人気ブログランキング |

ダメージ:グレン・クローズすごいです

先日、この正月は映画も観てなきゃ本も読んでないと書きましたが、じゃあ何やってたかというと昼はぼんやり過ごし、夜は海外ドラマを見てました。

これはグレン・クローズがすごいです。グレン・クローズ、さすがです。

ダメージ(Damages)』全13話(DVDは全部で6枚)

発端は、元旦におせちを食べている席で弟が「ダメージおもしろかった。見てないの?ふふふ」とふくみ笑いを浮かべたことによる。おかげで、来日中の妹夫婦と家人の4人で連日DVDにクギづけ。
b0087556_23403870.jpg

〜あらすじ〜
アパートから血まみれで逃げ出した1人の女性。彼女に何があったのか?話は6ヵ月前にさかのぼる。

ロースクールを卒業したエレンは、敏腕弁護士パティ・ヒューズの事務所に採用される。パティは、ある実業家の不正株価操作に関する訴訟の原告団側弁護士だった。しかし、これがエレンの人生を大きく狂わせることに…。


やり手の弁護士パティ・ヒューズを演じるのがグレン・クローズ、実業家アーサーがテッド・ダンソン。テッド・ダンソンはシットコム『Cheers』で主演のバーテンだった人。『Cheers』は日本では放映してなかったみたいだけど、アメリカでは大人気番組でした。なつかしい~。

ドラマ全体は、ところどころで現在の状況をチラ見させつつ、6ヵ月前からストーリーを追っていく構成になっているので、とにかくナゾがナゾを呼ぶ。絶対に怪しい伏線だと思ってたことがメインの話には全然関係なかったり、あとになって、あれはああいうことだったのか、と判明したり。

まあ、最初の4話くらいまでは、

「Aさんが○○しました」
 ↓
「Aさんが○○したことはBさんはすでに承知でした」

という、あとだしジャンケン的な展開がズルイ!という気分にもなりましたが、
その後はだんだん

げっ!○○が××かと思ってたら△△かよ~。
・・・と思いきや実は□□なの?オーマイガー!

という混沌とした状態になり、かなりおもしろかった!
一応シーズン1でメインの不正株価操作の案件は解決しますが、回収されてない問題がいくつか残っており、このあたりはシーズン2につながるとみた。

で、このシーズン2にね、新たにウィリアム・ハートとマーシャ・ゲイハーデンが加わるんですってよ!何ですって。マーシャ・ゲイハーデンvsグレン・クローズ!それは見たい。

日本では昨年の4月にNHK BS2でシーズン1が放映されてましたが、シーズン2はいつやるのかしら。アメリカではFXにて今週から放映スタートしてます。気になるー。
by rivarisaia | 2009-01-07 23:57 | 海外ドラマ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://springroll.exblog.jp/tb/10158832
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< iPhoneは私にはとても便利... あけましてジンジャー・ビール >>