タグ:これ読ま ( 22 ) タグの人気記事

2017年これを読まずして年は越せないで賞 受賞作!

今年の「これを読まずして年は越せないで賞」も無事決定いたしました!

候補作のリストはこちらをどうぞ。

そしてツイッターで話し合った結果は……

I. YA 最優秀作品: 『The Hate U Give』Angie Thomas

YAの最優秀作品は、「ブラック・ライブズ・マター」や、日常の差別や偏見についてがテーマの作品。こちらは私、感想書いてました。

児童書については来年の2月に審査を行う予定です。

II. ノンフィクション 最優秀作品:『Born A Crime』Trevor Noah

b0087556_23094452.png
南アフリカ出身のコメディアンで、2015年からアメリカの「The Daily Show」のホストをつとめているトレヴァー・ノアの回想録です。幼い頃から笑い事じゃないくらい大変な人生を送っているんだけれども、それをユーモアを交えて語っていて、悲惨なのに笑ってしまうし、逆境に負けないエネルギーがつまっていて、なぜだか読んでいてとても元気が出る。本人が読んでいるオーディオブックでもう1回読もうかなー。

III. ジャンル・フィクション(SF、ミステリを含むジャンル小説)部門

b0087556_23105230.png
「Shades of Magic 三部作」V.E. Schwa

1巻から順に、タイトルは次の通り。
『A Darker Shade of Magic』
『A Gathering of Shadows』
『A Conjuring of Light』

ジョージ3世の時代、灰色、赤、白、そして滅亡したとされる黒と、3つ(4つ)のロンドンが並行して存在する世界が舞台で、そのパラレルワールドを行き来できる魔法使いが主人公。1巻より2巻が、2巻より3巻が面白い。そして登場するキャラクターがとてもいいです! (NetflixかHuluあたりでドラマ化してほしい〜)


IV. フィクション:(大衆文芸)『Beartown』Fredrik Backman
  (文芸小説)『The Tsar of Love And Techno』Anthony Marra

フィクションは迷いに迷って、タイトルも多いので受賞は2作になりました!
b0087556_23213437.png

「Beartown」は『幸せなひとりぼっち』の著者フレドリック・バックマンの長編。過疎化が進む小さな田舎町ベアタウンでは、人々にとって非常に重要な位置にあるものがアイスホッケー。町を再び繁栄させるため、アイスホッケーチームを強化させようと取り組んでいる最中に起きた、ある事件。舞台はスウェーデンだけど、日本に置き換えてもじゅうぶん通用する話だし、まさに今の日本でも話題になっているテーマが描かれています。

文芸の『The Tsar of Love And Techno』は、私が絶賛してて感想も書いてますのでどうぞ。Marraは物語の構成はもちろんのこと、文章もとてもいいのです。



そして2017年の栄えある大賞は『Born A Crime』に決まりました!

b0087556_23372621.png
誰が読んでも心に残る箇所があるはず。明るい気持ちにもなるし、本当におすすめ。

ツイッターでの審査の経過は由佳里さんがTogetterに今年もまとめてくださったので、ゆっくりお読みください。



それでは、みなさん、よいお年を! 来年こそは、短くてもできるだけこまめに感想書くようにしたい(毎年言ってる気がする来年の抱負)。



[PR]
by rivarisaia | 2017-12-30 23:57 | | Trackback | Comments(2)

2017年これを読まずして年は越せないで賞 候補作!!

今年も渡辺由佳里さんやモナさんとともに「これを読まずして年は越せないで賞」略して「これよま」を行います! 日程は決まり次第おしらせしますが、年末です。

候補作のリストは以下の通りですが、感想を書いてない本が多いので(よくよく反省して来年はもう少しがんばります)、各タイトルの内容など詳しくは、渡辺さんのサイトをご覧ください! 




I. 児童書/YA(今年はYAオンリー。児童書は来年2月に延期します!)

b0087556_17243031.png

The Hate U Give / Angie Thomas
Words In Deep Blue / Cath Crowley


II. ノンフィクション
b0087556_17250008.png
Born A Crime: Stories From a South African Childhood / Trevor Noah
Shoe Dog: A Memoir by the Creator of NIKE / Phil Knight
Lost City of Monkey God / Douglas Preston
What Happened / Hillary Rodham Clinton
Fantasyland / Kurt Andersen

III.フィクション(SF、ミステリを含むジャンル小説)部門
b0087556_17254928.png

All The Birds In The Sky / Charlie Jane Anders
The Dry / Jane Harper
Shades of Magic三部作 / V.E. Schwab
Jane Steele / Lyndsay Faye


IV. フィクション(文芸小説、大衆小説)

b0087556_17255990.png
A Gentleman In Moscow / Amor Towles
The Guest Room / Chris Bohjalian
Beartown / Fredrik Backman
Eleanor Oliphant Is Completely Fine / Gail Honeyman
Little Fires Everywhere / Celeste Ng
Lincoln In The Bardo / George Saunders

どれが賞を取るのか楽しみ! ツイッターで話しながら決めるけど、遠慮なく横ヤリを入れてもらって構わないのでお気軽に参加してくださいね〜。ハッシュタグは #これ読ま です。

[PR]
by rivarisaia | 2017-12-17 17:28 | | Trackback | Comments(0)

2016年これを読まずして年は越せないで賞 受賞作!

今年の「これを読まずして年は越せないで賞」も無事決定いたしました!
冬休みや新年の読書の参考にしてくださいねー。


I. 児童書/YA部門:『Raven King』Maggie Stiefvater
*Raven Cycleシリーズ4部作全体として評価

YAのファンタジーは似たりよったりの作品が多いなか、独特な物語と世界観を味わうことができる、非常に読み応えがあるシリーズなので、大人の読者にももちろんおすすめ。エリート男子校に通う4人の少年+ヒロインの少女という組み合わせが、日本だと『花より男子』を連想する人もいそうですが、似てるのは4人+1人っていうところだけです。

1作目から順番に次のようなタイトルになっています。
『The Raven Boys』 (The Raven Cycle, #1)
『The Dream Thieves』 (The Raven Cycle, #2)
『Blue Lily, Lily Blue』 (The Raven Cycle, #3)
『The Raven King』 (The Raven Cycle, #4)


II. ノンフィクション部門:『Becoming Nichole』Amy Ellis Nutt

こちらは私、感想書いていました。

III.フィクション(大衆小説)部門:『Before the Fall』Noah Hawley

著者は、アメリカのドラマ『BONES』や『ファーゴ』の脚本を書いているノア・ハウリー。乗員乗客11人のうち、たった2名が生還するというプライベートジェット機の墜落事故をめぐる話で、ミステリとしても読めるけれど、人間の弱さや醜さ、人生の選択肢などについて考えてしまうような小説です。

IV. フィクション(文芸小説)部門:『The Nix』Nathan Hill

私の感想は以下。これは今年、最大級にオススメ。

そして、今年の栄えある大賞は

『The Nix』

そして次点が『Becoming Nichole』に決まりました!

ツイッター会議や候補作の詳細については渡辺さんの「洋書ファンクラブ」や Togetterまとめ をじっくりお読みください。

では、来年も楽しい読書ができますように!


[PR]
by rivarisaia | 2016-12-30 22:30 | | Trackback | Comments(0)

The Sun is also a Star

1作目の小説『EVERYTHING, EVERYTHING』がベストセラーになって、来年公開予定で映画化が決定している Nicola Yoonですが、2作目もこれまた評判がよくて、これまた映画化するみたい。社会的にもタイムリーに移民問題を扱っているのですが、ちょっと切ないラブストーリー。

b0087556_22461123.png

The Sun is also a Star』Nicola Yoon著、Corgi Childrens

Natasha:ジャマイカ生まれのナターシャ。家族でアメリカに移住してきて、もう10年もニューヨークに暮らしているけれど、一家は不法滞在であることが当局に発覚して、国外退去を命じられた。

Daniel:韓国系アメリカ人のダニエル。韓国からアメリカに移住してきた両親はヘアケア・ショップを営んでいる。詩を書くのが大好きなダニエルだが、両親はダニエルをイエール大学に入れて将来は医者になってほしいと考えている。

その日は、ナターシャのアメリカ最後の日。

なんとかアメリカに残ることはできないかと藁にもすがる思いで奔走するナターシャは、街中で偶然ダニエルと出会って……。

夢は決して叶わないし、宿命や運命なんて全く信じないというナターシャと、詩人であるがゆえにロマンチストなダニエルという、まるで正反対なふたりのたった1日のラブストーリー。でも決して閉じた世界ではなく、どこか広がりを感じさせるのは、ふたりの1日のちょっとした瞬間に交錯した人たちのエピソードが挿入されているからかも。ふと交わした一言や、たまたま遭遇した出来事によって、人生は大きく変わることもある。

世代の違いから生じる価値観の差、人種による偏見など、移民が抱える現実的な問題についても触れられていて、世の中うまくいくことばかりではないとしみじみと感じるけれども、いつもどこかに希望は転がってる。人生って何があるかわからないよね!という終わり方もとても良いです。

ナターシャの章、ダニエルの章…と交互に語り手が変わる構成で、ひとつの章が短い上に英語も読みやすいし、なによりふたりがどうなってしまうのかスリリングなので、英語で何か読んでみようかな、という人にもおすすめ。

追記(12/28/2016):『Everything, Everything』(難病の女の子が主役のラブストーリー)も読みましたが、断然こちらの『The Sun is also a Star』のほうをおすすめします。逆に『Everything〜』はいまひとつだった人も、こっちは大丈夫だと思いますよー。


[PR]
by rivarisaia | 2016-12-27 22:55 | | Trackback | Comments(0)

2016年これを読まずして年は越せないで賞 候補作

遅ればせながら、今年もやります「これを読まずして年は越せないで賞」の候補作リストが出ました!

詳しくは渡辺さんのサイトをご覧ください!
今年もまたもや感想を書けてない本がいっぱいあるのですが、ツイッター公開審査までに全部は無理そうだけど数冊くらいは書けるかな。

公開審査は12月29日19:00〜を予定しています。ハッシュタグは #これ読ま、横やり大歓迎です。では、今年もお楽しみに!

[PR]
by rivarisaia | 2016-12-23 01:23 | | Trackback | Comments(0)

2015年これを読まずして年は越せないで賞 受賞作!

いつもは年末にお知らせしているのですが、今回は遅ればせながら、2015年の「これを読まずして年は越せないで賞」のお知らせです!

年末に行われたツイッター会議とか候補作の詳細については以下をどうぞ!


ざっくりと紹介しておきまーす。

I. 児童書部門:『Blackthorn Key』Kevin Sands

b0087556_23304214.jpeg
17世紀のイングランドを舞台に、薬剤師の見習い少年が暗号を解読しながら連続殺人事件の謎と錬金術の秘密を解明するというページターナーな1冊。今年の秋に続編が出るそうです!

I-2. YA部門受賞『Six of Crows』Leigh Bardugo(YA)
b0087556_23304479.jpeg
例えていうなら、ゲーム・オブ・スローンズの世界でオーシャンズ11の物語が展開するような話で、三部作の第1作目。

・そのほかの候補作
『Nightbird』Alice Hoffman
怪物が棲む森のそばの小さな町に暮らす女の子が主人公。彼女の家族は大昔に魔女に呪いをかけられていて……とおどろおどろしい設定のようだけど、ほんわかした可愛らしいファンタジー。

『Nimona』Noelle Stevenson(YA)
破天荒な主人公Nimonaが活躍する一風変わったアメコミで、全米図書賞最終候補作。

『What We Saw』Aaron Hartzler(YA)
真実を探ろうとする勇気ある第三者を主役にすえた、レイプをテーマにした作品。

(最終候補からは外れた作品)
『A Darker Shades of Magic』V.E. Schwab(YA)
『Most Dangerous』Steve Sheinkin(YA)

II. ノンフィクション部門:『Missoula』Jon Krakauer
b0087556_23304661.jpeg
アメフトチームのメンバーがレイプ事件を起こしたのをきっかけに、数々の暴行事件が明るみにでたという事実を追い、性犯罪に対する私たちの認識を改めさせる必読の1冊。

・そのほかの候補作
『So You’ve Been Publicly Shamed』Jon Ronson
最近のインターネットでありがちな、炎上、すなわち、集団による個人攻撃と、加害者や被害者の心理について探るルポルタージュ

『Modern Romance』Aziz Ansari
コメディアンのアジズ・アンサリが社会学者とタッグを組んだ、恋愛に関するユーモラスで真面目な社会学の本

(最終候補からは外れた作品)
『Rising Strong』Brené Brown
『Being Mortal』Atul Gawande
『Pioneer Girl: The Annotated Autobiography』Laura Ingalls Wilder
『Becoming Nicole』Amy Ellis Nutt(*これはしっかり話し合いたい本なので、来年に持ち越し)

III.フィクション(大衆小説)部門:『Inside the O’Briens』Lisa Genova
b0087556_23304807.png
『アリスのままで』の著者が書いた、ハンチントン病を抱えた家族の物語

・そのほかの候補作
『The Lake House』Kate Morton
おなじみのケイト・モートン最新作。

『Circling the Sun』Paula McLain
イギリス生まれでケニア育ちの女性パイロット、ベリル・マーカムの自由奔放で興味深い人生を描いた伝記小説

(最終候補からは外れた作品)
『Last Song Before Night』Ilana C. Myer
『Seveneves』Neal Stephenson

IV. フィクション(文芸小説)部門:『A Brief History of Seven Killings』Marlon James
b0087556_23305034.jpeg
今年のブッカー賞受賞作。ボブ・マーリー暗殺未遂事件を軸に、ジャマイカの歴史を独特のリズムのある文体で語る長編叙事小説

・そのほかの候補作
『A God in Ruins』Kate Atkinson
ケイト・アトキンソンの『Life After Life』の姉妹編にあたる、語られなかったもうひとつの物語。

『Fates and Furies』Lauren Groff
ある夫婦の結婚生活を、夫と妻のそれぞれの視点から描いた

『The Buried Giants』Kazuo Ishiguro
邦訳は『忘れられた巨人』

(最終候補からは外れた作品)
『A Little Life』Hanya Yanagihara

そして2015年の大賞は、紆余曲折のすえにどんでん返しがありまして、

児童書部門:『Blackthorn Key』に決定しました!

児童書ということもあり、多くの人に読みやすい本でもあるので、英語で何か読んでみたいな、という人にもおすすめですよー。



[PR]
by rivarisaia | 2016-01-05 23:36 | | Trackback(1) | Comments(0)

2014年これを読まずして年は越せないで賞 受賞作!

クリスマス以降ご無沙汰してましたが、今年も「これを読まずして年は越せないで賞」の決定ツイッター会議を行いました! またもや5時間半。みなさんおつかれさまでした。

どんな感じだったのか、詳細につきましては以下をどうぞ〜。冬休みにでもゆっくりご覧下さい。

渡辺さんのブログ記事:洋書ファンクラブ
Togetter まとめ 

ざっくりと、受賞作と最終候補作の紹介。

b0087556_12244966.png

1) 児童書:『Little Humans』Brandon Stanton
ニューヨークに暮らす様々な子どもたちのポートレート著者のサイトとあわせてどうぞ!

・そのほかの候補作
『Ophelia and the Marvelous Boy』Karen Foxlee
雪の女王をモチーフにした、博物館が舞台のちょっぴり怖いファンタジー

2)YA:『The Truth About Alice』Jennifer Mathieu
いじめがテーマなんだけれども、構成がとてもうまくて、中高生にぜひ読んでほしい本

・そのほかの候補作
『We Were Liars』E. Lockhart
プライベートアイランドでひと夏を過ごす裕福な一族。ある夏に起きた事件にまつわる物語

3)ノンフィクション:『The Sixth Extinction』Elizabeth Kolbert
今まさに起きようとしている、地球の歴史における6番目の大量絶滅。果たしてそれを回避することは可能なのか

・そのほかの候補作
『On Immunity』Eula Biss
免疫や予防接種について、医療関係者ではなくひとりの母親の視点で考える本

『What If』Randall Munroe
突拍子もないバカな質問に元NASAの研究者が真面目に(!?)というか、予想外の方向にぶっ飛びながら答えます! 日本語版も出るみたい

4)フィクション(文芸小説・短篇集):
『We Are All Completely Beside Ourselves』Karen Joy Fowler

とある家族の再生の物語。あらすじはこれ以上知らずに読むのが吉です!

・そのほかの候補作
『All the Light We Cannot See』Anthony Doerr
短編の名手ドーアの初の長編。第二次世界大戦中のフランスを舞台にした、目の見えない少女とドイツ人の少年の物語

『Word Exchange』Alena Graedon
人々がデバイスに頼り切って、頭を使わずに生活している近未来。ところがある日そのデバイスを経由して疫病が流行し…

5)フィクション(SF、ミステリ、ラブロマンスを含む大衆小説):
『The Storied Life of A. J. Fikry』Gabrielle Zavin

小さな島に一軒だけある本屋さん。その本屋の店主と彼を取り巻く人々の物語

・そのほかの候補作
『Ancillary Justice』Ann Leckie
銀河を支配する帝国Radch。その強大な軍事力を支えるのは大型の軍艦とその付属品である改造人間だった…

『Big Little Lies』Liane Moriarty
幼稚園のお母さんたちの対立を描きつつ、DVやシングルマザーといった社会問題を盛り込んでいて、なおかつページターナーなサスペンス

『The Martian』Andy Weir
火星にひとり取り残されてしまった主人公のサバイバルストーリー。『火星の人』というタイトルでハヤカワから邦訳も出てます。来年映画化します!

そして今年の大賞は……

大賞:『The Sixth Extinction』

次席が『Little Humans』(『Humans of New York』や著者サイト、ビデオなど全部ひっくるめて)です。

この冬休みの読書の参考にしてくださいねー。
今年は本当にブログに感想を書いてないので、来年は短くてもいいからさっくり記録するように努力します。

では、みなさま、良いお年を!
[PR]
by rivarisaia | 2014-12-31 13:25 | | Trackback | Comments(0)

2014年これを読まずして年は越せないで賞ショートリスト

いつのまにか年末! そして今年も洋書ファンクラブの渡辺由佳里さん主催「これを読まずして年は越せないで賞」の季節がやってきました。

先日ロングリストが発表されて、すぐさま話し合いがありまして、本日ショートリストが出ました。早っ!

まずロングリストがコチラでございます。

そしてショートリストはコチラをクリック!

今年の私は去年よりも怠慢で、リストに上がってる本の感想をまったく書いておりませんね。ごめん。一体どんな本なのか?というのは渡辺さんのサイトを熟読してください。来年は頑張るよ……。

今年もまた年末にTwitterで受賞作決定の話し合いをするので、遠慮なく飛び入り参加してくださいねー。
[PR]
by rivarisaia | 2014-12-08 23:52 | | Trackback | Comments(0)

The Screaming Staircase:とても楽しい幽霊退治会社の物語

昨年のこれ読まの児童書/YA部門でベストに選ばれた1冊です。

幽霊が出てくるのでちょっぴり恐くて、さらに謎解き要素もある、ページをめくるのが楽しい本なので、児童書なんて子ども向けだし…と躊躇する人もぜひどうぞ。著者のジョナサン・ストラウドは児童書の「バーティミアス」シリーズが翻訳されてますが、この「Lockwood & Co.」シリーズもきっと翻訳出るはず。英語で読むのもおすすめ!

b0087556_18164374.jpg

The Screaming Staircase』Jonathan Stroud著 Doubleday Children’s Books刊 →(邦題:ロックウッド除霊探偵局 霊を呼ぶペンダント)

50年以上にわたり、邪悪な幽霊の異常発生に悩まされる英国。次々と人々を襲うキケンな幽霊を退治するために、数々の幽霊退治会社が設立されていた。こうした会社では、霊感をもつ子どもたちが働いていたのである。

さて、そうした特殊能力をもつ15才のルーシーは故郷を離れ、ロンドンの Lockwood & Co.で働くことに。ところがこの会社、社長のアンソニー・ロックウッドも、もうひとりの社員ジョージも、ルーシーと年が変わらない。

子どもばかりのそんな頼りない会社で大丈夫なのか!?
さっそくLockwood & Co.は次々と危機に直面し…


できることならわたしも就職したい、ロックウッド社のメンバーは3人です。

Lucy Carlyle:本の語り手。勇敢で才能ある少女。
Anthony Lockwood:社長。傍若無人でシャーロックっぽい。
George Cubbins:社長の右腕で調査員。体は大きくて皮肉屋


3人とも事務所兼お屋敷で共同生活をしてるんだけど、仲いいんだか悪いんだか、しょっちゅう言い合いになるこの3人のバランスが絶妙。

幽霊退治の方法や小道具もおもしろいんだけど、なにかにつけてお茶を飲むことになってるのも英国っぽくて愉快だ。幽霊屋敷で、さあこれから幽霊退治…というときもまずお茶飲んでるからね、この人たち。いや、お茶重要。ビスケットも重要(笑)。

シリーズ1作目の本作では、とあるお屋敷の「叫ぶ階段」と「赤い部屋」の謎を解き、過去の殺人事件も解決します。2作目は今年の9月に出るようで、続きが楽しみ。

また、本作は映画化の権利も売れてるようなのですが、映画よりも本で読んだほうが楽しいとおもうよー。
[PR]
by rivarisaia | 2014-01-12 18:18 | | Trackback | Comments(0)

2013年これを読まずして年は越せないで賞 受賞作!

今年も「これを読まずして年は越せないで賞」の決定ツイッター会議が無事終了。

気づいたら5時間半もやってたみたいで、主催の渡辺さんはじめ、審査員の@monasumiさんと@shokikokiさん、横ヤリ入れてくださったみなさん、横目でTL読んでたみなさん、おつかれさまでした!

ショートリストはこちらです。今年は候補作全部の感想をブログにアップしようと目論んでいたのに、無理でした。来年はがんばるわ…。

1)児童書/YA:『The Screaming Staircase』Jonathan Stroud

b0087556_23345140.jpg

この本は、個人的にもちょうオススメ!! 幽霊退治会社で働く3人の少年少女の幽霊退治物話です。あまりに気に入ってしまったので、いろんな人にすすめたい1冊。年が明けたらちゃんと感想書きます。→感想書いた!

2)ノンフィクション部門:『Lean In』Sheryl Sandberg

b0087556_23374778.jpg

これもまだ感想書いてなかったけど、こちらは邦訳も出ていますので、未読の人はぜひどうぞ。「どうせキャリアのある女性のハウツーでしょ、興味ないね」という人は間違ってます。ツイッターでも言ったけど、働く女性の権利を主張する本ではなく、これからの社会のありかたについて提案する本です。男女問わず読んでほしい。

3)フィクション(文芸小説・短篇集)部門:
『A Tale for the Time Being』Ruth Ozeki


b0087556_23415978.jpg

フィクション部門1は、アリス・マンローかルース・オゼキだったのですが、みんな一致でルース・オゼキ。わたしの感想はこちら

4)フィクション(SF、ミステリ、ラブロマンスを含む大衆小説)部門:
『The Rosie Project』Graeme Simsion


b0087556_23544469.jpg

フィクション部門2は、さんざん迷ったすえに、とても楽しい1冊がベストに選ばれました。わたしの感想はこちら

そして最後に、今年の大賞は…

『A Tale for the Time Being』Ruth Ozeki です!

今年もたくさんの本を読むことができてよかったなー。来年は何が候補作になるかしら。「これ読ま」でピックアップした本を冬休みにでもぜひどうぞー。ちなみに、冬休みに東京の紀伊國屋書店新宿本店に行けば、これ読まの候補作が全部手に入るそうですよー。棚番号はE01。

・5時間半の会議の経過は Togetter でどうぞ:
2013年「これを読まずして年は越せないで賞」決定ツイート会議
・洋書ファンクラブの渡辺さんの記事:
2013年「これを読まずして年は越せないで賞」受賞作発表!
[PR]
by rivarisaia | 2013-12-30 23:59 | | Trackback | Comments(0)

見たもの読んだものについての電子雑記帳


by 春巻まやや
プロフィールを見る