タグ:トゥインキー ( 6 ) タグの人気記事

夏だから幽霊…のはずが、ゴーストバスターズとトゥインキー

夏なので何かホラー映画の感想でも…と考えたのですが、ホラーといえば幽霊。幽霊ときたら、前々から折にふれて "あの菓子" について書いているのに、この映画をいつまでも無視するわけにもいくまい。

ゴーストバスターズ(Ghostbusters)』監督:アイヴァン・ライトマン

あらすじはいまさら書くまでもないですね。ニューヨーク在住の超常現象研究者3人組が、幽霊退治会社「ゴーストバスターズ」を設立し、お化け退治に精を出す話です。

Who you gonna call?
Ghostbusters!


という主題歌とともに、本作は公開当時大ヒットしまして、歌はそれこそ耳にタコができるほど聞いた。ふと思ったんですけど、お化け出そうで怖いときは、この歌を大声で歌うと怖い気分が吹き飛んでいいかもしれません。

そんな本作ですが、例のあの菓子ことトゥインキーが重要な役割を果たす映画としてエポックメーキングな位置づけにあります。ほんとかよ!?と思われそうですが、トゥインキーで映画ときたら、まずは何をおいても本作だろ、ということになっている。たぶん。

で、その登場場面ですが、ニューヨークの霊的エネルギーの総量を説明する際に、トゥインキーが引き合いに出されます。私、わざわざ今回あらためて確認しました。だって、全然覚えてなかったですからね、登場シーン。

b0087556_2053966.jpg

これが登場シーンです。見えますか。なんともわざとらしく、机の上の左はしに、パッケージを開けた状態のブツが置いてあります。ダン・エイクロイド演じるスタンツ博士も、新人君の元海兵隊ウィンストン君も、「さあ、お食べ」といわんばかりに置いてある菓子には見向きもせずに煙草などをふかしています。

b0087556_20532489.jpg

いったい袋を開けた人は誰なんだ…?

そこへメガネのスペングラー博士が、いきなりトゥインキーを1本手にしてですね、「通常のニューヨークの霊的エネルギーがこのトゥインキーのサイズだとすると、今朝の量は35フィート、600パウンドのトゥインキーくらい巨大だ」と解説するのでありました。

b0087556_20535314.jpg

スペングラー博士が手にしているブツはまさしくトゥインキー。この後、責任もってもぐもぐ食べてます。

それ聞いた直後にゲホッとむせるスタンツ博士は、想像してオエッとなったとみましたが、ウィンストン君は動じずに「そりゃまたデカいトゥインキーだな」と答えているのでたぶん好きなのでしょう。ちなみに、ビル・マーレイ演じるヴェンクマン博士は遅れて登場するのですが、「トゥインキーがどうしたって?」と興味津々なのできっと好きに違いありません。

なにはともあれ、最後に登場するのが巨大マシュマロマンであって、巨大トゥインキーじゃなくてよかったです。マシュマロマンは見た目がまだかわいいもんね。

●オマケ
これまでのトゥインキー復習リンク。いいかげんタグ付けしたほうがいい気もしてきたけど、意地でもやらない。

ゾンビランドになってもトゥインキーのことは考えないようにしたい
ゾンビランドになってもトゥインキーは食べたくない
ダイ・ハードとトゥインキー
ダイ・ハード2とトゥインキー:やっぱりパウエル巡査は…
マネーボールとトゥインキー
[PR]
by rivarisaia | 2012-08-09 21:00 | 映画/洋画 | Trackback | Comments(0)

マネーボールとトゥインキー

野球に対する理解度がかなり低い私です。したがって野球の映画もあまり興味ナイ。

なにせ大人になるまで、打つ人と投げたり捕ったりする人はでたまに両方才能がある人が1人2役と思ってたほどだ。「うちゅうかん」は「宇宙間」だと思ってて、宇宙の彼方にまで飛んでいくイキオイのホームランを指す、と「さちゅうかん」という言葉を耳にするまで信じてました。

そんな私ですから、この映画の感想など書けるはずもなく、本来はスルーする予定だったのですが、アレのせいで何度もDVDを見返すハメになったので記録だけしておこう。

b0087556_2246429.jpg

マネーボール(Moneyball)』監督:ベネット・ミラー

あらすじは割愛。オークランド・アスレチックスの話です。オークランド・アスレチックスは野球オンチも私も知っている。なぜなら野球ボールの上に乗っかって鼻でバットを構えてる象のロゴが可愛いからだ。

アスレチックスといえば象のマークの野球チーム。以上で私の認識おわり。

そんな本作には、まさかのトゥインキーが登場します。

物語中盤、ブラッド・ピット演じるゼネラルマネージャーが、2人の選手を放出する場面。トレードがうまくいき、チームの選手のためにソーダの自販機をタダにしてくれとお願いしたブラピが、部屋の片隅のコーヒーメーカーの側でいきなりムシャムシャ食べるのがまぎれもなく、トゥインキー。

どこから取り出したんですかね!?

取り出すところは映らないんですよ。ジョナ・ヒルのアップの次に、唐突に、ブラピが、トゥインキーを、2口でムシャ食い! 2口で!

しかも、袋に1本しか入ってないんだよ。2本で1袋なのに、残りの1本はいつ食べたのか。大体どこに隠し持ってたの。

ヒマだったので何度も確認しましたが、デスクの上にはトゥインキーらしきブツがなかったので、コーヒーメーカーのある棚の上でしょうか。電話してるブラピのズボンの左側のポケットが微妙にふくらんでるので、1本食べた残りをポケットに入れてた可能性も捨てきれません。

しかし、豪快な食べ方だったな。もしかすると、映ってないときに、最初の1本も1口で食べちゃったのかもしれないですよね。メジャーリーグのマネージャーたるもの、やはり一気食いじゃないとやってけないってことか。

甘すぎるとか、油っこいとか、関係ねーよ! こっちは血糖値下がってんだよ! 選手にトレードの話を伝えなきゃいけないし、まずエネルギー補給、補給!ってことなのか…。

ブラピが部下に「言いにくい話(要はクビ)を伝えるときはハッキリ言え! 頭に一発弾をぶちこまれて即死するのと、ダラダラ血流してじわじわ死ぬのとどっちがいいんだ」と語る場面で、しょっちゅう「ダメならダメでハッキリ言ってくれよ!」と毒づいている自分を思い返し、そうだそうだと深く頷いた私。

みなさまも、言いにくいことがあったら、トゥインキーを一気食いして(あるいはそのつもりで)、ズバリと相手に伝えるようにしましょう。そのほうが結果的には相手も気が楽なんですよ。



●これまでのトゥインキー復習リンクです。

ゾンビランドになってもトゥインキーのことは考えないようにしたい
ゾンビランドになってもトゥインキーは食べたくない
ダイ・ハードとトゥインキー
ダイ・ハード2とトゥインキー:やっぱりパウエル巡査は…
[PR]
by rivarisaia | 2012-06-17 22:46 | 映画/洋画 | Trackback | Comments(2)

ダイ・ハード2とトゥインキー:やっぱりパウエル巡査は…

前回は『ダイ・ハード』にトゥインキーが出てくるよというお話をしました。

そしたら家人がですね「あの巡査は2でも、あのくそまずい菓子をむしゃむしゃほおばってたぞ」と言うので、さっそく見直してみました。ヒマですね、私。

b0087556_221177.jpg

ダイ・ハード 2(Die Hard 2)』監督:レニー・ハーリン

何度みてもクリスマス映画にふさわしい、豪華なアクション映画。最後はパァッと盛大な炎のイルミネーションもありますしね! ええと今回もあらすじは割愛。

くだんのトゥインキー場面は、ジョン・マクレーンが空港の貨物室でぶっ殺した謎の人物の指紋を照合するために、空港のカウンターでパウエル巡査に電話をかけるくだり。パウエル巡査のデスクが映るんですが、

b0087556_22145100.jpg

書類の上に散らばるトゥインキーが。おいおい4本もあるよ…。

やっぱりさ、前回は妊娠してる奥さんのせいにしてたけど、食べているのは巡査だろ、に確定。1本でも胸やけするのに、本当に好きなんだな…。

電話に出たパウエル巡査に、マクレーンは開口一番「食うのはやめて、聞け」と言うのですが、ここ英語だと「Take the Twinkie out of your mouth and grab a pencil, will ya?(そのトゥインキーを食うのはやめて、鉛筆を持て)」と、思いっきりトゥインキーだとバレてます。

つまり、パウエル巡査はふだんから常にトゥインキーを食ってるってことだ。

その後、ほいほいと返事をしながら場所を移動するパウエル巡査ですが、封をあけたトゥインキーを持っていくのを忘れない。

b0087556_222261.jpg

もぐもぐもぐもぐ食べながら、FAXを受け取ってるけど、パウエル巡査がさわった書類はどれも油染みが付いてそうだなー。ううう。

これだけの短い出番で、トゥインキー好きを盛大にアピールしたパウエル巡査。『ゾンビランド』のタラハシーといい勝負なんじゃないでしょうか。ここ数日、まるで私もトゥインキーが好きな人みたいになってましたが、何度も言いますけど、私はあれは嫌いです。
[PR]
by rivarisaia | 2011-08-25 22:07 | 映画/洋画 | Trackback | Comments(4)

ダイ・ハードとトゥインキー

かつて『ゾンビランド』の感想でアメリカの菓子「トゥインキー」について書いた挙げ句、「ゾンビランドになってもトゥインキーは食べたくない」というトゥインキー自体についてのエントリもあげた私です。

先日、ヒマだったので昔のDVDなどをみてたらですね、この有名映画にも「トゥインキー」が出てたことに今更ながら気づきました。やっぱりアメリカの国民的菓子という立ち位置なのか!?

b0087556_21484671.jpg

ダイ・ハード(Die Hard)』監督:ジョン・マクティアナン

ほんと、よくできたアクション映画ですよねえ。『こちらブルームーン探偵社』のキューピーハゲことブルース・ウィリスの出世作。しかし、ここではあらすじは割愛。問題はトゥインキーですよ。

最初の登場場面は、ブルース・ウィリス演ずるジョン・マクレーンが無線で警察に連絡し、「ごたごた言ってねえで、さっさと警官隊をよこしやがれ!」と怒鳴る場面の直後。うきうきしながら商店で買い物をするパウエル巡査の姿が映ります。

パウエル巡査がむかった先は、まぎれもなく「ホステス社のお菓子コーナー」(なんでそんなコーナーが!)。そしてぐわしとつかみどる菓子は、明らかにトゥインキー!

b0087556_21485728.jpg

こんなコーナー見たことないけどね。キャンペーンでもやってたのか? 左上に映ってるのは同じくホステス社の「フルーツパイ レモン味」とみた。当然、私は未食。

b0087556_2149975.jpg

ちょっと買いすぎなんじゃないかと心配になるほど抱えてますが、ほくほくの笑顔の巡査。

この後、レジのおっさんに字幕では「いろいろ買ったね」と言われてるんですけど、英語だと「I thought you guys just ate doughnuts. (あんたたち警官が食べるのはドーナツかと思ってたよ)」と呆れられてます。パウエル巡査は「でへへ」と笑いながら、妊娠してる奥さんのせいにしてましたけど、嘘だ。お前が食べるんだろ!

さらに次のトゥインキー登場場面は、ナカトミビル内でジョン・マクレーンの奥さんの同僚であるイヤミな男が犯人グループと交渉しようとする場面の次。いきなりマクレーンの「Oh God! ARHHHHH」といううなり声が無線にながれ、「大丈夫か!」と尋ねるパウエル巡査に、マクレーンはひとこと。

「トゥインキーという菓子、なにが入ってる」


英語では「Just trying to fire down a 1000-year-old Twinkie. (1000年物のトゥインキーをやっつけようとしたところさ)」になってます。1000年物…。さすが腐らないという伝説の菓子トゥインキー。ナカトミプラザの社員にもデスクに必携のファンがいたとみた。

しかしですよ、激しい戦いに弱音を吐かない男マクレーンですら「おお、神様、うげえええええ」となってしまうトゥインキー恐るべし。エネルギー補給が急を要するとしても、トゥインキーだけは勘弁、ってことですよね。わかります。

いっぽうでパウエル巡査は、えへらえへらと笑いながら「砂糖に小麦粉、不飽和の植物油、乳化剤、子供の成長に必要な養分ばかりさ」と得意気に答えてますが、横に成長するから食べすぎには要注意ですよ!
[PR]
by rivarisaia | 2011-08-23 21:49 | 映画/洋画 | Trackback | Comments(2)

ゾンビランドになってもトゥインキーは食べたくない

以前ですね、映画『ゾンビランド』の感想でトゥインキーの話をしたのを覚えていらっしゃるでしょうか。

友人が「トゥインキーとやらを一度食べてみたい」と言うので、米国在住の家族に買ってもらったんですよ。買ってもらうときも一悶着ありまして。「え、トゥインキーがほしい!? あのくそマズイやつ!? いくついるの、あれ、くそマズイけど?」「食べてみたいって人がいるんだよ…」「え、でもくそマズイじゃん。あんなの買いたくないけどね」という押し問答の末、やってきたね、我が家に。トゥインキーが。

b0087556_2045192.jpg

こういうふうにですね、2本で1パックなんですよ。なんだかんだいって私も「懐かしいな〜食べたいな〜」とうっすら思ったけど、前言撤回。ビニール袋の内側にギトギトと油がしみてるの実際に目にして過去の記憶がよみがえり「嘘です。食べたくないです。世界がゾンビだらけになったら食べるかもしれないけど、それまではお断りだ!」と考え直した。

食べたことないという家人が「1本味見してみたい」と言うので1袋あけてみた。

b0087556_2072965.jpg


写真でみると美味しそうにみえるのかもしれませんね。だまされてはダメですよ。

b0087556_2082168.jpg


一口食べて、家人、ギブアップ!! 感想は「何これ、後味が最悪。マズイ。工業油なの? もういらない」だそうですよ。ああ、やっぱり…。しかし、開けちゃったけどね、一袋。どうすんの、残りは。私もじつに十数年ぶりくらいに一口食べてみて、確信した。ゾンビランドになってもトゥインキーは食べたくない。

<追記>
トゥインキー、こちらの映画でも活躍してました。人気の菓子なんだな...。
ダイ・ハードとトゥインキー
ダイ・ハード2とトゥインキー:やっぱりパウエル巡査は…
[PR]
by rivarisaia | 2011-06-02 20:13 | 食べ物 | Trackback | Comments(0)

ゾンビランドになってもトゥインキーのことは考えないようにしたい

イースターの菓子についてつらつらと考えていたら、いつのまにかアメリカのジャンクな菓子に思いを馳せていて、この映画を思い出した。

b0087556_21481544.jpg

ゾンビランド(Zombieland)』監督:ルーベン・フライシャー

本作につきましては、このご時世にゾンビ物などはちょっと…という人でも、おそらく大丈夫。確かにゾンビで終末感たっぷりだけど、明るいところは明るいし、なにせ元気が出る。ゾンビワールドで生き残るための秘訣も学べます。

ふだんからゾンビ物はちょっと…という人も、おそらく大丈夫。グチャグチャしてるシーンは少ないし、スカッとします。途中なんて、しんみり泣けるシーンもあるよ。
本 当 で す。

そして本作で重要な役割を果たしているのが、アメリカの有名ジャンク菓子。メインキャラクターのひとり、どうみてもテキサス人のタラハシー(ウディ・ハレルソン)が、ゾンビだらけの廃墟の町で必死に探し求める菓子。それが「トゥインキー」。

この映画でやばいのは、タラハシーがあまりに「トゥインキー、トゥインキー、ここにもナイ……トゥインキーはどこだ!」と連発するので、トゥインキーが食べたくなっちゃうことですよ。おそろしや。

b0087556_21462618.jpg

写真はWikipediaから拝借しました。

トゥィンキーはこのように、人工的なクリームの入ったスティック状スポンジケーキですが、味は…そうねえ…油っこくて甘いね。それなのに映画ではこれをさらに油で揚げた菓子が出てきて、ううっ(胸焼け)。

私はこれまで数えるほどしか食べたことないですが、そんな私がみずからトゥィンキーを買ったのは、たとえばこういうシチュエーション。

連日宿題と予習とレポートに追われてヘロヘロに疲れ果てた状態でランチもそこそこに休憩しようと学校のラウンジにおもむき、自動販売機の小さい紙コップに入ったくそまずいコーヒーを購入した後に、ふらふらとスナック菓子の自販機に向かって、目が泳いでウッカリ「トゥィンキー」のボタンを押してしまった。


お菓子の自販機では大抵1パック2本入りを売ってるので、同じように朦朧としてうっかり買っちゃった友人が「1本あげるから!」と無理矢理こちらに分けてくれる、ということも多かったです。

トゥインキーはホステス社のお菓子で、映画の中でホステス社のトラックに遭遇し、ようやくトゥインキーにめぐりあえたかと思いきや「なんだよ、スノーボールかよ、ちくしょう!」とガッカリする場面があります。スノーボールは、人工的なクリーム入りのスポンジチョコをマシュマロでくるんでショッキングピンクのココナツフレークをまぶしてあるという、さらに恐ろしい菓子です。

b0087556_21464297.jpg

写真はまたもやWikipediaから拝借しました。

しかし本当に恐ろしいのは、「劇甘い」「ゲロマズい」などと言いつつも、しばらくアメリカにいるうちに、味に馴れてしまうということです。そうすると、そんなマズい菓子ですら、ふとした折に「懐かしいな〜食べたいな〜」などとウッカリ考えてしまったりするわけですよ。大体ここで本当に買って食べると「なんで買ったんだ…」と激しく後悔するハメになるのがオチ。少なくとも私は、ゾンビな世界になったときに、トゥインキーやスノーボールのことは思い出さないようにしたいものです。

<追記>
こちらの映画もトゥインキー映画でした...。
ダイ・ハードとトゥインキー
ダイ・ハード2とトゥインキー:やっぱりパウエル巡査は…
[PR]
by rivarisaia | 2011-04-26 21:49 | 映画/洋画 | Trackback | Comments(2)

見たもの読んだものについての電子雑記帳


by 春巻まやや
プロフィールを見る