<   2018年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

バーフバリ 王の凱旋

もうみんな、王を称えた!? 昨年末、王を称えて一年を締めくくり、新年は王を称えて迎えた人たちもたくさんいらしたと思いますが、私もようやく先週2回ほど王を称え、燃えたぎる神聖な炎で魂を浄化しました!! おかげで心身ともにエネルギーに満ちてきた。 バーフバリ! バーフバリ!


神話の映像化とはこういうものなのか……!と心がうち震えたよね。


b0087556_11374645.png

バーフバリ 王の凱旋(Baahubali 2: The Conclusion)』監督:S・S・ラージャマウリ


古代インドのマヒシュマティ王国で名を轟かせた伝説の王バーフバリの物語。


国民から愛され絶大なる支持を得ていたのにもかかわらず、暴君バラーラデーヴァにその地位を奪われたアマレンドラ・バーフバリ。彼の生い立ち前半と、その息子マヘンドラ・バーフバリの生い立ちを中心にした話が、日本で昨年公開された『バーフバリ 伝説誕生』でした。


続きものなので、前作を観てないと話がわからないと思うのは当然なのですが、今回、上映前に5分でわかる前作ダイジェストがあるので(流れない映画館もあると聞いたので、下にはっとく)、それさえ観ておけばまったく問題なく話についていけるから大丈夫。いずれにしても観終わってから『伝説誕生』も観よう!ってなるだろうし、そうすると『王の凱旋』もまた観たくなるというループになるとおもう。


私は前作を観て数時間後に『王の凱旋』を観たんですけど、前作はまさかの壮大な前フリだった……というか『王の凱旋』があまりにすごすぎて度肝を抜かれ続け、前作の記憶が消し飛んだ。だって、開始早々クライマックスで、そのあとも休みなくずーっとクライマックスに次ぐクライマックスで、映画が終わってハッと我に返ったら2時間半近く経ってた。びっくりするくらい時間の長さが気にならなかったんですけど、これが恐るべし偉大なる神話の力か……。


王者バーフバリ(父&息子)はもちろん、王家に仕える奴隷剣士カッタッパはじめキャラクター全員がすばらしく、中でも国母シヴァガミの眼力とバーフバリ父のお妃デーヴァセーナの最強の戦士っぷりがさいこう。


デーヴァセーナは相手が国母だろうが、王だろうが、権力に怖気づくことなく言いたいことはハッキリ言う。積年の屈辱にも耐えに耐え、生首を放り投げで不敵な笑みを浮かべ、炎を頭上に頂き満願成就する、デーヴァセーナ妃! 万歳!!!


ポスターにもなっている、バーフバリとデーヴァセーナが共に弓を射るシーン、大好き。思い出すだけで、幸せだ。


映画のこと何も書いてないに等しいけど、とりあえず今回はこの辺で。王を称えたという報告でした。


前作のあらすじダイジェストをはっておきますね。まだ称えてない人はさっそく王を称えに行ってー。





そして今回の予告はこちらです。映画を観たらわかるけど、本編すごすぎてこんなものではなかった……









[PR]
by rivarisaia | 2018-01-15 12:07 | 映画/アジア | Trackback | Comments(0)

あけましておめでとうで、国際子ども図書館

b0087556_21365391.png
新年すっかりあけましておめでとうございます

今年はもうちょっと頻繁に更新できるよう努力します!

冬休みはだらだらと過ごして、やるつもりでいたことがほとんどできないまま終了しましたが、のんびりいこうと思います。先週末は上野にある国際子ども図書館に行きました。

b0087556_21425971.png
正式名称は「国立国会図書館国際子ども図書館」。公式サイトのニュースをよくチェックしています。明治に建設された帝国図書館を改修していて(設計は安藤忠雄と日建です)、建物を見るだけでも楽しい。今年は3月からオランダの子どもの本の展示会があるので、それもおもしろそうです。

帝国図書館時代の「特別閲覧室」が児童書ギャラリーになっていて、絵本史のコーナーでお伽草紙や子供之友など古い本の復刻版を手にとって読めるので、そこもおすすめ。

では、今年もどうぞよろしくお願いします。

[PR]
by rivarisaia | 2018-01-09 21:53 | 旅行・お出かけ・さんぽ | Trackback | Comments(1)

見たもの読んだものについての電子雑記帳


by 春巻まやや
プロフィールを見る