「ほっ」と。キャンペーン

タグ:食べ物 ( 95 ) タグの人気記事

あれよあれよという間に世は2月! そして来週はもう春節か!という有様で、またもや出遅れてる私は、今年度もイースターで気持ちも新たに復活しようと思います。今年のイースターは3月27日ですよ。まだ、よゆう。

去年、ベトナムの蓮茶についてちょろっと書きました。

あの蓮茶、正確には蓮花茶は美味しかった。さわやかで、芳香もよかった。葉と芯のお茶も飲んでみたいなどと言ってましたが、じつは今回蓮葉茶を入手しました。

パッケージには「蓮の葉70%、甘草、コガネバナ、甘い草」って日本語で書いてある。なんだ、甘い草って。英語は「Sweet Leaf」とそのまんまである。

でね、この蓮「葉」茶なんですけどもね。あのう…すごく味、いや匂いが……微妙……。なんていうの、動物園の匂いがするんだけど、こういうものなのだろうか。冷めるとさらに美味しくなくてつらい。

そういうわけで、蓮葉茶を紹介するのは取りやめて、気を取り直して、あわせて買ってきてもらった「アーティチョーク茶」です。
b0087556_23301946.png
箱によれば「アーティチョークの花60%、茎20%、根20%」。これはね、やや甘くて独特な風味のほうじ茶のような味わい。甘茶に似ているような気もしないでもない。さわやかさは微塵もないけど、なかなかいけます。

美味しさでいえば、ベトナムのお土産茶は、今のところ前回紹介した蓮花茶がダントツ。


[PR]
by rivarisaia | 2016-02-04 23:37 | 中国茶 | Comments(0)

あけましておめでとうございます!

去年につづき、今年も正月縁起菓子の辻占。
b0087556_16291612.png
去年のは最中の皮のようにパリパリしてたけど、今年のはもちもちしていて、どちらかといえば今年のほうが美味しい。
b0087556_16292289.png
中に小さく丸まった占いが入ってます。
b0087556_16292544.png
上が私の分。下の家人はあきらめなければ宝くじが当たったり、宝舟がまいこんだりするようで、景気がよさそうなのに対し、私の占いは「早くきめなさい」(何を!?)と言われたあとで、「うわさが高い」だの「仏様よりあなたがたより」だの、なんだこれは。今年も大変なよかーん。

では今年もどうぞ宜しくお願いします!





[PR]
by rivarisaia | 2016-01-02 16:39 | 食べ物 | Comments(2)

続ルルドのパスティーユ

その昔、ルルドのパスティーユについて書いたのですが、その節は、メダイのようなかたちになっている飴自体の写真をアップしませんでした。

最近、またこの飴を買いまして、どこかで見かけるたびについ買っちゃうんですが、今回は忘れずにちゃんと写真を撮ったので、こちらでも紹介しておこうとおもいます。

じゃじゃーん!
b0087556_1938959.png


ね、マリア様のメダイのような形でしょ!計り忘れたんですけど、そしてすでに全部食べちゃったのでブツがないのだが、大体タテが1.5センチくらいの楕円ですかねえ。そしてとても固いです。前回はボリボリ食べていると書いてるし、サイトによってはこの飴を「ラムネ」と紹介してたりもしますが、いきなりボリボリかむのは難儀なくらい、ふつうに固いです!

飴の裏側に「MALESPINE」とあるのですが、これは一体なんぞや…と調べたところ、メーカーの名前みたいですね。Malespine pastille factoryというところで、作られていまして、材料は「ルルドの洞窟の水、砂糖、ミント、レモンやアニス」だそうです。

東京だと、四谷のキリスト教ショップ(サンパウロやドン・ボスコ)や銀座の教文館などで、たまに入荷していますので見かけたらぜひどうぞ〜。
[PR]
by rivarisaia | 2015-03-10 19:47 | 食べ物 | Comments(2)

明けましておめでとうございます。

昨年は義母の入院をきっかけに、それはそれは恐ろしい親戚事情が白日の下にさらされ、巻き添え食ってどつぼにはまりかけてやばかった私です。簡単に説明すると、まるで犬神家の一族と寅さんが合体したような状態な上に、八つ墓村なんですよ。意味不明ですよね。よくわかんないけど頭おかしくなりそうな案件だな……とうっすら察していただければ十分です。

おかげさまで去年1年間の記憶があんまりなーい。わたし何したっけ、去年……。

今年はさらに大変かもしれないけど、去年よりはたぶんよゆう。なので短くてもいいから、ちゃんとブログ更新しますねー。

さて。

今年は以前から食べたかった金沢の正月縁起菓子を入手しました!

b0087556_2341876.png

辻占です。砂糖のついた米粉の皮が巾着状態になっていて、
b0087556_23464339.png

割ると中には、小さなおみくじが畳まれて入ってます。いや、おみくじというか、内容が点取り占いっぽい。遊び方はいろいろあるようなんだけど、とりあえず二つ引いて、文章にする方式にしてみました。

b0087556_2350152.png

上(私):ろんにかち ゆくすへがよい
(議論に勝って、幸先よくてお金もらえるってこと?)

下(家人):こだつのなかで たよりをまつ
(こたつにあたってのんびり果報は寝て待てってこと??)

いったいどんな年になるのか謎ですが、今年もどうぞよろしくね!
[PR]
by rivarisaia | 2015-01-05 23:54 | 食べ物 | Comments(4)

今年の飴ベスト3

年末だし、今年をいろいろ振り返ってみよう。映画と本は振り返るもなにも、これから観たり読んだりするものがいくつもあるので、きょう振り返ってみるテーマは飴です。飴。

今年はなかなか美味しい飴に遭遇した1年でした。たかが飴ですが、高い飴はやっぱり高いだけの何かがある。ということでベスト3です。

●第3位
Le Sucre d'Orge des Religieuses de Moret
モレ修道院の大麦飴

b0087556_141256.png

Twitterでも「缶が可愛い!」と評判だった飴です。そう、私は缶がほしくて買いました。缶の大きさは直径4.4センチと小さくて、中には飴が10粒くらい入ってます。

この缶のクオリティはすばらしくて、缶をひっくり返すと、
b0087556_1451288.png

裏側にもこんな絵が。しかも中央部が少しへこんでいる形をしています(持ちやすい)。

Sucre d'Orge(シュクル・ドルジュ)はフランス最古の飴だそうです。少し柔らかい食感の麦芽糖飴で、味は金沢の俵屋のじろ飴に似ています。

●第2位
Pietro Romanengo fu Stefano, mint fondant
ピエトロ・ロマネンゴのミントフォンダン


b0087556_14185624.png

お察しの通り、これまた包み紙が可愛いから買いました……イタリアフェアで。

ピエトロ・ロマネンゴは、ジェノバにある1780年創業の砂糖菓子専門店です。とても綺麗な色のシュガーボンボンを売っていて、本当はそのボンボンを買うつもりだったんですけども、ミントフォンダンの包み紙が欲しくなり、ボンボンは諦めたのだった(試食はした。美味しかった……)。

中味の写真を撮り忘れたのですが、菱形をした真っ白の角砂糖、のような見た目です。そして口に入れるとぐにゃりとして、すこーし粘り気があって、溶けていくという変わった食感。かなりガツンとくるミント味です。

ピエトロ・ロマネンゴのサイトはコチラ

●第1位
Pastiglie Leone, Regal Torino candies
パスティリエ・レオーネのリーガル・トリノ・キャンディ


レオーネは以前、固いラムネみたいな飴を紹介しましたが、1857年創業の老舗砂糖菓子店。本店はイタリアのトリノです。前に紹介したラムネも大好きなんですけど、この飴も一見ふつうのフルーツキャンディのようでいて、全然違う。

b0087556_14251883.png

包み紙も綺麗ですねー。中はハードキャンディで、味は桃、梨、あんず、リンゴ…など。包み紙にイタリア語でフルーツ名が書いてあります。フルーツ以外ではリコリス味もあり。

少しざらっとした口当たりなんですけど、そんなに甘くなくて、すんごく美味しいです。隠し味にアーモンドの粉を使ってるらしいんですよ。そこがポイントなのだろうか。

ディーン・アンド・デルーカでも売ってるのでぜひどうぞ!
[PR]
by rivarisaia | 2014-12-23 14:37 | 食べ物 | Comments(2)

ベトナムの蓮茶

気づいたらいつのまにか12月。今年も大掃除を小分けにしてさっさと終わらせたいんだけど、それならもう始めないといけないですね。

さて、久々にお茶ネタ。カテゴリが「中国茶」になってるけど、ベトナム土産のベトナムの蓮茶です。
b0087556_18583088.png

蓮のお茶には、花茶と葉茶と芯茶があるようで、これは花茶。ジャスミン茶のように、花で緑茶に香りをつけてるんだと思う。このパッケージのお茶はティーバッグになってます。

じつはもう1種類、袋入りのお茶もあって、飲み比べてみると味が違う。写真のティーバッグのほうがすっきりした品のいい味なのだった。今度、葉と芯のお茶も飲んでみたいわー。
[PR]
by rivarisaia | 2014-12-03 19:06 | 中国茶 | Comments(0)

どうもこんにちは。今週と来週は、気分だけでも夏休み!ということにしたいと思います。いや、まあ普通に仕事したりしてるんですけど、気分だけ! 気分だけはバカンス!

ところで、先日ベトナム出張土産ということで謎のお菓子をもらったのですが、これが何となくハルヴァに似てる。

b0087556_21225960.png


正方形の紙箱の中に、薄べったい油紙とビニールに包まれた物体がいくつか入っておりまして、包みの中には小さい四角いキューブ(コンソメスープの素くらいの大きさ)が入っています。このキューブは、口に入れるとほろほろっと崩れて、甘いのですが、食感といい、味といい、落雁というか、ちんすこうというか、いや、ハルヴァっぽい!(ハルヴァのほうが固いけど、なんか似てる…)

調べたところ、「Banh Dau Xanh(バインダウサイン)」という緑豆のお菓子だそうですよ。

それでは皆様、楽しい夏休みをお過ごしくださいねー!
[PR]
by rivarisaia | 2014-08-16 21:31 | 食べ物 | Comments(0)

太陽餅

ドタバタしてたのがようやく落ち着きました。私にもついに春がきたー! っていうか、花粉症で首がかゆいー!

さて。

ちょっと前に台湾の友人から、お菓子が送られてきました。こんな新聞記事とともに。
b0087556_22391569.jpg

この間、台湾の学生たちが政府に対する抗議活動で立法院を占拠するという出来事がありました。その際に、行政院の建物も一部の学生に占拠されたりもしたのですが、メディアに取材された行政院の蕭副秘書長が「学生に机にあった太陽餅を食べられた」と愚痴ったところ、大量の太陽餅を送りつけられるというハメに(詳しくはググってください)。

「太陽餅ってどんなお菓子なの?」と気になってるだろうから、ぜひどうぞ!と、こちらの興味を先読みしている台湾の友人ときたら、さすがである。
b0087556_2235327.jpg

ジャーン。本当は、ボロボロと皮が崩れるから袋から出さずに食べた方がいいです。そんなに甘くなくて、なかなか美味しい。どこかで食べたような味だなーと思ってたけど、これは沖縄伝統菓子に似てる。中の白餡がもちもちしててちょっと不思議です。
[PR]
by rivarisaia | 2014-04-15 22:44 | 食べ物 | Comments(0)

東京カステラ

先日ちょっと上野に寄ったついでに、凮月堂に行き、念願だった(大げさ)これを買ったのだ。

b0087556_23283484.jpg

ジャーン! 東京カステラ。大きい缶と中くらいの缶の2種類があり、謙虚に中くらいのほうにしました。

以前から「缶がほしいから、誰かわたしに東京カステラを〜」と言い続けていたのに、だれもお土産に買ってきてくれないので、結局自分で買うことに。家族中に「これが私がこれまで欲しいと言ってた東京カステラだ。みなにもお裾分けしてしんぜようではないか、わははははは」といばりまくった私である。

いくら缶がほしいからって、肝心の中味が美味しくなかったらそれはそれでとてもイヤなんですけど、中のカステラ大変美味しかったです。

b0087556_23372320.jpg

うわさの釜カステラ、6面焼き。写真は紙が付いたまま写真撮っちゃったので、上がてらてらしてるのは紙です。長崎のとは味も感触も違う。あんまりふわふわしてないし、ザラメ感もなくて、どっしりしたパンみたいな感じ。長崎カステラとどっちが好きかと言われたら…私は両方好きだわね。だって、別物だもん。

東京カステラ、缶入りで見た目も豪華で大きいし、封を開けなければ日持ちするので、お土産にいいかも。缶を開けると油紙に包まれたカステラがどどーん登場して「おお!」という喜びがありますよ。
[PR]
by rivarisaia | 2013-04-04 23:47 | 食べ物 | Comments(2)

黄山市でつくられる高級緑茶『太平猴魁(たいへいこうかい、と読むらしい)』をいただいた。

正確に言うと、家族がいただいたものをお裾分けされたのである。

山奥で採れる緑茶で「甘くて優しい味わい」「蘭の香りがする」「ひそかにスパイシー」ともっぱらのうわさのお茶。

まあ、正確に言うと、ぜんぜんこのお茶のこと知らなかったので、調べました…。

「有名なお茶らしいんだけど、なんかすごいのよ」と言われたのだが、なにがすごいのかと思ったら、葉っぱが見馴れないかたち。ペタンコにのしたパリパリした長いお茶葉なのだった。

b0087556_238595.jpg

小皿に盛ってみた感じ。よーくみると葉っぱに干したときについたであろうカゴの後が付いたりしてる。どのくらい葉っぱ入れたらいいのかとかよくわからないので、けっこう大目にふつうのお茶碗に入れて飲んでみた。

b0087556_239361.jpg

コンブのお吸い物みたいな状態になったけど、緑茶です。蘭の香りがどんな香りだったか思い出せないので、香りについてはなんとも言いがたいですけど、やわらかい味わいです。

本来はちゃんとしたものは国賓にしか出さない高級茶だったようですが、これはそんな正当派の高級茶ではなくてランク下だと思うけど、それでもなかなか美味しい。茶碗だとお吸い物風になっちゃうので、次からはグラスに葉っぱをタテにして入れて飲んでみます。
[PR]
by rivarisaia | 2013-03-20 23:14 | 中国茶 | Comments(0)