、いくつかのカメオのほか、「信頼の手」がついた指輪、メディチ家の紋章が刻まれたダイヤあたりも興味をひかれました。はめ込んである宝石も、ブリリアントな多面体なカットではなくて、粗けずりな感じのものが好きみたい。

ジュエリーよりも、個人的に気分が舞い上がったのは、肖像画の数々。展覧会の副題が「ジュエリーと名画」となってますが、あくまでメディチの人々の肖像画なので、名画というのは大げさなのでは....と思う人もいそう。私は、どちらかというとジュエリーよりも肖像画のほうを堪能しました。写真だとなかなか目につかない、ディテールが面白い〜。

b0087556_16531046.png
コジモ1世の娘マリアと(ブロンズィーノによるこの肖像画大好き!)、カトリーヌ・ド・メディシスのハガキを買ったのですが、カトリーヌさんの絵はいろんな本で見かけていて、なじみがある絵なんだけども、実際はかなり大きな絵で、ドレスの描き込みを眺めてたらめまいが...。私、画家だったらこれ描きたくないよね。だって、

b0087556_16554973.png
やだ、こんなパールの繰り返しを延々と塗り続けるの! ドレス全体これだから....。絵に描くのも嫌だけど、これ実物を縫ったお針子さんもさぞ大変だったであろう。

あ、そうだ。今回のドレスコード割引は「パール」でした。行く予定の人は、パールをつけてどうぞ!



[PR]
by rivarisaia | 2016-05-04 17:04 | 展覧会ほか | Comments(2)