「ほっ」と。キャンペーン

Lilac Girls

女性を主人公にした第二次世界大戦の物語でベストセラー入りしている、と聞くとうっすらと警戒心を抱いてしまうようになったのは、昨年読んだKristin Hannahの『The Nightingale』に納得がいかなかったからで、あれはページターナーだったけれども、たくさん盛り込みすぎてて、読後に残るものもなく、なぜあんなに評価が高かったのかほんと謎な1冊でした(私は感想を書いてないけれども、渡辺ゆかりさんのレビューとほぼ同意見なのでそちらをお読みください)。

さて、そして今年。女性を主人公にした第二次世界大戦の物語で、ベストセラー入りしていた本がこちらです。同じように、ページターナーで、メロドラマ的な要素も予定調和的な展開もあるのに、この本はずっしりと心に刻まれた。なんでだろう?

b0087556_21432443.png
Lilac Girls』Martha Hall Kelly著、Ballantine Books
1939年9月、ドイツ軍がポーランドに侵攻。
その時から1959年までの20年間を、ニューヨークのフランス大使館で働く社交界の女性 Caroline、ポーランドの女学生 Kasia、ドイツの女医 Hertaという3人の女性の視点で描く、実話をもとにした物語です。

3人の主人公のうち、アメリカ人の Caroline Ferridayと、ドイツ人の Herta Oberhauserは実在の人物、Kasia についてはモデルがいるけれど、フィクションです。

ニューヨークにいる Carolineの章は、彼女の勤務先がフランス大使館ということもあって、刻々とヨーロッパの緊迫した状況が伝わってくるものの、海を隔てた米国にいるわけですし、さらに著者が創造した Paulという人物とのロマンス要素がかなり入ってくるので、わりとのんびり構えて読めていたのですが、ポーランドの Kasiaとドイツ人のHertaの章が序盤から過酷さを増して、どんどん壮絶なことになってきます。

おかげで、Carolineと Paulとのロマンス、最初はけっこう鬱陶しかったというのに、これくらいないとやっていけないよ……という気分に!

以下、少し内容にふれますが、私、内容を知らずに読んだのですけど、本書は、ラーフェンスブリュック強制収容所の話なのでした。

ラーフェンスブリュック強制収容所は、主に女性が収容されており、カープ・ゲプハルトによる人体実験が行われていた場所です。主人公の一人であるヘルタ・オーバーホイザーは、人体実験の助手を行っていた医師でした。

たった一人の女性として男性ばかりの勤務地にやってきた当初は、確かに医師としての倫理観があったはずのヘルタの感覚が麻痺していく様がとてもつらい。さらに、Kasiaとその周囲の人々の身の上に次々と起こる出来事はあまりにひどすぎて絶句するしかない。

戦後、世界はナチスのユダヤ人に対する仕打ちに驚愕し、そのインパクトがあまりに強すぎたせいで(そしてそのほかの要因もあって)、「ウサギ」と呼ばれていたラーフェンスブリュックのポーランド人に対してはさほど注意が払われなかったのでした。人体実験の後遺症に苦しんでいるのに、忘れられつつあった彼女たちに世間の目を向けさせ、彼女たちのケアに奔走したのが Caroline Ferridayです。

本書の結末は出来すぎかもしれないけれども、もしかしたらありえたかもしれない、ひとつの克服のようにも感じました。

Caroline Ferridayについては、本書で初めて知り、非常に興味を持ったのでもっと詳しく調べてみたいです。ちょっとググってヒットしたDaily Mailの記事のリンクはこちら




[PR]
by rivarisaia | 2016-07-22 22:13 | | Comments(2)

上野の国立西洋美術館が世界文化遺産に登録されるかも、というニュースを最初に聞いた時はけっこうびっくりしたけれども、「ル・コルビュジエの建築作品」として7カ国17施設まとめての推薦だったので、まあそういうこともあるのか、とぼんやりと納得しつつも、どうも西洋美術館は「ル・コルビュジエの建築」というよりも「ル・コルビュジエのお弟子さんの建築」というイメージです(コルビュジエさんは、設計案を送ってきて、完成しても見にもこなかったというじゃん、あんまり気に入ってなかったのかな、みたいな偏見がわたしにあるのかもしれない)。

それはそうと、私はさまざまな建築家の建築作品にも興味はあるけれども、それ以上に好きなのが建築家のスケッチ群で、場合によっては完成した作品よりも数々のスケッチのほうが好きだったりする。

どの建築家も個性的で味わいのあるスケッチをたくさん残しているのだが、ル・コルビュジエもとてもよいスケッチを残していて、家人がロンシャンを訪れた際に求めた少し大きめの豆本のようなスケッチ集がこちら。

b0087556_12585134.png
Le Corbusier: Texts and Sketches for Ronchamp

表と裏の見返しに、不機嫌そうなル・コルビュジエの顔がどどーんと印刷されていて、見るたびに笑ってしまう。本文はモノクロ印刷で、テキストは英語。

b0087556_13022326.png
スケッチのラインがとてもよい。手書きの文字も悪くないよね。どんなペンで書いたのか、きになるところ。

残念ながら私はロンシャンには行ったことがなくて、フランスで行ったことがあるのは、サヴォワ邸。ちょうど到着したのが12時の少し手前で、お昼休みとやらで門がガッツリと閉じていた。途方に暮れていたら、通りすがりのフランス人のおじさんがインターホン越しに中の人と交渉してくれて(「まだお昼前ではないか。わざわざ日本から来た若者たちのために門を開けてくれたまえ」というようなことを言っていたのだと思う)、中に入ることができたのだった。おじさんもちゃっかり一緒に中に入って見学してたけど。

ありがとう、あの時のおじさん! 今はどうしているかしら。


[PR]
by rivarisaia | 2016-07-18 13:12 | | Comments(0)

またまたお久しぶりです。こんにちは!

わたくしがしばし日常の雑務&身内の介護案件等にぼんやりと追われている間に、ツール・ド・フランスでは新城くんが敢闘賞を取ったり、下り坂でフルームがアタックしてマイヨジョーヌを獲得したり、EURO2016でポルトガルが優勝したり、バングラデシュやアメリカやイラクや南スーダンでは悲しい出来事が次々と起こり、日本では選挙があり、と世界は怒涛の勢いで動いておりました。

かように世の中は猛烈なスピードで動いていますが、私は相変わらずマイペースです。

もうちょっとチャキチャキできるといいな!というのが今年度後半の希望。


さて。

ここで備忘録として報告しておきたいのですが、なんと今年、アゲハようちえんが開園できていません!

アゲハがね、来ないんですけど。ベランダ&庭のナツミカンの植木鉢に。

なぜ?

ひらひらと庭を飛んでいるのはちょっと前に目撃したんだけど、タマゴの数が少ないし、早々にタマゴバチにやられてしまい、そもそも幼虫をまったく見てません。おまけに暑くなってからこのかた、成虫も飛んで来ないんだけど。

過去のおおざっぱな感覚からいうと、気温が暑くなるとあんまり飛んでこないし、幼虫も見なくなるので、今年は暑いから少ないのかな。

秋頃には幼虫が出現するといいなー。

b0087556_20544516.png
そんなわけで、一昨年のアゲハのお写真でもどうぞ。





[PR]
by rivarisaia | 2016-07-12 20:55 | 生きもの | Comments(2)