普通の人びと―ホロコーストと第101警察予備大隊

『コール・オブ・ヒーローズ』の感想でふれた本で、今のところ絶版みたいだけど、読み継がれるべき1冊。文庫化するか電子版を出すかしてほしい。

「普通のドイツ人が、いかにして史上稀な大量殺戮者に変身したのか」を膨大な史料に丹念にあたって浮き彫りにした本。ちなみにここでの「普通の人びと」は男性ですが、「普通の女性」のケースについては『ヒトラーの娘たち――ホロコーストに加担したドイツ女性』(ウェンディ・ロワー著、明石書店)をどうぞ。

b0087556_22162174.png
普通の人びと―ホロコーストと第101警察予備大隊』クリストファー・ブラウニング著、谷喬夫訳、筑摩書房

警察予備大隊の構成員というのは、あくまで警察の予備として急遽収集された一般市民であり、軍人ではなかった。

およそ500人の隊員からなる第101警察予備大隊も、上に立つ少数名のナチ党員やSS隊員をのぞけば、ほとんどが運送業や材木屋、教師、事務員、船員、セールスマンといった、「普通の人びと」である。年齢層は高め、ナチス・ドイツ以前の教育を受けており、格別にナチスの思想に傾倒していたわけでもない、主にハンブルク出身の一般労働者。

1942年、第101警察予備大隊はポーランドに派遣される。そしてそこで2年間にわたりこの「普通の人びと」は虐殺に加わっていくことになるのだった。

一番最初の「任務」では、隊長であるトラップ少佐が、涙を浮かべながら内容を説明した上で参加したくない者は申し出れば処罰なしで任務から外すと言うのだけれども、ここで辞退した者は10名ほどしかいない。

そしていざ銃殺が始まるとトラップ少佐は現場には来ず、小屋の中で泣きながら神に祈っていた。「現場」では、殺すのが嫌でこっそり隠れた者、耐えきれず途中で任務を外してもらった者もいたけど、残りは命令に従ってひたすら殺し続けた。とはいえ、初めての任務はかなり凄惨なことになり、隊員のほとんどは精神的に参ってしまう。

ところが、彼らはその後も虐殺任務を手がけていくうちに、だんだん手際もよくなり、精神的にもすっかり順応してしまう。

馴れって怖い、というレベルを超えて人は物事に馴れる。おびただしい人数をトレブリンカ絶滅収容所へ送り込むという移送作業も、隊員たちはじつに心穏やかに取り組むことができた。だって、自分たちが手を下すわけじゃないからね。1943年の「収穫祭作戦」と呼ばれる大虐殺が彼らにとって最後の任務となった。

著者ブラウニングは、最後にこう書いている。

「殺戮した者は、同じ状況に置かれれば誰でも自分たちと同じことをしただろうとして、免罪されることはありえない。なぜなら、同じ大隊員のなかにさえ、幾人かは殺戮を拒否し、他の者は後から殺戮をやめたのであった。人間の責任は、究極的には個人の問題である」

それはその通りだけれども、

「大量殺戮と日常生活は一体となっていたのである。正常な生活それ自体が、きわめて異常なものになっていたのである」

という状況で、「絶対に嫌です、やりません」とはたして私たちは言えるかどうか。これは自分本位な性格というか他人の目をまったく気にしない性格かどうかが大きい気もしてきた。最初あんな泣いてたトラップ少佐だって、しまいには順応してるわけで、心が優しいかどうかはきっとあまり関係ない。

自分が任務を拒否することは、汚れ仕事を仲間にやらせることであり、「それは結果的に、仲間に対して自己中心的な行動をとることを意味」していた。ときに正義を貫くには、周りから独善的だ、弱虫だなどと侮辱されても無頓着でいられる強さが必要かもしれない。

第101警察予備大隊が射殺したユダヤ人の数は、1942年7月から1943年11月の間に総計38,000人、トレブリンカへ強制輸送したユダヤ人の数は、1942年8月から1943年5月までで、総計45,200人だった。



[PR]
# by rivarisaia | 2017-08-21 22:19 | | Trackback | Comments(0)

Himself

なんだかどう評価していいのかよくわからなかった本だけど、時間が経ってから、いくつかの場面や登場人物たちのことを懐かしく思い出すので、思ったよりも良い本だったのかも。

b0087556_18173827.png
Himself』Jess Kidd著、Canongate Books

表紙はUK版とUS版の2種類。私はUK版が好き。

アイルランド。1950年、赤ん坊を連れた少女が森で殺される。
そして1976年、Mohonyという26歳の青年がMulderrigの小さな村にやってきた。彼は赤ん坊の頃に自分を捨てた母親を探しにやってきたのだ。

という話で、そうか、主人公の過去と昔の殺人事件にまつわるミステリーなのね、と読者である私は思うわけですが、この本がちょっと、というか、かなり変わってるのは、

村には幽霊が満ち満ちていて、主人公には霊が見える。

というところ。あちこちに幽霊だらけ。猫が死ねば、猫の霊が体から抜けて生きてるときのように路地を歩いていくし、書斎にいる老婦人のそばをかつての恋人がふわふわうろついてたりする。パブに行けばそこにも幽霊がいるし、道歩いててもそこに霊がいる。

なんだこの話……。

かつてこの村に住んでいた主人公の母親は、一応は行方不明ということになっているのだが、どうやら村にとって厄介な存在だったらしい(あとでどのように厄介だったのか判明するけど、そりゃ困るね……)。主人公は、かつて舞台女優だった老婦人、Mrs. Cauleyの協力を得て、失踪した母親の謎を探っていくんだけれど、Mrs. Cauleyの立てた作戦はともかくとして、彼女自身はとても印象深いキャラクターで、本書の中で一番好きかも。私はMrs. Cauleyと茶飲み友だちになりたいです!

さて読み終わってみると、いくつかの謎が謎のまま終わった気もするし(Mohonyの父親が誰だったのか、もわからないままじゃないですか?)、ミステリーというよりマジックリアリズム小説といったほうがしっくりくるかも。幽霊はたくさん出てくるし、過去の事件は暗い話だけれど、陰鬱とはしてなくて、ちょっと陽気なところもある話です。




[PR]
# by rivarisaia | 2017-08-12 18:46 | | Trackback | Comments(0)

Man V. Nature:シュールでダークで居心地が悪くなる短編集

シュールでダークで居心地が悪くなる話が12編詰まった短編集。夏のビーチでの読書にはあんまり向かない。夜に読むのはおすすめ。

b0087556_18472115.png
Man V. Nature』Diane Cook著、Harper

表題作は、魚釣りに行ったはずがなぜかゴムボートで漂流するはめになった三人の男性の話。幼い頃から仲良しの三人組と思いきや実際は……という事実が漂流中に徐々に明らかになっていって、なんともいたたまれない心持ちに。

配偶者を亡くした者は新しいパートナーをあてがわれるまで強制的に施設に収容されるという、ちょっとアトウッドっぽい「Moving On」、洪水で2軒だけ家が残された世界の話「The Way the End of Day Should Be」、産んだばかりの子どもを謎の男に奪われる恐怖を描く「Somebody's Baby」、一歩でも外に出ると襲撃される世の中で、主人公は強い男と結婚し巨大な赤子を生むんだけれども……という「Marrying Up」など、全般的にディストピアな話が多いのですが、どの話も私たちの不条理な社会や日常に潜む不安や無力感、欲望や葛藤を暗喩していると考えると、いくらでも深読みできて、それぞれの話が意味するところをじっくり反芻するととても楽しいのでおすすめです。

コミカルで異色だったのは、人を食い殺すモンスターが襲来し右往左往するエグゼクティブたちを描いた「It's Coming」(これたぶんタイトルはシャレになってるのでは?)。

そしてゴールディングの『蝿の王』を思わせる「The Not-Needed Forest」のラストには戦慄しました。10歳になって社会的に不要とされた少年たちが、装置に入れられてどこかの森に送られるんだけど……という話。途中まではありがちと思っていたけど、最後の最後で、え、そういうことかとわかった時に「うわー」と背筋凍った。地味に怖い。



[PR]
# by rivarisaia | 2017-08-03 19:01 | | Trackback | Comments(0)

入院して手術して退院しました!

Twitterでは言いましたが、いつかそのうちやるやると長らく先延ばしにした手術をついにやった!ので、1週間くらい入院してまして、先週退院しました。

b0087556_14253423.png
やたらカラフルな流動食。手術前に流動食で心底よかった、という事案ものちに発生する。

術後翌日は全身麻酔の影響が強く出て「拷問か……」って感じだったけど、2日目からは劇的に調子がよくなった。最近の医学、すごい(今回は腹腔鏡手術でした)。まだ家で安静にしてないといけないとはいえ、微妙に腹に力が入らない以外は特に痛いところもなく元気です。手術の話はいずれまとめて書くとして、いま私は「なぜ夏のゆったりワンピースを買っておかなかったのか!」とひとり反省会中である。

あのね、傷がこすれなくて楽だしね、ゆったりワンピースが複数枚あると便利だよね。もっと早く気づけばよかったよね……。



[PR]
# by rivarisaia | 2017-07-30 14:55 | 日々のよもやま | Trackback | Comments(4)

大航海時代の日本人奴隷

最近読んだなかでとても面白くて、おすすめの本がこちら。

b0087556_18571456.png

大航海時代の日本人奴隷』ルシオ・デ・ソウザ、岡 美穂子著、中央公論新社

わくわくするので、出版社の紹介文をまず読んでみて。

戦国時代の日本には奴隷とされた人々が多数存在し、ポルトガル人が海外に連れ出していた。メキシコに渡った3人の日本人奴隷を語る異端審問記録。もう一つの大航海時代史が立ち現れる。

16世紀から17世紀にかけて、奴隷として海外に連れ出された日本人がいた、という話は宣教師の記録にも出てくるし、しばしば目にしていました。しかし実際、どのくらいの人数が、どのあたりの国に行って、およそどんな生涯を送ったのか、具体的なイメージが今ひとつ湧かなかった。この本を読むまでは。

史料に残っている日本人はごくわずかとはいえ、著者が丹念にそうした史料を追い、日本人奴隷の実態について詳しく調査研究したのが本書です。

わたしの想像以上に多くの人が、マカオ、フィリピン、南米、スペイン、ポルトガル……と、世界のあちこちに渡っていたのがまず驚き。ポルトガルには少年遣欧使節以前から日本人がいたらしい。

彼・彼女らの境遇もさまざまで、「期限付きの使用人」として契約したのであって自分は奴隷ではない、という人々も存在したようす。現代の私たちからすれば、人身売買で奴隷なんだけれども、本人は「年季奉公」のつもりでいる、というのも、言われてみればなるほど……。海外でのちに自由人となって、現地の人と結婚した人もいれば、不遇のまま生涯を終えた人も少なくなかったようです。

詳しくその生涯がわかっている「ガスパール(日本名は不明)」の場合、8歳頃に九州でさらわれて、表向きはカトリック教徒を装うユダヤ人のポルトガル商人に買い取られ(使用人としてそこの家の子供と同じように教育も受けている)、異端審問所に追われる主人一家とともにアジア各地を転々とした後、メキシコにわたり、そこで奴隷身分からの解放を求める訴訟を起こし、主人の息子と再会を果たし、はれて自由人になった。なんだか激動の人生である。メキシコでどんな生涯を終えたのだろうか。ガスパール。

マカオにも、17世紀初頭にはたくさんの日本人が住んでいたようだけど、明朝が日本人の入国を制限している手前、本当は日本人が住んでいてはいけないので史料としてはあまり残っていないとのこと。

海外で日本人がコミュニティを作ることもあり、それが各地の当局からマークされていたこともあったそうで、江戸幕府の鎖国のプロセスにも「海外在住日本人の問題が少なからず影響を与えたのではないか」と著者は仮説を立てている。

日本人奴隷は中国人やインド人、そのほかの東南アジアの奴隷とも共存していたようなので、そのあたりの歴史もあわせて詳しく知りたいなと思った。ちょうどアメリカの西部開拓時代におけるアジア系移民(日本人含む)についての資料をちまちまと探して読んだりしていることもあって、アジアの他の国の状況も気になるのだった。

しかし、前述のガスパールの件といい、こうした過去の実情が判明したのは、スペインやポルトガルがきちんと文書に記録し、それをちゃんと保管していたからで、すばらしいとしか言いようがありません。捨てちゃダメだよ、文書。後世の人にとって何が重要になるかわからないからね。

ちなみにこの本の原書は3倍のボリュームがあるそうで、イエズス会と奴隷貿易、ポルトガルによる現状認識などについては未訳なので、ぜひ続きも出してほしいです。刊行を楽しみに待っています。


[PR]
# by rivarisaia | 2017-07-17 19:16 | | Trackback | Comments(4)

新宿区立新宿歴史博物館

あまりに暑くてすっかりご無沙汰していました。この気候でオリンピック大丈夫なのかな。東京都民としては大丈夫じゃないと思うんですけど。

さて。

まだ涼しかった6月、新宿歴史博物館について近いうちに書く!といって放置していたわけですが、忘れてませんよ! さあ、この夏休み、みなさんも近くを通りかかったらぜひお立ち寄りください!

新宿区立新宿歴史博物館(サイト)
東京都新宿区三栄町22 TEL:03-3359-2131
開館時間:9:30〜17:30 第2・4月曜が休館(祝日の場合は翌日)
観覧料:一般300円、小・中学生100円

最寄り駅は「四ツ谷」か「四ツ谷三丁目」。ちょうどこのふたつの駅の間くらいに位置するので、四ツ谷でおりて、修道院ショップのサン・パオリーノやカトリック・ショップのドン・ボスコに寄ってから向かってもいいですし、四ツ谷三丁目から消防博物館とハシゴしてもよいですね。ついでにフルーツパーラーフクナガでパフェを食べたり、坂本屋でカステラを買ってもいいかも。東京おもちゃ美術館も近くにあります。

わざわざ歴史博物館だけのために行かなくてもいいかもしれないけど、面白い企画展もやっているし、何かのついでに立ち寄るのによい博物館で、私はかなり気に入っています(良いマイナスねじも見られるのもポイント高い)。

地下のホワイエにはロマンスカーの座席や運転席がありまして、座ってのんびりしたり、運転気分を味わいつつ写真撮ったりできるんですが、それよりなにより見てください、ほらこの

b0087556_18403599.png
ロマンスカーの堂々としたマイナスねじよ!

b0087556_18410277.png

計器部分にもほら!

常設展は、写真撮影可能な箇所が限られているので何が展示してあるのかは行って見てほしいのですが、江戸時代の子供のお墓から出てきたままごとセットや新宿に住んでいた文豪の資料など、地味に興味深い史料がたくさんあるほか、
b0087556_18453461.png
江戸時代の内藤新宿のパノラマとか

b0087556_18455878.png
お菓子問屋の実物大再現とか

b0087556_18464204.png
市電がドドーンと展示してあったりとか(中に入れるし、撮影可能ですよ!)

b0087556_18471982.png

個人的にいちばん好きなのは、文化住宅の再現。落合に住む金子さん宅。中を覗けます。洋間には蓄音機があってハイカラなおうち。

そのほかにも新宿にかつて存在した数々の映画館の史料やら、デパートや洋食の史料とか、じっくり見ていくと面白い展示がたくさん。あちこちに置いてある展示史料の解説シートも内容が濃い。

「昭和の洋食の展示」でかなり気になっているのが、新宿カピーというお店の「カルピスマカロ」というメニュウ。マカロニをカルピスで煮た一品らしいんですけど、どんな味なんだろう。甘くはなかったっぽいけど。

[PR]
# by rivarisaia | 2017-07-13 19:06 | 展覧会ほか | Trackback | Comments(0)

コール・オブ・ヒーローズ 武勇伝(危城)

田舎の町に流れ者がやってきて、正義と悪の戦いに加勢して、そしてまたどこぞへ去っていくという西部劇のような話で、アクション含め本当によかった。悪が超怖くて泣きそうだったし、まっすぐな正義の人たちの戦いっぷりも泣ける……!

b0087556_19081819.png
コール・オブ・ヒーローズ 武勇伝(危城)』監督:ベニー・チャン/陳木勝

1914年、内戦下の中国。流れ者のマー(エディ・ポン/彭于晏)は、自警団が守りを固めている小さな村にたどり着く。平和なその村にも、各地で略奪と虐殺を繰り返す軍閥が迫りつつあった。

さて、その軍閥を率いる将軍にはドラ息子(ルイス・クー/古天樂)がおり、これがたいそう冷酷無比な男で、ある日ふらりと村にやってくると、女性と子どもを含む3人を戯れに射殺する。

正義感あふれる自警団のヨン団長(ラウ・チンワン/劉青雲)は、将軍の息子をとらえ、死刑にしようとするのだが、そこへ軍閥の将校らが現れる。その将校(ウー・ジン/呉京)はマーのかつての兄弟子であった……

という話です。

ラウ・チンワンとルイス・クーは、人の姿をしているけれども「純粋な正義/善」と「絶対的な悪」という "概念" なんじゃないかなあ。で、残りの登場人物がふつうの人々を象徴していて、その代表格がエディ・ポンとウー・ジンなんだと思うんですよね。

ふたりとも根っからの悪人ではないんだけど、過去の出来事から正義なんてないんじゃないかと諦めちゃってる若者と、いつの間にやら権力になびき、出世のために人の道を外れてしまった男。「正義」と「悪」が目の前に現れた時に、人はエディ・ポンのようにもなれるし、ウー・ジンのようにもなってしまう。

人生投げやりになっていた若者が、真の正義を目の当たりにして、失っていた大事なものを取り返すという王道ストーリー。真の正義ことラウ・チンワンの鞭さばきは鮮やかで、おまけにクライマックスで「それはアリなのかー!」という一撃が待ってたりするんですけど(大笑いした)、私が本作で悶絶したアクションは、ラウ・チンワンの妻のザルさばきです。めちゃくちゃしびれる。手にしてるのはザルだけど!

本作に登場する女性は、このラウ・チンワンの妻といい、子供を連れて逃げてくる女性教師といい、芯が強くて本当にかっこいいですね。まったく、なよなよしていない。すばらしい。私も見習いたい……。

ところで、『普通の人びと』という、普通のドイツ人がいかにして大量殺戮者となったかを明らかにしたノンフィクションがあるんですけど(これについては、ついでなので近々書きます→書きました)、エディ・ポンとウー・ジンを観ながら、この本を思い出したりしました。

人間は弱いので、うっかりしていると正義なんてどっかに忘れちゃいがちだけど、未来のためにも長いものに巻かれるなよ!って喝入れられたような映画でした。元気でるので何度でも観たい。



[PR]
# by rivarisaia | 2017-06-27 19:38 | 映画/アジア | Trackback | Comments(2)

見たもの読んだものについての電子雑記帳


by 春巻まやや
プロフィールを見る