タグ:洋書 ( 188 ) タグの人気記事

American Sniper(アメリカン・スナイパー)

アメリカン・スナイパー』の原作である、クリス・カイルの自伝の感想。私は原書で読んだのですが、邦訳も出ています。原書房から単行本で出たときのタイトルは『ネイビー・シールズ最強の狙撃手』でしたが、映画にあわせて『アメリカン・スナイパー』と改題されてハヤカワから文庫になりました。

b0087556_23430269.png
American Sniper: The Autobiography of the Most Lethal Sniper in U.S. Military History』Chris Kyle、Scott McEwen、Jim DeFelice著、HarperCollins刊

内容に賛同するかどうかはおいといて、読んでよかった。同じくシールズのマーカス・ラトレルの『Lone Survivor』よりも読みやすかったです(訴えていることは似てるんだけども)。

ここ最近、イラク戦争をテーマにした小説を読む機会も増えていて、そうした小説の場合、たいてい主人公の兵士は人を殺すことに葛藤を抱えていたり、戦争に不条理さや虚しさを感じていたり、戦いたくないと思っていたりするわけですが、クリス・カイルにしてもマーカス・ラトレルにしても、フィクションとは正反対な主張をするのが興味深いところです。

クリス・カイルはハッキリと「I missed the excitement and the thrill. I loved killing bad guys」と言えてしまう。自分はSEALの一員であり、戦争のために訓練された人間なので、戦いたいし、敵を殺すのが大好きだと書いている。自分に子どもが生まれても、軍隊のほうが重要だし、戦争に行きたくて仕方ない。

戦争の目的は「make the other dumb bastard die. But we also want to fight」とずいぶん率直なんだけども、軍人が戦いたいのは、アスリートが大きな試合に出たいと思うのと同じで、さらに愛国心とも密接に関係している、とクリスは言うわけですよ。

彼にとっての優先順位は、神、国、家族。妻のタヤは「神、家族、国じゃないの…?」と不満なんですが、妻の苦労は理解していても、国とSEALを重視してしまうクリスなのでした。でも彼は真面目な人ではあるんですよね、むしろなぜにこんなに生真面目なのか……。

戦争に行きたい、敵を殺したい、という文章は繰り返し出てきます。戦争における自分の役割を明確に認識していた、というクリスが後悔していることは、救えなかった仲間たちのこと。敵を殺すことについてはあれこれ考えをめぐらしたことなどない。なぜなら罪を裁くのは神だから。

しかしそのいっぽうで「Everyone I shot was evil. I had good cause on every shot. They all deserved to die.」という言い訳を(神様に対して)しちゃうところが、彼の弱さの気がします。でも本人は気づいてないと思う。

敵は、常に「bad guys」で、「savage(野蛮人)」で、「evil(悪)」で、人格はない。むしろそう思わなければ精神のバランスが取れなかったのではないか。クリス自身は白黒はっきりさせたい性格なのだそうですが、そうじゃないとシールズでやってけないのかもな……とも思ったりした私でした。


[PR]
by rivarisaia | 2015-03-24 23:50 | | Trackback | Comments(2)

The Shock of the Fall

先日読んだとある児童書が、とても評判がよかった本なんですけど、個人的には今ひとつで、その理由は (1)私の期待値が高すぎた (2)私の読み方が間違っている (3)高く評価されてるのがおかしい、のどれだろうとふと考えたりしてました。

そんなわけで、この本を読む時も、あまり期待しないほうがいいのかも…と余計な心配したんですけど、確かに私の想像とは違う内容だったけど、後からじわじわくる1冊で、とても良い本だった。2013年のコスタ賞処女小説部門受賞作です。

b0087556_22364187.png

The Shock of the Fall』Nathan Filer著、Harper Collins

裏表紙にある文章を読むと、どうやら「主人公の兄が死ぬ」というのがカギとなる話らしいと分かるので、ミステリーかサスペンスか、いずれにしてもダークな展開の物語なのかしらと想像したのですが、言っておくけど違います! ダークではあるけど、サスペンスではないです!(重要)

本書は、兄の死が原因で統合失調症に苦しむ少年マシューの物語です。

いかんせん語り手が統合失調症であるがゆえに、口調が独特で、話や時間軸もあちこちに飛んだりするので、最初のうちは状況がよくわからない。お兄ちゃんは病気だったらしいけど、どんなお兄ちゃんだったのか。事故があったようだけど、何故死んじゃったのか。そしてマシューは今何をやっているのか。最初に出てくる人形と女の子の話はいったい何なのか。

それは読んでいるうちにわかってくるんだけれども、散りばめられた謎が明かされることが重要なのではなく、あくまでもこの物語が描こうとしているのは、いつまでも消えない罪悪感を抱え、幻覚に悩まされる日々を過ごしている主人公の心情です。

主人公のつらい気持ちが、本当によくわかる。でも、ひたすら暗いばかりでもなくて、ユーモアもあるし、家族もいい人たちであるおかげで(特にお婆ちゃん!)読んでいるこちらも救われるし、ラストにも希望が感じられてよいです。

それにしても統合失調症の患者の気持ちがよくここまで描けるね…と思ってたら、著者は精神科の看護師なのでした。


●本日のオマケ

この小説にインスパイアされたショートフィルム。監督は Udo Prinsen、絵はHenk Chabot 。


[PR]
by rivarisaia | 2015-03-02 23:55 | | Trackback | Comments(0)

2014年これを読まずして年は越せないで賞 受賞作!

クリスマス以降ご無沙汰してましたが、今年も「これを読まずして年は越せないで賞」の決定ツイッター会議を行いました! またもや5時間半。みなさんおつかれさまでした。

どんな感じだったのか、詳細につきましては以下をどうぞ〜。冬休みにでもゆっくりご覧下さい。

渡辺さんのブログ記事:洋書ファンクラブ
Togetter まとめ 

ざっくりと、受賞作と最終候補作の紹介。

b0087556_12244966.png

1) 児童書:『Little Humans』Brandon Stanton
ニューヨークに暮らす様々な子どもたちのポートレート著者のサイトとあわせてどうぞ!

・そのほかの候補作
『Ophelia and the Marvelous Boy』Karen Foxlee
雪の女王をモチーフにした、博物館が舞台のちょっぴり怖いファンタジー

2)YA:『The Truth About Alice』Jennifer Mathieu
いじめがテーマなんだけれども、構成がとてもうまくて、中高生にぜひ読んでほしい本

・そのほかの候補作
『We Were Liars』E. Lockhart
プライベートアイランドでひと夏を過ごす裕福な一族。ある夏に起きた事件にまつわる物語

3)ノンフィクション:『The Sixth Extinction』Elizabeth Kolbert
今まさに起きようとしている、地球の歴史における6番目の大量絶滅。果たしてそれを回避することは可能なのか

・そのほかの候補作
『On Immunity』Eula Biss
免疫や予防接種について、医療関係者ではなくひとりの母親の視点で考える本

『What If』Randall Munroe
突拍子もないバカな質問に元NASAの研究者が真面目に(!?)というか、予想外の方向にぶっ飛びながら答えます! 日本語版も出るみたい

4)フィクション(文芸小説・短篇集):
『We Are All Completely Beside Ourselves』Karen Joy Fowler

とある家族の再生の物語。あらすじはこれ以上知らずに読むのが吉です!

・そのほかの候補作
『All the Light We Cannot See』Anthony Doerr
短編の名手ドーアの初の長編。第二次世界大戦中のフランスを舞台にした、目の見えない少女とドイツ人の少年の物語

『Word Exchange』Alena Graedon
人々がデバイスに頼り切って、頭を使わずに生活している近未来。ところがある日そのデバイスを経由して疫病が流行し…

5)フィクション(SF、ミステリ、ラブロマンスを含む大衆小説):
『The Storied Life of A. J. Fikry』Gabrielle Zavin

小さな島に一軒だけある本屋さん。その本屋の店主と彼を取り巻く人々の物語

・そのほかの候補作
『Ancillary Justice』Ann Leckie
銀河を支配する帝国Radch。その強大な軍事力を支えるのは大型の軍艦とその付属品である改造人間だった…

『Big Little Lies』Liane Moriarty
幼稚園のお母さんたちの対立を描きつつ、DVやシングルマザーといった社会問題を盛り込んでいて、なおかつページターナーなサスペンス

『The Martian』Andy Weir
火星にひとり取り残されてしまった主人公のサバイバルストーリー。『火星の人』というタイトルでハヤカワから邦訳も出てます。来年映画化します!

そして今年の大賞は……

大賞:『The Sixth Extinction』

次席が『Little Humans』(『Humans of New York』や著者サイト、ビデオなど全部ひっくるめて)です。

この冬休みの読書の参考にしてくださいねー。
今年は本当にブログに感想を書いてないので、来年は短くてもいいからさっくり記録するように努力します。

では、みなさま、良いお年を!
[PR]
by rivarisaia | 2014-12-31 13:25 | | Trackback | Comments(0)

2014年これを読まずして年は越せないで賞ショートリスト

いつのまにか年末! そして今年も洋書ファンクラブの渡辺由佳里さん主催「これを読まずして年は越せないで賞」の季節がやってきました。

先日ロングリストが発表されて、すぐさま話し合いがありまして、本日ショートリストが出ました。早っ!

まずロングリストがコチラでございます。

そしてショートリストはコチラをクリック!

今年の私は去年よりも怠慢で、リストに上がってる本の感想をまったく書いておりませんね。ごめん。一体どんな本なのか?というのは渡辺さんのサイトを熟読してください。来年は頑張るよ……。

今年もまた年末にTwitterで受賞作決定の話し合いをするので、遠慮なく飛び入り参加してくださいねー。
[PR]
by rivarisaia | 2014-12-08 23:52 | | Trackback | Comments(0)

The Griffin & Sabine Trilogy(不思議な文通シリーズ)

前回予告したので、今日は造本が凝ってる本シリーズ。三部作です。だいぶ前の本ですが、「不思議な文通シリーズ」として河出書房新社から邦訳も出てました。

b0087556_2236095.png

The Griffin & Sabine Trilogy」Nick Bantock著、Chronicle Books

1冊目『Griffin & Sabine』
(不思議な文通 グリフィンとサビーヌ)

ロンドンに住む孤独な画家のグリフィンのもとに、南太平洋の島に住むサビーヌという見知らぬ女性から手紙が来る。サビーヌにはグリフィンの絵が見えるらしい。ふたりは文通を始めるのだが……

2冊目『Sabine's Notebook』(サビーヌの日記)
ロンドンに来ることになったサビーヌを避けるようにグリフィンは旅に出る。いっぽうサビーヌはロンドンにあるグリフィンの家で、彼の帰りを待つのだが……

3冊目『The Golden Mean』(黄金のとびら)
どうしても会えないふたり。ふたりの世界には超えられない壁があるらしい。そしてそこに謎の人物が現れ……


3冊とも、基本的にグリフィンとサビーヌがやりとりした手紙だけで構成されてます。
b0087556_22454644.png

こんなふうに絵はがきのページもあれば、
b0087556_22462919.png

封筒の中に手紙が入っているページもあります。

読者は彼らの手紙を読んで、何が起きているのかを知るのですが、会えないふたりがかわすロマンチックな手紙のやりとり……と見せかけて、けっこう怖い話だと思うんですけど、今、読み返してみてもかなりホラー。1冊目も2冊目も、そしてもちろん最終巻もオチにぞっとするんだけど!!

怖いよ!!

SFのようでもあるし、サイコホラーのようでもあるし、怪談のようでもある。おまけにイラストもちょっとおどろおどろしい(正直、この絵はあんまり好きではない)。封筒から手紙を出して読む、というわくわく感が楽しい本ではあります。さくっと読めるので機会があったらどうぞ。ホラーだけど!
[PR]
by rivarisaia | 2014-11-25 22:59 | | Trackback | Comments(7)

S.:造本は帳面派なんだけど

本日は「ちゃんと読むのは諦めた! いつか読むかもしれない積ん読本の山へようこそ」という本の紹介です。読んでない本を紹介するなよ、とも思いますが、なにせこの本は造本がすごい。

J. J. エイブラムスがクリエイターとして参加していて、前に映画関係のサイトなどでも話題になりました。

b0087556_2352637.png

S.』J. J. Abramsプロデュース、Doug Dorst著、Mulholland Books

V.M. Strakaという作家が記した『Ship of Theseus』という1冊の本、という体裁になっており、この本を借りた Jennifer と Ericというふたりの学生が、本に書き込みをしたり、メモを挟んだりして、コミュニケーションを取っているのを、私たち読者が読む、という構成です。

b0087556_23554262.png

したがって本をケースから出すと、ページの間に手紙やらレポートやらが挟まってたり、

b0087556_23553578.png

絵はがきやら新聞の切れ端が挟まってたりするわけです。

b0087556_23563964.png

本自体は『Ship of Theseus』という小説で、ページの余白におびただしい書き込みが。ペンの色が違うところがポイントです。

本書を読む順番としては、親切な人々の教えに従うと以下の通りです。

1. 小説本文
2. エリックによる鉛筆の書き込み、エリック(黒いインク)とジェニファー(青いインク)の最初のやりとりの書き込み、それに対応する挟み込み
3. 緑(エリック)とオレンジ(ジェニファー)のインクの書き込みのやりとり、それに対応する挟み込み
4. 赤(エリック)と紫(ジェニファー)とのインクの書き込みのやりとり、それに対応する挟み込み
5. エリックとジェニファーともに黒インクでの4度目のやりとり


もう1つ注意点としては、挟み込まれているものがパラパラ落ちて来ちゃうんですが、どこのページに挟まれているかが重要なので、挟み込まれているものを脇によけておく場合、ページ数をポストイットか何かに書いて貼っとくとよいですよ。

さて、私がこれを積ん読本の山へ送る理由です。

造本はすばらしいんですが、そもそもベースになっている小説があんまり面白くない(ので途中で保留にした)。そして、二人の読者のやりとりも、もっとミステリアスな内容だったら、がんばって読む気になるのですが、そこまで面白くないんですよね(そこで途中で保留に…)。

ただね、造本はすばらしいですよ! 惜しむらくは内容…。造本が凝ってる本としては、「The Griffin and Sabine Trilogy 」のほうがよっぽど面白かったんだよなー(次回紹介します)。

『S.』の内容につきましては、渡辺由佳里さんが読了しているので、そちらを参照ください!>紙媒体の本ならではの体験を味わえる『S.』
[PR]
by rivarisaia | 2014-11-23 00:17 | | Trackback | Comments(0)

A Constellation of Vital Phenomena

昨年話題になってた本なのですが、すばらしかったのでオススメ! 文章がとても美しく、心を掴む。これは邦訳出るといいなあ。

チェチェンの激動の歴史が背景にありますが、まったく知識がなくても大丈夫です(読了後に、詳しく知りたくなると思うけど)。

b0087556_23335145.png


A Constellation of Vital Phenomena』Anthony Marra著、Hogarth刊

2004年、ある雪の日の真夜中。チェチェンの小さな村で、8才の少女Havaa(ハヴァ)の父親がロシアの兵士に連れ去られ、家に火が放たれる。

Havaaは青いスーツケースひとつを持って、家の裏の森に隠れていた。その彼女を、近所にすむ父親の友人Akhmed(アフメット)が発見。アフメットはハヴァを助けるために、戦争で荒廃した町の病院で働く女医Sonja(ソーニャ)のもとに彼女を連れていく……


てっきりアフメットとソーニャは知り合いなのかと思いきや、初対面なのだった。じゃあ何故、ソーニャのことを知っていたのか。ソーニャは見知らぬ子どもなど預かりたくなかったのだけど、代わりに人手が足りない病院で働くというアフメットの申し出を受け入れる(アフメットは一応医者なのである。でも出来はよろしくなくて、むしろ芸術家としての才能があることが後にわかる)。

かくして、事件のあった雪の日の真夜中から五日間の出来事が語られます。

また、1994年から2004年の10年間の物語でもあります。

五日間に起きたことの合間に、過去の物語が挿入されるという構成になっていて、それぞれの登場人物に何があったのか、それぞれの人生がどのように交差していたのか、次第に明らかになっていきます。謎が解けていく後半に起こることは、まさしく奇跡のようです。

タイトルは、医学辞書の「Life:生命」の説明からきているのですが、この「Life」は同時に「人生」の意味でもあると思う。著者によれば、「Vital Phenomena」は六つの現象を指しているので、本書も6人の登場人物(以下)の視点で描くことにしたのだそうです(参照:Amazonの著者Q&A)。

Havaa:8才の少女
Akhmed: Havaaの父親の友人
Sonja: 町の病院で働くただ一人の女医
Natasha: 行方不明のSonjaの妹
Ramzan: 密告者であり、Havaaの父親の友人
Khassan: Ramzanの父親


誰もが、自分の行いに罪の意識を抱いていたり、心に傷を負っていたりするんですよね。私は登場人物のなかでも密告者であるRamzanがもっとも嫌いだったのに、どうしたことか彼の過去が語られる箇所で一番泣いた…。人間の弱さがえぐり出されるような場面だったからかもしれない。詳しくはここに書かないけど、RamzanとKhassan親子の関係性は、負の連鎖を断ち切ることの象徴を描いているのではないかという気がします。

息を吞むような長い長いセンテンスがあったり(特に10章の肖像画のくだり)、ユーモラスで笑っちゃう場面も多いです。切羽詰まった時にアホなことが起きたりもする("stupidity was the single abiding law of the universe")。

そして、とても切なく悲しい話だけど、時折ハッとするほど美しくて優しい。
これを人は希望と呼ぶんだな、きっと。
[PR]
by rivarisaia | 2014-09-16 19:57 | | Trackback | Comments(2)

The Story of Ireland

最近、どうも元気が出ない私です。水分足りてなくてエネルギー枯渇してるのかしらー。それとも塩分不足かしらー。熱中症には気をつけよう。

さて。

気を取り直して、本日は子ども向けの本の紹介です。子ども向け…といっても大人が読んでもなかなかいける。以前にアイルランド土産で知人からもらった歴史本です(この本、けっこう気に入ってる)。

b0087556_22424917.png

The Story of Ireland』Brendan O’Brien著、The Cartoon Saloon絵、
The O’Brien Press

タイトルはズバリ「アイルランドの物語」。石器時代から始まって、ケルトの話、初期のキリスト教、バイキングやノルマン人、イングランドの統治から近代へ……とアイルランドの歴史をたどる本です。最初のページは9000年前。そして最後のページは2000年代。

私はアイルランドの歴史については断片的なことしかわからなくて、本当に何も知らないに等しい状態なのですが、この本は96ページとけっこう薄いのに、大きな歴史の流れがわかりやすく説明されていてとても役に立ちます。

b0087556_22534865.png

それぞれの時代の重要なポイントや小ネタも満載で大変充実しているうえに、カラフルなイラストや図版がいっぱい載っているので、ページをめくるのがすごく楽しい。イラストと図版は重要〜。

で、このイラストは「The Cartoon Saloon」というところが担当しているのですが、どこかで見たような懐かしいテイストでかわいい……と思って調べてみたら、『ブレンダンとケルズの秘密』を制作したところでした! おお!

b0087556_22533835.png

ちなみに、見返しのイラストもかわいいでしょー。無駄に大きな画像にしてみました。

The Cartoon Saloon のサイトはコチラです。
[PR]
by rivarisaia | 2014-07-22 22:59 | | Trackback | Comments(2)

Introduction au Palio(パリオのガイドブック)

きょうは7月2日ということは、シエナのパリオの日ですねー。パリオはイタリア各地でやっているけど、シエナが有名。

パリオとは何かを大雑把に説明すると、毎年7月2日と8月16日に、シエナの真ん中にカンポ広場にて行われる競馬のお祭りです。シエナの町はいくつかの地区(コントラーダ/Contrada)にわかれておりまして(町内会みたいなもの)、地区対抗の馬レースをやるわけです。

と、まあ、えらそうに書いてるけど、昔シエナに住んでた人から聞いただけで、私は一度も見たことない! 見たい! で、前にシエナに行った時に、いつかパリオを見るときのために……とガイドブックを買ったんですけども。

b0087556_1934674.png

Introduction au Palio』Betti Editriceより、1995年刊行

あれ? ちょっと? タイトル……何故フランス語版を買ったし!!

いやあのね、バスが出発する直前に土産物本屋に駆け込んで、そこにあったものをひっつかんで買ったら、フランス語版だったんですよねえ。イタリア語の本しかないと思うじゃないの。

b0087556_194266.png

よく見ると表紙の下に国旗が……。気づかなかったよ! 小さすぎてね!
イタリア人の知人が「イタリア語とフランス語は何となく似てるから、字面を見れば、おおよその見当がつくよ。がんばって読んでみたらいいさ、ははは」と言うのですが、やってみたけど私にはほとんど見当つきません。

b0087556_1942531.png

こんな感じでパリオの歴史紹介から始まってます。興味深そうなことがきっと書いてあるんだろうなー。

b0087556_195451.png

そして各コントラーダのチームを見開きで紹介。旗のマーク、紋章、シンボル(動物)、洋服の色の組み合わせ、歴史などなど、いろいろ書いてあるけど、いかんせんフランス語(ああ、これのイタリア語版がほしい)。

密かに気になるのはこのページですよ。
b0087556_1962034.png

なんだこの、変わり兜みたいな素っ頓狂なかぶり物は……。

一度パリオ観に行きたいけど、できればシエナに住んで、町内会の人として応援参加したいものです。きょうどんな感じなのかな。あとでイタリアのニュース見てみよう。

●本日のオマケ
Il Palio公式サイト
ヨーロッパ旅行情報サイト→動画もあるんだけど、すごいことになってる。
[PR]
by rivarisaia | 2014-07-02 19:16 | | Trackback | Comments(2)

The Silver Linings Playbook(世界にひとつのプレイブック)

原作が大好きだったので、映画はかなりガッカリしたのですが、自分の中でほとぼりがさめてきたので小説の感想を。

映画もキャストはよかったのにな……。ラブストーリーとしてはべつに悪くなかったのかも。たぶん。でも小説のよかったところがほとんど無くなっていて、それはしょうがないのかもしれないけど、そこ変えちゃうのかーというションボリ感が果てしなかったです(小声で映画に文句も垂れちゃうけど、ほんとごめんなさい)。

『世界にひとつのプレイブック』(佐宗鈴夫訳)が集英社文庫から出ていますが、英語も難しくないから、英語版で読むのもいいかも。

b0087556_2165349.jpg

The Silver Linings Playbook』Matthew Quick著、Sarah Crichton Books

精神病院から出てきたばかりのパットと、同じように精神面で問題を抱えているティファニーのふたりが、友情を通じて人生を取り戻していく話です。

パットは4年間、精神病院に入っており、しかもそのあたりの記憶がない。奥さんとの間に何があって、どうして病院に行くことになったのか、パットが記憶を封じ込めているので、最後の最後になるまで、わたしたちにも、パット自身にもわからない。彼に記憶がないことはまわりの人も承知していて、だから家族はみんなすごく気をつかう。こうした時間のギャップからとんちんかんなやりとりが生じて、小説はパットが語り手となっているがゆえに、読んでるほうもパットの混乱を共有する感じで話がすすみます(ここ重要)

終盤近くで、ティファニー自身に何があったのか、パットに何があったのかを本人がそれぞれ認めることで、ふたりが心に負った傷が癒えてくる兆しを感じさせるんですよねー(映画だと、最初からペラペラしゃべっちゃう)

パットの父親は、家に帰ってきたパットとはまったく口を聞かない。そんな父と唯一交流がもてるきっかけとなるのがフットボールなのだった。

というわけで。

この小説のフットボール度はすごく高くて、フットボールがパットの人生に果たす役割もかなり大きい。新聞のスポーツ欄をだまって置いていくお父さんのエピソードとか、この不器用さがじんわりくる……わけですが、このフットボールの度合いの高さは米国ならではです。フットボールまるで興味ないとドン引くかもしれませんが、米国のフットボールバカはこんな感じなのか…と想像したらいいのではないかと思いますよ。

パットとティファニーもほとんど口をきかない。ふたりはそんなにしゃべってないし、すごく変な関係なのに、お互いに通じる部分があるというのがおもしろい。ダンス大会に出ることになって、そのあとあることのせいでふたりの友情は壊れてしまう。

こうした家族や周囲の人たちとパットのぎこちない距離をおいた関係が、ゆっくり時間をかけてだんだん近づいていくところが原作のよさです。パットと弟の関係もとてもよかったんだよなー。兄想いのいい弟じゃないか。

あと、もうひとつ好きだったのが、クリスマスにむかしの病院仲間ダニーと偶然再会する奇蹟のような場面。パットは自分の人生を映画に例えて生きてるんだけど、この再会シーンなんてとても映画的な展開だった(が、映画にはないの、残念ながら)。

ラストが本と映画だと大きく違っていて、パットは「ある人」と最後まで会わない。それを受け入れることができるようになって、彼は一歩前に進む。そして一度壊れてしまった友情も築き直そうとするのが清々しくてよかったのだ。雲のチャートがすごくよかった。

最後に、本をこれから読む人への注意として、『緋文字』『ベル・ジャー』『偉大なるギャツビー』『武器よさらば』『ライ麦畑でつかまえて』『ハックルベリー・フィンの冒険』などのネタバレが含まれてます。これらの本に対するパットの感想がとても愉快です。
[PR]
by rivarisaia | 2014-03-19 21:21 | | Trackback | Comments(6)

見たもの読んだものについての電子雑記帳


by 春巻まやや
プロフィールを見る