人気ブログランキング |

スカッチャペンシエリ

週末、ふとしたことからヨーロッパ各地の民族音楽&踊りの映像にハマってまして、ひとり民族の祭典状態だったんですけど、そういやイタリアには何があるだろう、とちょっと考えた。

南イタリアのタランテッラしか思いつかなかったんですが、タランテッラといえば、『ゴッドファーザー Part I』のコニーの結婚式でクレメンツァが踊ってた曲もそうです。カラブリア、プーリア、ナポリ、と土地によってバリエーションがあるらしいけど、シチリアのタランテッラに付きものなのはコレ。

さて、これは何でしょう?
b0087556_21471314.jpg

口にはさんでビヨ〜〜ンビヨ〜ンボヨ〜ンと鳴らす楽器、口琴です。私のはハンガリー製。英語では「Jew's harp」や「mouth harp」、イタリア語では「scacciapensieri(スカッチャペンシエリ)」あるいは「marranzano(マランザーノ)」と言います。

この「scacciapensieri」っていうのが、なかなか気が利いた言葉で、
scacciare=追い出す、追放する、振り払う
pensiero=考え、思考

が合体した単語。つまり、ビヨ〜ンビヨ〜ンと鳴らしていると考えごとなど吹っ飛ぶよ!ということなのではないかしら、と勝手に想像してみました。

「marranzano」のほうはシチリア方言の「marranzanu」から来てるらしく、じゃあ「marranzanu」ってナニ?と気になるところですが、シチリア方言は辞書にないので不明です。いつか調べます。

シチリアの民族楽器として名高いので、もしやと思って『ゴッドファーザー』をチェックしたところ、『パートIII』 の真ん中あたり、シチリアのレストランの場面で演奏してるおじさん発見!
b0087556_2249188.jpg

中央のおじさんが、ボヨ〜ンビヨ〜ンと鳴らしてます。

b0087556_2249479.jpg

演奏終了後、コニーに「Bravo ,Bravo, Bravo!」と3回も言われたおじさん。

私もこの週末、ことあるごとにボヨ〜ンビヨ〜ンと鳴らしてまして、悩みごとを吹き飛ばすというよりは、最初から何も考えてないんですけども、スカッチャペンシエリじゃなくて別の楽器を練習しないといけないのだった。秋は演奏会シーズンですね。例年のごとく、私は今年も逃避中だ。

スカッチャペンシエリの音が想像つかない方は、オマケ映像をどうぞ。こんな演奏もできるのかー。ビヨ〜ン。


トラックバックURL : https://springroll.exblog.jp/tb/12019854
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by rivarisaia | 2009-09-27 23:12 | 音楽の話 | Trackback | Comments(0)

見たもの読んだものについての電子雑記帳


by 春巻まやや