<   2017年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

メットガラ ドレスをまとった美術館

毎年5月の第1月曜にニューヨークのメトロポリタン美術館で行われるファッションの祭典「メットガラ」。その開催までの8カ月を追うドキュメンタリー。

b0087556_00135631.png
メットガラ ドレスをまとった美術館(The First Monday in May)
監督、撮影、編集:アンドリュー・ロッシ

METの服飾部門が特別展オープニングにあわせて開く資金集めパーティ「メットガラ」を仕切るのはMETの理事でもあるVOGUE編集長アナ・ウィンター。

本作が密着するのは、アナ・ウィンターと、2015年の特別展「China: Through the Looking Glass(鏡の中の中国)」のキュレーターであるアンドリュー・ボルトンです。

いやはや、とても面白かった。裏方の話、大好き(自分が現場の人だったら、胃が痛くなりそうだけど)。

展覧会自体が、ヘタするとステレオタイプのオリエンタリズムという批判を招きかねないデリケートなコンセプト。さらに今回は「ファッションは永らく芸術とはみなされてこなかった…」と肩身狭そうな服飾部門が、それこそ紀元前からの芸術を扱うアジア美術部門と初めて共同で行う企画。スタート時点から波乱万丈の気配に満ちている。

会場設営もかなりギリギリの状態だったようで、間に合わない!どうしよう!と言ってたあれこれを、どうやって間に合わせたのか、綱渡り状態の現場をもっと見たかったのだけれども、本作がフォーカスしてるのはあくまで「ガラ」でした。展覧会の苦労話はまた別の機会に詳しく聞きたいものである。

1日だけのイベントとはいえ、ガラの席料はひとり2万5000ドル。しかしここで集まったお金が服飾部門の1年間の活動資金になる。招待客もいるけれど、寄付金を集めるのが趣旨なので無料の客はできるだけ減らしたい。会場全体のコーディネートはもちろん、席順を決めるのも非常に気を使う。

ふだんの雑誌の仕事に加えて、こんな華やかな一大イベントで采配をふるって成功に導くアナ・ウィンターは本当にすごい人ですよ。「私は決めるのが早いだけ」と言ってたけど、その判断力がすばらしいのよね。

そして展覧会の芸術監督を務めたウォン・カーウァイが、随所で的確なアドバイスをしていたのも印象的だった。「たくさん見せることは、何も見せないのと同じ」という言葉にも説得力があった。

プロフェッショナルな人たちのプロフェッショナルな仕事っぷりをしっかり見届けたという充実感。こういうの見ると、日本は考え方からしてまだまだだよなーと思っちゃう。政府の人やお役所の人もこういうところから学んだらいいんじゃないかね。がんばろう。


[PR]
by rivarisaia | 2017-05-24 00:38 | 映画/洋画 | Trackback | Comments(9)

T2 トレインスポッティング

まさか20年後に、同じキャストで続編が作られるとは思ってもみなかったよね。

b0087556_21404241.png
T2 トレインスポッティング(T2 Trainspotting)』監督:ダニー・ボイル

1作目が公開された時には、サントラは何度も聞いたし、ポスターのグラフィックもかっこよくて大好きだったんだけれども、じつは映画自体にはそれほど思い入れがなくて、ヘロイン中毒ってつくづく嫌だ……とどんよりした記憶しかなく、そもそも私はアーヴィン・ウェルシュの書く小説とは相性が悪いのだった。

1作目のラストで、主人公(とスパッド)それから残りの2人(ベグビーとシック・ボーイ)は一体このあとどうなっちゃうのか、ぼんやりと不安に思ってましたが、

4人とも相変わらずダメな感じで元気だったよ!

十分なお金さえあれば幸せな人生が送れるかもという1作目の淡い期待はまったく外れていて、お金があってもなくても、20年後も悲惨で荒んでクソみたいな毎日。でも若い頃はピリピリと張り詰めたところがあったけど、中年になった今は「なるようにしかならない」という諦念というか、ある種の余裕が感じられる。

諦めきって一度は人生から降りようとしたスパッドが最後には才能を発揮する。もしかすると1作目も2作目も真の語り手はスパッドだったのかもしれないな。

[PR]
by rivarisaia | 2017-05-22 22:38 | 映画/洋画 | Trackback | Comments(0)

ゲーム・オブ・スローンズ シーズン4〜6

感想を書いてなかったら「もう観てないの?」と知人に言われたんですけど、観てますよ!

b0087556_21505069.png

スターチャンネルをお休みしているので、Huluの配信待ち。配信されたら1話ずつゆっくり観ようと思うのに、2、3日で一気に見てしまう。シーズンを追うごとに面白くなっていますが、とりあえずシーズン6すごかった

思えばシーズン4から6にかけて、さまざまな人が死に、見るも忍びない悲惨な出来事が何度も起こり、権力が激しく移り変わっていきました。あまり好きじゃなかった登場人物のことがだんだん好きになったり、逆に出てくるたびに嫌いになっていく人物が現れたり、私の心の揺れも激しかった。

観ている人なら「アイツか……」とわかってくれると思うんだけど、誰かさっさとあいつを殺してくれないかな……という最凶の人物がいまして、イライラのあまり悶絶。

b0087556_21581137.png
もしかして、俺のことかな?

そうだよ、ラムジー。お前だよ、お前! あんたみたいな鬼畜は見たことないよ!

またシリーズを追うごとに、私の中でもっとも評価が激変したキャラクターがサンサ・スターク。シーズン1ではサンサにむかついていたというのに、今では誰よりも応援している。彼女は筆舌に尽くしがたい苦難を乗り越えてここまで生きてきました。こうなったら、がんばってスターク家を再興させてほしい。

b0087556_22174400.png
見てください、サンサのこの貫禄。

時々むかつくけど、なんだか憎めないサーセイも健在です。ドン底に落とされ屈辱を味わいますが、タダでは起きないサーセイのことですから、腰抜かすほど大胆なことをやってくれます。この先、どうなるんだろう。シリーズを追うごとに女性キャラクターの活躍が目立ちはじめ、よく考えてみればシーズン6終了時点で各地で力を握っているのは女性ばかりじゃないですか?

b0087556_22273246.png
熊の島の女公リアナ・モーモント嬢もすっごくかっこいい。もうね、北部はサンサとリアナの二人で治めたらいいんじゃないかな。

これまで溜まりに溜まった視聴者の鬱憤が一気に解放されるのがシーズン6。このカタルシスときたら半端なかったです。久しくこんな清々しい気分を味わったことない。非常に残酷ではあるのだけれども。

公式発表ではシーズン8でシリーズが完結するそうなので、残りの2シーズンがどのように展開するのか楽しみです。スピンオフをつくるという話もちょっと気になる。


[PR]
by rivarisaia | 2017-05-19 22:48 | 海外ドラマ | Trackback | Comments(0)

ベトナムのHATVALAさんのお茶

ゴールデンウィークが終わって、ジロが始まり、夏に向かって着々と進んでますが、みなさん、お元気ですか。今日はベトナムのお茶の紹介。

ホーチミンに出張に行った家人が、HATVALAというお茶屋さん(コーヒーも扱っているらしい)でお茶を買ってきました。ここは質のよいお茶を直接お茶農家から買い付けているというお店。お茶のパッケージも可愛い。

b0087556_01222900.png
左は紅茶、右は白茶。箱の側面に淹れ方(葉やお湯の量、抽出時間など)が丁寧に書いてあって、箱の後ろ側にはお茶の詳しい説明が載っています。

b0087556_01320589.png

白茶の葉はこのように、銀針という感じ。さわるとふわふわと柔らかいです。
b0087556_01333072.png
写真だと水色が薄くてお湯みたいだけど、香りが良くて美味しい。甘い後味です。写真撮ってないけど、紅茶もしっかりした味でとても美味しかった!




[PR]
by rivarisaia | 2017-05-11 01:42 | 中国茶&お茶 | Trackback | Comments(4)

見たもの読んだものについての電子雑記帳


by 春巻まやや
プロフィールを見る