オーケストラ!

私も楽器を弾くのですが、うまくないせいもあるけど、独りで弾くよりもみんなで合奏するほうが断然好き。気持ちがひとつになったときの、舞台が消え去って音楽に包まれる感覚がすごく楽しい。この映画からはそんな楽しさが伝わってきました。

b0087556_226115.jpg

オーケストラ!(Le Concert)』監督:ラデュ・ミヘイレアニュ

元ボリショイ交響楽団の天才指揮者アンドレイは、30年前のある事件をきっかけに楽団を解雇され、いまは清掃員として働いている。そんなある日、パリのシャトレ座からの公演依頼のFAXを目にした彼は、当時自分と一緒にクビになった仲間を集めて偽のボリショイ交響楽団を結成し、パリに行こうという計画を立てる…。


偽オーケストラ結成を決意してからパリに行くまで、てんやわんやしながら進んでいくようすが愉快です。みんなで飲み食いしながらウィリアム・テル序曲をハミング合唱したり、生き生きと演奏するジプシーの人たちと躍ったり、いいなあ。

ただ正直に言うと、パリに着いてからのほとんどカオスのようなドタバタっぷりに辟易したのも事実。傍若無人なロシア人だとはいえ、あまりに全員が勝手すぎないか? ソリストを別途指名しでおいてゲネプロなし、30年ぶりなのに簡単なリハすらしないなんて考えられない。いくら映画だからって、それはないだろう、と思ったんですよ。

それが、しかし。

映画のラスト、コンサート本番のチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲ニ長調op.35の演奏シーンで、そんな気持ちも何もかもすべて吹っ飛びました。なぜリハなしだったのか、よくわかった。

そうですよ、リハーサルなしだったからこそ、この本番の演奏が可能になるんですよ。そして演奏シーンと過去の映像のはさみこみ方がうまい。おそらくそれぞれの団員が抱えてきたであろう30年の想いが重なりあい、昇華されて生まれたハーモニーがそこに。

いや、ほんとすばらしかったです。

ソリストのアンヌ=マリー・ジャケ役のメラニー・ロランがよかったのも一因かもしれません。確かに、大人数で合奏すると、ああいうふうにみんなの魂がひとつになる瞬間と、それによって心に届くハーモニーが生まれることってあるんだよね。

これまでの話は、すべてこの本番コンサートの前フリであり、映画本編はこのラスト12分と言ってしまってもいいかもしれません。

さて、個人的にツボだったのは、コンマスがジプシーのおっちゃんだった!ということと、チェリストのおっちゃんが重要な役どころとしていい味出してたところ(同志としてチェロ弾きには親近感が湧く)、ガス会社社長のアマチュア・チェリストが私よりもヘタクソだったという点(同志として言わせてもらえば、私もかなりヘタだけど、あれはひどい!)でした。


「オーケストラ!」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
[PR]
トラックバックURL : https://springroll.exblog.jp/tb/13192752
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from クラシック音楽ぶった斬り at 2010-05-07 20:41
タイトル : デュトワのチャイコフスキー:交響曲第6番「悲愴」&幻想序..
とにかく美しく、耳に快く、なめらかでやさしい音楽だ。 ... more
Tracked from クラシック音楽ぶった斬り at 2010-05-16 18:32
タイトル : スターンのチャイコフスキー&メンデルスゾーン:ヴァイオリ..
円熟の境にあったころのスターンの豊かな音楽性が、あますところなく発揮されている演奏である。 ... more
by rivarisaia | 2010-04-22 22:17 | 映画/洋画 | Trackback(2) | Comments(0)

見たもの読んだものについての電子雑記帳


by 春巻まやや
プロフィールを見る