人気ブログランキング |

ものごとには終わりがあるし、はじまりもあるけど、ほしい雑誌ってなかなかない

『Esquire』が休刊したら、今度は『マリ・クレール』につづき『STUDIO VOICE』も休刊、『ARTiT』も休刊してウェブサイトに移行というニュースに、いちいち「えー!!」と驚いてましたが、残念とはあまり思ってなくて、仕方ないねというのが正直な気持ち。すべてのことにはじまりがあって終わりがあるのよ(by 聖書)。

雑誌の発行部数って、実売部数が表に出ないことが多く、公称あるいは推定部数では状況がよくわかんないとはいえ、確実に購買数も減ってるんだろうけど、それよりも広告収入依存のつくりかたに限界がきているような気がする。広告にまだ依存できそうなタイプの雑誌と、そうではないものにわかれてるのでは。あとは、広告をあてにしなくても、毎号コンスタンスに適切な部数が売れる雑誌とか。みんなが買っていれば休刊にならなかった、とは一概には言えないと思うんだよね。

…と書くのは、感傷的になる知人が「最近買ってなかったけど、もっと買ってればよかった」などと言うからです。最近あなたが買ってなかったのは、ほしくなかったからで、何も雑誌の名前を存続させるために無理に買わなくてもいいのでは?と思う。

「ずーっと買ってたのに、休刊ってなんでだよー!」ならわかる。それなら私も過去に何度も...(遠い目)。

私はよく「うわーこんな売れなそうな本出して...これは出版社のためにも私が買う!」となりますが、それだってその本が手許にほしいから買うわけで、ほしくない本に関しては出版社の意気込みは買っても、別にいらないものはいらないもん。

そんな私は、ここ数年でほとんど雑誌を買わなくなった。たまった雑誌を整理して切り抜きするのが趣味のひとつなのに。『Esquire』も『STUDIO VOICE』も大昔はしばしば買ってたし、『マリ・クレール』にいたっては、同誌の黄金時代、異国に住んでたのでわざわざ定期購読までしていた。でもね、最近はなぜかほしい雑誌がめったにない。なんでだろう。

雑誌を買う気満々で出かけても、パラリとナナメ読みしただけで「別にいらないか...」と何も買わずに帰ってきちゃう。いま、どんな雑誌が休刊しても、ちっとも構いませんよというくらい自分の興味が低い。

いま、時代の転換期なのであれば、まったく新しいタイプのほしくなるような雑誌がそろそろ誕生してもいいんじゃないかしらと、逆に期待したいです。

そうねー『季刊 装飾写本』があったら買うかも。それだと、あまりにニッチすぎるからインキュナブラも入れましょうか。活字や書体、版画、ラテン語なんかも特集してさ〜。あ、それでもまだまだニッチすぎて、すぐ休刊の憂き目にあうね…。
トラックバックURL : https://springroll.exblog.jp/tb/11426953
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ゆずきり at 2009-07-05 07:07 x
私もぜんぜん雑誌買わなくなりました。
「○○」特集、といっても、その○○を多少かじっていれば知ってそうなことしか書いてなかったり、その○○以外のどーでもいい記事がけっこうなページ数になったりしていては、価値がないですよね。
『季刊 装飾写本』みたいなのは、ちゃんと独自で取材構成してあるならば、「ミニ本」としてありじゃないかな。しかし売れるかどうかはわからないのだけど・・。
Commented by rivarisaia at 2009-07-07 00:14
そうなんですよねー。最近の雑誌って、薄い内容の特集ばっかりなんだもん。あとはどーでもいい記事の分量が多かったり...。「Figaro」の旅行特集は充実してると思うけど、その場所に行く予定がなければ、情報も古くなっちゃうからあんまり買う意味ないし...。

『季刊 装飾写本』はただでさえ売れなそうなのに、深く充実した内容を目指すほど制作コストが合わなくなって、終わると思います...(笑)
by rivarisaia | 2009-07-03 23:59 | 映画や本の雑記 | Trackback | Comments(2)

見たもの読んだものについての電子雑記帳


by 春巻まやや