「ほっ」と。キャンペーン

ここ数ヶ月で読んだ本の中で、到底自分に理解できたとは思えないんだけれども、非常に興味深く、これだけ多岐にわたる内容を1冊にまとめあげた著者に感服するし、折に触れて何度か読み返したいのがこちらです。哲学の思想と哲学者の伝記と近代史が合体したような本。

b0087556_23163154.jpg
At the Existentialist Café: Freedom, Being, and Apricot Cocktails with: Jean-Paul Sartre, Simone de Beauvoir, Albert Camus, Martin Heidegger, Edmund Husserl, Karl Jaspers, Maurice Merleau-Ponty and others』Sarah Bakewell著、Chatto & Windus

タイトル、おそろしく長いですね。『実存主義者のカフェにて:自由と存在とアプリコットカクテルを、ジャン=ポール・サルトル、シモーヌ・ド・ボーヴォワール、アルベール・カミュ、マルティン・ハイデッガー、エトムント・フッサール、カール・ヤスパース、モーリス・メルロー=ポンティらとともに』というのが直訳。

1933年、パリ。モンパルナスのカフェで、3人の若者がアプリコットカクテルを前に集っていた。その3人とは、ジャン=ポール・サルトル、シモーヌ・ド・ボーヴォワール、レイモン・アロンである。この時に生まれた新しい思想は、やがてパリから世界中に広がり、第二次世界大戦のレジスタンスを経て、戦後の解放運動、学生運動や公民権運動へとつながっていく。

こうした歴史的背景をふまえつつ、本書はサルトルとボーヴォワールを中心に、ふたりをとりまくおびただしい知識人たちの思想と人生を描き出していきます。

どのような人物から、なぜそういう思想が生まれたのか、時代によってその人の考え方がどう変わっていったのかをざっくりと把握でき、ヨーロッパの実存主義の系譜を俯瞰するのにとてもよい入門書です。

なにより、思想部分は難解だとしても、人物のエピソードがどれも面白い。かなりたくさんの人々が出てくるので覚えきれないんですが、とりわけ印象に残っているのがベルギー人の哲学者ファン・ブレダの話。フランシスコ会の司祭でもあったファン・ブレダは、45000ページものフッサールの原稿をナチスの検閲をかいくぐって安全な場所に持ちだすのですが、それが今もルーヴァン大学に残るフッサール文庫なのだった。短いエピソードながら、手に汗にぎる! 映画化してもいいくらい。

同じくフッサールにまつわる人物で、エーディト・シュタインと姉のローサも哀しくて心に残る。ユダヤ人だけれどカトリックに改宗し、カルメル会の修道女で哲学者だったエーディト・シュタインは、同じくカトリックに改宗していたローサとともにアウシュビッツで亡くなっています(エーディト・シュタインはのちに列聖されている)。いっぽうでハイデッガーときたら!

カール・ヤスパースのかっこよさも記しておこう。妻がユダヤ人なので大学を追われたヤスパースは、妻の引き渡しを自宅に立てこもって断固拒否。いよいよふたりとも収容所送りに……というタイミングで連合軍に救われるのだった(なのにハイデッガーときたらさー)

本書のおかげで、エーディト・シュタインやヤスパースの著作も読んでみようかなという気になっていて、あ、その前にボーヴォワール著作集も読まなくちゃ!



[PR]
by rivarisaia | 2016-08-31 23:20 | | Comments(0)

とても観たかったので、一般公開されることになって本当によかった! 『ブレンダンとケルズの秘密』の監督による新作アニメーションです。

b0087556_18471711.png

ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』監督:トム・ムーア

アイルランドの神話をもとにしたお話。前作同様、本作もまた、ラインと模様が色鮮やかな画面の中を流れるように動きまわって、それはそれは美しく、そして透き通るような歌声が心に沁みるという、すてきな作品なのだった。

海辺の灯台の家で、父と妹シアーシャ、愛犬クーと暮らしている少年ベン。
幼い頃、たくさんの物語を聞かせてくれて、いにしえの歌を歌ってくれたベンのお母さんは、シアーシャを産んだ日に、海に消えてしまう。お母さんがいなくなったのは妹のせいだと思っているベンは、どうしてもシアーシャにやさしくすることができないのだった。
ところが、シアーシャの6歳の誕生日に思いもよらない出来事が起こり、ベンは妹を救うために、不思議な冒険に出ることに……
小さなアザラシのようなシアーシャがたいそうかわいらしいのですが、そんな妹に意地悪ばかりしていたお兄ちゃんが奮起する、「お兄ちゃん映画」としても秀逸で、途中からお兄ちゃんの勇気に涙出ちゃうことうけあい。

海ではアザラシ、陸では人間の女性の姿をしている妖精セルキー、フクロウの魔女、悲しみのあまり石になってしまった伝説の巨人、愛らしいおじいちゃん妖精ディーナシーに、長い長い髪の毛をもつ語り部の老人。

アイルランドの神話や伝説のモチーフがぎっしりつまっていて、それは遠い昔の物語ではなく、現在にも脈々と受け継がれている物語なのでした。同時に、大事な人を失ってしまった悲しみを乗り越えて、石のように固まってしまった心をゆっくりと癒していくような、そんな話でもあります。

「アザラシ妻」の物語は以前どこかで読んだ記憶があるんだけれども、アイルランドの神話や伝説を知っていれば、さらに面白い発見もありそう。そのうちきちんとアイルランドの伝説を読んでみよう。


[PR]
by rivarisaia | 2016-08-29 19:45 | 映画/洋画 | Comments(6)

シン・ゴジラ

3ヶ月くらい映画館に行くよゆうがなかったため、先日深夜ついに発狂(大げさ)。映画館に駆け込んだところ、災害シミュレーション映画を上映していて、これがめっぽう面白くてやばかったです(大げさじゃなく、これはほんとう)。もう1回観たい(本気)。

b0087556_23471180.png
シン・ゴジラ
総監督/編集/脚本:庵野秀明、監督/特技監督:樋口真嗣、准監督/特技総括:尾上克郎

まだ観てない人も多そうなので、今回はあまり詳しい内容にはふれません。

ざっくりしたあらすじは、
ある日突然、謎の巨大生物が東京湾に現れたら、さあ日本政府どうします?
という話です。

日本にゴジラが出現したら、行政レベルでどんなことが起きるのでしょうか。そもそも自衛隊は攻撃できるのでしょうか、攻撃可能な場合、どのような手順になるのでしょうか。そんな疑問に答えてくれるのが、本作です。

未曾有の事態に困惑する政府。自分のところで責任取るのはちょっと……とたらい回しにしちゃう各省庁。山のような書類、いたるところで会議につぐ会議。そう、この映画は会議映画でもあります。まさか「もっと会議を見せろー!」という気持ちでいっぱいになるとは思わなんだ。会議、楽しい。

とまあ、謎の巨大生物の出現に、政府官僚はてんてこ舞いですし、甚大な被害に遭った街の人々や消防だって大変なのですが、被災していない場所の人々は、

ゴジラが出ようが、ふつうに電車動いてるし、いつも通り出勤してたみたい。

ああ……。海外の人にはわかってもらえないかもしれないけど、そう、日本ってね、こういうところあるのよ。この描写、ものすごく日本らしいよね(遠い目)。

しかしながら、巨大生物による被害は収束するどころか、予測のつかない方向へとどんどん拡大していく。ぶっ壊されていく東京。どう収束させるのか、続きは映画館でどうぞ!

本作ですが、私の大好きな『日本のいちばん長い日』や『アポロ13』に共通するところがあるので、この2作が好きな人にもオススメ。また、お涙頂戴のドラマ要素と余計なロマンス要素もないし、気持ちを煽るような音楽をバックに涙流しながら絶叫する人もいないので、本当にすばらしいです。人間ドラマがないわけではないんですよ。ちゃんとあるけど、さりげないし、想像力をかきたてる。ここ、邦画関係者各位、見習ってほしい。

画面とセリフの情報量が多くて整理しきれないので、2回目観たら、また新たに気づくところがありそう。

余談ですが、特報第1弾が私の苦手な手ぶれ映像だったので、酔うのではないかと躊躇してたのだけれども、揺れる映像は数分くらいしかないので無問題でした。

*鑑賞済みの人向けのおまけのリンク

超高層ビル・再開発マニアの人はこちらどうぞ:

ゴジラコースを散歩したい人はこちらどうぞ:






[PR]
by rivarisaia | 2016-08-09 23:52 | 映画/日本 | Comments(0)

チャドクガがまた来やがった! アゲハがぜんぜん来ねえ!と文句垂れた春巻ですが(参照1参照2)、その後日談のようなものを軽くここに記録として残しておきたい。

我が家のツバキの枝はだいぶ刈り込んでしまって、葉っぱなんて磯野波平の髪の毛程度の量しか残っていないのですが、チャドクガはしょっちゅういます。1週間に1度はチェックしてるけど、3週に1度くらいの割合で見つかる。

ただ、卵かまだ小さい段階で発見できるので、葉ごと切って袋に入れて捨てるの楽ちん。早期発見、マジ便利。ただし、この手が使えるのは、樹が小さいか、かなりバッサリ剪定して葉が少ない場合に限ります。そうじゃないと見落とす可能性が高く、気づいた時には相当数が大きく成長してる予感。

ちなみに卵はこんなの。
b0087556_23241932.png
上のほうの黄色いふわふわしたのが卵です。このふわふわにも毒があるので、触らないように注意。また葉に食害がありますね。こういう葉のある樹にはやつらがいるなーということです。

さて、そしてアゲハですが。

先日、出がけにプランターをふと見たら、
b0087556_23303641.png
いた! 鳥のフン状態のナミアゲハ!

で、この日帰宅して、捕獲しようと探したらね、あとかたもなく消えてた……。どこ探してもいない。スズメにでも食べられたのかな。とりあえず、今日もアゲハチョウはひらひら飛んでいるのを目撃したので、どこかに幼虫もいるはず。

アゲハチョウは、毎日同じ時間に同じ場所を飛ぶ(そのルートを蝶道と呼ぶ)ので、観察してたらどの辺で産卵してそうか見当つきそう。暑いからやらないけど! そんなわけで、今年のアゲハようちえんがどうなるかは未定です。

余談ですが、最近の懸念は、ここ数年ほど庭でよく見かけるアリがアルゼンチンアリなのではないか疑惑。去年調べようとしたけど、虫の同定がとても苦手なので、よくわかんない。そのうち真剣に観察します。アルゼンチンアリの見分け方はコチラを参考にどうぞ!



[PR]
by rivarisaia | 2016-08-06 23:46 | 生きもの | Comments(3)